Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/05/19
Update

映画『プライス 戦慄の報酬』ネタバレあらすじと感想。イライジャ・ウッドの演技が怪しく映える|未体験ゾーンの映画たち2020見破録50

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第50回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第50回で紹介するのは、イライジャ・ウッド主演のサスペンス映画『プライス 戦慄の報酬』

苦手だったり、疎遠になったりした親族がいる人もいるでしょう。それでもある日、意を決してその人物と再会すると、何だか居心地が悪くなってしまい…なんて経験が起こりうることも、誰もが想像出来る事実です。

そんな残念な再会を経験する男を演じるのがイライジャ・ウッド。しかし彼が感じた違和感は、想像を越えた事件の始まりに過ぎなかったのです…!

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『プライス 戦慄の報酬』の作品情報


(C)Firefly Films

【日本公開】
2020年(カナダ・ニュージーランド・アイルランド・アメリカ合作映画)

【原題】
Come to Daddy

【監督】
アント・ティンプソン

【キャスト】
イライジャ・ウッド、スティーブン・マクハティ、マーティン・ドノヴァン、マイケル・スマイリー

【作品概要】

疎遠な間柄の父と30年ぶりの再会を遂げた男が、奇妙な事件に巻き込まれてゆくサスペンス・スリラー映画。主演は子役時代から長らく活躍し、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで世界的スターとなったイライジャ・ウッドです。

共演は70年代から活躍し、『ウォッチメン』(2009)では初代ナイトオウル、『ブルーに生まれついて』(2015)ではイーサン・ホーク演じるジャズミュージシャン、チェット・ベイカーの父を演じたスティーブン・マクハティ。『ABC・オブ・デス』(2012)シリーズや『ターボキッド』(2015)のプロデューサーを務めた、アント・ティンプソンの初長編監督作品です。

モリンス・デ・レイ・ホラー映画祭で観客が選ぶ最優秀作品賞と、審査員が選ぶ最優秀脚本賞を受賞。ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭でユースジュリー賞(青年審査員賞)を獲得した作品です。

映画『プライス 戦慄の報酬』のあらすじとネタバレ


(C)Firefly Films

“父親の罪は子に帰する”というシェイクスピアの「ベニスの商人」からの引用と、”パパみたいな人はいない”とのビヨンセの曲、「Daddy」からの引用を紹介して映画は始まります。

林の中の一本道に停まったバスから、都会的な出で立ちで大きなキャリーケースを下げた男、ノーヴァル(イライジャ・ウッド)が1人降りました。

彼は林の中をキャリーケースを引いて進み、そこを抜け浜辺に出ます。手紙に書かれた手書きの地図で行き先を確認し、海辺の岩場に建つ奇妙なデザインの家を訪れます。

ためらった後、玄関をノックし現れた相手に父さんと呼びかけ、息子だと名乗るノーヴァル。

彼は長らく疎遠であった父から会いたいとの手紙をもらい、はるばる訪ねて来たのでした。父のブライアン(スティーブン・マクハティ)は息子の顔を見て驚き、抱きしめます。

招き入れられたもののノーヴァルは家の形が、まるで1960年代のUFOみたいだと語るなど、ぎこちない会話を交わします。

荷物を広げていたノーヴァルに、ブライアンは写真を撮って母に見せてやれと提案します。ノーヴァルのスマホで自撮りをする2人。ところが誤って父がスマホを海に落とします。

そのスマホは20台しかない限定品で、ノーヴァルはショックを受けます。しかし父はがさつな態度をとり、悪びれた様子を見せません。

2人は一緒に料理しますが、ブライアンは息子に母の様子を尋ねます。今は体調が悪く、父の話はしないと伝えるノーヴァル。

一時的に母と暮らしていると聞き、その年で母と同居はおかしくないか、一緒に寝ているのかとからかう父。切った肉をフライパンに投げ込むなど、ノーヴァルには父の振る舞いが無神経なものに感じられました。

夕食時にブライアンにワインを勧められ、飲めないと答えるノーヴァル。彼は過去にアルコール依存症となり、挙句に自殺未遂を起こしたと告白します。

その話を聞いた父は、自分のグラスにだけ酒をなみなみと注ぎ、ゆっくりと飲みつつ酒が欲しいか、と誘うように訊ねてきました。

食事を終えたノーヴァルは、父の仕事は何かと聞きます。今は引退したが、かつてはリムジンの運転手を務め、多くの芸能人を運んだと語るブライアン。

音楽業界で働くノーヴァルは、やっと父と共通の話題が出来たと思い、自分の仕事ぶりを説明し、エルトン・ジョンら有名人と交流があると話します。

すると父も、息子が告げたエルトン・ジョンの本名、レジナルドの名を出し、10年前に彼の専属運転手を務め、様々な世話をして共に飲み話をする友人だったと告げました。

今からエルトン・ジョンに電話をして、親子2代で付き合った仲だと知らせようとします。夜も遅く迷惑な振る舞いだと、その電話を強い口調で止めさせたノーヴァル。

電話を止めたブライアンは、実はお前は知り合いではないんだろうと告げ、軽蔑したような笑いを浮かべました。

眠る前に歯を磨くノーヴァルの前に、ブライアンが現れます。彼は自分の息子を喧嘩も出来ない臆病者呼ばわりします。

自分は喧嘩沙汰の際に相手の片耳を切り落とし、切り口から相手の骨を見たこと告げ、おやすみと言って去るブライアン。

ノーヴァルは父から手紙をもらい、期待を胸に現れました。しかし父は首のタトゥーを入れた姿で現れ、その上乱暴な態度を取られた彼はベットに入っても眠れません。

すると話し声がします。どうやらブライアンはジェスロという相手と電話している様子で、何かもめ事を抱えているようでした。

何かの物音に気付いたらしく、父は電話を切りました。ノーヴァルが慌てて眠ったふりをすると、その部屋のドアを開け、様子を伺いに現れるブライアン。

翌朝、ノーヴァルは改めて父に、手紙を寄こし家に招いた理由を訊ねますが、ブライアンは泳ごうと言って返事をはぐらかします。

ノーヴァルは家の電話を使い、母の具合を尋ねます。そして久しぶりに再会した父の印象を打ち明けました。

実際に会った父は、想像していた人物とは全く異なっており、違和感を感じていると彼は打ち明けます。父は人付き合いが苦手なだけかも、と母に説明するノーヴァル。

やがて判り合えるようかもしれない、と彼は母に語ります。その後父と共に浜辺に現れ、海に浮かぶノーヴァルのすぐ側に、ブライアンは石を投げ込んできました。

家に戻ったノーヴァルが風呂に入っていると、また父の声がします。独り言でしょうか、あいつは死んだ、子守はゴメンだと叫ぶブライアン。

耐えかねたノーヴァルは、手紙を寄こし自分を呼んだ父が、なぜこんな態度を取るのだと言い寄ります。会話を拒む父に、彼は説明を迫ります。

ノーヴァルが5歳の時ブライアンは蒸発し、それから30年が経っていました。父から再会を望んだはずですが、2人はまともな会話すらしていません。

そう追及してもブライアンは息子に、お前は判っていないと繰り返すばかりです。それどころか感動の再会など望んでないと、ノーヴァルを罵りました。

罵声をあびせ、息子を突き飛ばし始めたブライアン。耐えるノーヴァルの前に、父は包丁を持ち掴みかかってきます。

身の危険を感じたその時、父は突然発作を起こして倒れます。思いがけない出来事に驚くしかないノーヴァル。

父の呼吸は停まり、間違いなく死んでいました。彼は救急に電話しましたが、報告を受けた相手は検視官が到着するのは金曜になるので、それまで待つよう指示しました。

父の亡骸にロッカーから出した毛布をかけるノーヴァル。ロッカーには息子との思い出の品でしょうか、虎のぬいぐるみがあり、彼は父の意外な一面を知ります。

関係者に事情を説明し、父の死体と家で過ごすことになったノーヴァル。

翌日、家にパトカーが現れます。現れた警官は父が倒れた事情を厳しく追及してきますが、ノーヴァルはありのままを話すしかありません。

警官は悪党はレーズンのような暗い目をしている、だがお前の目は違うと告げ、彼の言い分を信じてくれました。

そして警官は毛布をめくり、ブライアンの遺体を確認します。その瞳こそレーズン色をしているように見えます。

次いで女検死官のグラディスが現れ、死体は引き取ります。言われるままに書類にサインしていると、検死官からも優しい目をしていると指摘されるノーヴァル。

何かあったら連絡するようグラディスから渡された名刺を手に、ノーヴァルは浜辺でたたずんでいました。何か物音が聞こえます。正体は風に飛ばされた虎の絵が描かれた、どこかの商店のビニール袋で、それは彼の顔に被さりました。

家に戻り着替え、ベットに入ったノーヴァル。次の日グラディス検死官は、防腐処理をした父の亡骸を持ってきました。ノーヴァルは彼女と共に、車から家まで遺体を運びます。

検死官は彼を気遣い話かけますが、悲しむ程に父を知っていなかったと、正直に打ち明けるノーヴァル。

グラディスは自分の夫が亡くなった時、1時間ほどしゃべったと告げ、彼にも語ることを勧めますが、ノーヴァルは大丈夫だと答えました。

改めて1人眠りにつこうとするノーヴァル。ところが奇妙な物音が聞こえてきます。どうやら床下の方から聞こえるようです。

音のする方に進み、恐る恐る父の部屋に入って、ベットに置いた父の亡骸を収めた死体袋に異常が無いか確認するノーヴァル。

翌朝もノーヴァルは落ち着けずにいました。着替えの最中にまた物音がします。検死官に貰った名刺を手に連絡すべきか迷っていると、いきなり電話のベルが鳴ります。

電話を取ったノーヴァルが呼びかけても、相手から応答はありません。電話を切った彼は父の遺体の様子を見ましたが、やはり異常は感じられません。

今夜もベットで横になると物音がします。耐え兼ねて黙れと叫びますが音は収まりません。翌朝彼は、憔悴しきった表情をしていました。

トイレからふと窓の外を眺めた彼は、林の中に人影を見つけ驚きます。恐る恐る見返すと、そこには誰もいません。精神的に追い詰められ、父の残した酒に手をつけるノーヴァル。

長らく禁酒していた彼は、久々の酒に溺れます。物音がしても気に留めず、酔った勢いで彼はグラディスに電話します。

彼はこの家に来るよう検死官に頼み込みますが、もう遅い時間だと断られます。ノーヴァルは必死に頼みますが、最後には彼女が電話を切りました。

するとまた物音がします。もしや電話のベルに反応しているのではと、彼は受話器で電話を叩き鳴らします。すると応えるように物音が響き、驚いたノーヴァル。

彼は酒瓶を手に父の寝室に向かい、死体袋を開けて生前も、死んでからも自分を苦しめる父に叫び不満をぶつけると、遺体と同じベットに横たわります。

いつの間にか眠っていたノーヴァルは、目覚めた時には落ち着きを取り戻し、父の亡骸を収めた遺体袋を閉じ部屋を後にしました。

冷静になった彼は、部屋の壁の一部が外せると気付きます。そこを外すと物置になっており、中には古いダンボール箱があります。

箱の中には、古いグローブやアルバムが入っていました。アルバムには若き日の母や、この家にあったものでしょうか、虎のぬいぐるみを抱いた幼いノーヴァルの写真がありました。

そこに写った父ブライアンの姿は、どう見ても今死体となって横たわっているブライアンに似ていません。写真を手に改めて遺体と対面するノーヴァル。

やはり写真の人物と、遺体となった人物は別人です。するとまた物音が響き始めます。彼は改めて音の出どころを探します。

ノーヴァルは居間から音が出ていることに気付きます。テーブルをどけカーペットをはがすと、床にはハッチの蓋がありました。

音は蓋の下から聞こえるようです。ノーヴァルはハッチの蓋を開け懐中電灯を手に、恐る恐るハシゴを使い降りていきました…。

以下、『プライス 戦慄の報酬』のネタバレ・結末の記載がございます。『プライス 戦慄の報酬』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Firefly Films

ハシゴを降りるとそこは地下室でした。ノーヴァルが懐中電灯を手に暗闇を探ると、そこに1人の男が拘束されていました。

傷つけられ、監禁されているこの人物こそ、アルバムで見た彼の父ブライアン(マーティン・ドノヴァン)のようです。突然上から音がします。家に何者かが訪れたようです。

拘束された父からの指示で、慌ててハシゴののハッチの蓋を閉めたノーヴァル。

ブライアンは改めて自分が父だと言い、これから90秒後には自分を監禁した男が現れるので、ダンベルを持って身を隠し、それで男を殴り頭を割れと必死に命じます。

さもないと2人とも殺されると言われ、動揺したノーヴァルは床にあったダンベルを手に、ロッカーに身を隠しました。

現れた男は拘束した男をブライアンと呼び、用意した汚物を詰めたペンを見せます。これを突き立てればお前は感染症で死ぬと告げて脅し、全て正直に話すよう迫る男。

ブライアンは既にゴードンに伝えたように、全て無くなったと説明しても男は信用しません。そしてペンをブライアンの体に突き刺します。

痛みに耐えかねた父は息子ノーヴァルに、この男を殺せと叫びます。それを聞いた男はロッカーに潜むノーヴァルに気付き、扉を開けました。

ノーヴァルは慌てふためき、手にしたダンベルを男に投げつけますが、男はゴードンに助けを求めてハシゴを上ります。

すると上で男が叫ぶ声がします。どうやら死体袋の遺体を見たようです。この家を訪問以来ノーヴァルに父として接した男は、ゴードンという名でした。

実の父に何があったのか聞かれ、ゴードンに襲われたが相手は発作を起こし、そして死んだとノーヴァルは伝えます。それを聞き良かったと笑みを漏らすブライアン。

先程の男は上から仲間を連れて戻ってくるぞと叫び、家から立ち去りました。

彼の言う仲間はダンディだ、と語るブライアン。話が理解出来ないノーヴァルが尋ねると、ペンで自分を刺した男は、古い親友のジェスロ(マイケル・スマイリー)だと説明します。

ジェスロが残したペンを壊し、それで父の拘束する鎖の鍵をこじ開けようとするノーヴァル。ブライアンは今までの経緯を話します。かつて彼は妻と幼いノーヴァルを捨てた後、タイのバンコクに住んでいました。

そこで先程のジェスロ、急死したゴードン、そしてダンディと4人は仲間となり、様々な悪事を行います。そして最後に大きな犯罪を実行しました。それは資産家の娘の誘拐です。

誘拐は成功し、4人は身代金を手にしました。しかし父のブライアンそれを山分けにせず、親友を裏切り独り占めにして身を隠しました。

彼らはブライアンの居所を突き止め、金のありかを聞き出そうと現れたのです。しかしもう金は1セントも無いと言うブライアン。

ノーヴァルは職を持たない母と、ビバリーヒルズのマンションで暮らしてきました。それは父ブライアンからの援助のおかげで、金はそれに充てられたのです。

自分が犯罪絡みの金で育ったと知られ、ショックを受けるノーヴァル。鍵は開かず、ブライアンは手かせから手を抜こうと、息子に親指を脱臼させるよう指示しました。

父に急かされ、嫌々ながらノーヴァルは指を脱臼させます。しかしまだ手は抜けず、次は人差し指を脱臼させろと命じるブライアン。

ノーヴァルはまたも拒否しますが、幼い頃に息子を捨てた父への復讐だと考えろと言われ、2本目の指も脱臼させました。ところが2人は今さらながら、手かせから手を抜かなくとも、鎖を固定具から外せば良いと気付きます。

こうして鎖は手に残るものの、自由の身になったブライアン。彼は息子に直ぐ逃げねばと伝えます。何とか地下室から出した父に、水を与えるノーヴァル。

改めて父の顔を見ると、片耳が失われていました。父を装い彼に接したゴードンが語った、切り落とした耳とは実の父のものだったのです。

しかも彼らはブライアンを飢えさせ、耳か体液のいずれかを食べるよう迫りました。やむなく父は、自分の耳を食べることを選びました。

父の話に動揺する息子に、ブライアンは早く逃げようと急かします。その前にトイレを済まそうとノーヴァルがドアを開けると、そこにヘッドホンをした巨漢が座っています。

パンツを下げたままの姿で、迫って来た巨漢にノーヴァルは襲われます。この男が父の語ったダンディでした。

暴れる巨漢の前に、ノーヴァルは成す術もありません。父は相手を殺せと叫び、何とか床に落ちた2又フォークを掴み、何度もダンディの股間に突き立てたノーヴァル。

ラップで相手の顔をグルグル巻きにして、何度もラップの芯で殴りつけ、ノーヴァルはダンディを黙らせます。気付くと相手は死んでいました。

父を連れて家を出たノーヴァルは、急死したゴードンの首にあったタトゥーの文字、「安らかに眠れ、ライアン」の意味を訊ねます。

それはゴードンの息子の名で、良い子だったが手首を切って自殺した、と教えるブライアン。それがノーヴァルに冷たく当たった理由かもしれません。

すると家の側に車が現れ親子は身を隠します。車から現れたのは、残る父に恨みを持つ男ジェスロでした。彼はトランクからボウガンを取りだし、親子に対して罵ります。

逃げようという父に、ノーヴァルは自分が家に残したスーツケースのタグに、住所が書いてあると告げます。これを見たジェスロは、母の元に現れるでしょう。

ジェスロも殺さねばならないという父に、殺しは嫌だと答えたものの、つい5分前に殺したばかりだろうと指摘されるノーヴァル。

殺さなければ今後、お前と母は安全に過ごせないと告げるブライアン。しかし相手はボウガンを持ち、こちらに何の武器もありません。

ノーヴァルにジェスロの車に潜み、隙を見て殺せと無茶を言うブライアン。他に手も無くジェスロが家に入った隙に、ノーヴァルは車のトランクに潜みました。

邸内でダンディの死体を見つけたジェスロは、恐れていた通り母の住む住所に気付き、読み上げてそこを襲うと宣言します。

傷付いたブライアンは身を隠し、それを聞くしかありません。ノーヴァルが潜んだ車にジェスロが乗り込むと走り出しました。

トランクに潜むノーヴァルは、ジェスロが電話で話す内容に耳を澄ませます。ストレスが溜まったと告げ、馴染みの女プレシャスとすぐに会いたいと話すジェスロ。

雨の中、車は停まります。ノーヴァルが様子を伺うと、ジェスロがモーテルの一室に入ります。トランクから出ると、彼は車内に残されたボウガンを手にしました。

後から車が現れ、降りたプレシャスがジェスロの部屋に向かいます。ノーヴァルは彼女に売春婦かと訊ね、彼の3倍払うから部屋から去る時、ドアを開けたままにしろと頼みます。

失礼な言い草にプレシャスは怒り、彼の話に耳も貸さず部屋に入ります。ノーヴァルは慌てて身を隠し、今度はモーテルのフロントを訪れました。

部屋を借りたいと言うノーヴァルに、今夜は町で地質学の会議が開かれたので、予約で部屋は一杯だと妙なことを言い出すフロント係。

ノーヴァルは引き下がりましたが、もう一度戻るとフロント係に外の車に怪しい、なんとも色っぽい体をした女がいると、適当な嘘を並べたてます。

興味をそそられたフロント係が様子を見に出ると、ノーヴァルは部屋の鍵と奪い、持ち去った伝票刺しを使ってジェスロの車をパンクさせ、部屋に向かいました。

ジェスロの部屋に入ろうとするノーヴァルですが、正面から入っては不利だと悟ります。鍵を使い隣接する部屋に入り、そこから目的の部屋に入ろうと企むノーヴァル。

その部屋に入ると地質学の会議とは乱交なのか、ベットの上に多数の裸の男女が眠っています。起こさないよう彼は、できるだけ静かに動きます。

ビンを落しそうになり、危うく拾い上げるノーヴァル。ところがTVのリモコンを踏み、大音量と共に画面を映し出されます。彼は慌ててジェスロの部屋に入ろうとします。

部屋の客に騒がれ、転がるようにジェスロの部屋に入るノーヴァル。そこではジェスロが、先程の女プレシャスに首を絞められ、窒息プレイを楽しんでいました。

先程声をかけてきたノーヴァルの乱入にプレシャスは怒り、蹴り飛ばした上で自慢のヘッドロックで、彼の首を絞め上げます。

勝ち誇ったジェスロはお前はここで死ぬと言い、その後母の家に向かうが、何か伝えることがあるかと告げます。母に愛していると伝えてくれ、と呻くノーヴァル。

ジェスロは彼が落した伝票刺しを掴むと、それでノーヴァルの体を刺し、頬を貫きます。その有様にプレシャスも、隣室の男女たちも言葉を失います。

ジェスロは身支度を整え、プレシャスに投げ捨てるよう金を払い去ろうとします。そんな彼をプレシャスがサイコパスだと責めると、男をヘッドロックして金を得る、お前は何様だと怒鳴り部屋から出るジェスロ。

車に乗ったジェスロはカーナビの目的地に、ノーヴァルの母の住所を打ち込みます。意識を取り戻したノーヴァルが部屋を出ると、彼の車が動き出しました。

しかしノーヴァルにパンクさせられた車は運転を誤り、衝突した音が響きます。彼はその方向へ、伝票刺しを頬に刺したまま、ヨロヨロと歩いて行きます。

車はゴードンが急死した後に、ノーヴァルの顔に被さったビニール袋と同じ、虎の絵が描かれた看板に突っ込んでいました。

車の中には誰もいません。ノーヴァルが目をやると、道をフラフラと歩くジャスロの姿があります。

ジャスロは頭部の一部を切断して失っていました。近寄ったノーヴァルに、これから話すことは重要だと告げ、機械的に喋り出すジャスロ。

お前の母は売春婦で、お前の父とは頻繁に関係を持ったのが出会いだった。自分も彼女と寝た。彼女は俺にイギリスの、80年代に活躍した政治家を思い出させる…。

彼が真実を語っているのか、支離滅裂なことを呟いているのか判りません。ノーヴァルは自分の頬を貫いた伝票刺しを抜き、それをジャスロの頭の切断面に突き刺します。

ジャスロの体は座り込むように崩れ落ちました。そのまま歩くノーヴァルは、父ブライアンから送られた手紙を開きます。そこにはこう書かれていました。

「息子よ、俺は良い父親ではなかった。これは言い訳ではない。だがそれを変えたい。出来ることなら、直ぐに会いに来て欲しい。どうか許してくれることを願う…」

時々休みつつ、一晩中歩いたノーヴァルは、父の家の側の浜辺に着きました。そこには丸太に寄りかかって眠る、父ブライアンの姿があります。

父の横に座ったノーヴァルは語りかけます。父さんにずっと言いたいことがあった。あなたを嫌な奴と思いたかったし、あなたの存在を母さんから忘れ去らせたかった。

ブライアンは少し目を開きました。母さんには新たな男も現れたが、自分が全て追い払った。そうやって自分が、母さんが幸せになるチャンスを奪ってしまった。

でも母さんが新たな男と幸せになることは許せなかった、父さんはきっと、帰って来てくれると信じていたから…。

父さん、なぜ手紙を書いたの?ノーヴァルの問いかけに、ブライアンは答える気力もないようです。しかし彼の手は動き、息子の手に触れました。

虎のぬいぐるみを持った幼いノーヴァルが、まだ若い父ブライアンに駆け寄る、懐かしい思い出が映し出されます。

スポンサーリンク

映画『プライス 戦慄の報酬』の感想と評価

参考映像:『ダーティー・コップ』(2016)

『わが心のボルチモア』(1990)や『フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』(1992)などで子役として注目を集め、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのフロド役として、世界的な人気を獲得したイライジャ・ウッド。

ところがフロドを演じた人気俳優は、『シン・シティ』(2005)ではメガネ姿の食人殺人鬼(!)を演じ、『マニアック』(2012)ではサイコな殺人鬼を熱演し人々のド肝を抜きました。

『ゾンビスクール!』(2015)ではお子様ゾンビと対決するなど、実はB級悪ノリ映画に出演するのが大好きなイライジャ・ウッド。彼が今やB級映画の顔役、「未体験ゾーンの映画たち2020」で2本も主演作が公開された、ニコラス・ケイジの影響を受けないはずがありません。

『ダーティー・コップ』でニコラス・ケイジと共演し、すっかり心服した…かどうかは判りません
が、ニコラス・ケイジ主演の『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018)では、製作に回りサポートしています。

実は熱演・怪演が大好きな俳優、イライジャ・ウッドの本領が発揮された映画こそ、今回ご紹介した『プライス 戦慄の報酬』です。

監督の実体験を奇想天外に発展させる


(C)Firefly Films

本作は自分の実体験が元になっている、と多くの場で語っているアント・ティンプソン監督。長い闘病の末に実父が亡くなった後、遺体を防腐処理して家に戻し、夜を通して共に過ごし、故人について静かに思いを巡らした体験が元になっています。

日本の通夜と同じと思われるかもしれませんが、欧米のキリスト教式の葬儀では、遺体は葬儀場に安置し、そこを訪れて故人と対面するのが主流です。

ニュージーランド出身の監督は、マオリ族の文化に遺体と家で過ごし、故人を偲ぶ習慣があると知っていましたが、実際に自身が感じた奇妙な感情を、この映画のアイデアとしました。

とはいえ亡父へのオマージュにしては、悪ノリが過ぎるこの映画。しかしジャンル映画の製作者の監督は、自分同様ブラックなユーモアを愛した父に相応しい内容だと語っています。

自分のアイデアをコメディホラーを書いた脚本家に持ち込み、肉付けして作られたストーリーが、この映画として完成したのです。

奇妙な物語を織り成すキャストたち


(C)Firefly Films

常識外れな役を演じるのが好きなイライジャ・ウッドは、本作の脚本を読みまず面白いと感じました。頼りなくどこか親しみを与える主人公の滑稽な姿を、過剰にならない演技で表現しています。

彼は監督と共に主人公の印象に残るスタイル、場違いなファッションに、キリアン・マーフィー主演のドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」のような髪形、右耳の下には「音」「命」の漢字タトゥーを入れた、奇抜な姿を作り上げていきました。

共演者との会話劇でサスペンスとして始まる物語は、いつの間にかブラックユーモアで満たされます。監督は主人公と最後に対決する、『フリー・ファイヤー』(2016)や『マダムのおかしな晩餐会』(2016)に出演した、マイケル・スマイリーの演技を高く評価しています。

コメディアンでもある彼は、監督と話し合い様々なアイデアを出し、楽しんで即興で様々な姿を演じました。彼の演技に注目すると、実に「遊んで」いるなと実感できます。そのような俳優と仕事を共にするのは、素晴らしい体験だったと振り返る監督。

本作の後半はダークな笑いに満ちていますが、イライジャ・ウッドはドタバタ喜劇として演じません。人生で最も奇妙な出来事に遭遇した主人公を、最後まで巻き込まれた人物として表現します。

このブラックユーモアが、サスペンスで見せる前半と、親子の物語を総括するラストと合さると、何か居心地悪く感じる方もいるでしょう。この映画、本当にこのシーンで笑っていいの?、そんな気分になるかもしれません。

深く考えることはありません。主人公が必死であるほど、馬鹿げた状況との落差が面白いのです。深刻な顔で下ネタ、ブラックネタと格闘するイライジャ・ウッドの姿を楽しんで下さい。

まとめ


(C)Firefly Films

どこか奇妙なユーモアをたたえたサスペンス映画『プライス 戦慄の報酬』。想像のつかないノリ展開を楽しむべき作品で、ブラックコメディを愛する人にお薦めです。

そして仕事の選び方が、どこかニコラス・ケイジ化しているイライジャ・ウッド。B級ジャンル映画のファンは、間違いなくこちら側の映画の住人になりつつある、彼の姿を確認するためにも見るべき作品です。

B級映画ファンにとって、実に頼もしい仕事選びをしているイライジャ・ウッドですが、『ハリー・ポッター』シリーズで世界的人気者になったダニエル・ラドクリフも、舞台劇を含めこの先輩を見習ったかのような、趣味の良い(?)仕事選びを続けています。

彼らにとって世界的大ヒット作出演で得た富と名声の意味は、決してセレブとして振る舞うことではなく、今後自由に自分がやりたい仕事を選ぶための手段でしょう。

ところで本作に登場する、窒息プレイ専門(…)のお姉さんの名前はプレシャスです。「ロード・オブ・ザ・リング」でイライジャ・ウッド演じるフロドは、例の指輪を巡り大冒険をします。

その指輪をゴラムは劇中で有名なセリフ、「愛しいしと=My precious(プレシャス)」と呼んでいます…。本当にこの映画、色んなところに黒い笑いが潜んでいるのです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2019 Bayou Pictures LLC. All Rights Reserved

次回の第51回は太平洋戦争の転換点となった激戦の秘話を描く戦争映画『ミッドウェイ 運命の海』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャーのネタバレ感想と評価|邦画特撮大全44

3戦隊19ヒーロー集結! 史上最大の「VS」が幕を開ける! Vシネクスト『ルパン レンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』。 2つの戦隊のぶつかり合いを描いた意欲作『快盗戦隊ルパンレンジャー …

連載コラム

映画『ピークレスキュー』あらすじネタバレと感想。最強の特殊部隊がテロ相手に立ち向かう姿を描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録36

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第36回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第36回で紹介するのは、テロ組織と闘う特殊部隊の活躍を描いた映画『ピーク・レスキュー』。 欧米の映 …

連載コラム

清原惟映画『ひとつのバガテル』あらすじと感想レビュー。武蔵野美術大学の卒業制作という“衝撃あるいは事件”|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り3

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 2018年に東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が劇場公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(きよはらゆい)監督 …

連載コラム

映画『ヘルボーイ(2019)』あらすじと感想レビュー評価。マイク・ミニョーラとニール・マーシャルが召喚するヒーローとは⁈|シニンは映画に生かされて19

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第19回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第19回にてご紹介させていただく作品は、ニール・マー …

連載コラム

映画『イップマン継承』あらすじネタバレと感想。ドニーイェンがマイクタイソンとバトル!|すべての映画はアクションから始まる8

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第8回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP