Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/11/08
Update

『ヴェノム』ネタバレ解説。結末エンドロール後の2つのオマケ映像の真相とは⁈|最強アメコミ番付評13

  • Writer :
  • 野洲川亮

こんにちは、野洲川亮です。

今回は“スパイダーマン最大の宿敵”であり、“マーベル史上屈指のヴィラン”と呼ばれるキャラクターの単独映画化作品『ヴェノム』を考察していきます。

あらすじ、作品の魅力に加え、他のオススメ映画も紹介していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ヴェノム』のあらすじ(結末のネタバレを含みます)

(C)&TM 2018 MARVEL

独善的な正義感にあふれたジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、宇宙ロケットや先進的なガン治療薬を開発するライフ財団を取材することになります。

財団の活動を疑問視するエディは、恋人の弁護士アン(ミシェル・ウィリアムズ)が持つ財団の情報を盗み見みて、財団の行う人体実験を追求しようとするが、それが元で恋人のアン共々会社をクビになり、彼女との婚約も解消されてしまいます。

半年後、荒んだ生活を送っていたエディですが、人体実験の実態を暴くため財団の博士の手引きにより、施設へ侵入します。

ところがそこで、宇宙外生命体シンビオートに寄生されてしまったエディは、体調の異変と猛烈な空腹に襲われます。

意志と言葉を持つシンビオートは、エディの思考を感じ、身体をコントロール出来ること、「俺たちは一つでヴェノムだ」と告げます。

ヴェノムとして自らが変化していくことに恐怖するエディでしたが、シンビオートを奪い返そうとするライフ財団のリーダー、ドレイク(リズ・アーメッド)の追撃をヴェノムの力を使い必死に逃れていく中で、少しずつその力に魅了されていきます。

そんな中、行方の分からなくなっていた別のシンビオート、ライオットが現れドレイクに寄生してしまいます。

ライオットの目的が、地球人類の捕食のために他のシンビオートを呼び寄せることであることを知ったエディは、ヴェノムにそれぞれの星で“負け犬”であったことに共感され、協力を得てライオットとその宿主ドレイクを阻止するために、戦いを挑みます。

ライオットとドレイクを倒したエディは、何とか生き延びたヴェノムと、捕食していいのは悪人だけと約束させ、再び共生関係を結ぶことになりました。

予想外?の見やすさ、トム・ハーディ&ヴェノムコンビの可愛さ炸裂

映画の印象を決めるのは演技、脚本、演出だけでなく、編集が大きなカギを握っています。

例えば、同じアメコミ映画『ジャスティス・リーグ』(2017)は、公開時120分の上映時間でしたが、直前で降板したザック・スナイダー監督版は、3時間を超える上映時間が予定されていたそうです。

同じ映画でも一時間以上も上映時間が変われば、観客に与える印象は全く変わってきますが、そこには製作サイドの様々な思惑や意図が介在しています。

そこで本作『ヴェノム』はと言うと、“人を喰らう宇宙外生命体”であり、分かりやすく邪悪なビジュアル、何より原作のコミックの設定からも、かなりのグロテスク描写やシリアスな展開を交えたハードな作品にすることは、いくらでも出来るような題材でした。

ところがルーベン・フライシャー監督は、この映画のホラーサスペンス要素を限りなく希釈させ、アクションコメディ要素をより際立たせる編集をしてみせます。

寄生され心身に異変が生じていくトム・ハーディの苦悩を、リアクション芸でもしているかのようなコメディタッチに仕立て(ヒロインに止められながらも水槽に飛び込むシーンは、さながら逆ダチョウ倶楽部状態)、ヴェノムの凶暴さを抑えて、人間を喰らう宇宙外生命体をキュートにさえ思わせるエピソードを重視したシーンの取捨選択をしています。

何より激しいアクションの最中でも、罵り合うエディとヴェノムのしゃべくり漫才のようなやり取りの数々は、悪役であるはずのヴェノムにヒーロー並の好感を与えました。

この巧みな編集により、元々はR15指定になっても全くおかしくない本作の過激な一面を極力抑え、PG12指定でより多くの観客からの共感を勝ち取ることに成功しました。

単に観客に媚びたわけではなく、作品のクオリティー、満足度を高めた上での正しい決断だったことは、公開後にSNS上を駆け巡った好評が証明しています。

エンドロール後、2つのオマケ映像が示唆する未来とは?

本作のエンドロール後には二つのオマケ映像が流れますが、アメコミ原作やシリーズ映画事情に明るくない人には、よく分からなかったかもしれません。

ここでは、二つの映像の意味を解説していきます。

ラストでジャーナリストへ復帰したエディは、ある囚人へのインタビューのため刑務所へと向かいます。

連続殺人鬼クレタス・カサディ(ウディ・ハレルソン)は、エディのインタビュー中「ここを出たらカーネイジ(大虐殺)が起こるだろう」と言い、映像は終わります。

クレタス・カサディことカーネイジは、原作コミックで登場する“もう一人のヴェノム”であり、ヴェノムの宿敵キャラクターとして描かれています。

つまりカーネイジの登場は、そのまま『ヴェノム』続編におけるエディとカサディの対決を示唆しているのです。

そして、もう一つの映像は本作とは別の世界観であることが告げられたアニメーションです。

そこでは、スパイダーマンであるピーター・パーカーの墓があり、スパイダースーツに身を包んだ黒人の少年と、さらにもう一人スパイダースーツを着た男とのやり取りが繰り広げられます。

これは2019年公開予定のアニメ映画『スパイダーマン: スパイダーバース』のワンシーンで、全く新しい世界観のスパイダーマンであることが発表されています。

並行世界にいる複数のスパイダーマンが登場するとのことで、実写映画シリーズとはまた違った魅力が伝わってくる映像になっていました。

アメコミ映画ではお約束のオマケ映像、忘れずにご鑑賞してください。

スポンサーリンク

『ヴェノム』を観た人へのオススメ作品

本作を鑑賞された人の多くが連想したであろう、邦画「寄生獣」2部作は、『ヴェノム』を気に入った人にはオススメです。

寄生獣ミギーと主人公新一の関係は、本作でのヴェノムとエディの関係性を彷彿とさせる、コミカルなやり取りが目を引きます。

また山崎貴監督によるCG戦闘描写は、ハリウッド映画とのバジェットの差を感じさせない迫力があり、CG表現の比較と言う意味でも楽しめます。

そして本作の魅力を語る上で欠かせないのが、主演トム・ハーディの“体当たり成りきり演技”で、本作でハーディに魅入られた人も多いことでしょう。

そんなトム・ハーディ出演作でオススメは『ダークナイト ライジング』(2012)、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)、『ブロンソン』(2008)の3本です。

3本全てが傑作と呼んで差し支えない素晴らしい映画ですが、内容云々の前にトム・ハーディの見た目から驚くことになるでしょう。

トム・ハーディはそれぞれの作品で、本作と同じアメコミヴィラン、世紀末の世界を孤独に生きる元警官、イギリスで最も有名な犯罪者を演じていますが、髪型やメイクは当然として、体型や表情まで全く違う人間になっていて、トム・ハーディの狂気じみた役作りを感じることが出来ます。

中でも『ブロンソン』は、『ドライヴ』などで知られる鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督の初期作品で、日本では劇場未公開、DVDでのみ観られる隠れた逸品としても知られています。

そして本作の監督、ルーベン・フライシャー作品のオススメは『ゾンビランド』(2008)です。

エンドロールおまけ映像に登場したウッディ・ハレルソンが、ジェシー・アイゼンバーグ(DC作品「マン・オブ・スティール」シリーズで、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーを演じる)とダブル主演を務めるゾンビ映画で、軽快なテンポで誰にでも見てもらえる秀逸なコメディに仕上がっています。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第14回戦では、今回オススメ作品に挙げさせてもらった『ダークナイト ライジング』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『仮面ライダージオウ(2019)』ネタバレあらすじと感想。Over Quartzerは平成ライダーシリーズに終止符と祝福を|邦画特撮大全55

連載コラム「邦画特撮大全」第55章 平成最後の仮面ライダーとなった『仮面ライダージオウ』。平成も終わり令和という新時代を迎えた2019年7月26日から、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quar …

連載コラム

平成仮面ライダーシリーズのキャスト評価。ベテラン俳優陣を考察|邦画特撮大全15

連載コラム「邦画特撮大全」第15章 きたろう、升毅、津田寛治、石田太郎、下條アトム、本田博太郎、石丸謙二郎、金山一彦、木下ほうか、石橋蓮司、寺田農、宇梶剛士、鶴見辰吾、小倉久寛、片岡鶴太郎、堀内正美、 …

連載コラム

『スパイダーマン』ライミ版からアメイジング。そしてMCU版へ|キャラクター映画史1

連載コラム「キャラクター映画史」第1回 今ではアメコミ映画って何って聞くと、頭に思い浮かぶ存在となったスパイダーマンですが、実は映画化までは一筋縄にはいきませんでした。 (C)Marvel Studi …

連載コラム

映画『マフィオサ』ネタバレ感想。溝口友作監督が東映プログラムピクチャー風で描いたアメリカン・マフィア|未体験ゾーンの映画たち2019見破録3

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第3回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

映画『スリージャスティス』あらすじネタバレと感想。名高い実在のヒーロー(孤高のアウトロー)が登場するスター共演の西部劇|未体験ゾーンの映画たち2020見破録32

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第32回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第32回で紹介するのは、スター共演で送るウェスタン映画『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学