Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/05/30
Update

【5月編集後記】引っ越して感じる母との思い出。母親と娘の映画紹介も

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

“気がつけば2月も終わり”と書いて以来、編集後記の再開…。

3月と4月に休載していたので、「気がつけば5月…」。しばしお付き合いいただければと思っております。

実は私事ですが、数年間とある田舎町に住んでおりました。引っ越しシーズン真っ盛りの3月吉日。

パンダのマークでお馴染み、サカイ引っ越しセンターのお力を借りて、現在どうにかこうにか東京に移り住むことができました。


あめまん

もともと東京出身で、「ただいま〜」「よ、おかえり〜」という感じはするものの、

実際は慣れない東京暮らし。何かと面食らって戸惑ったというのが本当のところです。

それでも近所には桜が満開に咲き誇り、お江戸の名物は「桜だよな」としみじみ思う…。

【Cinemarche編集後記】一覧はこちら

引っ越して感じる母との思い出


カズキヒロ

今の住まいには、「商店街」があるのですよ。

セチガライ世の中などと言いいますが、商店街には子どもからお年寄り、貧乏人からお金持ちまで住んでいて、野良ネコも野良ネズミもいる実に風情があります。

みんな自由気ままな風貌で、なんとまぁ東京の人は活き活きしておりますな。

これこそが賑わいと申しましょうか、眺めているだけで楽しいものです。

本当のこと言いますと、内のかかあは、大型スーパーマーケット好きなそうで。情緒がない。

でも、買い物するなら個人商店に限るというのがモットー。あそこだ、ここだ、とお得意さんになる方がいい。

毎度の日課で商店街を散歩すると、昔に母親と歩いた夕暮れ時の買い物を思い出す。

やはり、買い物は母さんとの思い出なんですね。

早生まれで体の小さかった自分を、若かった母さんが手を引いて、八百屋や肉屋、魚屋と乾物屋をハシゴして渡り歩く。

揚げたてのコロッケをほうばったり、甘味処謎にも立ち寄ります。

その度に何処は入っても、「いらっしゃいませ〜、坊やいい子だね、お母さんとお買い物かい」と、店舗の亭主か、その奥さんに褒められるというのは、実に嬉しいものでした。

ということで、母の日はとっくに過ぎちゃいましたが、ふと母に思いを馳せる今の暮らし。

本日は「母親と娘」が描かれたオススメ作品をご紹介しま〜す!

「母親と娘」のオススメ映画①『パティ・ケイク$』

映画『パティ・ケイク$』は、すでに4月27日(金)より、全国にて公開中です!

2018年に日本公開される映画で見るべき映画の1本で、劇場で見逃してしまうには、オシイ作品。

サンダンス映画祭発という作品なので、あなたが映画通ならもう見ているかもしれませんね。

この作品はラップ女子の感涙サクセスストーリーとなっており、「母親と娘」という確執ある関係がどうなるのかというのも見どころ

また、『パティ・ケイク$』は、登場するキャラクターが、ウルトラ最高にエグくてかっこいいですよ!

「キラ〜〜〜!P〜〜〜〜!!」と、叫びたくなちゃう。オススメの1本です

まだまだ、順次公開中の作品です、お見逃しなく!

▼詳細な本作の映画情報はこちらをご覧ください。

「母親と娘」のオススメ映画②『母という名の女』

もう1本オススメでご紹介する映画は、ちょっと怖いというかな?

母親というか女の本性を覗き見ちゃう作品で、6月16日から公開のメキシコ映画です。

献身的に娘に尽くす母親。しかし、17歳の妹が同じ歳の少年とのあいだに子どもを授かると、その出産をきっかけに、母は自身の奥底にしまいこんだ“女の深い欲望”を露出させていく…。

母という存在とは何か?また、歳を重ねてもなお、彼女は“女”そのものだった…?

映画『母という名の女』は、6月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

▼詳細な本作の映画情報はこちらをご覧ください。

まとめ

そんなこんなで日課となった商店街での散歩。揚げたての美味しいコロッケが人気の肉屋さんも見つけました。

そこ、あまりに人気過ぎててんやわんや。お肉屋さんの店主ジイちゃんがコロッケ揚げながら、「ウチは肉屋だ!メンチもあるよ」と怒っている始末。

おかみさんもお客さんに「すいません…」苦笑いしていて、風情があっていい!こうでなくては買い物は楽しくないですよね。

また、美味しい和菓子屋さんもあるんですよ、パン屋さんもね。

商店街をハシゴしながら、あっちウロウロ、こっちウロウロ…。

今回はご無沙汰ぶりの編集後記で、母と商店街の思い出と、オススメ「母親と娘」映画を2本ご紹介しました。

Cinemarche編集部に、ご意見やご要望をお寄せください!

以下の問い合わせをご利用くださいますよう、お待ちしております。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

*この記事に使用された写真は、筆者の居住地域のものではございません。プライベートな地域特定されることに配慮からフリー素材サイト「ぱくたそ」にあるものを使用しております。

【Cinemarche編集後記】一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『恋愛依存症の女』あらすじ感想と評価解説。木村聡志監督が恋愛ラブストーリーをユーモラスな群像劇で描く|インディーズ映画発見伝10

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第10回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝 …

連載コラム

映画『ファナティック』感想レビューと内容考察。ラストまでガチ怖なハリウッドの狂愛者が最恐の来日|SF恐怖映画という名の観覧車115

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile115 猛暑や連日続く暗いニュースがある現代社会で、好きになれるものがあることは人生を潤す原動力になります。 しかし、行き過ぎた「好き」と言う感 …

連載コラム

【東京国際映画祭2019 受賞作品一覧】東京グランプリは『わたしの叔父さん』に決定|TIFF2019リポート11

2019年10月28日から11月5日まで開催された、第32回東京国際映画祭(TIFF)の「コンペティション部門」をはじめ、各部門の受賞作品と受賞者が発表されました。 2019年のTIFFの各受賞結果を …

連載コラム

【短編映画無料配信】決断せよ!|あらすじ感想評価レビュー。“恋人とはどんな存在なのか” 関係性のあり方を迫られた時…《松田彰監督WEB映画12選 2023年2月》

「月イチ」企画の短編WEB映画第2弾『決断せよ!』が無料配信中 『つどうものたち』(2019)、『異し日にて』(2014)、『お散歩』(2006)などの作品で数々の国内外の映画賞を受賞してきた松田彰に …

連載コラム

『笑いのカイブツ』映画原作ネタバレと結末までのあらすじ。ツチヤタカユキのお笑いネタと若林の関係も披露される私小説|永遠の未完成これ完成である33

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第33回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、ツチヤタカユキの私小説『笑いのカイブツ』。この度、岡 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学