Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。キャスト再集結でテレビシリーズの8年後を描き出す|邦画特撮大全103

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第103章

今回の邦画特撮大全はVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)』(2022)を紹介します。

2022年1月28日(金)より期間限定上映中の『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』は、令和ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』(2020~2021)のスピンオフ作品。

テレビシリーズから8年後の世界を描いています。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の作品情報


(C)2022 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
上堀内佳寿也

【脚本】
福田卓郎

【キャスト】
内藤秀一郎、山口貴也、川津明日香、青木瞭、生島勇輝、富樫慧士、岡宏明、市川知宏、アンジェラ芽衣、庄野崎謙、飛鳥凛、嶺岸煌桜、長谷部瞳、木村了、橋本さとし、知念里奈

【作品概要】
令和ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』(2020年)のスピンオフ作品。内藤秀一郎、山口貴也らテレビシリーズのメインキャストたちが再結集しました。

ゲストキャストは劇団☆新感線の元メンバーでドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』のナレーションとしても知られる橋本さとし。

仮面ライダーW』(2009~2010)で園咲若菜/クレイドールドーパントを演じた飛鳥凛、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』(2016)にゲスト出演した木村了の3人。

脚本は「仮面ライダーセイバー」テレビシリーズのメインライターである福田卓郎。監督はセイバーテレビシリーズにも参加し『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019)のメイン監督を務めた新鋭・上堀内佳寿也。

映画『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』のあらすじとネタバレ


(C)2022 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

小説家で書店の店主でもある神山飛羽真/仮面ライダーセイバーは、“ソードオブロゴス”という組織に属する剣士=仮面ライダーたちと共に、世界の均衡を守るため脅威と戦っていました。

ある時、飛羽真が経営する「ファンタジック本屋かみやま」が原因不明の火災で焼失。その時なぜかその現場に陸という少年がいました。

8年後、飛羽真は幼馴染・間宮の協力を受け、新しい書店を経営。陸を引き取り息子として育てますが、いまだに会話もなく「お父さん」と呼ばれたこともありません。陸はかつての剣士たちの戦いで両親を失っていたのです。

一方、新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズは、飛羽真の担当編集者・須藤芽依と交際は続いているものの、まだ結婚には至っていませんでした。

翻訳家として活動している冨加宮賢人/仮面ライダーエスパーダは、婚約者である立花結菜との生活が順調で結婚を間近に控えていました。

そんな中、聖剣の持ち主たちが相次いで消える怪事件が連続して発生。さらに人々の記憶から剣士たちの存在も消えていきます。

事件の究明に動く倫太郎でしたが、彼の前には無銘剣虚無を手にした仮面ライダーファルシオン アメイジングセイレーンが現れました。

ファルシオンの正体は、篠崎真二郎という男で、自らを倫太郎の実の父親だと名乗ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

真二郎の目的は、記憶を改ざんする“アメイジングセイレーンワンダーライドブック”の力を使って、剣士たちの戦いで犠牲になった人々の無念を晴らすため、剣士たちの存在を世界から消すことでした。

倫太郎もその力によって、かつての仲間たちの記憶を失っていきます。

一方、賢人も仮面ライダーファルシオンに襲撃されます。賢人は無銘剣虚無を奪い、ファルシオンの腕に一撃を加え辛くも危機を脱します。

しかし家に帰ると結菜の腕には自分がファルシオンに負わせたのと同じ傷がありました。結菜は剣士たちの戦いで婚約者を失い、その復讐を果たすため賢人に近づいたのです。

一方、飛羽真は学校から帰ってこない陸を探す中、仮面ライダーファルシオンに襲撃されます。飛羽真は8年前のトラウマから陸が火と剣士を怖がるため、火炎剣烈火を封じて生身でファルシオンに挑み、深手の傷を負ってしまいました。

陸はいなくなった愛犬ラッキーを探していたのです。飛羽真は陸がラッキーにしか心を開いておらず、いまだに自分を父親として認めてくれていないと感じていました。

陸にはラッキーが必要と思う飛羽真は手負いの身でラッキーを探そうとしますが、間宮は「いま陸が父親である飛羽真を失ったらどう思うのか」と飛羽真を止めます。

倫太郎と賢人はそれぞれファルシオンと対決する覚悟を決めました。真二郎は倫太郎にかつての戦いで犠牲になった人々の姿を見せますが、倫太郎はその人々を背負うことを決め仮面ライダーファルシオンを撃破。

戦いが終わり倫太郎は真二郎と親子の対面をようやく果たしますが、契約によって真二郎は無銘剣虚無に貫かれ絶命……。

賢人は結菜の変身する仮面ライダーファルシオンと結婚式場で対峙。結菜を救いたいという賢人の一心が“アラビア-ナナイトワンダーライドブック”を生み出し、仮面ライダーエスパーダアラビア-ナナイトに変身!! ファルシオンを討ち果たします。

最初は復讐という目的のため賢人に近づいた結菜でしたが、共に暮らす内に結菜にとって賢人は大切な存在となっていました。それは賢人も同じです。

賢人は結菜に生きてもらいたいと自分の存在を消してもいいと言いますが、結菜はそれを拒み絶命……。

ラッキーを探しに家を出た陸を追う飛羽真。行き着いたのは飛羽真と陸が初めて出会った場所、かつて「ファンタジック本屋かみやま」のあった場所でした。そして仮面ライダーファルシオンが現れ飛羽真を襲います。

ファルシオンの正体は間宮でした。間宮は剣士たちの戦いで父親と記憶を失った男で、飛羽真の幼馴染ではなかったのです。

アメイジングセイレーンワンダーライドブックを使い、8年の月日をかけて人々の記憶から剣士たちの存在を消し、飛羽真の記憶を改ざんして近づき復讐の時を狙っていました。真二郎と結菜に契約を持ち掛けたのも間宮です。

間宮は自分が味わったように、飛羽真の大切な人を目の前で奪おうと陸に刃を向けます。その時、陸はやっと飛羽真を「お父さん」と呼び火炎剣烈火を手に取りファルシオンの刃を受けます。

この陸の行動のショックで間宮は記憶を取り戻しました。陸と間宮は本来同じ存在で、無銘剣虚無に触れたことで分裂した人格だったのです。

そして8年間ともに過ごしたことにより、陸にとっても間宮にとっても飛羽真は大切な存在となっていたのです。

間宮は8年前、無銘剣虚無を手に取った過去を変え、これまでの8年間をなかったことにします。剣士たちの存在は世界に戻り、そして死んだ真二郎も結菜も倫太郎たちと戦うことも死ぬこともなくなりました。

展望台にたたずむ飛羽真の元に、芽依が持ち込まれた原稿を持ってきました。その原稿には“間宮陸”という執筆者の名前がありました。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の感想と評価


(C)2022 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

本作『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』のキャッチコピーは「正義は罪なのか。」です。

テレビシリーズから8年後、世界に平和が訪れ新たな生活を始めた仮面ライダーたちを襲った新たな脅威は、タイトルの「深罪」が指すように正義を信じて戦ったはずの彼らに課せられた罪です。

テレビシリーズで彼らが戦う中で画面には映らない多くの犠牲がありました。通常のヒーローもの、勧善懲悪の物語であれば、最後の敵を倒し世界が平和になって終わりです。

本作では物語の裏側にいたはずの多くの犠牲者の存在にスポットを当て、神山飛羽真/仮面ライダーセイバー、新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ、冨加宮賢人/仮面ライダーエスパーダの3人が課せられた罪をどのように贖うか並行して描かれていきます。

媒体がVシネマという点、登場人物たちが8年の月日を経て成長しそれぞれ「家族」がいる点などから、本作『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』は全体的にシリアスでテレビシリーズ時にあったようなコミカルな描写はほぼありません。

物語構造も前述したように3人の仮面ライダーの行動を同時並行して描くという複雑なもので、流血などの過激な描写もいとわず挿入されています。

アクションシーンとエンディングテーマを除けば劇中音楽もほぼ皆無でした。ロケーションもテレビシリーズでは使用されていない場所が選ばれています。

冒頭は手振れカメラによる主観ショットいわゆるPOVで描写され作品のサスペンスを高めていました。

冨加宮賢人/仮面ライダーエスパーダのアクションシーンでは、賢人の目の下に血が涙のように流れています。

仮面ライダーは“同族殺し”というモチーフから、目の下に“涙ライン”という意匠が盛り込まれていますが、この描写は「仮面の下で涙を流している」という仮面ライダーの基本精神をまさに反映しているものです。

昨年2021年は仮面ライダー誕生50周年、スーパー戦隊45作品というアニバーサリーが重なったことから、クロスオーバー作品『スーパーヒーロー戦記』が製作されました。

例年夏に公開される仮面ライダー単体の劇場版長編は製作されず、本作『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』がセイバー初の長編作品となりました。

そのためなのか、演出面でも物語面でもテレビシリーズでは出来ないであろう試みが多数取り入れられている野心的な作品に仕上がっています。

まとめ


(C)2022 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

セイバー初の長編作品となった『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)』。

ハードな演出とシリアスな物語から、テレビシリーズでは出来ないことをしようとするスタッフの気合いがひしひし感じられる作品となっていました。

テレビシリーズから8年後、父親になった飛羽真らお馴染みの登場人物たちの成長した姿も見どころです。また出番の少なかった剣士たちの8年間に何があったか想像するのも楽しみのひとつです。

『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』は2022年1月28日(金)により期間限定上映。DVD・ブルーレイは2022年5月11日(水)発売予定です。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

Netflix『我々の父親』ネタバレ感想評価と結末解説。ドキュメンタリー映画で描く“自分の精子”を不妊治療に使用する医師の真実|Netflix映画おすすめ99

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第99回 今回紹介する映画『我々の父親』は、Netflixで2022年5月11日に配信開始されたドキュメンタリー作品です。 本作は、不妊治療 …

連載コラム

映画『トスカーナ』ネタバレあらすじと結末の評価解説。Netflixでイタリアを舞台に人生を見つめなおす男の物語|Netflix映画おすすめ101

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第101回 今回紹介する映画『トスカーナ』は、Netflixで2022年5月18日(水)から配信開始された作品です。 デンマークでシェフとし …

連載コラム

『仮面ライダーW』感想と考察。登場人物や設定で石ノ森章太郎と東映作品へのリスペクト満載|邦画特撮大全62

連載コラム「邦画特撮大全」第62章 先日放送から10周年をむかえた『仮面ライダーW』(2009~2010)。仮面ライダーシリーズの中でもいまだに高い人気を誇る作品で、現在は続編である漫画『風都探偵』が …

連載コラム

屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)ネタバレありで映画と原作の違いを考察。明智ロスが最後まで残る|永遠の未完成これ完成である4

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第4回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介する作品は、2019年12月13日公開となった映画『屍人荘の殺 …

連載コラム

映画キラメイジャーVSリュウソウジャー|ネタバレ感想とラスト結末あらすじ。DVD発売前に新“元ネタ”を深掘り解説【邦画特撮大全88】

連載コラム「邦画特撮大全」第88章 今回の邦画特撮大全は、2021年4月29日(木)より期間限定上映(一部地域では公開延期)を迎えたVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』(2021 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学