Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』感想と内容解説。平成最後の戦隊シリーズの鑑賞ポイントを紹介|邦画特撮大全38

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第38章

先日2019年3月17日から平成最後の戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送が開始されました。

あなたは第1話をご覧になられましたか。王道的な展開と新たな映像でこれからの展開に大きく期待が持てます。

今回取り上げる作品は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』です。現在第1話が期間限定で無料公開中です。第2話の放送前に、シリーズの予習と第1話の振り返りをしましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の作品概要

【放送】
2019年3月17日から放送開始

【プロデューサー】
丸山真哉、高橋一浩

【脚本】
山岡潤平

【音楽】
吉川清之

【監督】
上堀内佳寿也

【キャスト】
一之瀬颯、綱啓永、尾碕真花、小原唯和、岸田タツヤ、金城茉奈、黄川田将也、渋江譲二、沢井美優、団時朗、中田譲治(声の出演)、白石涼子(声の出演)、てらそままさき(声の出演)、吹越満

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のあらすじ

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第1話「ケボーン!!竜装者」

かつて恐竜が栄えていた時代。古代人類“リュウソウ族”は“騎士竜”と共に、戦闘民族“ドルイドン”と戦っていました。

そんな中、地球に巨大隕石が接近。地球征服を企む戦闘民族“ドルイドン”は宇宙へ逃亡。リュウソウ族は騎士竜を神殿に封印していきます。

6500万年後の現代……。宇宙にいたはずのドルイドンが再び地球を狙います。

師匠たちの遺志を継ぎ、立ち上がったコウ、メルト、アスナ、トワ、バンバ、リュウソウ族の5人の騎士。彼らと騎士竜は共に、ドルイドンの魔の手から地球を守るため戦うのですが…。

原点回帰とファンタジー要素

前作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2018)では2つの戦隊の激突を描き、前々作『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017)では9人戦隊(最終的には12人)と、これまでのシリーズから見ると異色な作品が連続していました。

そのため本作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』は“王道”をテーマに掲げ原点回帰が図られています。

リュウソウジャーのメンバーは5人となり、子ども人気も高く今回で4度目の採用となる“恐竜”が戦隊のモチーフに選ばれています。

またタイトルにもあるように“騎士”も併せてモチーフに選ばれています。その他、主人公5人によるエンディングのダンスも復活しました。

古代の伝説を背景に置いた設定や、騎士のモチーフ、敵の名称の“ドルイドン”などからファンタジー、特にケルト系の要素が見られます。

恐竜を初めてモチーフに採用した『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992)やファンタジー要素の強い『星獣戦隊ギンガマン』(1998)との共通点も見られました。

主人公たちが古代から続く民族や戦士であるという基本設定は『ジュウレンジャー』や『ギンガマン』とも共通しています。

また巨大ロボットに変形する騎士竜の設定が『ジュウレンジャー』の“守護獣”、『ギンガマン』の“星獣”を思わせる設定になっています。

その一方で、第1話の段階で5人全員が揃っていなかったり、最初の敵が等身大ではなく巨大な怪獣“ドラゴンマイナソー”であったりと、所々に変化球の要素も見られます。

メインスタッフはプロデューサーに丸山真哉、脚本に山岡潤平、音楽に吉川清之とスーパー戦隊シリーズ初参加の顔が並びます。

この3人はテレビ朝日・東映が制作する人気刑事ドラマ『遺留捜査』のメインスタッフです。パイロット(第1話・第2話)を手掛ける監督は『仮面ライダービルド』(2017~2018)の劇場版を手掛けた上堀内佳寿也。

初参加となるスタッフをメインに配することで、“王道”をテーマに掲げつつもシリーズに新風を吹き込もうという意気を感じます。

新鮮なキャスト陣と特撮経験者の共演

リュウソウジャーの5人を演じるのはこれまでのシリーズ同様、デビュー間もない若手俳優たちです。コウ/リュウソウレッドには本作がデビュー作となる一之瀬颯。

メルト/リュウソウブルーには綱啓永。綱啓永は第30回(2017年)ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ受賞者です。
ちなみに同回でフォトジェニック賞を受賞したのが現在『仮面ライダージオウ』で主人公・常盤ソウゴを演じている奥野壮です。

アスナ/リュウソウピンクを演じるのは尾碕真花。芸能プロダクションのオスカープロモーションが主催する第13回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞しました。

このコンテストのファイナリストで結成されたアイドルグループX21のメンバーでもあります。

トワ/リュウソウグリーン役は小原唯和。第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストの1人でした。いくえみ綾原作のドラマ『あなたのことはそれほど』(2017)で、鈴木伸之演じる有島光軌の中学生時代で俳優デビュー。

バンバ/リュウソウブラック役には岸田タツヤ。高校時代から広告のモデルやCMなどで活躍。2010年8月から2011年頃まで俳優集団NAKED BOYZのメンバーでした。

一方、コウの師匠マスターレッドを黄川田将也、メルトの師匠マスターブルーを渋江譲二、アスナの師匠マスターピンクを沢井美優がそれぞれ演じています。

黄川田将也は映画『仮面ライダーTHE FIRST』(2005)『仮面ライダーTHE NEXT』(2007)で主人公の本郷猛を演じていました。

渋江譲二は『仮面ライダー響鬼』(2005)でイブキ/仮面ライダー威吹鬼を好演。沢井美優は東映が制作した実写ドラマ版『美少女戦士セーラームーン』(2004)で主人公の月野うさぎ/セーラームーンを演じていました。

ちなみに黄川田将也、渋江譲二も実写版『セーラームーン』に出演しています。

また彼らを束ねるリュウソウ族の長老を演じるのは団時朗。団時朗は『帰ってきたウルトラマン』(1971)の主人公・郷秀樹役で有名です。

新たなヒーロー5人を支える師匠たちを、かつて特撮作品でヒーローを演じた俳優たちが演じるのです。

また騎士竜ティラミーゴの声をてらそままさき、敵ドルイドンのタンクジョウの声を中田譲治が担当します。

てらそまは『仮面ライダーBLACK』(1988)のシャドームーンや『仮面ライダー電王』(2007)のキンタロスの声を演じていました。

中田譲治はかつて『超新星フラッシュマン』(1986)『超獣戦隊ライブマン』(1988)に顔出しで敵役を演じていたほか、声優としても数多くの特撮作品に出演しています。

また恐竜を研究する学者・龍井治久役で、個性派俳優の吹越満もレギュラー出演します。

吹越満もかつて特撮テレビドラマ『有言実行三姉妹シュシュトリアン』(1993)にレギュラー出演していた経験があります。

まとめ

デビュー間もない新鮮な出演者、初参加のメインスタッフ、そしてかつて特撮作品に出演していた出演者。

テーマに掲げた“王道”と『リュウソウジャー』特有の要素が、今後どのように絡んで展開していくのか期待が膨らみます。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992)のほか歴代の“恐竜戦隊”たちを特集します。

恐竜戦隊ジュウレンジャー 第01話「誕生」公式

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』感想レビューと考察。ヌーヴェルヴァーグのミューズに捧ぐフィルム式ラブレター|だからドキュメンタリー映画は面白い48

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第48回 革命のミューズにして、ヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナの軌跡。 (C)Les Films du Sillage &#8 …

連載コラム

中川奈月映画『彼女はひとり』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた「嫌い」がもたらす苦痛の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り6

ちば映画祭2019エントリー・中川奈月監督作品『彼女はひとり』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

連載コラム

【ネタバレ感想】シュガーラッシュ:オンラインの解説と考察。ヒーローなき後の世界と愛のゆくえについて|映画道シカミミ見聞録29

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第29回 あけましておめでとうございます。森田です。 本サイトでは年明けに「2018年映画ランキング」が発表されました。 私も選出していますが、ベスト10に入れるべき …

連載コラム

映画『エゴイスト』あらすじ感想と評価考察。鈴木亮平と宮沢氷魚の熱演で故・高山真の自伝的小説の世界を実写化|TIFF東京国際映画祭2022-7

第35回東京国際映画祭『エゴイスト』 2022年にて35回目を迎える東京国際映画祭。コンペティション部門に『トイレのピエタ』(2015)の松永大司監督最新作が登場しました。 その映画はエッセイストの高 …

連載コラム

映画『インビジブル・スパイ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。香港ノワールの現在形をアクションとのド派手な融合スタイルで描いた秀作|未体験ゾーンの映画たち2021見破録13

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第13回 世界各国の埋もれかねない映画をお届けする「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第13回で紹介するのは、ド派手なアクション映画『インビジブ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学