Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/27
Update

映画『リチャードジュエル』ネタバレ感想と考察。実際に起きた冤罪事件を基にイーストウッドが情報化社会の危機感を問う|サスペンスの神様の鼓動27

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介する作品は、爆弾テロから多くの命を救った「英雄」が、FBIとマスコミにより「テロの首謀者」にされてしまう、クライムサスペンス映画『リチャード・ジュエル』です。

1996年のアトランタ五輪で、実際に起きた爆弾テロ事件の真相を、近年、実話を基にした作品を多く手掛ける巨匠、クリント・イーストウッドが描いた、監督40本目となる作品。

今回は、英雄だったはずの男が、何故、爆弾テロの首謀者にされてしまったのか?という、サスペンス的な部分に注目してご紹介します。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』のあらすじ


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
1986年、中小企業局のアトランタ事務所に勤める、リチャード・ジュエル。

彼は、弁護士のワトソン・ブライアントと知り合い、不足している物を察知する性格から、「レイダー」という、あだ名を付けられます。

リチャードは、法執行官に憧れを抱いており、警備員の職に就く為、ワトソンに退職の挨拶をします。

その際、ワトソンから「警察官になれ、クソ野郎になるな」と、言葉を送られます。

1996年、リチャードは、一時的に群の副保安官の職に就きましたが、退職後に、大学の警備員になります。

ですが、正義感の強さから、過剰な取り締まりをしてしまい、学長に問題視された事で、大学をクビにされてしまいます。

職を失ったリチャードですが、この年は、アトランタ五輪が開催されており、リチャードは、記念公園で連日開催される、コンサートの警備員となります。

ある日、腹痛を感じながらも公園の警備を続けていたリチャードは、酔っ払って騒いでいる若者たちを注意します。

若間たちが去った後に、リチャードは、ベンチの下に不審なバッグが置かれている事に気付きます。

警官たちは「ただの忘れ物」と気にしませんが、リチャードはマニュアルに乗っ取り、不審物を処理しようとします。

同じ頃、警察に「記念公園を爆破する」という、2度に渡る犯行予告があった事で、記念公園に爆発物処理班が派遣されます。

爆発物処理班が、バッグの中身を確認すると、そこには、3本のパイプ爆弾が入っていました。

リチャードは警官たちと、公園内の人々を避難させようとしますが、その間に爆弾が爆発します。

しかし、いち早く爆弾に気付いたリチャードの活躍で、被害は最小限となり、リチャードは「多くの人を救った英雄」として、マスコミの取材を受けるようになります。

記念公園で警備を担当していた、FBI捜査官のショウ捜査官。

彼は、爆破事件を防げなかった事を悔み、次の被害者を出さない為、爆破テロの真犯人を、捕まえる捜査を開始していました。

そんな中、過去にリチャードが警備員として勤めていた大学の学長から、「リチャードは問題のある男だった。英雄じゃない」と証言されます。

学長の証言と、過去の爆破事件の犯人の傾向から「英雄=真犯人」の仮説を立てたショウ捜査官は、リチャードを容疑者とします。

記念公園の爆破事件に居合わせた、女性新聞記者のキャシーは、特ダネを掴み、自分が名声を得る事しか頭にありません。

記念公園の爆破事件を「自分が一番に特ダネを掴み、犯人が興味深い人物である事」を祈り、取材を開始します。

キャシーは、知人であるショウ捜査官にすり寄り、FBIが「リチャードを容疑者として考えている」事を掴みます。

「母親と暮らす醜いデブが、英雄な訳がない」と考えたキャシーは、翌日の朝刊の一面で、リチャードが「FBIの捜査対象になっている」という内容の記事を掲載します。

極秘情報が漏れた事に焦ったFBIは、非公式にリチャードをFBIに連行し「FBIの訓練ビデオの撮影」として、リチャードに書類へのサインや、容疑者に聞かせる「ミランダ警告」を読み上げて、その様子をビデオ撮影しようとします。

不信感を抱いたリチャードは、本の出版を持ち掛けられた際に、契約内容の確認を依頼していた、かつての同僚である弁護士、ワトソンに連絡をします。

電話から、FBIの強引な操作である事を感じたワトソンは、すぐにその場を立ち去る事を助言します。

その夜、リチャードが母親と住む住宅を訪ねたワトソンは、住宅に多くのマスコミが押しかけている、異常な光景を目にします。

容疑をかけられながらも「自分はやっていない」と言う、リチャードの主張を信じて、ワトソンはリチャードの弁護を引き受けます。


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『リチャード・ジュエル』ネタバレ・結末の記載がございます。『リチャード・ジュエル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

リチャードの弁護を引き受け、話題になったワトソンですが、過去にリチャードが、警官と偽って逮捕された事など、知らない過去が多い事に苛立ちを見せます。

しかし、犯行現場の記念公園に仕掛けた爆弾と、犯行予告があった公衆電話の距離は遠く、ワトソンは「リチャードの犯行は不可能」という確信を得ます。

そんな中、リチャードの家にFBIの家宅捜査が入ります。

ワトソンは、リチャードに「何も話すな」と指示を出しますが、FBIに仲間意識を持っているリチャードは、家宅捜査に積極的に協力します。

またFBIも、ワトソンが目を離した隙に、リチャードへ違法捜査を仕掛けます。

真犯人をリチャードと決めつけたマスコミは、次第に報道が過熱していきます。

そんな中でも「捜査に協力すれば、無実を証明できる」と信じるリチャードは、FBIに協力を続けますが、ある時ワトソンに「FBIに、お前は馬鹿にされている」と指摘されます。

FBIの応対に、リチャードも自身が馬鹿にされていた事を感じており、初めて感情を爆発させます。

リチャードは、中小企業局にいた時も皆に馬鹿にされており、唯一人間扱いしてくれた、ワトソンを信頼していたのでした。

お互いの感情をぶつけ、信頼関係が深まるリチャードとワトソンでしたが、FBIは盗聴や、リチャードの親友に捜査を協力させようとするなど、手段を選ばない、強引な捜査を進めます。

リチャードの母親ボビは、心労に耐えられなくなり、涙を流します。

ボビの涙を見たワトソンは、反撃を開始する事を宣言します。

ワトソンは、リチャードに嘘発見器による質問を受けてもらい、証言に偽りが無い事を確認します。

ワトソンとリチャードは新聞社を訪ね、最初に記事を発表したキャシーを抗議します。

最初は、気にもしていなかったキャシーですが、あらためて現場を検証し、リチャードの犯行は不可能である事に気付きます。

キャシーは、ショウ捜査官に「リチャードの犯行ではない」事を伝えますが、ショウ捜査官は既に、真犯人はリチャードであるという方向で、方針を固めていました。

キャシーは、あらためて自分が行った、軽率な行動を恥じます。

ワトソンはボビに、マスコミの前で、苦しんでいる現在の心境を語ってもらいます。

息子を信じ、涙を流すボビのスピーチに、キャシーは涙を流します。

リチャードとワトソンは、FBIの事情徴収を受ける事になりました。

担当捜査官のショウ捜査官は、誘導尋問とも取れる質問を重ねますが、リチャードは逆に「自分が真犯人だという証拠を見せてほしい」と質問し、決定打を持っていなかったショウ捜査官は沈黙します。

事件発生から88日後、リチャードとワトソンの前にショウ捜査官が現れ、裁判所により、リチャードの容疑が消えた事を告げますが「お前はクロだ」と言い残し、その場を去ります。

自身の容疑が晴れた事に、リチャードは涙を流して喜びます。

6年後、警察官になったリチャードを、ワトソンが訪ねます。

ワトソンはリチャードに「爆弾犯の真犯人が捕まった」事を伝えるのでした。

サスペンスを構築する要素①「暴走するプロファイリング」


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
爆破物を発見し、多数の命を救った男が、一転して容疑者にされてしまう恐怖を描いた、クライムサスペンス『リチャード・ジュエル』。

本作の主人公リチャードが、容疑者にされてしまった要因に、FBIの「プロファイリング捜査」があります。

「プロファイリング捜査」とは、過去に発生した犯罪のデータを、新たに起きた犯罪の捜査に適用させ、犯人像を割り出す捜査方法です。

ドラマや映画で、よく耳にする言葉ですが、世の中に「プロファイリング捜査」を周知させたのは、1991年公開の映画『羊たちの沈黙』だと言われています。

本作に登場する、ショウ捜査官は、この「プロファイリング捜査」に重点を置きすぎたせいで、過去の爆破事件の傾向が「英雄=真犯人」である事から、リチャードを「注目を浴びたがっている孤独な男」と分析し、容疑者としてしまいます。

恐ろしい事にショウ捜査官は、リチャードと、一度も対等に話をしておらず、新聞やテレビの情報と、過去の爆破事件の犯人像を勝手に結び付けてしまっています。

まともな捜査と言うと、リチャードに嫌悪感を抱いていた、学長から証言を取っただけです。

こうして、リチャードの全く知らない所で、イメージだけの「プロファイリング捜査」が勝手に進み、FBIがリチャードを容疑者として固めていく、実に理不尽な展開が、前半の主軸となっています。

因みにですが、ショウ捜査官は実在した捜査官ではなく、複数の捜査官の特徴を合わせて作った創作の人物である事を、クリント・イーストウッド監督はインタビュー記事で語っています。

ですが、実際のリチャード・ジュエルの事件を執筆した、原作者のマリー・ブレナーは「全く犯人が掴めず、当時のFBIは混乱状態だった」と語っています為、FBIの事件解決への焦りが、この冤罪事件を生み出したのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「過熱するマスコミの報道」


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
リチャード・ジュエルの冤罪事件は、FBIの焦りが生み出した事は前述しましたが、では「何故、FBIは焦りを感じたのか?」という部分において、本作では「地元記事にリークされた事」が、要因の1つとして描かれています。

地元の新聞社に勤める女性記者のキャシーが、特ダネを得る為に、ショウ捜査官から情報を得た事で報道されてしまうのですが、ここでキャシーも、全く裏を取らず「母親と暮らす醜いデブが、英雄な訳が無い」という偏見だけで、記事にしてしまいます。

ここから、英雄だったはずのリチャードは、一転して爆弾犯となり、マスコミの餌食とされてしまい、精神的に追い込まれていきます。

本作に登場するキャシーを演じる、オリヴィア・ワイルドは、眉毛を上げた強めのメイクで挑んでおり、中盤ではヒョウ柄を着ているなど、イーストウッド監督は徹底して、キャシーを「我の強い嫌な女」として描いています。

この、キャシーという新聞記者は実在した人物で、FBI捜査官との恋愛も実際の話のようです。

ですが、本作において、創作されたエピソードも含まれており、その点に関して、強い抗議も起きていますね。

サスペンスを構築する要素③「ワトソンとリチャードの反撃」


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
FBIとマスコミにより、完全に世間を敵に回してしまったリチャード。

ですが、旧知の仲である弁護士、ワトソン・ブライアントの登場により、物語はリチャードの反撃へと変わっていきます。

ここで面白い点として、ワトソンが登場して以降、これまでリチャードの視点で進んでいた物語が、ワトソンの視点に代わっていく事です。

これにより、第三者の視点から、リチャード・ジュエルという男を見る事になるのですが、決して、真っ白な人物でない事が分かります。

警備員時代に警察官を名乗って逮捕されたり、鹿狩りに使用する為、大量の猟銃を持っていたり、疑われる要素を、それなりに持っているのです。

リチャード役のポール・ウォルター・ハウザーは、これまで数多くの「実家暮らしで、話をややこしくさせるダメ人間」を演じてきましたが、ワトソン目線になってからは、まさにポール・ウォルター・ハウザーの真骨頂とも言えます。

ワトソンは、リチャードの胸の内を知る為、作品の中盤でリチャードを侮辱し、感情的にさせるなどして、2人は徐々にチームになっていきます。

そして、「プロファイリング捜査」を疑わないFBIと、真っ向から対峙したリチャードとワトソンが、最後に状況を打開したのは、誰もが感じる純粋な疑問でした。

ショウ捜査官を含むFBIが、リチャードとまともに対峙したのは、この場面が初めてとなります。

FBIの捜査官が、情報を重視せず、もっと早くリチャードと対話をしていれば、彼が容疑者になる事はなかったかもしれません。

本作は、情報が錯綜する現代社会に、人との対話の重要性を説いた作品だと感じます。

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』まとめ


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
本作は、実話をもとにした作品ですが、全てを忠実に再現した作品ではありません。

作品の空気が重くなりがちな物語の中盤で、イーストウッド監督は故意的に、コメディ的な展開を入れています。

『リチャード・ジュエル』は、映画であり、実話を題材にした創作物である事が、強調されているように感じます。

また、前述したように、ショウ捜査官は実在せず、女性記者のキャシーにも、架空のエピソードが加えられています。

現在は、パソコンを使えば、だいたいの情報は調べる事が可能で、情報を見ただけで、分かったような気持ちになってしまいます。

しかし、それは、何の裏も取らずに、リチャードを容疑者と決め付けた人たちと、同じではないでしょうか?

本作を鑑賞しただけで、「リチャード・ジュエル冤罪事件」の全てを、分かったような気持ちになる事は危険で、どこまでが「事実か?」と疑う事も大事なのです。

イーストウッド監督は、情報化社会へ向けて、そんな警告を込めたのではないでしょうか?

次回のサスペンスの神様の鼓動は…


COPYRIGHT (C) 2017 MAB DTP LTD ALL RIGHTS RESERVED
1900年に実際に発生した、3人の灯台守が行方不明になった「フラナン諸島の謎」と呼ばれる失踪事件を描いたサスペンス『バニシング』を、ご紹介します。

関連記事

連載コラム

映画『がんになる前に知っておくこと』感想と内容解説。がんを恐れず向き合う|だからドキュメンタリー映画は面白い6

あなたは、「がん」という病気について、どれだけ知っていますか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第6回は、2019年2月2日から新宿K’s cinemaほかで全国順次公開中の、『がんになる前に知 …

連載コラム

韓国映画『神と共に 第一章:罪と罰』あらすじ解説と考察。死後の世界の「仏教的宗教観」の楽しみ方とは|SF恐怖映画という名の観覧車50

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile050 ゾンビ映画の定番や基礎を丁寧に踏襲しつつ、移動する密室と言う斬新な設定を活かしきった韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(201 …

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『シー・ユー・イエスタデイ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車56

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile056 「SF」的な見栄えの良さと脚本の妙が、作品そのものの魅力を高める「タイムトラベル」と言うジャンル。 2019年、遥か昔から数多くの映画が …

連載コラム

NETFLIX『攻殻機動隊SAC_2045 シーズン1』ネタバレ感想と考察。キャラの魅力を引き出したアニメシリーズとは|SF恐怖映画という名の観覧車100

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile100 遂に当コラムも今回で100回目を迎えます。 新型コロナウイルスという新たなる人類に対する脅威の発生が映画やドラマ、アニメ界に大打撃を与え …

連載コラム

【ネタバレ感想】劇場版『騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』3戦隊13人の戦士が夢の共演!|邦画特撮大全65

連載コラム「邦画特撮大全」第65章 現在放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』と、昨年度のスーパー戦隊で人気を博した『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2018~2019)。総勢3 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP