Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/06/26
Update

映画『こどもかいぎ』あらすじ感想と解説評価。こどもたちの自由な発想から対話の本質を考える、癒しと学びのドキュメンタリー映画。|山田あゆみのあしたも映画日和4

  • Writer :
  • 山田あゆみ

連載コラム「山田あゆみのあしたも映画日和」第4回

今回ご紹介するのは、ドキュメンタリー映画『こどもかいぎ』です。

累計100万人を動員したドキュメンタリー映画「うまれる」シリーズを製作した豪田トモ監督による新作です。

とある保育園を舞台に、子どもたちが自由に発言する「こどもかいぎ」の様子を密着撮影した本作。

子どもたちの生き生きとした姿や、自由な発言から思いがけない気付きや癒しを貰える作品となっています。

それでは、本作の見どころを解説していきたいと思います。

連載コラム『山田あゆみのあしたも映画日和』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『こどもかいぎ』の作品情報


(C)2021 Umareru, Inc.

【公開】
2022年

【監督】
豪田トモ

【ナレーション】
糸井重里

【作品情報】
一時の父である豪田トモが企画・監督・撮影を務めています。過去作には、命と家族をテーマとしたドキュメンタリー映画『うまれる』(2010/ナレーション=つるの剛士)。『ずっと、いっしょ』(2014/ナレーション=樹木希林/文部科学省選定・厚生労働省社会保障審議会特別推薦)。『ママ をやめてもいいですか!?』(2020/ナレーション=大泉洋)で、累計 100 万人以上を動員。そのほか、2019年に初の小説『オネエ産婦人科』(サンマーク出版)を刊行。

ナレーションは、広告・作詞・文筆など多彩な分野で活躍する糸井重里が担当。主題歌にはゴダイゴの名曲「ビューティフルネーム」が使われ、子どもたちの輝かしい未来を期待させるエンディングとなっています。

『こどもかいぎ』あらすじ


(C)2021 Umareru, Inc.

とある保育園で、新たな取り組みとしてこどもたちが自由に発言する「こどもかいぎ」を行うこととなりました。

子どもならではの「水はどこからくるの?」「どうして雨は降るの?」など素朴な疑問が飛び交ったり、お腹の中に居たときの記憶について話をする子もいます。

中には自分の気持ちを上手く言葉にできない子や、集中して他の子の話を聞けない子もいました。

子どもたちの自立心や発言する力を信じて見守り続けた1年間、一体どんな姿が見られるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『こどもかいぎ』感想と評価


(C)2021 Umareru, Inc.

対話の本質って?

本作はとある保育園で行われた、子どもが主役となった「こどもかいぎ」の様子や、先生たちの真摯な姿を通して、癒しと気付きを得られるドキュメンタリー映画です。

「こどもかいぎ」は、子どもたちがさまざまな疑問や思いを口にする時間。

「なんで、おじいちゃんおばあちゃんになったら死んじゃうの?」「水はどこからくるの?」

など、子どもたちの素朴な疑問は、大人の予想をはるかに超えたものや、時には理解不能なこともあります。

このかいぎの様子を見ていて最も感心したのが、子どもたちの発言について先生が答えを与えたり、間違いを正したりしないということです。

「○○ちゃんはどう思う?」とさらに考えを深めたり、「それはすごいね」などと寄り添うことはあっても、正解を与えない。

この姿勢を保って子どもたちに接することで、子どもたちの考える力や自分の思いを言葉にする力、そして自信を育てているのです

先生たちの根気強さと、子どもの力を信じる姿勢に感服すると共に、発言する人の意見をしっかりと聞くという「対話」の前提がそこにあったように感じました。

例え相手の意見に賛同できなかったとしても、一度受け入れる。相手が話し終わるまできちんと待つ。こんな基本的なことを出来ていない大人って案外いるんじゃないでしょうか?

わが身を省みながらも、可愛らしい子どもたちの言葉に笑顔がこみ上げてきてしまいます。

子ども同士だけでなく、大人にも必要な「対話」とは。


(C)2021 Umareru, Inc.

子どもと大人の関係性を描いた映画でいうと、マイク・ミルズ監督の『C’mon C’mon カモンカモン』(2022)が思い出されます。

ホアキン・フェニックス演じるラジオディレクターのジョニーが、妹の息子ジェシーと2人暮らし始めたことによって、自身を見つめなおす物語です。

そこで描かれるワンシーン、ジョニーが甥っ子のジェシーに謝罪するくだりは『こどもかいぎ』の本質に通じるものがありました。

自分の気持ちを素直に伝えること、それから相手の気持ちを聞くこと、そうすることで関係性を修復するこの場面は、まさに「対話」の1つの形です。

こどもとの対話が、自分自身と向き合うことにもつながっていくのです

まとめ


(C)2021 Umareru, Inc.

四季折々の植物や空模様、巡る季節の美しさを映しているのも本作の魅力の1つです。

冒頭は桜が満開に咲き誇る中で、子どもたちが遊んでいるシーンから始まります。

時が経ち、燦燦と太陽が照り付ける中、子どもたちが水遊びを楽しむが来ます。

が来て沢山の落ち葉を見た子どもたちは、せっせとほうきで落ち葉を集めていました。

深々と雪が降る寒いを超え、また春が来る。年長組の子どもたちは、卒園を迎えます。

季節が変わりゆくにつれて、子どもたちは成長し、こどもかいぎの発言に変化が表れる子もいました。

1年の間に子どもたちが、学び、吸収したことは計り知れません。

柔らかく素直な考えを持つ子どもたちがすくすくと成長する姿から、未来への希望を感じさせられます

その未来を守る、育てるために、私たち大人にできることはなんだろうと改めて考えさせられます。

本作が撮影されたのは、2018年新型コロナウイルスが流行する前でした。

この2年の間、人々は対話する機会を奪われ、今でもそれは元通りに戻ったとはいえません。

人と人が面と向かって思いを伝え合うことが難しくなったからこそ、「対話」の重要性は高まっています。

子どもたちの驚くほど純粋で、思いがけず飛び出す本質的な発言から、きっと多くの気付きを得られるはずです。

『こどもかいぎ』は2022年7月22日よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開予定

連載コラム『山田あゆみのあしたも映画日和』記事一覧はこちら

山田あゆみのプロフィール

1988年長崎県出身。2011年関西大学政策創造学部卒業。2018年からサンドシアター代表として、東京都中野区を拠点に映画と食をテーマにした映画イベントを計13回開催中。『カランコエの花』『フランシス・ハ』などを上映。

好きな映画ジャンルはヒューマンドラマやラブロマンス映画。映画を観る楽しみや感動をたくさんの人と共有すべく、SNS等で精力的に情報発信中(@AyumiSand)。


関連記事

連載コラム

燃えよドラゴン|ネタバレあらすじ感想と結末解説の評価。全世界を揺るがしたアクション映画の金字塔|すべての映画はアクションから始まる30

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第30回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画 …

連載コラム

映画『エスケーピング・マッドハウス』ネタバレ結末の感想とあらすじ解説。クリスティーナ・リッチが19世紀後半の女性ジャーナリストを熱演|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー43

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第43回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『レッド・ブレイク』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ワイルド・スピードシリーズのタイリース・ギブソン主演による“元海兵隊員”のアクション活劇!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録12】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第12回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、ド派手なア …

連載コラム

『ハイエナたちの報酬 絶望の一夜』あらすじネタバレと感想。ゲラ・バブルアニ監督がフランス社会を風刺する理由|未体験ゾーンの映画たち2019見破録15

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第15回 1月初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

連載コラム

韓国映画『目撃者』あらすじとネタバレ感想。キャストの演技力で都会に潜む他人への無関心を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録41

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第41回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、韓国で大ヒットした映画を紹介します。 日 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学