Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』ネタバレあらすじと感想。タイトルの意味を解説|未体験ゾーンの映画たち2020見破録44

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第44回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第44回で紹介するのは、異色のハンティング映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』

凄いタイトルです。また日本の配給映画が、トンデモないタイトルを付けたと思った方、違うんです。原題をズバリ直訳したタイトルです。

なぜこんなタイトルを? そしてこの映画の主演を、名優サム・エリオットが演じる? 多くの疑問が頭をよぎるでしょうが、そこには作り手の意図がありました。

良い意味で期待を裏切る、想像を越えた映画です。アメリカ伝説のハンターと呼ばれた男の、最後の狩りが今、始まります。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』の作品情報


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Man Who Killed Hitler and Then The Bigfoot

【監督・脚本】
ロバート・D・クロサイコウスキー

【キャスト】
サム・エリオット、エイダン・ターナー、ラリー・ミラー、ケイトリン・フィッツジェラルド、ロン・リビングストン

【作品概要】
平穏な老後を送る1人の男。かつて困難な任務を成し遂げた伝説のハンターに、重大な使命が与えられた……。奇抜な設定で描かれた、モンスター・アクション映画。製作総指揮はVFXと映像革命の先駆者ダグラス・トランブル、また製作には『希望の街』(1991)を監督するなど、インディペンデント映画界の雄ジョン・セイルズも名を連ねています。

監督・脚本はジャック・ケッチャム原作のホラー映画、『ザ・ウーマン』(2011)の製作に参加したロバート・D・クロサイコウスキー。主演は長らく西部劇で活躍、『アリー スター誕生』(2018)でアカデミー賞にノミネートされたサム・エリオット。ピーター・ジャクソン監督の「ホビット」3部作に出演した、エイダン・ターナーが主人公の若き日の姿を演じました。

映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』のあらすじとネタバレ


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1人酒場のカウンターに座る老いた男。店にはジュークボックスの音楽が流れてます。その男、カルヴィン・バール(サム・エリオット)の脳裏に、第2次大戦時の記憶が甦っていました。

若き日のカルヴィン・バール(エイダン・ターナー)は、ナチス武装親衛隊(SS)の制服を付け、SSが厳重に警備する邸宅を訪れていました。彼は身体検査を受け、2階へと上がります。

彼は密かに、細かく分解して隠した、またペンやバックルに見せかけた部品を組み立て、銃を完成させます。そして彼が入った部屋には、あの男がいました……。

馴染みのバーテンに肩を叩かれ、我に返ったカルヴィン。彼はバーテンと言葉を交わすと、今日は帰宅することにします。彼が酒場から出ると、黒い大型乗用車が姿を現します。

歩いて駐車場に向かう途中、中に小石でもあるのか、カルヴィンは靴の履き心地を気にします。彼はホームレスに乞われると、惜しげもなく金を渡します。しかし車の扉を開けようとした時、カルヴィンは背後から3人組のチンピラに襲われました。

脅されて彼は財布を取り出しますが、ナイフを持った相手はそれを奪い、若い女性の古い写真を取り出します。調子にのった男は、その写真に煙草の火を押し付けました。

するとカルヴィンは男から鉄パイプを奪い、それを武器に3人を倒します。男の持つ銃は使えないよう分解して壊すと、地面に伸びたチンピラたちを残し、車で走り去ったカルヴィン。

脇をパトカーが通りすぎても、彼は何の反応も示しません。しかし車が家の前に着くと、カルヴィンは車の中で目頭を押さえ、声を押え泣き出します。

翌朝、彼の家に配達された新聞には、「カナダで連続殺人発生」との見出しが踊っていました。彼の家の前に停まる黒い車は、昨日見かけたものでしょうか。それには政府公用車を示すナンバープレートが付いています。

パジャマのまま1人食卓に着いたカルヴィンは、ピルケースに入れられた今日の薬を飲みます。彼の足元には飼い犬のラルフが姿を現します。彼は自分の皿のソーセージの1かけらを、ラルフに分け与えました。

髭を剃るために鏡に向かうと、またも第2次大戦時の記憶が甦ってきたカルヴィン。

民間人の姿をした若き日の彼は、ヨーロッパの某所でナチスと闘うパルチザンたちと合流します。パルチザンのリーダーは、特別な任務のために極秘にやって来たアメリカ人のカルヴィンを、親し気な態度で歓迎しました。

髭をたくわえたカルヴィンの顔を見たリーダーは、私の母はジブシーの娘で、カミソリの刃は未来を告げてくれると話していた、と語ります。

彼はカルヴィンの髭を剃ることで、未来を占おうと言います。もし彼がカルヴァンを傷つけることなく剃り上げれば、任務は果たせずあなたは死ぬだろう、と告げました。

誤って肌を傷つけ、血が流れ出せばそれは吉兆、あなたは生き残ります。しかしわざと傷つけるような行為を行えば、私たちは呪われると話すリーダー。

そう言うとリーダーは慎重に、そして丁寧に彼の髭を剃刀で剃り始めました。カルヴィンにも動かないよう要求し、傷1つ付けることなく髭を剃り上げました。

これであなたは死ぬと決まった、そう言うと彼はカルヴィンの顎を、軽く切って血を流させます。こうすれば任務が成功する、だが、私たちは呪われたと告げるリーダー。

これからあなたは、1人で道を進むのです、と語りかけるパルチザンのリーダーに、カルヴィンは礼を述べました。そして2人は酒を酌み交わしました。

老いたカルヴァンはベットの下から、小さな木箱を取りだします。しかしその箱を元の場所に戻し、第2次大戦時の軍服と勲章を取りだし、思わず「何だったのか」と一言つぶやくカルヴィン。彼は勲章をボタンを入れたビンに、ぞんざいに放り込みます。

飼い犬のラルフに相棒と呼びかけ、カルヴァンは犬と共に車に乗り込みます。ラジオはカナダの連続殺人事件を、怪物ビックフットと結びつけるDJの発言を放送していました。

車を止めると、カルヴィンは犬を連れ歩きはじめます。靴の違和感を気にしてベンチに座り、中の小石を出そうとしますが、どうにも取りだせません。ふと手を休め、まだ若く、戦争前の平和だった頃を思い出したカルヴィン。

彼はこの小さな町の帽子屋で働いていました。ある日そこに客として、美しい女性が現れます。それがマキシン(ケイトリン・フィッツジェラルド)との出会いでした。

小石を出すのを諦め、靴を履こうとした彼の足元に、誰かの落したスクラッチくじが風に飛ばされてきました。それを拾ったカルヴィンは、くじを売っている雑貨店に持って行きます。

この辺りでくじを売っているのはこの店だけで、自分が買ったものではないと、彼は店員にくじを渡そうとします。くじは100ドル当たっていました。店員は販売済みのものだからと、彼に金を渡そうとしますが、カルヴィンはそれを断りました。

店でくじを数日預かって、落とし主が現れなければ好きにしてくれ、と頼むカルヴィン。店員が飼い犬にとジャーキーを差し出すと、彼はボロボロの1ドル紙幣を出し支払います。

彼は犬のラルフを連れ、弟エド(ラリー・ミラー)が経営する床屋に現れます。いつものようにカルヴィンは、弟に散髪を頼みます。何か話したいことがあるようですが、言葉にできない兄に対し、もっと会話すべきだから、今度一緒に釣りに行こうと提案するエド。

戦争中に人を殺したことが、今も心の傷であるカルヴィンは、また当時を思い浮かべます。パルチザンの協力でシェパード犬を手に入れた彼は、リーダーらと別れ1人行動を開始します。

SS将校の服を身に付けた彼は、犬を連れ車にボート、列車を乗り継いで先へと進みます。貨車に乗せされるユダヤ人たちを、黙って見守るしかないカルヴィン。

犬を連れたSS将校姿で進む彼は、怪しまれず目的の邸宅に到着します。そこで犬を放すと、彼は邸宅に入り身体検査を受け、隠し持った銃を組み立て、あの部屋に入ります。

そこには手を小刻みに振るわせる、ナチス総統ヒトラーの姿がありました。総統に敬礼するカルヴィンは、見られないよう背中で指を組み、嘘をついた許しを神に乞うサインをしていました。

彼は総統に封書を渡します。ヒトラーがそれを開けると、中にはアンクル・サムを描いた絵が入っています。消音機能が付いた銃を向けると、カルヴィンはヒトラーを射殺します。

辺りが暗くなる頃、床屋を出た彼は犬を連れ家に戻ります。その姿を例の車が見守ります。自宅でカルヴァンは靴を脱ぎますが、どうにも中の小石が取りだせない様子です。

砂嵐の画面を映すブラウン管テレビの前で、1人味気ない食事と向き合うカルヴィンは、若き日にマキシンと行った、高級レストランでの食事を思い出していました。

学校の教師をしているマキシンは、彼が用意したこのデートを喜んでいました。カルヴィンは今日こそ彼女に、指輪を渡そうと準備していましたが、タイミングを逃し上手く渡せません。そして食後に、音楽に身を任せてダンスを踊る2人。

カルヴィンはまたベットの下から、大切にしている木箱を取りだします。しかし悩んだ末に開けること無く、同じ場所に戻しました。

翌朝、1人食事をとっていたカルヴィンは、何を思ったのかピルケースの薬をゴミ箱に捨てます。読書していた彼はやがて眠りますが、ノックする音に目覚めます。玄関のドアを開けるとそこには2人の男がおり、1人は彼にFBIの身分証を見せます。

2人を招きいれたカルヴィン。FBIの捜査官(ロン・リビングストン)は、あなたはカナダで起きている大量殺人のニュースを知っているかと訊ね、実は事件はアメリカ・カナダ両政府の、偽装工作だと説明しました。

軍の高官であった私の祖父は、あなたのことを知っていました、と告げる捜査官。祖父は幼い私に話をしてくれました。それは信じがたい話で、家族は嘘だと疑っていましたが、私は違いましたと言葉を続ける捜査官。

1955年、まだ10歳だった私は、祖父からある兵士の話を聞かされた、その優れた男の話は、伝説上の物語と同じものかもしれない、そう捜査官は語りました。

もう1人があなたに力を借りたいと話すと、カルヴィンは自分はもう老人に過ぎないと告げます。しかし男は、多くの命を救うために、ぜひ協力して欲しいと頼んできます。

するとFBI捜査官は、彼に持参した資料の写真を見せます。カルヴィンは、これは何の資料かと訊ねました。それはあの未確認生物、”ビックフット”に関するものでした。

以下、『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』のネタバレ・結末の記載がございます。『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

出現したビックフットの影響で命が失われている、と捜査官は告げて地図を広げます。カナダの森林地帯の直径80㎞に渡るエリアで、生き物が死に絶えていたのです。

ビックフットは最悪の致死性インフルエンザ、と呼ぶべき病気に感染しており、発症せずキャリアとなって、周囲に疫病を広めていました。

幸いにも鳥類への感染はありませんが、人間を含めた多くの生き物が、この病気で命を落としていました。

今はまだ病気の広がりを押えていますが、このままではやがて死のエリアは広がり、やがて世界中の人々が犠牲になると説明する捜査官たち。

あなたは血液中に、この疫病に対する抗体を持っていると教えられたカルヴィン。政府は兵士であった彼の血を密かに調べていました。

多くの命を守るために、あなたの力を貸してほしいと告げる捜査官。病気への免疫を持ち、優れたハンターであるカルヴィンこそ、ビックフット狩りに相応しいと言うのです。

残された時間は多くない、ビックフットが封鎖エリアから逃げ出せば、恐ろしいことになると話します。現在カナダ首相とアメリカ大統領は、最悪の場合は核兵器の使用を考慮していると説明しました。

彼の大戦中の資料を示し、最も困難な任務を成功させた男だと、祖父が私に語っていたあなたこそ、ビックフット狩りに相応しいと言う捜査官。

捜査官の言葉を遮り、確かに私はドイツ人を殺した、と語るカルヴィン。私はあの男を殺したが、ドイツはその事実を隠蔽した、と言葉を続けます。

彼があの男を殺しても、男がドイツに広めた言葉と思想は消せませんでした。ドイツは男の死を隠し替え玉を用意して、歴史通り戦争を継続したのです。

事情を知らないFBI捜査官の連れは、それは第2次世界大戦の話かと聞き返します。ヒトラー総統はベルリンで死にましたが、それはナチスの用意した替え玉でした。

暗殺未遂事件のワルキューレ作戦で、実はヒトラーの2番目の替え玉が死んでいました。あの髭や髪形はナチスの作り上げたイメージで、それを利用し容易に替え玉が用意できたのです。結局個人の力では、あの戦争は止められなかったと告げるカルヴィン。

彼のヒトラー暗殺任務は成功したものの、ドイツ側に秘され目的を果たせず、そして歴史の闇に葬り去られたのです。

戦争にヒーローなどいないし、私はコミックのヒーローでもない。人殺しはもう嫌だ。その怪物にも生命はあるだろうと話し、そもそも引退した自分は役に立たないと、カルヴィンは落ち着いた口調で捜査官に告げました。

捜査官たちを見送ると、残されたビックフットの資料を捨てたカルヴィン。しかし足元にいた犬のラルフに、何を考えている、と尋ねます。

両親と弟エドを残し、出征した日を彼は思い出していました。別れの際エドは、カルヴィンに小さな恐竜の模型を渡していました。

彼はエドに電話をかけると、夜の公園のベンチで会います。夜遅く呼びだしたことを弟に詫びると、ポットに用意したココアを勧めるカルヴィン。

アメリカとカナダの政府の仕事をすることになった、と彼はエドに話します。彼らは自分に、ビックフットを殺させようとしていると告げます。もう2度と人も動物も殺したくないが、これが運命だと、カルヴィンは弟に語りました。

エドは兄が嘘をつくような人物ではないと、よく知っていました。気を付けるように、そしていつか釣りに行こうと告げた弟に、カルヴィンは愛犬ラルフの世話を頼みます。

カルヴィンはヘリコプターで、カナダの現地に向かいます。そこには煙が立ち上り、隔離用の巨大なドームが設置されていました。

彼は捜査官からドームの先にある、炎で抑え込んで隔離した直径80㎞のエリアは死の世界で、カルヴィン1人で行動するしかないと告げられます。

彼は用意された武器の中から、スコープの付いたボルトアクションライフルと、狩猟用のナイフを選びます。

カルヴィンは、捜査官に見送られ、炎の先にある危険地帯へと足を踏み入れました。隔離地帯の森林は、今までと同じく緑に包まれています。

凄腕のハンター、カルヴァンはすぐに未確認生物の獣人、ビックフットをスコープに捕え、命中弾を浴びせます。

ビックフットの残した血の痕を追い、森を駆け抜けた彼は、危うく崖から落ちそうになります。辛くもはい上がったカルヴィンは、あらぬ方向に曲がった手の指を強引に戻し、テープを巻いて処置しました。

カルヴィンは無線で現状を報告します。確かに銃弾をビックフットに命中させましたが、まだ死を確認していません。もう残された時間は少ないと捜査官は告げます。益の無い会話を終えると、手にした無線機を投げ捨てたカルヴィン。

捜索を再開した彼の前に、巨大なヘラジカの遺体が横たわっていました。やはり恐るべき疫病が蔓延しているのです。彼は草に覆われた湿地でビックフットの痕跡を見つけ、後を追って1人岩山を登ります。

日が暮れると1人岩陰に横たわり、カルヴィンは身を休めます。彼は出征の日、エドから貰った恐竜の小さな模型を取りだし、自分の側に置きました。

彼は戦地から家に戻った日を思い出していました。家にはマキシンが彼に宛てて送った手紙が、束になって積まれていました。特別任務について受け取れなかった手紙が、彼の家に転送されていたのです。

手紙には返事の無いカルヴィンに対し、彼の身を気遣いながら、諦めることなく便りを送り続けた、彼女からのメッセージが綴られていました。手紙の1つには、彼が好きな「ディツク・トレイシー」のスタンプが押してありました。

その手紙の束をまとめるとゴミ箱に捨て、そしてベットに横たわるカルヴァン。

カナダの山中で岩山を上った彼は、ついに岩の上で仰向けに横たわるビックフットを発見します。傷付いた獣人は、彼の前で息を引き取りました。その手に触れると、カルヴィンは思わず涙を流しました。

拾い集めた木の枝で獣人の体を囲み、誰にもお前の体を触らせないと告げて、火を放ったカルヴィン。ところがビックフットは息を吹き返し、彼を突き飛ばして逃げ出します。頭を打ったものの、彼はライフルを掴みその後を追います。

隠れていたビックフットに襲われ、格闘になりナイフで彼は抵抗します。しかし獣人により腕を折られます。それでも獣人の体にナイフを突き立て、ビックフットに耳を喰いちぎられながらも、その腕から逃れたカルヴィン。

夕陽の中、深い傷に苦しむビックフットに詫びると、ライフルを向け止めを刺したカルヴィン。しかし彼もまた、その横に倒れこみました。

故郷の街で犬のラルフと共に、兄の帰りを待っていたエド。しかしある日、一向に戻らぬ兄のために墓を建て、小さな葬式を開きます。

兄は善人だった、とエドは弔辞を読み始めます。カルヴィンは昔、特別な女性を愛した、その女性は若くして亡くなったと続け、兄がいなくなり本当に寂しいと語るエド。

エドは床屋で普段の生活に戻りましたが、街の人は休暇で街を出た後、姿を見せずに亡くなったカルヴィンについて、様々に噂しているようです。

ある日カルヴィンの愛犬ラルフと共に、湖に釣りに出かけたエド。そこで湖畔に立つ兄の姿を見かけます。

ボートを寄せると、それは間違いなく兄のカルヴィンでした。彼はラルフを世話してくれた礼を述べます。エドは兄の墓を作り、そこに軍服と勲章を埋めたと告げますが、カルヴィンはその行為に満足していました。

自宅に戻った兄を、エドは街の学校の学芸会に誘います。そこはかつてマキシンが教師を務めた学校でした。街の住人と共に学芸会を見ていたエドに、ベットの下に保管していた木箱の行方を尋ねたカルヴィン。

その箱をエドは兄が大切にしていた品として、墓に埋めていました。詫びる弟にカルヴィンはかまわないと告げ、出征の日に貰った小さな恐竜の模型を渡します。

カルヴィンが戦場に行く以前、夜中にマキシンが訪れた日がありました。2人は静かな、美しい夜の街を散歩します。

学校の生徒について語るマキシンに、意を決して後ろから指輪を差し出したカルヴィン。しかし彼女は振り向きもせず、先に進みました。

その出来事を思い出したのか、ベットから起きたカルヴィンは、ランプとシャベルを手にして、犬のハンクと共に自分の墓に向かいます。そして棺を掘り出すと、あの木箱を取りだしたカルヴィン。

彼はその箱を開きましたが、思い直すと中を見ること無くまた閉じます。カルヴィンは箱を持って家に引き返します。

帰り道、あの靴の中の小石が気になったカルヴィン。靴を脱いで叩くと、ずっと気がかりだったあの小石が、転がり落ちてゆきました。

心に引っかかっていた思いからも、彼は解放されたのでしょうか。カルヴィンは愛犬と共に、自宅へと向かいます。箱の中には、果たして何が入っていたのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』の感想と評価

参考映像:『エクスペンダブルズ2』(2012)

北米大陸に伝わる”トール・テール”(ほら話)をご存知でしょうか。有名なのは伝説の木こり、ポール・バニヤンのお話。とんでもない巨人で、木を切ると1日で山が丸裸になるとか、五大湖やミシシッピ川を彼が作ったとか、創造神話レベルで語られる人物です。

これは開拓民らが作り上げた物語です。前向きで強く優しく大らかで、あり得ないことを成し遂げる人物を、スケール大きくユーモラスに語ります。過酷な生活を強いられた開拓民が、前向きに生きるために作った物語だ、とも言われています。

ポール・バニヤンの姿は、映画『ファーゴ』(1996)に登場する木像だと言えば判るでしょうか。ディズニーのオムニバスアニメ映画『メロディ・タイム』(1948)の一編、「青い月影」に登場するペゴス・ビルも、”トール・テール”の主人公である伝説のカウボーイです。

東京ディズニーランドには彼の名の付いた店、”ペゴスビル・カフェ”があります。いかにアメリカ文化に根付いた存在か、お判りいただけましたか。

この”トール・テール”の現代版が、アクション映画ファンにお馴染みの大スター、チャック・ノリスをネタにしたジョーク、”チャック・ノリス・ファクト”です。

アクション系の愉快なホラ話以外にも、「チャック・ノリスは、玉ねぎを泣かせる」「チャック・ノリスは、ピアノでバイオリンを弾くことができる」とか…。『エクスペンダブルズ2』ではこのジョークを劇中のネタに取り入れています。

さて、トンデモないタイトルである『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』、その背景には、アメリカの”トール・テール”文化が存在しているのです。

名優が演じる“現代の伝説”


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督のロバート・D・クロサイコウスキーは、アメリカの神話というべき物語から生まれたヒーロー像を、新たな視点で描こうとしてこの映画を作りました。

脚本を書き始めた時は、パルプ小説かコミックの登場人物のような主人公…歴史上のモンスターであるヒトラーと、未確認生物のモンスター”ビックフット”と対決する男…は、やがて監督が体験した恐れや喪失、後悔の念といった思いが反映される存在になります。

寓話と娯楽要素をミックスした脚本は、思慮深いヒーローと言うべき男の、若き日と老いた日を描いた物になっていきます。また正しい人間の振る舞いが、周囲に良い影響を与えいく姿を通し、真のヒーローとは何かを見せる物語にもなりました。

登場人物の設定や、ブラウン管TVや固定電話の登場から判るように、この物語の舞台は1987年の設定。新自由経済主義の影響が強まりつつも、まだネットもチェーン店も無い、個人経営の雑貨屋や床屋がある、昔ながらの田舎町のコミュニティーを舞台にしています。

今や郷愁をもって語られる古き良き田舎で、古風だが誰もが敬意を払う、清く正しい道徳観を持って、ひっそりと生きる老いたヒーロー。この物語に魅了されたのか、製作にダグラス・トランブルやジョン・セイルズが名を連ねることになりました。

そして主人公にサム・エリオットの起用が決まります。若き日から西部劇の登場人物を演じ、公私の振る舞いが尊敬を集める名優で、アメリカの古き良き男性像の代名詞、といった存在です。

今もそのような役柄を演じ続け、高い評価を得ていますが、中には『ビッグ・リボウスキ』(1998)や『マイレージ、マイライフ』(2009)のように、そんな男性像のアイコンとして起用された映画もあります。

脚本は最初から彼をイメージして書かれた訳ではありませんが、完璧に主人公の役柄に一致する俳優を得て、映画は輝きを放つことになりました。

不器用な主人公


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

過去のエクスプロイテーション映画の馬鹿げたタイトルや、『ジェシー・ジェームズの暗殺(原題The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford)』(2007)のような、長いタイトルが好きだと語るクロサイコウスキー監督。

こうして『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』というタイトルが付いた訳ですが、サム・エリオットもエイダン・ターナーも、このトンデモないタイトルに惹かれて脚本を読み、出演を決めた訳ですから効果ありです。

そして過去のエクスプロイテーション映画がそうであったように、観客を引きつけ、観客の期待を超える映画を提供したかった、と語る監督の意図は、ある面では大成功でした。

ところが、当然の結果ですがB級モンスター映画を期待して集まった観客を、大いに当惑させることにもなりました。多くの人がサム・エリオットとエイダン・ターナーの演技を絶賛しながらも、実に誠実な物語と、タイトルとのギャップの解釈に苦しんでいます。

老名優サム・エリオットとビックフットの対決で、顔面に何やら浴びるシーン。ある意味ギャグなんですが、熱演過ぎて笑えません。多くを語らぬ不器用な主人公は魅力的ですが、観客は彼の人生の様々な部分を、想像で埋めなければなりません。

この作りも気楽に楽しめるB級映画とは対照的。モンスター映画を気軽に楽しむつもりだった人が、別の意味で凄いものを目撃した。そんな感想を抱くのも当然です。

この映画、何かが根本的に間違ってます。でも、だからこそ他に例の無い凄い映画なんです。

まとめ


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

タイトルも中身も凄い映画、『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』の正体がお判り頂けたでしょうか。

劇中の登場するビッグフットは、CGではなく古式ゆかしいスーツ姿で登場。演じているのはマーク・スティーガー。『アイ・アム・レジェンド』(2007)やドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でモンスターを演じている人物です。

ホラー映画『ディープ・インフェルノ』(2014)では、これまた未確認生物である”チュパカブラ”を演じている、まさにUMA俳優。冗談はさておき、知る人ぞ知るモンスター俳優の第一人者ですから、興味ある方はその活躍にご注目下さい。

まだ本作がどんな映画か判らない? では、”高倉健か仲代達矢を主演にして、ふざけた要素を一切排除して作った「川口浩(藤岡弘、)探検隊シリーズ」”、だと思って下さい。どうです、これで伝わったでしょう。

えっ、ますますどんな映画か想像出来なくなった? でも、何だか気になってしまった? そんな方は作り手の術中にハマってます。どうか諦めてご覧になって下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

次回の第45回は猛獣ハンター、ニコラス・ケイジが野獣と殺人鬼と戦う!サバイバルアクション映画『ザ・ビースト』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『ウィッチクラフト』あらすじネタバレと感想。魔術系オカルトファンに贈る昭和テイストな“エコエコがくる‼︎”|未体験ゾーンの映画たち2020見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第6回 劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田で実 …

連載コラム

野村奈央映画『からっぽ』あらすじと感想。卒業制作がPFFアワードなどを多数受賞の快挙|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り1

ちば映画祭2019エントリー・野村奈央監督作品『からっぽ』が3月30日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 ©︎Cinemarche …

連載コラム

SF映画おすすめのディストピア作品を「隔離」をテーマに読み解く。現実でも動く問題とは|SF恐怖映画という名の観覧車31

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile031 「SF」と言うジャンルの中で、比較的取り上げられることの多い「ディストピア」と言う世界観があります。 ある一方の見方では人々は幸福で何の …

連載コラム

映画『トータルリコール(1990)』ネタバレあらすじと感想。続編もあるポールバーホーベンの謎を残した演出|すべての映画はアクションから始まる18

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第18回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

スーパー戦隊歴代の“恐竜キャラクター”の内容解説と色彩比較の考察。|邦画特撮大全39

連載コラム「邦画特撮大全」第39章 先日2019年3月17日から平成最後の戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送が開始されました。 “恐竜”をモチーフにしたスーパー戦隊は今回で4作目です。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP