Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/14
Update

映画『X 謀略都市』あらすじと感想評価レビュー。女性刑事が連続殺人事件と14年前の死の真相に挑む|サスペンスの神様の鼓動23

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』第23回

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介するのは、10月13日からヒューマントラストシネマ渋谷などで開催される「ワールド・エクストリーム・シネマ2019」にて上映される、パニック障害を持つ女性刑事が、連続殺人事件に立ち向かうハンガリー映画『X 謀略都市』です。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『X 謀略都市』のあらすじ

© 2018 Focusfox

殺人課の女性刑事でシングルマザーのエーヴァは、かつては優秀な刑事でしたが、ある出来事がキッカケで精神障害を患い、現在はオフィスワークがメインとなっています。

ハンガリーでは、政府に国民の不満が爆発し、次期首相を決める選挙のタイミングで、暴動が起きていました。

暴動により多発する犯罪と、警察署の署長の「次の首相が決まるまで、犯罪を発生させない」という方針で、数々の事件が、十分な捜査を行われず処理されていました。

エーヴァは、解決されたとする事件の中でも、4つの事件に矛盾を感じ、殺人課に再捜査を依頼しますが、刑事たちは、やる気が無く、事件現場に出れないエーヴァを馬鹿にして、誰も聞く耳を持ちません。

そんな中、新たに殺人課へ配属された刑事、ペーテルだけはエーヴァの主張を聞き入れ、興味を持ちます。

エーヴァは、家庭でも問題を抱えていました。

反抗期の娘、カティが大学で度々問題を起こし、退学寸前となっているのです。

カティが大学で起こす問題の発端は、エーヴァの夫でカティの父親が、14年前に自ら拳銃で命を絶った事によるもので、大学では副市長の子供に「汚職して死んだ」と馬鹿にされ、カティは悔しい思いをしていました。

エーヴァも、夫が命を絶った日の事を、断片的に思い出す事はありますが、細部まで正確に覚えておらず、カティに本当の事を話せません。

カティは、エーヴァが何も語らない事に不満を抱き、母娘の関係は良好とは言えませんでした。

ある日、殺人課に通報が入り、首を吊った状態の死体が発見されます。

殺人課は、自殺で処理をしようとしますが、ペーテルがエーヴァを呼び捜査をさせます。

死体を見る事もできず、殺人現場に入るとパニックを起こすエーヴァですが「10数えて心を落ち着かせろ」と言う、ペーテルのサポートを受けて現場を検証。

その結果「被害者が自ら死を選んだ」と考えた際の、矛盾する点を見つけ出し、殺人事件である事を見抜きます。

エーヴァの洞察力に驚いたペーテルは、エーヴァが矛盾点を訴えていた事件を再捜査します。

捜査の結果、それぞれの犯罪現場に「インテリ層の裏切り」「汚職」などの、政府を非難するメッセージが残されていた事が判明します。

全てのメッセージが「政府の裏切り」というHPに掲載された文章と一致する事から、HPのIPアドレスを割り出し、ペーテルとエーヴァは犯人を逮捕します。

ペーテルは功績が称えられ昇進しますが、エーヴァは事件に不可解な要素を感じます。

それは、陰謀が渦巻く、大きな事件の始まりでしかありませんでした。

サスペンスを構築する要素①「鋭い洞察力を持つ女刑事」

© 2018 Focusfox

連続殺人事件が巻き起こる中、本作に登場する殺人課の刑事達は、暴動が巻き起こり、犯罪が多発する事で、捜査に関して無気力になっています。

そんな中、たった1人で事件の真相に立ち向かうのが、主人公の女性刑事エーヴァ。

精神障害を患っており、パニックを起こす為、殺人事件の現場に行く事は出来ませんが、現場の写真から矛盾点を洗い出す、凄まじい洞察力の持ち主です。

その洞察力は、犬の写真の牙の長さと、実際の犯行の傷跡が一致しない事を見破るなど、かなり細かく、かつては優秀な刑事であった事が分かります。

本作の中盤以降も、このエーヴァの細かい洞察力が物語を動かします。

ただ、犯人と対峙した際に、頭痛と恐怖から動く事ができなくなるなど、エーヴァの心の傷は深い事が分かります。

鋭い洞察力を持ちながらも、行動が制限されてしまっているエーヴァが、どのように連続殺人事件に立ち向かうか?

ここが、本作の見どころとなっています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「連続殺人事件と14年前の死の真相」

© 2018 Focusfox

政府への不満から暴動が起き、犯罪が多発するハンガリーで巻き起こる、謎の連続殺人事件。

本作の物語の主軸は、一見すると無関係に見える、連続殺人事件の真相解明となります。

事件を繋ぐのは、現場に残された「政府への批判」メッセージ。

ここから1度は犯人を捕まえますが、誰もが「簡単すぎる」と感じるでしょう。

本作は、犯人逮捕から一気に物語が動き出します。

ストーリー序盤で、資産家のホルヴァートが、何者かに襲われ絶命する瞬間まで、さまざまな細工をしている場面が映し出されます。

中盤以降の物語を動かす重要な場面ですので、度々映し出される、死を前にしたホルヴァートの動きは見逃さないで下さい。

また、連続殺人事件と同時進行で、かつては、誰もが認める優秀な刑事だったエーヴァが「何故、精神障害を患ってしまったか?」という真相部分も、重要な物語として進んでいきます。

鍵を握るのは、14年前に自ら命を絶った夫の記憶。

あまりにも強いショックを受けたエーヴァは、記憶から消していましたが、過去と向き合わなければならなくなります。

エーヴァは、14年前の真相を解明し、殺人事件の黒幕を突き止める事が出来るのでしょうか?

サスペンスを構築する要素③「黒幕の正体は?」

© 2018 Focusfox

「政府に不満を持つ者の犯行」と思われた連続殺人事件は、資産家のホルヴァートの死から急展開を迎えます。

ですが、権力に弱い警察署の署長の方針で、事件は早期解決した事にされ、エーヴァが矛盾点に気付き、その後の捜査を希望しても誰も動こうとしません。

やがてエーヴァは、自身が追いかける強大な敵の正体に気付きます。

正体を見せた黒幕が、エーヴァに語りかける言葉は、もう絶望的としか言えません。

この黒幕の正体が『X 謀略都市』という作品のテーマとなっており、クライマックスに向かうまで匂わせてきた要素が、ハッキリと形になる部分でもあります。

また、本作の印象的な演出として、建物の外観や風景が、逆さまに映し出されている場面があります。

これが、何を表現しているか?という部分も、注意してご覧ください。

スポンサーリンク

映画『X 謀略都市』まとめ

© 2018 Focusfox

本作で描かれている特徴的な部分として「権力」の存在があります。

作品の舞台は、政府に不満を感じて暴動が起きているハンガリーで、警察署は次期首相に遠慮して、事件が発生しても捜査を長引かせようとしません。

エーヴァの娘、カティが通う大学で「副市長の子供を処罰なんてできない」という場面もあり、「権力」という存在の、あからさまな負の部分が強調されています。

実際にハンガリーでは「政治への不満」から、国外へ移住する若者が多く、1990年代以降、人口が減少を続けているという現実があります。

そんなハンガリーの現状を反映させた作品『X 謀略都市』。

ヒューマントラストシネマ渋谷で上映される「ワールド・エクストリーム・シネマ2019」にて、11月1日(金)~11月7日(木) の公開となっています。

社会派の、見応えのあるサスペンス映画ですよ。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに。

関連記事

連載コラム

『オッズ』ネタバレ感想。アメリカ版ご当地映画はソリッドシチュエーションだ⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録32

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第32回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、危険な賭 …

連載コラム

映画『バッド・アート』あらすじと感想。アーティストの情熱を搾取する理不尽な業界を風刺【タニア・レイモンド監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭7

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・タニア・レイモンド、ジオ・ゼッグラー共同監督作品『バッド・アート』が7月15日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われる …

連載コラム

スーパー戦隊映画2019『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ネタバレ感想。王道な要素を大胆な展開で魅せる|邦画特撮大全56

連載コラム「邦画特撮大全」第56章 2019年7月26日から公開された『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』。 本作は現在放送中のスーパー戦隊 …

連載コラム

映画『動物だけが知っている』あらすじと感想レビュー。東京国際映画祭2019の会場でフランス俳優が語った愛の形とは【ティーチイン収録】|TIFF2019リポート5

第32回東京国際映画祭・コンペティション上映作品『動物だけが知っている』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日( …

連載コラム

映画『グラビティ 繰り返される宇宙』ネタバレ感想と評価。SFファンを自認する監督エリ・サジックの演出とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録27

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第27回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は宇 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP