Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2020/02/19
Update

【2020年2月20日〜2月21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

あなたと映画の結び目。
チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】


(C)Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情報をまとめてご紹介!

今週末2月21日(金)2月22日(土)に劇場公開を迎える新作映画のオススメ情報

★注目の映画人インタビューでは、『37セカンズ』のHIKARI監督に初の長編監督作で描こうとした映画に込めた生きる人みなへのメッセージなどを語っていただきました。

☆プレゼントは、映画『一度も撃ってません』完成披露試写会映画『アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』凱旋上映招待券上映会企画『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督と一緒に見て語る会へのご優待です。

Cinemarche編集部のつぶやきは「オンラインサロンのご案内」についてなど、盛りだくさんの内容でお届けします。

スポンサーリンク

今週末【2月21日(金)公開】のおすすめ映画

『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』(東映)

(C)本郷あきよし・東映アニメーション

映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』は2020年2月21日(金)より全国ロードショー公開されます。

“デジタルワールド”に呼ばれた“選ばれし子どもたち”とパートナーデジモンの成長と絆を描く人気アニメシリーズ「デジモンアドベンチャー」。その20周年を記念して制作された劇場版作品です。

監督は、デジモン世代でありシリーズ初参加となる田口智久

また、シリーズを支えてきたキャストに加え、ゲスト声優として本作のオリジナルキャラクター・メノア役を、シリーズのファンでもあるという女優の松岡茉優、メノアの助手・井村京太郎役を人気声優の小野大輔が務めます。

Cinemarche編集部のイチオシ監督インタビュー!

『スウィング・キッズ』(クロックワークス)

(C) 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

韓国映画『スウィング・キッズ』は2020年2月21日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーとなります。

本作は、朝鮮戦争戦時下に寄せ集めで作られたタップダンスチームがひとつになって行くストーリーを、有名ジャズナンバーやビートルズの名曲とともに紡ぎます。

監督は『サニー 永遠の仲間たち』(2011)で青春と友情を、1970代から1980年代までのヒット曲に乗せて、軽やかに描き出したカン・ヒョンチョル。

主演はK-POPグループ『EXO』のメインボーカルのD.O.です。D.O.は、役作りのために減量や剃髪といった外見的な変身はもちろん、難易度の高いタップダンスまで完璧にこなしました。

シネマダイバー:石井夏子のイチオシ紹介!

今週末【2月22日(土)公開】のおすすめ映画

『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』(モンタージュ)

(C)2020 MONTAGE inc.

ドキュメンタリー映画『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』が、2020年2月22日(土)よりポレポレ東中野で公開されます。

『サード』(1978)、『もう頰づえはつかない』(1979)、『橋のない川』(1992)、『わたしのグランパ』(2003)などで知られる、映画監督にして脚本家の東陽一が、初めて自らの映画人生をカメラの前で語る姿を捉えた密着ドキュメンタリーです。

また、彼の監督作品で主演を務めた緑魔子や烏丸せつこ、常盤貴子といった女優との対談も収録

当時の映画のバックストーリーや、東の映画に対するスタンスを語り合うという、ぜいたくな内容となっています。

シネマダイバー:松平光冬のイチオシ紹介!

『ソン・ランの響き』(ムービー・アクト・プロジェクト)

(C)STUDIO68

ベトナム映画『ソン・ランの響き』が2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開されます。

ベトナムの伝統芸能・カイルオンを主題に、孤独なふたりの刹那的な出会いを描き、世界中の映画祭で話題を呼んだ本作。

ユン役のリエン・ビン・ファットは、本作がデビュー作ながら粗暴な中に繊細さを隠し持つ孤独な男を演じきり、第31回東京国際映画祭にてジェムストーン賞(新人俳優賞)を受賞しました。

リン・フン役のアイザックは、ベトナムのアイドルグループ「365daband」の元メンバー。本作では伝統歌劇の花形役者を艶やかな歌と踊りで演じ、その中性的な魅力を余すところなく発揮しています。

監督のレオン・レは、少年期に家族とともに米国に渡り、その後ベトナムへ帰国。本作で長編監督デビューを果たし、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞しました。

シネマダイバー:西川ちょりのイチオシレビュー!

『恋恋豆花』(アイエス・フィールド)


(C)映画「恋恋豆花」製作委員会

映画『恋恋豆花』は2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほかにて全国順次公開を迎えます。

学校での人間関係や恋愛に嫌気が差し、大学の中退を考えている主人公が、父の3度目の結婚相手との台湾旅行を通じて様々な人々と出会い、成長してゆく姿を描きます。

富田靖子、松浦亜弥、佐藤藍子など数多くの美少女の面差しを映像に切り出してきた今関あきよし監督がカメラを向けたのは、「装苑」でモデルデビューしたのちに数々のファッション誌や広告に出演、現在は主演作『風の電話』など映画・ドラマで女優として活躍するモトーラ世理奈

また『ヘヴンズ ストーリー』の大島葉子、『DIVE!!』の椎名鯛造が出演しているほか、『若葉のころ』などで知られる台湾の人気俳優シー・チーティエンが本人役で特別出演しています。

Cinemarche編集部イチオシ女優インタビュー!

*記事掲載まで今しばらくお待ちください。

フレディ・M・ムーラー特集「マウンテン・トリロジー」(ノーム)

映画『山の焚火』より

映画史に燦然と輝くフレディ・M・ムーラー監督の“山”映画の三部作「マウンテン・トリロジー」が2020年2月22日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開されます。

ダニエル・シュミットやアラン・タネールらと並び、1960年代後半に起こったスイス映画の新しい潮流“ヌーヴォー・シネマ・スイス”の旗手として知られる、フレディ・M・ムーラー監督

代表作である『山の焚火』は、1985年に発表され、ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせました。

本作はスイス国内では25万人を動員し、スイス映画アカデミーよりスイス映画史上最高の一作に選定され、大きな話題に。

本特集では、『山の焚火』と合わせて「マウンテン・トリロジー」を構成する2本のドキュメンタリー映画『我ら山人たち─我々山国の人間が山間に住むのは、我々のせいではない』(1974年)と『緑の山』(1990年)を同時上映します。

ムーラーが生まれ育ったスイス・ウーリ州の山岳地帯を舞台に、人と自然、そしてまるで現代を予知したかのような今日的問題を描き出します。

シネマダイバー:大塚まきのイチオシ紹介!

スポンサーリンク

注目の映画人【HIKARI監督】

『37セカンズ』HIKARI監督インタビュー

(C)Cinemarche

2019年2月に開催された第69回ベルリン国際映画祭にて、史上初となるパノラマ観客賞・国際アートシアター連盟(CICAE)賞のW受賞を成し遂げたHIKARI監督の初長編監督作『37セカンズ』

生まれた時に37秒間呼吸が止まっていたことが原因で、身体に障がいを抱えることとなった主人公・ユマが、自己表現を模索しようともがく中で様々な人と出会い、思いもよらない展開でドラマティックに成長していく姿を描いた物語です。

2020年2月7日より絶賛公開中の本作によって、ハリウッドをはじめ世界各国から注目を集めているHIKARI監督にこのたびインタビューを敢行。

映画に込めた生きる人みなへのメッセージをはじめ、本作に向けて帰国した際の覚悟や監督を支えてきたご家族の存在など、さまざまなお話を伺っています。

2020年2月劇場公開のインタビュー

『ファンシー』キャストの小西桜子さん

photo by 田中舘裕介

2020年2月7日(金)より劇場公開『フェイクプラスティックプラネット』宗野賢一監督主演:山谷花純さん

2020年2月7日(金)より劇場公開『静かな雨』中川龍太郎監督主演:仲野太賀さん衛藤美彩さん音楽:高木正勝さん

2020年2月7日(金)より劇場公開『ファンシー』出演:小西桜子さん原作者・漫画家:山本直樹さん×廣田正興監督

2020年2月7日(金)より劇場公開『37セカンズ』HIKARI監督

2020年2月14日〔金)より劇場公開『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇〜』成島出監督

2020年2月21日(金)より劇場公開『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』田口智久監督

2020年2月22日(土)より劇場公開『恋恋豆花』主演:モトーラ世理奈さん

2020年2月22日(土)より劇場公開『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』小玉憲一監督

2020年2月22日(土)より劇場公開『ソン・ランの響き』レオン・レ監督主演:リエン・ビン・ファットさん

2020年2月28日(金)より劇場公開『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』ビー・ガン監督

2020年2月29日(土)より劇場公開『子どもたちをよろしく』企画:寺脇研さん×前川喜平さん

映画祭・ドラマ特集

ドラマ『大江戸スチームパンク』主演:萩原利久さん

ドラマ『連続殺人鬼カエル男』主演:工藤阿須加さん

ドラマ『そして、ユリコは一人になった』主演:玉城ティナさん

第20回東京フィルメックス「コンペティション」部門・審査員特別賞『春江水暖』グー・シャオガン監督

今後のインタビュー予定


(C)8bitNews

2020年3月6日(金)より劇場公開『星屑の町』出演:ラサール石井さん

2020年3月7日(土)より劇場公開『わたしは分断を許さない』堀潤監督

2020年3月7日(土)より劇場公開『ダンシングホームレス』出演:アオキ裕キさん

2020年3月13日(金)より劇場公開『エキストロ』主演:萩野谷幸三さん×脚本・出演:後藤ひろひとさん

2020年3月14日(土)より劇場公開『ひとくず』上西雄大監督

2020年3月20日(金)より劇場公開『人間の時間』キム・ギドク監督

2020年3月20日(金)より劇場公開『もみの家』坂本欣弘監督

2020年3月20日(金)より劇場公開『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』豊島圭介監督

2020年3月21日(土)より劇場公開『カゾクデッサン』主演:水橋研二さん

2020年4月17日(金)より劇場公開『いつくしみふかき』主演:渡辺いっけいさん

2月おすすめ新着動画配信

大ヒットシリーズ第3弾!
『ジョン・ウィック:パラベラム』が配信開始!

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

まだまだ寒いこの季節。そんな時期こそ、寒さなど関係ない「おうち映画」を【U-NEXT】で楽しむのが1番ではないでしょうか。

無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。

U-NEXTにラインナップされている作品は、「見放題作品」と「ポイントレンタル作品」の2パターンが存在します。

さらに、U-NEXTは映画だけではありません

海外ドラマ、韓流ドラマ、国内アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう

なお、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能と非常に分かりやすい作りとなっているので、その点も安心ですね!

新年も「暖かいおうち映画」を【U-NEXT】の動画配信で楽しみまショー!

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

あの男が帰ってくる!
伝説の元殺し屋ジョン・ウィックの超絶アクション第3弾!

名女優・樹木希林の遺作にして世界デビュー作。
『フクシマ・モナムール』ドーリス・デリエによる幽玄の物語。

天使のような美少年は、誰よりも凶悪だった。
アルゼンチン史上最悪の犯罪者を描いた実話!

忌まわしき山〈モンテ〉で、男は孤独に闘う……。
現代イラン映画界の巨匠アミール・ナデリ最新作。

スポンサーリンク

完成披露試写会プレゼント

映画『一度も撃ってません』(キノフィルムズ)

石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり出演による阪本順治監督作映画『一度も撃ってません』

人生最大のピンチにばたつく“ハードボイルド気取りな小説家”の顛末を、世代を超えた豪華キャスト達で描き出す、かつてないオトナの良質エンターテイメント映画『一度も撃ってません』は2020年4月24日(金)よりTOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーされます。

公開に先駆け、2020年3月9日(月)に有楽町朝日ホールにて開催される、キャスト・監督舞台挨拶付きの完成披露試写会に10組20名様をご招待いたします。

映画招待券プレゼント

映画『アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』(リードワン・プロモーション)

映画演出、特撮技術に造詣が深い石井良和監督が、日本特撮映画の技術と伝統を若い世代に伝えるため、ワークショップのメンバー、日本を代表する特撮スタッフと共に完成させた映画『アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』。

ローバジェットながらミニチュア特撮にも挑戦した石井良和監督の意欲作である本作は、アメリカ・シカゴで開催された「GーFEST 2019」にてワールドプレミア上映。その後、日本では横浜のシネマノヴェチェントにて2019年に劇場公開されました。


北米(アメリカ・カナダ)でのBlu-ray・DVDの販売を記念して、2020年3月19日(木)と20日(金・祭)に、中野ゼロ視聴覚ホールにて上映イベントが開催されます。

『アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』上映会でご鑑賞いただける招待券を10名様にプレゼントいたします。

上映会プレゼント

映画『オーファンズ・ブルース』(アルミード)

2020年3月22日に渋谷の光塾にて開催される映画『オーファンズ・ブルース』を「工藤梨穂監督と一緒に見て語る会」ご優待いたします。

本作は2019年にテアトル新宿をはじめに全国順次公開され、インディーズ映画ファンに大きな話題を集めた作品で、工藤梨穂監督が2017年に大学の卒業制作として挑んだ作品。PFFアワードのグランプリを受賞したほか、多くの映画祭にて賞を獲得した注目の映画です。

今回は、映画『オーファンズ・ブルース』の劇場公開を見逃した方には朗報です。Cinemarcheでは自主企画として、工藤梨穂監督をお招きして、『オーファンズ・ブルース』を一緒に観て語り合う会」を開催。ぜひ、監督ご自身から映画の裏話を聞ける貴重な機会にご応募ください。

編集部のつぶやき「オンラインサロンのご案内」

3月22日(日)に東京・渋谷の光塾で開催するCinemarche単独上映会「工藤梨穂監督と一緒に見て語る会」

今後もこれらの企画に読者の皆さんをご優待させていただく、当サイトの「VIP限定」のオンラインサロンを開設する運びとなりました。

【VIP限定】シネマルシェ映画ほろよい倶楽部

いまは作ったばかりで、正直なお話しをすれば内容もうすいのですが、このサロンを通して「映画鑑賞者である読者さん、映画制作をおこなう映画作家さん、そしてシネマダイバーのメンバーたち」、これらの3者が出会う交流の場所を今後は展開させていくつもりでおります。

詳細の内容につきましては、コチラから読むことができますので、ご加入をご検討ください、心よりお待ちしております。

関連記事

まとめ記事

岩井俊二監督映画おすすめ5選!最新作を見る前に是非チェックを

岩井俊二監督と言えば、美しい映像、そして音楽ですよね。 青春や恋愛を描いた作品が多いですが、残酷さや優美さが融合し、その独特の世界観に衝撃を受けた方も多いはずです。 岩井俊二監督は、91年TVドラマ「 …

まとめ記事

シャーリーズ・セロン映画おすすめ5選!スノーホワイトもマッドマックスも最高!

(C)2011 Universal Studios. All Rights Reserved. 広いジャンルの映画に出演しているシャーリーズ・セロン。 見た目の美しさやセクシーさだけでなく、ストイック …

まとめ記事

SFアニメ映画おすすめ5選!ロボットやヒーローの活躍と夢の世界を舞台にした作品【糸魚川悟セレクション】

今とは違う世界や、想像も出来ない技術を描く「SF」映画。 実写では描写の難しい部分も「アニメ」なら表現できます。 今週末は、そんな「SFアニメ」映画に触れながら様々な世界観を楽しんでみてはいかがでしょ …

まとめ記事

クリスマスホラー映画おすすめ5選!家族で観れる有名アニメから傑作サイコスリラーまで【糸魚川悟セレクション】

Cinemarche内で連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」を担当連載させていただいている、糸魚川悟です。 街中でクリスマスソングを聞くようになり、今年もこの季節がやって来たと感じるようになりま …

まとめ記事

エマ・ストーン映画おすすめ5選!どの出演作品もかわいい!

最新作ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のミア・ドーラン役では、アカデミー賞ノミネート間違いなしと評判のエマ・ストーン。 すでにヴェネツィア国際映画祭女優賞受賞と、ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP