Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

D.O.映画『スウィング・キッズ』の公開日は2月21日に決定し予告編も解禁!華麗なタップダンスで舞う

  • Writer :
  • 石井夏子

ビートルズやデヴィッド・ボウイの楽曲が華やかに彩る

アジア全土で絶大な人気を誇るK-POPグループ“EXO”のメインボーカルを務め、また韓国で大ヒットを記録した「神と共に」二部作をはじめ、俳優としても目覚ましい活躍を遂げるD.O.

D.O.が主演を務める映画『スウィング・キッズ』が、2020年2月21日よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーと決定いたしました。

この度、本作の本予告編とポスタービジュアルが完成致しましたのでご紹介いたします。

あわせて、前売り特典第2弾情報もお届けします。

スポンサーリンク

映画『スウィング・キッズ』の本予告編

到着した本予告編では、K-POPダンスで磨きをかけた身体能力を遺憾なく発揮し、タップダンスから北朝鮮の方言まで、約5ヶ月間に及ぶ猛特訓をこなし、ダンスに魅了された朝鮮人民軍ロ・ギス役を見事に演じきったD.O.の姿が映し出されます。

またブロードウェイ・ミュージカルの、最優秀ダンサーに贈られる“アステア賞”を受賞した、トップタップダンサーのジャレッド・グライムスが、捕虜で構成されたタップダンスチームのリーダーで、米軍下士官のジャクソン役を演じ、米韓のトップアーティストの共演が実現。

国籍や身分の異なる寄せ集めダンスチームで前途多難な中、「音を聞くだけで胸が熱くなる」、「タップダンスは人を夢中にさせる」と、若者たちはダンスに情熱をほとばしらせ、踊りまくります。

さらにダンスシーンで自身の身体能力を遺憾なく発揮したD.Oの、迫力あるタップダンスシーンに圧倒される事間違いなしです。

戦時中に結成されたタップダンスチームというユニークな題材を基に、人種や思想・イデオロギーを超え、ダンスでひとつになっていく人々のストーリーを感動的に描ききっています。

D.O.の役作り秘話

© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

主人公・ロ・ギス役を演じたD.O.は、役作りのために減量や剃髪といった外見的な変身はもちろん、難易度の高いタップダンスまで完璧にこなしています。

映画『サニー 永遠の仲間たち』を生み出したカン・ヒョンチョル監督が本作を手掛けており、主演D.O.に向けて以下のように賛辞を送っています。

「俳優・D.O.の人生に運命というものがあるならば、この映画と出会う運命が必ずあっただろう。どのカットでも確信がさらに強まり、それ以上言葉が必要ないロ・ギスそのものだった」

役として息づき、スクリーンに映し出されるD.O.に期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『スウィング・キッズ』の前売り特典第2弾情報

画像:第2弾特典ポストカード

© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

本作の第2弾特典付きの特別鑑賞券が発売決定いたしました。

【発売開始日】
10月18日(金)~

【特別鑑賞券価格】
1,400円(税込み)

【第2弾特典】
特製ポストカード(図柄一種類)

【販売場所】
上映劇場・(株)メイジャーHPにて販売

※詳細は公式HPにてご確認下さい。      
      
第1弾特典オリジナルA4クリアファイル付き、特別鑑賞券も絶賛発売中です。

映画『スウィング・キッズ』の作品情報

© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
스윙키즈(英題:SWING KIDS)

【脚本・監督】
カン・ヒョンチョル

【音楽】
キム・ジュンソク

【日本語字幕】
根本理恵

【キャスト】
D.O.(EXO) 、ジャレッド・グライムス、パク・ヘス、オ・ジョンセ、キム・ミンホ

スポンサーリンク

映画『スウィング・キッズ』のあらすじ

1951年朝鮮戦争中、最大規模の巨済島捕虜収容所。

新しく赴任してきた所長は収容所の対外的イメージアップのため、戦争捕虜でダンスチームを結成するプロジェクトを計画します。

収容所一番のトラブルメイカー、朝鮮人民軍のロ・ギス、4ヶ国語をあやつる満州出身の無許可通訳者ヤン・パンネ、いなくなった妻を捜す朝鮮民間人捕虜のカン・ビョンサム、ダンスの実力を持つものの栄養失調の中国人捕虜シャオパン、そして彼らのリーダーとなる、前職ブロードウェイタップダンサーの黒人下士官ジャクソンまで、紆余曲折の末に集まった彼らの名は“スウィング・キッズ”!

それぞれの事情でダンスをすることになった彼らに公演の話が舞い込みますが、国籍や身分の異なる寄せ集めダンスチームの前途はいかに…。

まとめ

参考:映画『スウィング・キッズ』の公式ツイッター

激動の戦時下、タップダンスに情熱を注いだ“スウィング・キッズ”の夢と希望をかけた挑戦が今、幕を開けます。

往年のジャズナンバー、デヴィッド・ボウイ、ビートルズなど、スピーカーを突き抜ける不朽の名曲×スクリーンを突き破る高難度のタップダンスで、観るものをエキサイトさせる事間違いないなしです。

映画『スウィング・キッズ』は、2020年2月21日よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

続報にご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『彼女はひとり』キャスト/劇場公開日/上映館。黒沢清・森崎ウィンのおすすめコメントも紹介!

映画『彼女はひとり』は田辺・弁慶映画祭セレクション2020で上映。 テアトル新宿にて2020年11月20日(金)から開催される田辺・弁慶映画祭セレクション2020。 田辺・弁慶映画祭セレクション202 …

新作映画ニュース

岩井俊二映画『チィファの手紙』あらすじとキャスト。日本公開決定の中国版ラストレター

岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』。 『Love Letter』(1995)、『スワロウテイル』(1996)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)、『花とアリス』(2004)など、数 …

新作映画ニュース

俳優TAKAHIROが演技力で魅せる映画『僕に、会いたかった』本編映像解禁。親子の葛藤を寡黙に体現!

TAKAHIROが俳優として新境地! 寡黙な演技で魅せる記憶喪失の苦悩と葛藤とは。 (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 日本の音楽シーンをリードするダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」 …

新作映画ニュース

《動画で見る川瀬陽太インタビュー》映画『横須賀綺譚』主人公ではない脇役でも皆んな幸せになりたくて生きている

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのヤスの彼女・ジュリ役はベッキー【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学