Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ファッションデザイナーの伝説的な大物に迫る!ドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』予告とビジュアル解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『マックイーン:モードの反逆児』は2019年4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

英国アカデミー賞、ロンドン映画批評家協会賞、トライベッカ映画祭など名だたる賞レースでノミネートされたドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』

“ファッション界の反逆児”と呼ばれながらも、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガから、キャサリン妃にまで愛されたアレキサンダー・マックイーン。


© Salon Galahad Ltd 2018

恋をするように服を作り、命まで捧げた、ドラマより劇的な人生に迫るドキュメンタリー映画です。

この度、解禁された特報予告映像ポスタービジュアルをお届けします。

スポンサーリンク

映画『マックイーン:モードの反逆児』特報予告映像


ロンドンの労働者階級出身で、日々の食費にも困っていた青年が、23歳で失業保険を資金にファッションデザイナーとしてデビュー

次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングで真っ二つに分かれ、彼の名前〈アレキサンダー・マックイーン〉は、たちまち世に広まります。

その後1996年、弱冠27歳で“ジバンシィ”のデザイナーに抜擢されて世界を驚かせますが、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を断ってしまう

スーパーモデルのシャローム・ハーロウがロボットにスプレーをかけられるという衝撃の演出が話題を呼んだ1999年春夏コレクションのフィナーレ。

ケイト・モスがホログラムとして映し出されて登場、最後は青白い光となって消えていく、その美しい演出に誰もが魅了された2006年秋冬コレクションの様子など、いまや“伝説”と語り継がれる貴重な映像の数々も必見です。

いったい彼はどんな人物で、いかにして現代のおとぎ話のような成功を果たし、なぜ燃え尽きてしまったのか?

特報映像で改めて彼の作り出す世界の美しさに胸打たれ、彼の不在が悔やまれてなりません。

映画『マックイーン:モードの反逆児』ポスタービジュアル


© Salon Galahad Ltd 2018

ポスタービジュアルはアレキサンダー・マックイーンのブランドアイコンとも言える、スカルをモチーフにマックイーン自身の姿を重ねたもの。

黄金に輝き美しく装飾されたスカルの表情は、光と闇、そのふたつの相反する美を同時に抱え表現した若き天才の人生自体を表現するようなデザインとなっています。

スポンサーリンク

アレキサンダー・マックイーンのプロフィール

本名は、リー・アレキサンダー・マックイーン(Lee Alexander McQueen)。

1969年ロンドン生まれ。

自身の名を冠した「アレキサンダー・マックイーン」はイギリスを代表するファッションブランドとなり、2011年にはキャサリン妃が結婚式に選んだウエディングドレスとして話題をさらいます。

前衛的なデザイン、人間の光と闇を映し出す独自の美学、エッジのきいたセンスとエレガントなラインが絶妙なバランスで融合するコレクションは、ビョーク、レディー・ガガ、リアーナなどのオンリーワンを求めるアーティストから愛されていたほか、ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを4度にわたって受賞。

2010年、母親をロンドン・ファッションウィークの数日前に亡くします。

そして母の葬儀の前日である2月11日朝、自宅で亡くなっているのを家政婦が発見。

40年という短い生涯を終えました。

映画『マックイーン:モードの反逆者』の作品情報

【公開】
2019年(イギリス映画)

【原題】
McQueen

【監督】
イアン・ボノート、ピーター・エテッドギー

【音楽】
マイケル・ナイマン

【キャスト】
リー・アレキサンダー・マックイーン、イザベラ・ブロウ、トム・フォードほか

【作品概要】
前衛的なデザインと独自の美学、ずば抜けた想像力から生み出される数々のショーで世界を魅了しながらも、その成功の影で悩み苦しんだ、天才にしてファッション界の反逆児アレキサンダー・マックイーン。

彼のドラマティックな人生を、友人や家族たちとの独占インタビュー、掘り起こされたファッションアーカイブ、そして友人でもあったマイケル・ナイマンによる極上の音楽を通して称賛を込めながら描き出します。

この作品は英国アカデミー賞では英国作品賞とドキュメンタリー映画賞にノミネート。

ロンドン映画批評家協会賞ではドキュメンタリー映画賞ノミネートされていて、トライベッカ映画祭ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされています。

スポンサーリンク

映画『マックイーン:モードの反逆者』のあらすじ


© Salon Galahad Ltd 2018
ロンドンの労働者階級出身の青年が、23歳で失業保険を資金にファッションデザイナーとしてデビュー。

センセーショナルなショーの評価、大絶賛とバッシングで真っ二つに分かれ、アレキサンダー・マックイーンの名は、たちまち世に広まりました。

1996年、弱冠27歳でジバンシィのデザイナーに抜擢。その一方で自身のブランドのショーはますます過激になり、モードの反逆児と名付けられます。

デビッド・ボウイやレディー・ガガの衣装やビョークのミュージックビデオの監督、プーマやティム・バートンとのコラボなど輝かしいキャリアを残し、34歳で大英帝国勲章を授与されますが、しかし、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を断ってしまいます。

輝かしいはずの彼の人生はなぜ終止符を打つことになってしまったのでしょうか?

友人の証言やファッションアーカイブから描き出していきます。

まとめ

自身のブランドのショーの過激さから“ファッション界の反逆児”と名付けられると同時に、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガの衣装やビョークのミュージックビデオの監督、プーマやティム・バートンとのコラボなどラブコールは後を絶たず、34歳で大英帝国勲章を授与されたアレキサンダー・マックイーン。

輝かしいはずの彼の人生はなぜ終止符を打つことになってしまったのか?

天職と出会った幸福と、命まで捧げた理由に迫る、どんなドラマよりも劇的でエモーショナルなドキュメンタリー映画が誕生しました。

解禁された特報予告映像とポスタービジュアルを見れば、誰もが彼の才能に息を飲むでしょう。

映画『マックイーン:モードの反逆者』は2019年4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです!

関連記事

新作映画ニュース

塚本晋也監督がニッポン名誉賞を受賞。映画『斬、』ロングラン上映で世界を席巻!

『鉄男』『六月の蛇』など、海外の評価も高くカルト的な人気を誇る塚本晋也監督の最新作『斬、』は、渋谷ユーロスペースほか全国にてロングラン上映中。 2018年11月24日に公開されてから2か月以上たった今 …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャスト主人公の日岡秀一役は松坂桃李。演技評価とプロフィール!

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー 白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。 『凶悪 …

新作映画ニュース

映画『RUN!-3films-』あらすじとキャスト。土屋哲彦と畑井雄介の監督作が11月に劇場上映!

2019年11月に池袋シネマ・ロサにて劇場ロードショー ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めたオ …

新作映画ニュース

松井玲奈映画主演『幕が下りたら会いましょう』あらすじ/キャスト/上映劇場発表!筧美和子も姉妹役で出演ほか、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美も製作発表会に登壇

2021年11月公開の映画『幕が下りたら会いましょう』製作発表会レポート! 映画単独初主演となる松井玲奈ほか、筧美和子、しゅはまはるみらが出演する、映画『幕が下りたら会いましょう』が、2021年11月 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学