Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【石垣島ゆがふ国際映画祭】コンペティション応募を2020年2月より開始。ドキュメンタリーに特化した作品を広く募集

  • Writer :
  • 大塚まき

世界の映画祭と連携し、沖縄・石垣島から新たな才能を発掘!
ドキュメンタリー映画に特化したコンペティションの応募を2020年2月より開始

2020年11月、沖縄・石垣島から世界に向けて映画を発信し、地域の文化・芸術にふれる機会を創出する映画祭「石垣島ゆがふ国際映画祭」を石垣市等の後援で開催されます。


「石垣島ゆがふ国際映画祭」

本祭では6つのプロジェクト(野外上映/コンペティション/VR 部門/太平洋部門/新鋭監督部門/沖縄部門)を計画しており、そのうちの一つであるコンペティションの募集を2020年2月1日(土)~6月30日(火)まで実施します。

石垣島ゆがふ国際映画祭とは?

画像:2019年プレイベントにて


「石垣島ゆがふ国際映画祭」

本祭は、<Cinema at Sea>をテーマに作品選定委員が選りすぐった50以上の作品を揃え、石垣島の魅力である天然ビーチでの野外上映やドキュメンタリー映画のコンペティション、海外講師を招いてのVRワークショップ、地域交流も視野に入れた、世界標準の国際映画祭を目指します

そして今回、マリメッコやカンペール、アルフレックスといった世界的なブランドのデザインを手掛ける鈴木マサル氏が本映画祭のメインビジュアルを手掛け、台湾出身の映画監督・黄インイクが作品選定を主導するなど、2020年の開設に向け準備と応援の輪が広がっています。

沖縄の古い言葉で幸せや豊年の願いが込められた“ゆがふ”という言葉をその名に冠した「石垣島ゆがふ国際映画祭」

沖縄本島から400キロ以上離れた国境の島として、独自の歴史と文化を紡いできた石垣島ならではの多様性を活かし、世界各地の島文化を繋ぎ合うような国際映画祭を目指して、2020年11月に誕生します。

石垣島ゆがふ国際映画祭の開催概要

本祭のメイン会場は「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」内のフサキビーチには野外上映用の大型スクリーンを設置します。

また、フィジー、サモア、ミクロネシア… 「太平洋の島々」にフォーカスした作品や実験的な映像、アニメーション等を揃え、音楽パフォーマンスなどの地域の文化・芸術とともにご鑑賞いただけます。

さらに、VRに着目し世界の映画祭と連携して海外から講師を招いたVR映像撮影のワークショップも開催します。

【名 称】
石垣島ゆがふ国際映画祭
英語名称:Cinema at Sea – Ishigaki Island International Film Festival

【会 期】
2020年11月14日(土)~11月23日(祝月)10日間(予定)

【会 場】
沖縄県石垣市
(フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ、ゆいロードシアター、石垣市民会館、アートホテル石垣島、他)

【上映作品】
50作品以上

【料 金】
予価1プログラム 1,000 円(税込)
※学生料金や1日券、フリーパスチケット等も予定

【来場目標】
初年度5,000人

【主 催】
石垣島ゆがふ国際映画祭実行委員会(委員長:上原輝樹)

【後 援】
沖縄県石垣市、石垣市観光交流協会

【協 力】
フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

【お問合せ】
石垣島ゆがふ国際映画祭事務局 MAIL:info@cinema-at-sea.com

※詳細につきましては 石垣島ゆがふ国際映画祭公式サイトをご覧ください。

石垣島ゆがふ国際映画祭コンペティション募集概要

映画祭で最も注目を集める分野といえばコンペティション。

本祭では、ドキュメンタリー映画に特化し、強いメッセージを含むアーティスティックな手法で作られた映画的なドキュメンタリー作品を公募します。

セレクションコミッティーは実行委員長の上原輝樹ならびにプログラム・ディレクターの黄インイク、沖縄出身の映像作家の奥間勝也氏などが務め、最も優秀な作品には「金のさなぎ賞」(Golden Chrysalis Award)を授与します。

また、入選作品の代表者一名を本映画祭にご招待。

多様性のある島・石垣島から、世界各地の最新鋭のドキュメンタリー作品を発信します。

【募集作品/テーマ】
ドキュメンタリー映画、もしくは“リアリティ”に親和性のある映画作品

【応募期間】
2020年2月1日(土)~6月30日(火)

【応募資格】
2019年、2020年に制作された長編映画作品(70分間以上)でジャパンプレミア(日本初公開)であること。

【応募方法】
映画応募サイト「FilmFreeway(https://filmfreeway.com/)」よりご応募ください。
※応募料金あり

【入賞特典】
入選作品ごとに代表1名様を本映画祭にご招待。
※旅費の上限あり
最優秀賞「金のさなぎ賞」の受賞者には賞金を贈呈。

【セレクションコミッティー】
実行委員長・上原輝樹、プログラム・ディレクター・黄インイク、奥間勝也、他

【審査方法】
予選二次審査を経て、2020年8月に公式サイトにて発表予定。入選作は15本以内を予定。

【審 査 員】
国内外の3~5名の映画、文化関係者から組まれる国際審査員メンバーを別途発表。
映画祭期間中に審査員により受賞作を決定。

【お問合せ】
石垣島ゆがふ国際映画祭プログラム担当
MAIL:program@cinema-at-sea.com

石垣島ゆがふ国際映画祭2019年プレイベントの開催レポート

本祭に先立ち、2019年11月22日(金)~24日(日)の3日間、「2019年プレイベント」を石垣島の3会場(フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ、アートホテル石垣島、いしがき島 星ノ海プラネタリウム)で開催

3日間で4作品上映、全6プログラムを行いました。

当日は台風に備え、野外ビーチ上映を中止し、フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ内のレストランに急遽、大型スクリーンを設置。

音楽ドキュメンタリー映画『島々の歌~スモールアイランド・ビッグソング~』やSF映画『メッセージ』のプレミアム上映を実施しました。

オープニングセレモニーでは、本イベントのために遠くマダガスカルから来日していただいた『島々の歌』の出演者である音楽家サミー・サモエラ氏のライブパフォーマンスや、地元の高校生たちによる伝統舞踊の披露など、来場者とともに会場は大いに盛り上がりました。

また、アートホテル石垣島では、『島々の歌』のティム・コール監督とプロデューサーのバオバオ・チェン、本祭のプログラム・ディレクター黄インイク氏らによるトークイベントを開催。

太平洋・インド洋に浮かぶ島の自然の中でレコーディングをしながら音楽と文化のルーツを繋いでいく本作品に関して、ティム監督は「それぞれの地域の楽器が語るのは、その地域に住んでいる人たちの生活、歴史そのものです。偏見や国境を乗り越えて、歴史というもので、私たちは繋がっていけるのではないかと考えます」と想いを語りました。

トークイベント後は、アジアの優れた映像クリエイターを発掘するイベント「Digicon6 Asia」の歴代受賞作の中から選定されたアニメーション作品を上映。会場は地元から集まった親子で賑わいました。

まとめ

画像:フサキビーチ野外スクリーン


「石垣島ゆがふ国際映画祭」

本映画祭のプログラム・ディレクターは、2013年からドキュメンタリー製作のために石垣島に通い始め、八重山への愛着と国際的な視野を持つ、台湾出身の映画監督・黄インイクが務めます。

6つのプロジェクト(野外上映/コンペティション/VR部門/太平洋部門/新鋭監督部門/沖縄部門)を計画し、映画館の少ない石垣島から映画の既存概念を打ち破るような、野外での映画体験をアピール

黄監督は「“島に行く”というところから既にこの映画祭の体験は始まっています」と語ります。

ビーチで浜風を感じながらのリラックスした雰囲気の中、世界の奥深さを再認識し、新しい才能やアイデアに出会える、石垣島ならではの映画祭が誕生します

世界から最新鋭のドキュメンタリー映画作品を奮ってご応募ください。

そして、2020年11月、新たな才能が見つかる瞬間に立ち会いましょう。

関連記事

新作映画ニュース

『蟻の王』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。名匠ジャンニ・アメリオ監督最新作!ポスタービジュアルが解禁

「この国に同性愛者は存在しない」とされていた、過酷な時代に恋に落ちた詩人と青年。 イタリアの名匠ジャンニ・アメリオ監督の最新作にして、第79回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され独立賞5 …

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。 世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定! 『勝⼿にしやがれ』 …

新作映画ニュース

【Cinemarcheへの広告掲載の問い合わせ】映画ファンや観客の手元にダイレクトな情報を届ける

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」への広告掲載 邦画・洋画を愛する観客ユーザーさんが、映画をより楽しむための感想情報を得たいと、アクセスする「Cinemarche:シネマル …

新作映画ニュース

山崎貴や松平光冬らが映画『彼らは生きていた』に絶賛のコメント。ピージャクのイマジネーションに感服!

ロッテントマトにて驚異の100%獲得。 名匠ピーター・ジャクソン監督が手掛けた画期的な第一次世界大戦ドキュメンタリー映画『彼らは生きていた』がいよいよ2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフ …

新作映画ニュース

映画『名もなき歌』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話事件を基に衝撃のドラマを描く!

カンヌ国際映画祭2019の監督週間で注⽬を集め、 アカデミー賞2020では国際映画賞・ペルー代表に選出。 ペルーの新鋭メリーナ・レオン監督が実際に起きた事件を基にした衝撃のドラマを描き出しました。 ( …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学