Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『最後まで行く』ネタバレあらすじ結末と評価考察。韓国映画リメイク版サスペンスで岡田准一と綾野剛がド派手にアクションを披露

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

2014年の韓国映画を岡田准一、綾野剛を迎え、藤井道人監督が映画化

事件を起こし、隠蔽したことで追われていく工藤と、彼を追い詰める監査官の矢崎。

どんどん追い詰められていく工藤だが、矢崎にも差し迫った事情が……2人の男を巡る手に汗握るサスペンスを、岡田准一・綾野剛が迫真の演技で魅せます。

イ・ソンギュン、チョ・ジヌン共演の同名のサスペンス映画を『新聞記者』(2019)、『ヴィレッジ』(2023)の藤井道人監督が映画化しました。

12月29日の夜、刑事の工藤(岡田准一)は、母の危篤の知らせを聞いて雨のなか車を走らせていました。そんな折、署からも裏金の垂れ込みがあり、監査が入るとの連絡が入ります。

車を走らせて向かっている途中に母親の死を知った工藤は、車の前に現れた一人の男をひいてしまいます。焦った工藤は死体をトランクに入れ、その場を立ち去ります。

何とか死体を隠し、やり過ごそうとする工藤でしたが、見知らぬ番号からメッセージが入ります。そのメッセージには「お前は人を殺した。知っているぞ」とあり、工藤は焦ります。

果たして誰がこのメッセージを送っているのか……。ある事件により追い詰められていく男たちの手に汗握るサスペンス映画です。

映画『最後まで行く』の作品情報


(C)2023映画「最後まで行く」製作委員会

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督】
藤井道人

【オリジナル脚本】
キム・ソンフン

【キャスト】
岡田准一、綾野剛、広末涼子、磯村勇斗、駿河太郎、山中崇、黒羽麻璃央、駒木根隆介、山田真歩、清水くるみ、杉本哲太、柄本明

【作品概要】
中国やフランスなど各国でもリメイクされたキム・ソンフン監督による同名サスペンス映画をリメイク。

監督を務めたのは、『新聞記者』(2019)、『ヴィレッジ』(2023)の藤井道人監督。

主人公工藤を演じるのは、『ヘルドッグス』(2022)、『燃えよ剣』(2021)の岡田准一、工藤を追う矢崎は、『ヤクザと家族 The Family』(2021)、『新宿スワン』(2015)の綾野剛が演じました。

さらに、『PLAN 75』(2022)の磯村勇斗に、広末涼子、杉本哲太、柄本明など豪華な俳優陣が脇を固めました。

映画『最後まで行く』のあらすじとネタバレ


(C)2023映画「最後まで行く」製作委員会

工藤

12月29日、雨の中母親が危篤の知らせを聞いた工藤(岡田准一)は雨の中車を走らせていました。その間にも妻の美沙子(広末涼子)からいつ来るのかと電話が来ます。

さらに間の悪いことに淡島課長(杉本哲太)から、裏金をもらっているという告発が週刊誌に届き、署に監察官がやってくるという連絡が来ます。そして課長は「最近仙葉組から金をもらったか」と工藤にたずねます。

工藤は言葉を濁し、「課長だってお金をもらっていたじゃないですか、俺だけのせいにするのはおかしい」と言います。そんな時に美沙子から連絡があり、母が亡くなったと告げられます。

焦りながら車を飛ばす工藤の視界に女性が飛び出してきます。慌てて避けた工藤でしたが、その前にさらに男性が飛び出し、ブレーキを踏んでも間に合わず轢いてしまいます。

呆然としながらも状況を把握しようと男性に駆け寄るも、男性は息をしていません。遠くからパトカーがやってくるのが見えます。

工藤は咄嗟に死体を隠し息を潜めます。パトカーが別の方向に曲がったのを確認すると、死体をトランクに入れ病院に向かおうとすると、今度は飲酒検査が行われています。

交通課の警察に同じ刑事だから少し飲んだけれど見逃してくれ、と言います。工藤の姿を見た交通課の梶(山中崇)は、監査の話を出し工藤にやりすぎだと言い、強引に検査をしようとします。

トランクを開けられそうになった工藤は抵抗し、交通課の人々と揉み合いになります。そこに一台の車が止まり、車から降り立ったのは監察課の矢崎(綾野剛)でした。

矢崎は工藤を見て、「話を聞きたいので署に」と言いますが、工藤は母親が亡くなって病院に行かなくてはならないので、その後に寄ると言います。

病院にやっと辿り着いた工藤に、美沙子は何をしていたのかと責めます。工藤は葬儀屋の話もうわの空で、挙動不審な様子です。遺体安置所についた工藤は、咄嗟に死体を換気扇のなかに隠します。

母と一晩一緒にいたいと言い、一人になると換気扇の中にはいり、死体を母が安置されている部屋まで運ぶと、母の棺桶に一緒に入れます。そのまま火葬してしまえば隠蔽できると考えたのでした。

その頃、署には麻薬を売り捌いていた尾田(磯村勇斗)の事件が舞い込みます。資料を見た工藤は動揺を隠せません。尾田は工藤がひき殺した男だったのです。

追い詰められながらも、何とか切り抜けようとしている工藤の元に、知らない番号からメッセージが届きます。

「お前は人殺しだ、知っている」

何の話かわからないとしらを切るも、あの日の事件を目撃したかのようなメッセージに工藤は焦りを覚えます。メッセージに続き、非通知から電話がかかってきます。

「尾田をどこにやった」

工藤は電話の相手に対し暴言を吐き、一方的に電話を切ります。すると車から降りてきた矢崎が工藤を車から引きずり下ろし、殴りかかります。電話の相手は矢崎だったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『最後まで行く』ネタバレ・結末の記載がございます。『最後まで行く』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

矢崎

12月28日。県警本部監察課の矢崎は、県警本部長の娘・由紀子(山田真歩)との結婚を間近に控えていました。

本部長の言いなりで動きながらも野心を隠す矢崎は、政治家など権力者の金を寺に入れて資金洗浄を行ったり、表には言えない方法で多額の金を回していました。

しかし、手下の尾田が裏切って金庫の鍵を盗んで行方をくらましてしまいます。本部長は「年内に必ず見つけ出さないと俺もお前も終わる」と矢崎にプレッシャーをかけます。

矢崎は仙葉組を使って尾田を探させます。すると、仙葉組の組長・仙葉泰(柄本明)は、隠れ家を見つけたが先に求めたいた金額より吊り上げて一億払うよう要求します。

矢崎が隠れ家に行くと、ちょうど尾田は金庫に向かっていました。金庫には仙葉組の衆がいて尾田は隠れ家に逃げて帰ります。そこに居合わせた矢崎は尾田に向かって発砲し、尾田は逃げます。

道路に向かって逃げたところを工藤の車が衝突したのです。そこで矢崎は工藤が死体をトランクに入れるところを目撃したのです。

工藤

工藤に死体を持って来させるために矢崎は工藤の娘を誘拐します。他に選択肢のない工藤は、母の棺桶に入れた死体を火葬させる前に引っ張り出し、なぜ矢崎が尾田の死体を必要としているのかと探し始めます。

すると尾田の背中に弾痕があるのを見つけ、自分がひき殺したわけではなくその前に死んでいたのかもしれないと気づきます。そして尾田持っている金庫の鍵を見つけます。

自分が矢崎に尾田を引き渡してしまったら、自分の命の保障はないかもしれないと考え、保険を用意し、仙葉泰に相談して武装し、そこにあった爆弾を手に取ります。

引き渡しの場所に向かい、矢崎に尾田を引き渡した際に工藤は爆弾を仕掛けます。そして娘を無事にかえしてもらうと娘に車に行くように言います。

銃を向ける矢崎に自分が死んだらマスコミにリークするよう仙葉の親父に頼んだと言います。矢崎は工藤に「お前は俺に似ている。もっと大金が入るから俺と組まないか」と声をかけますが、工藤は「くたばれ」と返しその直後矢崎の車が爆発します。

湖に車が落ち、工藤は銃を構えて矢崎が浮上して来ないかと身構えていますが、矢崎は現れません。安心して娘を妻のもとに返します。

大晦日の夜、工藤は尾田の死体から奪った鍵と指紋を手にして一人金庫に向かいます。恐る恐る金庫を開けると、その中には想像以上のお金が納められていました。お金をカバンに詰めようとした工藤ですが、ハッとしてお金を元に戻します。

足音がして驚いて振り返るとそこにいるのは死んだと思っていた矢崎でした。銃撃戦になり、揉み合いの果てに2人は共倒れとなります。

共倒れになった2人を見下ろし、金を全て奪って行ったのは仙葉泰でした。全ての黒幕は仙葉泰だったのです。週刊誌にリークしたのも、尾田に鍵を盗むよう唆したのも仙葉泰でした。若いものを使い、共倒れしていったところを最後全て奪うつもりだったのです。

朝になり、工藤は乱闘で血まみれになった腫れた顔で、体を引きずりながら車に乗り美沙子に電話をかけます。

「去年は散々だったけれど今年はいい年になりそうな気がする。もう一度やり直さないか」という工藤に美沙子は「それ毎年言ってるよ。とりあえず早く帰ってきたら」と言います。

希望を感じ始めた工藤を引き摺り下ろすかのように衝撃が走り、振り返ると狂気的な笑みを浮かべた血まみれの顔の矢崎がいました。執念だけでぶつかり合う2人の戦いの行方は……。

『最後まで行く』の感想と評価


(C)2023映画「最後まで行く」製作委員会

岡田准一、綾野剛が迫真の演技で追い詰められていく男たちを演じる『最後まで行く』。

韓国のオリジナル版との大きな違いは、綾野剛演じる監査官の矢崎を取り巻く状況を深掘りしたところでしょう。

オリジナル版もリメイク同様、早い段階で工藤に電話してくる相手が監査官であることを明かしますが、時系列を追って矢崎側の視点を描くのは、オリジナル版にはない展開です。

野心家の矢崎が本部長の言いなりになりつつも、その立場に甘んじず、上にのし上がっていこうとする姿を描き、冷静さを装いつつもキレると危険な人物になる二面性を映し出していきます。

一方、工藤はジタバタ描くも、出世欲はない人物です。裏金を得たのも母親の介護などの医療費のためで、己の欲のためではありません。

しかし、工藤も矢崎もジタバタ描き、よく深い権力者にいいように使われている駒でしかない社会の残酷な縮図を浮き彫りにしています。そして工藤と矢崎の対決に決着をつけないところもリメイク版の特徴といえます。

共通点のある2人は騙し騙され、追い詰められもがくうちに奇妙な絆のようなものが芽生え、お金のためではない執着を互いに持つようになります。

狂犬のように闘いあう2人の姿と、その2人を利用する仙葉組の親父という構図は、救いがないようでどこか面白みのある不思議なラストになっています。

冷静で突如スイッチが入って暴力的になる狂気的な矢崎と対照的に、署内では問題のある人物として扱われてはいますが、工藤はどこかコミカルさのある人物として描かれています。

その場しのぎで何とか切り抜けようとする工藤の焦った姿はコミカルでクスッと笑わせてくれます。最近では寡黙な男を演じることの多い岡田准一ですが、『ザ・ファブル』(2019)などに通ずるようなコミカルな演技も見せてくれます。

オリジナル版も踏襲しつつ、2人の男を取り巻く環境を描くことで2人の緊迫した状況がより伝わるような映画になっています。

まとめ

新聞記者』(2019)、『ヴィレッジ』(2023)など社会情勢を盛り込みつつ、登場人物の緊迫した心情を描いてきた藤井道人監督ならではの、最後まで行くしかない、他に選択肢のない男たちの足掻きを見事に描き出します。

岡田准一、綾野剛の迫真の演技、泥臭い殴り合いは悲しき男たちの行き場のなさを体現する一方で、2人の共鳴意識、奇妙な絆も感じさせます。

磯村勇斗演じる事件の鍵となる尾田も必死に足掻いて抜け出そうとする中でドツボにハマっていく人物といえます。矢崎の下で駒として扱われ、抜け出したい気持ちを仙葉に利用されてしまいます。

誰もが抜け出せず、足掻けば足掻くほど雁字搦めになっていく窮屈さは日本映画らしいノワールと言えるかもしれません。




関連記事

サスペンス映画

映画『RUNラン(2020)』ネタバレあらすじと結末の感想解説。車椅子の新人女優キエラ·エレンの抜擢とサラ·ポールソンの演技力に注目!

アニーシュ・チャガンティ監督の2020年11月に北米配信の映画『RUN(原題)』。 2018年公開の映画『Search/サーチ』でその驚くべき演出力を見せつけたアニーシュ・チャガンティ監督の2作目とな …

サスペンス映画

【ネタバレ】高速道路家族|あらすじ結末感想と評価考察。韓国映画で描いた‟貧困家族の生きる道”はハイウェイでの転々暮らし

高速道路で暮らす貧困家族が引き起こす事件ととある一家との交流 貧困家族と中古家具屋を営む一家の交流を通して、韓国社会が抱える問題、共に生きるということを描くサスペンスドラマ『高速道路家族』。 高速道路 …

サスペンス映画

『空気殺人TOXIC』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。韓国映画名優たちの共演で描く社会派ドラマは必見!

韓国史上最悪の事件と称せられる「加湿器殺菌剤事件」を描く! 家族の突然の死の真相を追求する父親は、安全なはずの「加湿器殺菌剤」がその原因だったと知り愕然とする。 2001年から2010年半ばまでの間に …

サスペンス映画

映画『No.10』あらすじ感想と考察評価。結末は必見!不倫と復讐の果てに待ち受ける予測不可能に堕ちる絶句ラストとは⁈

映画『No.10』は4月12日(金)より新宿シネマカリテにてロードショー 予想を遥かに超えた事態に遭遇したことで思考が停止してしまい、ただ起きていることを眺めていることしか出来ない感覚を体験をしたこと …

サスペンス映画

映画『15キリングス』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。サイコパスの殺人遍歴と人知れない“彼の苦悩”

脳科学者が連続殺人犯の過去と犯行動機を暴くサスペンス・ホラー ジョン・ドラコスが監督・脚本を務めた、2019年製作のアメリカのサスペンス・ホラー映画、『15キリングス』。 何が彼を、殺人に駆り立ててい …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学