Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/05/31
Update

映画『アングスト/不安』ストーリー解説。ガチ怖が評判なのは劇場で観客の目線を釘付けにする多彩なカメラワーク

  • Writer :
  • 松平光冬

異常すぎて長らく“封印”されていた実録スリラー、ついに解禁。

世界各国で上映禁止された常軌を逸した実話がいま、放たれます。ジェラルド・カーグル監督が、1980年にオーストリアで実際に起こった一家惨殺事件を映画化した、83年製作の実録スリラーです。

1983年に製作され、長らく封印状態とされていた映画『アングスト/不安』が、2020年7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開されます。

さまざまな手法によるカメラワークで描かれる、トラウマ必至の戦慄スリラーです。

映画『アングスト/不安』特集記事はこちら

スポンサーリンク

映画『アングスト/不安』の作品情報

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

【日本公開】
2020年(オーストリア映画)

【原題】
Angst(英題:Fear)

【監督】
ジェラルド・カーグル

【撮影・編集】
ズビグニェフ・リプチンスキ

【音楽】
クラウス・シュルツ

【キャスト】
アーウィン・レダー、シルビア・ラベンレイター、エディット・ロゼット、ルドルフ・ゲッツ

【作品概要】
1980年にオーストリアで実際に起こった一家惨殺事件を映画化した、83年製作の実録スリラー。

公開当時、そのあまりのショッキングな内容により、本国オーストリアでは1週間で上映が打ち切られ、ヨーロッパ各国で上映禁止に。

イギリスとドイツではビデオ発売もされず、アメリカでは成人指定にあたる「XXX」扱いとなり、配給会社は逃亡。

日本では88年に、『鮮血と絶叫のメロディー 引き裂かれた夜』というタイトルでレンタル用VHSが発売されましたが、観た者がほとんどいないとされる幻の映画となっていました。

映画『アングスト/不安』のあらすじ


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

ある日、オーストリアの刑務所から一人の男が出所します。

「K.」という名のその男は、10年前に理由もなく老女を射殺して服役していましたが、刑期を完全に終える前に3日間の外出許可を得たのです。

しかし、幼少時の複雑な家庭環境から精神をこじらせていたK.は、更生するどころか、その殺人欲求を獄中でより高めていました。

野に放たれることとなったシリアルキラー、K.の狂気が始まります…。

スポンサーリンク

観る者の「アングスト(不安)」を誘う多彩なカメラワーク


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

1983年の公開時、あまりの陰惨な内容から、本国オーストリアでは嘔吐する者や返金を求める者が続出し、わずか1週間で打ち切りになったとされる本作『アングスト/不安』。

この手のジャンルのスリラー映画は、被害者視点からの恐怖を描く事が多いもの。

しかし本作は、主人公であるシリアルキラーのK.を主観におき、彼が狂気に走る過程をじっくりと捉えていきます

そこで効果的に使われているのが、縦横無尽に動き回る多彩なカメラワークです。

ステディカムやズームによるK.への極端な接写ショットは、時には彼の視界の代わりとなり、時には観る者と彼が一体化したような感覚にさせます。

また同じ接写でも、K.の表情をアップにしたショットからは、これから人を殺せるという喜びから来る落ち着きのなさと、同時に儚さを感じさせます。

特に、飲食店でソーセージをむさぼり食いながら店内を見渡すシーンは、突出して不気味。

一方で、クレーンを使った高所からの俯瞰ショットでは、ターゲットを物色し、辺りをうろつくK.の全身像を捉えており、まるで防犯カメラに映る不審者を見ているよう。

かと思えば、カメラをグルグルと回して周囲を映すショットでは、錯乱したK.の心理を表しているかのようです。

極めつけは、ワンショット長回しの多用です。

K.の犯行を、ショットを切らずにじっくりと長回しで見せることで、観る者に不快感、そして不安(アングスト)を与えます。

観る者を嫌な気分にさせる作品を多く作る監督に、ミヒャエル・ハネケやギャスパー・ノエがいますが、彼らが自作で凝ったカメラワークやワンショット長回しを多用するのは、本作の影響からです。

モノローグで語られる「悪」


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

本作がK.の主観で描かれることは前述しましたが、あらすじを伝える手法もK.によるモノローグ(独白)で進行します。

登場人物が少ないこともあってか、本作で登場人物たちが対話するシーンはごくわずかです。

完全に遮断された刑務所から外の世界に解き放たれたK.の体を動かす動機は、「殺意」しかありません。

そこでジェラルド・カーグル監督は、K.自身に殺害過程を説明させることで、シリアルキラーの深層心理に迫っていきます。

口こそ開かないものの、頭の中は常に饒舌な、純粋悪K.の怖さがより際立ちます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

身寄りも友人も恋人もいないK.による殺人は、とにかく惨たらしく、あまりにも哀しく、どこか滑稽です。

これまで映画に登場してきたシリアルキラーの中でも、トップクラスにランクインしてもおかしくないほどの存在感を放っています。

確実に観る人を選ぶ内容なので、「絶対に観てください」とは言えません。

かといって、「絶対に観ないでください」とも言えない作品です。

映画『アングスト/不安』は、2020年7月3日よりシネマート新宿ほか全国順次公開予定

映画『アングスト/不安』特集記事はこちら







関連記事

サスペンス映画

映画『赤い雪 Red Snow』あらすじネタバレと感想。永瀬正敏と菜葉菜が実話を基にしたミステリー作品にダブル主演!

あの雪の日、記憶からも現実からも弟は消えた。人の記憶ほど曖昧なものはない ──。 「記憶はウソをつく」榎本博明著にもありますが、記憶が必ずしも真実ではないということに焦点を置いたミステリーサスペンス映 …

サスペンス映画

映画『ヴィレッジ』ネタバレ考察と評価解説。シャマラン監督おすすめの“悲しい過去”を閉じ込めた「理想郷の真実」

「語ってはならぬ物」との協定で平和が約束された村。小さな掟破りが増幅させる恐怖と愛する者を守りたい、無垢な勇気が起こす奇跡の物語。 映画『ヴィレッジ』を手掛けたのは、M・ナイト・シャマラン監督。『シッ …

サスペンス映画

映画『終戦のエンペラー』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。海外の反応も気になる真の戦争責任者を追究するサスペンス!

終戦後の日本の復興の裏側を描いた歴史サスペンス。 ピーター・ウェーバーが監督を務めた、2012年製作のアメリカの歴史サスペンス映画『終戦のエンペラー』。 第二次世界大戦終戦直後の連合国軍占領下の日本を …

サスペンス映画

実話映画『オフィシャル・シークレット』あらすじと感想レビュー。キーラナイトレイの代表作に相応しい“英米政府を揺るがせた告発事件”

映画『オフィシャル・シークレット』は2020年8月28日(金)より全国ロードショー! イラク戦争勃発の引き金にまつわる疑惑の中で、人々を救うべく立ち上がった一人の女性がいました… イラク戦争開戦のきっ …

サスペンス映画

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲』感想とレビュー評価。サスペンスは嘘から始まる因果応報

“盲目のピアニスト”が見たものとは。 『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』は2019年11月15日(金)より、新宿ピカデリーほかで全国公開。 インドから鮮烈な映画が上陸します。 映画批評サイトRo …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学