Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/05/27
Update

映画『アングスト/不安』感想レビューと評価。実在の殺人鬼がモデルの1983年製作のサイコスリラー|SF恐怖映画という名の観覧車104

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile104

緊急事態宣言が緩和され劇場での映画公開が再開し、徐々に日常が戻りつつあります。

しかし、依然として映画館への人入りは少なく、最新作の劇場公開スケジュールは未定の作品が多い現状です。

そんな中、劇場公開が突如発表され、映画業界の注目を一挙に集めた作品が登場。

今回は、軽い気持ちで観ることが厳禁と注意喚起されている映画『アングスト/不安』の魅力を紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『アングスト/不安』の作品情報


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

【原題】
Angst

【日本公開】
2020年(オーストリア映画)

【監督】
ジェラルド・カーグル

【キャスト】
アーウィン・レダー、シルビア・ラベンレイター、エディット・ロゼット、ルドルフ・ゲッツ

映画『アングスト/不安』特集記事はこちら

映画『アングスト/不安』のあらすじ


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

白昼の住宅街で金を取るわけでもなく、女性を殺害した「男」(アーウィン・レダー)。

直後に逮捕されたその「男」は10年後に刑務所から出所することになります。

しかし、服役中に更生することなく殺人衝動を燻ぶらせていた「男」は、出所と同時に殺人計画を実行に移し始め……。

スポンサーリンク

世界各国で上映禁止となった禁断の作品


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

1980年にオーストリアで発生したヴェルナー・クニーセクによる殺人事件を独自に調べ上げたジェラルド・カーグル監督によって製作された1983年の映画『Angst』。

本作はそのあまりにも凄惨な内容から本国のオーストリアでは1週間で上映打ち切りになっただけではなく、世界各国で上映禁止やビデオの発売禁止措置を取られることになりました。

日本でも『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』(1988)と言うタイトルでレンタル用VHSが発売されたものの、普及本数が少なく話題とはなりませんでした。

本作に対して取られた措置によって興行的に大失敗となり、巨額の費用を投じていたジェラルド・カーグル監督は破産に追い込まれ、作品は埋もれることになってしまいます。

しかし、アメリカの映画情報サイト「Taste of Cinema」による「史上最もダークなシリアルキラー映画」ランキングにおいて1位にランクインするだけでなく、ホラー映画専門配信サイト「SHUDDER」での「実録犯罪映画トップ10」で5位に選出されるなど確かな存在感を見せつけ始めた本作。

その長年の評価の高さを受け、『Angst』が『アングスト/不安』と改題し、遂に日本でも劇場公開されることとなりました。

「衝動」によって壊れる計画と惨劇


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

本作はサイコパスである主人公の「男」目線で物語が進み、劇中の殆どすべてのシーンで「男」の心情が語られます。

サイコパスの心情を徹底的に調べ上げたジェラルド・カーグルによって描かれる「男」は、出所後に行おうとしている殺人計画を獄中で念入りに立てるほどに危険な人物です。

ですが、今度は「警察に捕まらない」と言う考えで作り上げた綿密な計画が、抑えがたい殺人への「衝動」によって次々と崩れていきます。

冷酷無比で殺人を心から求めるこの「男」はそれだけで充分な危険人物であると言えますが、そんな「男」でさえ自身の「衝動」が抑えられず計画とは全く異なる無計画な惨殺が進んでいく様は時にシュールですらあります。

この劇中では悲惨なことが行われているにも関わらずどこか滑稽さを感じてしまう感覚は、サイコサスペンスとして高い評価を受ける傑作『ザ・バニシング-消失-』(1988)を鑑賞中の感覚に近いものを感じると言えました。

スポンサーリンク

独特なカメラワークと演出が「不安」を引き立てる


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

『アングスト/不安』は一切の演出なく唐突に開幕し、「男」が逮捕されるに至る住宅街での殺人が繰り広げられます。

まとわりつくような独特なカメラワークや頭に残る不穏なBGM、そしてあえてカットせずにそのまま流れ続ける興奮のあまり手際の悪い「男」の犯行。

それらすべてが本作に乾いた恐怖を付与しており、より現実に近い、「物語」ではなく「現実」に起こりえることなのだと言う「不安」を鑑賞者に植え付けることに成功しています。

モデルとなったヴェルナー・クニーセクとは?


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

本作の基となった殺人鬼ヴェルナー・クニーセク。

彼の犯行は『アングスト/不安』と同様、もしくはそれ以上に猟奇的かつ残虐であり、彼の犯罪を知ることは精神衛生上好ましくないと言えます。

また、この項目では史実であり、劇中とは異なる点は多くあるとは言え一部のネタバレを含みますのでご注意ください。

残虐な犯行


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

ヴェルナー・クニーセクは出所後の就職先を決めるため、出所の数週間前に3日間の休暇を貰い出所。

その時、クニーセクは幼少時代より知っていた車いすの男性の住む別荘へと侵入、男性とその母親を殺害します。

その後クニーセクは男性の妹を10時間前後に渡り拷問し殺害、遺体は血だらけだっただけではなく殴打や火傷の跡まであったとされています。

逮捕されたクニーセクは終身刑を言い渡され現在も収監中ですが、脱獄を試みたことがあるなどその「恐怖」は今もなおオーストリアを支配しています。

まとめ


(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

本作はサイコパスの「男」による残虐かつ非倫理的な「思考」及び「殺人」が劇中で繰り広げられます。

精神的に深い傷を負う可能性もありますので、あくまでもそのことを承知の上で鑑賞に挑んでください。

『アングスト/不安』は2020年7月3日(金)より全国で上映開始。

惨劇をその目で確かめたい方のみご鑑賞することをオススメいたします。

映画『アングスト/不安』特集記事はこちら

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile105では、『SF映画おすすめ5選!2000年代の名作傑作選』と題し語り継ぎたい2000年代の名作SFを5作、ランキング形式でご紹介させていただきます。

6月3日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『私というパズル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。亡き小さな命は親子の絆を誕生させる|Netflix映画おすすめ12

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第12回 死産という深い悲しみでバラバラになった心と家族。それはまるでパズルのようなものでした…。 Netflixのおすすめ映画『私というパ …

連載コラム

映画1/8 ハチブンノイチ|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。バトルロワイヤルを無人島での描くアクションスリラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー32

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第32回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

香港映画『散った後』あらすじと感想レビュー。恋愛と理想の生き方が雨傘運動の“分断”に揺れる|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録11

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『散った後』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリに輝いたタイの『ハッピー・オールド・イヤー』をはじ …

連載コラム

映画『ガーデンアパート』あらすじと感想レビュー。《世界》なる青年は二人の女性の生を描き出す|シニンは映画に生かされて6

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第6回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第6回でご紹介する作品は、「UMMMI.」として制作し …

連載コラム

映画ボウリング・フォー・コロンバイン|ネタバレ感想と解説。マイケル・ムーアが銃社会をアポなしで斬る!|だからドキュメンタリー映画は面白い8

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第8回 なぜアメリカでは銃撃事件が多発する?なぜアメリカ人は銃を持つ? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第8回は、2003年公開の『ボウリング・フ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学