Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/14
Update

映画『アングスト/不安』あらすじ/キャスト/公開日。ガチ怖すぎて上映禁止の実話スリラーが日本の劇場に初上陸!?

  • Writer :
  • 石井夏子

世界各国で上映禁止された常軌を逸した実話。
本物の《異常》がいま、放たれる。

あまりにも”異常“かつ、あまりにも”危険”な傑作映画が1983年、それまでジャンル映画が存在しなかったオーストリアで突然変異のように誕生。

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

1980年、同国で実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画『アングスト/不安』が2020年7月3日よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

公開情報に合わせましてチラシビジュアルも解禁。今回、解禁となったチラシビジュアルは、『U・ボート』(1981)、『アンダーワールド』(2003)の俳優アーウィン・レダー扮する殺人鬼K.が眼も口も大きく広げ、暗闇で何かを叫ぶ顔を紙面いっぱいのアップで捉えています。

その異様な表情から、本作の凄まじさを伝えるこの日本オリジナルのビジュアルをジェラルド・カーグル監督もたいそう気に入り、特に色合いを絶賛、「素晴らしい。見事だ」と表現しました。

また、予告編についてもご紹介します。

映画『アングスト/不安』特集記事はこちら

スポンサーリンク

映画『アングスト/不安』について

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

実録スリラー映画『ANGST』が『アングスト/不安』の邦題でついに日本劇場初公開されます。

本作は、刑務所出所後の殺人鬼=狂人が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を凶暴かつ冷酷非情なタッチと斬新なカメラワークを用いて表現。狂人自身のモノローグで綴る構造や全編に徹底された陰鬱なトーンなど、作品自体が“異常”であり、他に類を見ない芸術性を発揮した衝撃的作品です。

アメリカの映画サイト「Taste of Cinema」が選ぶ「史上最もダークなシリアルキラー映画」では、『ヘンリー』(1986)、『セブン』(1995)、『ハウス・ジャック・ビルト』(2018)などを抑え、堂々の1位を獲得。広義で“おそろしい映画”としては、『悪魔のいけにえ』(1974)が放つ存在感と同次元で語られ、世界的に唯一無二の傑作として捉えられています。

しかし、1983年公開当時はそのショッキングすぎる凄まじい内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他ヨーロッパでも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止。アメリカではXXX指定を受けて配給会社が逃げたといいます。

日本でも劇場公開されず『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されましたが、世の中に出回った数は極少、ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれ、以降観たくても観れない作品となり現在に至っています。

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

この早すぎた傑作の監督は、殺人鬼の心理を探るという崇高な野心のもと全額自費で本作を製作したジェラルド・カーグル。本作は唯一の監督作品です。

主演は『U・ボート』(1981)、『アンダーワールド』(2003)のアーウィン・レダー。殺人鬼K.役として、淡々と人を殺めていく姿に戦慄を覚えるはず。

観る者を冷徹な世界へ誘う、不穏なエレクトロサウンドを手掛けたのは、元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツ

また、狂人が内に秘めた”不安“をアーティスティックなカメラワークで映し出したのは、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』(1981)やジョン・レノン、ミック・ジャガーらのMVで知られる世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキです。

映画『アングスト/不安』の予告動画

予告編は、イタリアの詩人ダンテによる長編叙事詩「神曲 地獄篇」より、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」という一節が冒頭に映し出される場面から始まります。

これは、ジェラルド・カーグル監督の要望により今回日本版の予告のみに入れたもの。この門をくぐる者=この映画を観る者への警告ととれる言葉です。

そして、次に映し出されるのは『U・ボート』(1981)、『アンダーワールド』(2003)の俳優アーウィン・レダー扮する主人公 K.。

シャツにジャケットを合わせた一見普通の青年風ですが、瞬きひとつせずそわそわした様子である屋敷を訪ね、出てきた老婆を何の迷いもなく撃ち、刑務所へ収監。何やら危険な幻想を抱きつつ出所の日を迎えます。

その後、狂人が世に放たれてしまったことにより取り返しのつかない惨劇が起こる様子が疾走感溢れるタッチで切り取られました。

元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツによる冷たく脈打つようなエレクトロサウンドと、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』(1981)やジョン・レノン、ミック・ジャガーらのMVで知られる世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキによる独特のカメラワークが予告からも感じられ、K.の不安な様子を観る者も一緒に感じるような予告編となっています。

本編では途方もない蛮行が展開され、痛恨の映画鑑賞体験となる可能性があるため、この予告編をじっくり見て鑑賞するかを判断してください。

スポンサーリンク

映画『アングスト/不安』の作品情報

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

【日本公開】
2020年(オーストリア映画)

【原題】
ANGST(不安)
英題:FEAR(恐怖)/仏題:SCHIZOPHERENIA(統合失調症)

【日本VHS発売時題】
鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜

【監督】
ジェラルド・カーグル

【キャスト】
アーウィン・レダー、シルヴィア・ラベンレイター、エディット・ロゼット、ルドルフ・ゲッツ

映画『アングスト/不安』のあらすじ

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

刑務所を出所した狂人が、とたんに見境のない行動に出ます。

スポンサーリンク

映画『アングスト/不安』鑑賞前の注意事項

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

本作は、1980年にオーストリアで実際に起こった事件を描いております。当時の司法制度では裁ききれなかった為に発生した事象であり、本映画をきっかけとして以降大きく制度が変わりました。

劇中、倫理的に許容しがたい設定、描写が含まれておりますが、すべて事実に基づいたものであります。本作は娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。

特殊な撮影手法と奇抜な演出は観る者に取り返しのつかない心的外傷をおよぼす危険性があるため、この手の作品を好まない方、心臓の弱い方はご遠慮下さいますようお願い致します。またご鑑賞の際には自己責任において覚悟して劇場にご来場下さい。

まとめ

(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

『CLIMAX クライマックス』(2018)、『カルネ』(1994)のギャスパー・ノエ監督は自身の作品にて本作のオマージュを捧げ、『ファニーゲーム』(1997)などのミヒャエル・ハネケ監督の初期作品とも類似性が高いと語られる本作。

近年増えてきつつあるシリアルキラー映画の大本命とも言っても過言ではありません。

世界各国で上映禁止となった映画史上最も恐ろしい映画でありながら、このまま隠しておくわけにはいかない、異様で危険すぎる唯一無二な傑作『アングスト/不安』は、2020年7月3日よりシネマート新宿ほか全国順次公開予定です。

映画『アングスト/不安』特集記事はこちら










関連記事

新作映画ニュース

《動画視聴:奈緒インタビュー》映画『みをつくし料理帖』キャスト花魁野江役に角川春樹監督から目の演技と求められたと語る

映画『みをつくし料理帖』は10月16日(金)より全国ロードショー 豪華キャストによるインタビューリレー第2弾 時代を創った男“角川春樹”が、生涯最後となる演出を務め制作された映画『みをつくし料理帖』。 …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ映画『パラサイト 半地下の家族』あらすじとキャスト。2020年1月に日本公開決定!

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール受賞! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督最新作『PARASITE』(英題)の日本公開タイトルが『パラサイト 半地下の家 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの後輩の母親・千春役は江本純子【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

【トロント映画祭2019】『ジョーカー』や『ジョジョラビット』の評価や評判は?おすすめの日本公開が決まった話題作の紹介も

TIFFトロント国際映画祭2019の現地リポート トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival:TIFF)とは、カナダの都市であるトロントで毎年9月に行わ …

新作映画ニュース

インド映画『マッキー』が11月に再上映決定!バーフバリのSSラージャマウリ監督作品の予告も解禁

『バーフバリ』で見せたダイナミックなVFXの源はコレ! 爆笑必至のアクションコメディ『マッキー』奇跡の再上映決定。 2013年に日本公開しスマッシュヒットを飛ばしたインド発のアクションコメディ映画『マ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP