Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/05/30
Update

ダコタ・ファニング映画『500ページの夢の束』あらすじとキャスト。日本公開決定!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

人気女優ダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデューサーが贈る、人生をあきらめないあなたを応援する映画!

原題を『PLEASE STAND BY』とする本作は、日本版タイトル『500ページの夢の束』として、日本公開が決まりました。

スポンサーリンク

映画『500ページの夢の束』の作品情報

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
PLEASE STAND BY

【監督】
ベン・リューイン

【キャスト】
ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ

【作品概要】
『セッションズ』で知られるベン・リューイン監督が、スタート・レック好きのウェンディ役に、『I am Sam アイ・アム・サム』などの子役時代を経て活躍する女優ダコタ・ファニング迎え、人生をあきらめないためのハートフル・ストーリー。

共演に『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴが脇を固めます。

映画『500ページの夢の束』のあらすじ

(C)2016 PSB Film LLC

ウェンディの大好きなものは、不滅のSFドラマとして知られる『スター・トレック』。

彼女は好き過ぎ、その知識なら誰にも負けないことを自負しています。

そんなウェンディの趣味といえば、自分なりにカーク船長やスポックが活躍する『スター・トレック』の脚本を書くことでした。

しかし、自閉症を抱える彼女は、ある理由があることから、唯一の肉親である姉と離れて暮らしていました。

ある日、ウェンディにとって最も良い知らせが舞い込みます。

それは大好きな『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知ったのです。

ウェンディは渾身の作品を書き上げましたが、もう、郵送では締切に間に合わないと気付きます。

そこで脚本コンテストの開かれるハリウッドまで、愛犬ピートとともに数百キロの旅に出ることを決意します。

ウェンディは書き上げた500ページにも及ぶ脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて…。

スポンサーリンク

映画『500ページの夢の束』の見どころ

女優ダコタ・ファニングの代表作

本作『500ページの夢の束』に登場する主人公のウェンディを演じるのは、女優ダコタ・ファニング

スクリーン・デビューをわずか7歳で果たし、名優ショーン・ペンの娘役ルーシーを演じた『I am Sam アイ・アム・サム』や、人気俳優トム・クルーズの娘役レイチェルを演じた『宇宙戦争』など、天才子役としての名演技で、一躍その名を世界に知らしめました。

今回ご紹介している本作でダコタが務めた役柄は、大好きな『スター・トレック』に関して並外れた知識を持った自閉症を抱える少女。

とても難しい役どころですが、繊細かつ豊かな表現力を持った彼女ならきっと魅力的に演じてくれることでしょう。

これまでに確かな俳優としてのキャリアを積み、大人の女性となったダコタのセカンド・ステージと言える代表作になるはずです。

劇中の中でウェンディを支えるソーシャルワーカー・スコッティ役に、1999年公開の『シックス・センス』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた女優トニ・コレットが務めます。

また、ウェンディを大切に想いながらも離れて暮らさざるを得ない複雑な感情を抱く姉オードリー役に、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でキャロル役を務めた女優アリス・イヴ。

映画『500ページの夢の束』スタッフ

本作のプロデューサーは、アカデミー脚本賞を受賞した『JUNO/ ジュノ』(2007)やゴールデングローブ賞の脚本賞を獲得した『マイレージ、マイライフ』などを手掛けたダニエル・ダビッキと、女優ジョディ・フォスターが監督を務め、ジョージ・クルーニーの主演した『マネーモンスター』のララ・アラメディン。

この2人がプロデュースを務めたことで、スタッフやキャスト陣にどれだけ実力のある面々が揃ったのかは、映画ファンなら何となくそうできるのではないでしょうか。

関連映像:ベン・リューイン監督作品『セッションズ』(2012)

演出を務めるのは、2012年サンダンス映画祭で観客賞・審査員特別賞をダブル受賞するなど、数々の国際的な賞に輝いた『セッションズ』のベン・リューイン監督

今回は主人公ウェンディの人生初の大きな目標である“500ページの脚本を届ける”ために、旅先で立ちはだかるトラブルを一つずつクリアしながら、つまずきながらも目的地へと近づいていく様子を描いています。

さて、「500ページの脚本」をリュックに、“ある願い”を胸にして、愛犬とともにハリウッドを目指す初めての旅の行方とは?

まとめ


(C)2016 PSB Film LLC

この作品では主人公のウェンディとその家族たちを、数々の良質ドラマを送り出してきた女優ダコタ・ファニングはじめとするキャストたち。

そして、ベン・リューイン監督のもと集まったスタッフ陣が、“愛とユーモア”をこめて描いた映画です。

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

ぜひ、ご期待くださいね。

関連記事

新作映画ニュース

ゴールデングローブ賞3部門ノミネートの映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』スポット映像紹介!

第77回ゴールデン・グローブ賞にて3部門ノミネートの快挙! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト …

新作映画ニュース

『凱里ブルース』映画本編動画/上映館。注目のビーガン監督作から話題のワンシークエンスショットを紹介!

『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督がその名を知らしめた初長編が待望の日本公開。 2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定の映画『凱里ブルース』。 中国新世 …

新作映画ニュース

映画『NO CALL NO LIFE』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。優希美青×井上祐貴の青春ラブストーリーとは

運命と呼ぶには静かすぎる出会いで、愛と呼ぶには幼すぎる2人の物語。 ホリプロ60周年にあたり、優希美青と井上祐貴の主演で記念制作された映画『NO CALL NO LIFE』。 (C)2021 映画「N …

新作映画ニュース

映画『PLAY 25年分のラストシーン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。パリの90年代カルチャーが青春を彩る!

サン・セバスティアン国際映画祭正式出品作。 13歳から撮り続けた「僕の25年間」。 2019年のサン・セバスティアン国際映画祭に正式出品され、その斬新な試みが話題となったフランス映画『PLAY』。 ( …

新作映画ニュース

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)

累計400万部突破!『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作を、オールスターキャストで初の実写映画化。 出演者に西島秀俊、佐々木蔵之介、髙嶋政宏、玉木宏、中井貴一、そして佐藤浩市といった、日本映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学