Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/04
Update

実写映画『東京リベンジャーズ』あらすじ/キャスト/公開日/登場人物紹介。北村匠海や吉沢亮らイケメン俳優が共演!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『東京リベンジャーズ』は2020年10月9日公開!

和久井健の人気コミック『東京卍リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ)が実写映画化します。

(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

『映像研には手を出すな!』『前田建設ファンタジー営業部』の英勉が監督を務めた映画『東京リベンジャーズ』は2020年10月9日(金)より全国ロードショー

北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之(「劇団EXILE」)、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮という豪華な若手キャストも発表され、ますます話題となっています。

スポンサーリンク

原作漫画『東京卍リベンジャーズ』とは?

参考:東京卍リベンジャーズ【公式】のTwitter

原作は2017年から「週刊少年マガジン」(講談社刊)に連載中で、シリーズ累計発行部数300万部を突破した漫画『東京卍リベンジャーズ』

かつて不良だった主人公が中学時代へタイムリープする能力に目覚めたことを機に、元恋人が殺害される運命を変えるべく、その死の元凶となる暴走族に立ち向かっていく姿を描きます。

ヤンキー漫画の要素に加えてSF漫画やアクション漫画の要素が合わさった作風が特徴で、映像化に期待が高まります。

映画『東京リベンジャーズ』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社)

【監督】
英勉

【キャスト】
北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮

映画『東京リベンジャーズ』のあらすじ

主人公・花垣武道(ハナガキタケミチ)は壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。

ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタ、その弟・ナオトが、関東最凶の組織”東京卍曾”に殺されたことをニュースで知ります。

その事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落。

死を覚悟した瞬間、タケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまいました。

過去に戻ったタケミチはヒナタの弟ナオトに遭遇。ナオトに「10年後ヒナタは殺される。」と伝えたことにより、未来が変化します。

ヒナタは救えませんでしたが、ナオトは死を避け10年後刑事になっていました。

現代に戻ったタケミチは、刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい!」と頼まれます。

タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。

ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑みます。

スポンサーリンク

タケミチ役・北村匠海

参考:北村匠海のInstagram

北村匠海のプロフィール

主人公・花垣武道(タケミチ)を演じる北村匠海(きたむら・たくみ)は1997年11月3日生まれ。東京都出身。

小学3年生の時にスカウトされ芸能界に入りました。

2008年NHK『みんなのうた』にて「リスに恋した少年」で歌手デビュー。同年『DIVE!!』で池松壮亮の幼少期役で映画初出演。

2010年ユニットEBiDANに所属し、2011年からユニット内のダンスロックバンド「DISH//」のメンバーとなり、リーダーとメインボーカル・ギターを務めます。

『君の膵臓をたべたい』(2017)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、2020年1月公開『サヨナラまでの30分』をはじめ、『とんかつDJアゲ太郎』、『思い、思われ、ふり、ふられ』など映画の公開が目白押し、若者から絶大な支持を受けています。

北村匠海が演じるタケミチの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

花垣武道(タケミチ)は本作の主人公で26歳のフリーター

ある日中学2年時に交際していた橘日向が「東京卍會」の人間に殺され、自らも何者かに電車のホームで突き飛ばされて殺されかけたことがきっかけでタイムリープに目覚めます。

性格はとても仲間思いで決して諦めない粘り強さがあります。

ドラケン役・山田裕貴

参考:山田裕貴のTwitter

山田裕貴のプロフィール

東京卍會副総長・龍宮寺堅、通称ドラケンを演じる山田裕貴は1990年9月18日生まれ。愛知県出身。

高校卒業後、芝居の勉強をするためにワタナベエンターテイメントカレッジに入学。

2010年に開催された「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストとなりますが、新メンバーには選ばれませんでした。事前投票で1位だったこともあり、ファイナル開催時に急遽設けられた「D-BOYS部門」のグランプリ受賞

その後ワタナベエンターテインメントに所属。

2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビュー。

2019年に主演を務めた舞台「終わりのない」で令和元年度(第74回)文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞

元プロ野球選手の山田和利を父に持ち、自身も中学生時代まで野球経験があります。

山田裕貴が演じるドラケンの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

山田裕貴が演じる龍宮寺堅、通称ドラケンは、東京卍會副総長

総長のマイキーに忠誠を誓っています。

冷静沈着で常に客観性を忘れない性格。

スポンサーリンク

ナオト役・杉野遥亮

参考:杉野遥亮のTwitter

杉野遥亮のプロフィール

橘ナオト役を演じる杉野遥亮(すぎのようすけ)は1995年9月18日生まれ。千葉県出身。

2015年、第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、芸能界入り。

2016年、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』に出演し、俳優デビュー。

2017年、CM『新潟米新之助「お待たせしました。新之助です。」』に出演し、イメージキャラクターに起用されました。

また、映画『キセキ -あの日のソビト-』に出演し、劇中でGReeeeNの前身となるユニットであるグリーンボーイズ名義でCDデビュー

話題の映画、ドラマ、CMだけでなくバラエティにも幅を広げ活躍中。

日経トレンディによる“2020年の顔”にも選出され注目を集めています。

杉野遥亮が演じるナオトの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

物語のカギを握る存在の橘ナオト

タケミチの元恋人である、ヒナタの弟です。

タケミチがタイムリープする前の現代ではヒナタと同じく死亡していました。

タイムリープしたタケミチに自分の未来を教えられ、ナオトの運命は大きく変化していきます。

キヨマサ役・鈴木伸之

参考:鈴木伸之のInstagram

鈴木伸之のプロフィール

キヨマサこと清水将貴(キヨミズマサタカ)を演じる鈴木伸之は、1992年10月14日生まれ。神奈川県出身。

劇団EXILEのメンバーです。

2010年8月より行われた「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、俳優として活動を開始。

『今日から俺は!!』劇場版の公開を控え、映画、テレビドラマ、舞台、CMと精力的に活動を続けています。

2019年1月22日、劇団EXILEの八木将康とともに「1分間でもっとも多く箸でマシュマロをキャッチした回数」のギネス記録に挑戦し、世界記録を更しました。

鈴木伸之が演じるキヨマサの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

清水将貴(キヨミズマサタカ)通称「キヨマサ」は東京卍會の参番隊に所属している不良

タケミチが地元を逃げ出す原因を作りだした張本人で、タケミチの天敵です。

アッくん役・磯村勇斗

参考:磯村勇斗のTwitter

磯村勇斗のプロフィール

タケミチの親友・千堂敦(センドウアツシ)を演じる磯村勇斗は1992年9月11日生まれ。静岡県出身。

2015年にテレビ朝日『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダーネクロム/アラン役を演じ注目を浴びます。

2017年NHK連続テレビ小説『ひよっこ』では前田秀俊役を務めたほか、映画『覆面系ノイズ』に出演するなど、映画やドラマを中心に活躍中

2018年に第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞にて新人賞を受賞

『今日から俺は!!』の劇場版公開が2020年夏に控えています。

磯村勇斗が演じるアッくんの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

千堂敦(せんどう あつし) こと通称「アッくん」は、タケミチの学生時代の悪友。不良グループのリーダー。

仲間想いな性格で、仲間の為なら自己犠牲も厭わない人物。

キサキ役・間宮祥太朗

参考:間宮祥太朗のTwitter

間宮祥太朗のプロフィール

裏で暗躍する東京卍曾幹部・稀咲鉄太(キサキテッタ)を演じる間宮祥太朗は、1993年6月11日生まれ。神奈川県出身。

2008年、TVドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生』で俳優デビューを果たし、続いて『ふたつのスピカ』(2009)にもレギュラー出演。

演劇界では2010年に長塚圭史演出の『ハーパー・リーガン』で初舞台を踏みます。

舞台「銀河英雄伝説」シリーズでは通算5作目『輝く星 闇を裂いて』(2012)から『特別公演 星々の軌跡』(2015)までラインハルト・フォン・ローエングラム役を演じました。

2017年に『お前はまだグンマを知らない』で映画初主演。

2019年11月に公開した主演作『殺さない彼と死なない彼女』での好演が記憶に新しい実力派俳優です。

間宮祥太朗が演じるキサキの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

稀咲鉄太(キサキテッタ)は現代の東京卍會総長代理。眼鏡が特徴。

マイキーと並び東京卍會のツートップとして君臨する人物ですが、現在の東卍を巨大な犯罪組織へと創り替えた元凶でもあります。

計算高い性格で、自分の手を汚さずに人を貶める策略家

マイキー役・吉沢亮

参考:吉沢亮&STAFFのTwitter

吉沢亮のプロフィール

タケミチが挑む東京卍曾の総長・佐野万次郎、通称マイキーを演じる吉沢亮は1994年2月1日生まれ

2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」にて応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。

2011年、『仮面ライダーフォーゼ』で2号ライダーの仮面ライダーメテオを演じ、注目を集めます。

2017年、映画『銀魂』で沖田総悟役に抜擢。公表されたキャラクタービジュアルは原作の設定に近く、原作ファンからも支持を得ました。

2019年4月に公開し大ヒットを記録した『キングダム』で第62回ブルーリボン賞で助演男優賞、エランドール賞新人賞を受賞

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主演の渋沢栄一役に抜擢されました。

吉沢亮が演じるマイキーの役柄

参考:映画『東京リベンジャーズ』公式のTwitter

佐野万次郎(さの まんじろう) こと通称「マイキー」は東京卍會総長。東卍創設メンバーの一人です。

「無敵のマイキー」を異名に持ち、小学生の時に暴走族の総長を張っていた高校生をタイマンで叩きのめす程の武闘派。

昔ながらの活気ある不良の時代を創ろうとする熱い想いを秘めています。

まとめ

(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

原作者・和久井健が「キャストの皆さんのお名前を聞いた瞬間に、スクリーン上のタケミチ達のイメージがすぐに浮かんで震えました!!」と絶賛したキャスティング。

原作ファンも納得、俳優ファンは新たな表情に胸高鳴る配役となりました。

不良漫画でありながらも、SFやサスペンス要素の高い原作がどのように映像化されるのか、続報が待たれます。

映画『東京リベンジャーズ』は2020年10月9日(金)より全国ロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

『ワイルド・ストーム』あらすじとキャスト。ロブ・コーエン映画新作ポスタービジュアル解禁

2014年『イントゥ・ザ・ストーム』、2018年『ジオストーム』、そして2019年新たなディザスターパニック大作が日本上陸!! ロブ・コーエン監督最新作、映画『ワイルド・ストーム』の公開が2019年1 …

新作映画ニュース

2019年8月の4DXシアター上映劇場情報!ワンピースやワイスピ最新作・ライオンキングなどのラインナップ発表

車、シンバ、ルフィ、コナン! 8月のアツさは、最強にアツイ4DX新作で吹っ飛ばす! 4DXが、アクション、ミュージカル、アニメまで多様なジャンルの8月4DX新作ラインアップを発表! ©Universa …

新作映画ニュース

映画『ワイン・コーリング』劇場公開は11月1日よりシネスイッチ銀座やアップリンクにて上映。“映画で旅する自然派ワイン”とは

フランスワイン界の革命児たちを追ったドキュメンタリー。 今注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと、愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画『ワイン・コーリング』が、2019年11 …

新作映画ニュース

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『バオバオ フツウの家族』を5組10名様ご招待。公開日は9月28日!

2組の同性カップルの妊活と葛藤を描く。 映画『バオバオ フツウの家族』が、2019年9月28日(土)より新宿K’s cinemaほかにて全国順次公開されます。 5月にアジアで初めて同性婚が認められた台 …

新作映画ニュース

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』あらすじとキャスト。予告編と場面写真紹介!

公開4館からわずか三週間で1084館に急拡大。 口コミで話題を呼び全米大ヒット!! 『レディ・バード』『ムーンライト』などの話題作を手がける新進気鋭スタジオ「A24」が製作、2018年のサンダンス映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学