Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/04
Update

杉野遥亮×福原遥映画『羊とオオカミの恋と殺人』あらすじとキャスト。漫画『穴殺人』を実写化!

  • Writer :
  • 石井夏子

杉野遥亮が自殺志願の引きこもりに。
恋人役の福原遥は美しき殺人鬼。


©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

この度、1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ『マンガボックス』で閲覧数1位を独走したコミック『穴殺人』(作者:裸村)が『羊とオオカミの恋と殺人』のタイトルで実写映画化され、 2019年11月29日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開することが決定いたしました。

公開決定に合わせて、場面写真と特報予告が解禁され、メインキャストを務める杉野遥亮・福原遥、そして監督の朝倉加葉子よりコメントが届きました。

スポンサーリンク

映画『羊とオオカミの恋と殺人』について

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

本作は、漫画アプリ『マンガボックス』で連載された、裸村による自殺志願の男の子×殺人鬼の美少女が贈るスプラッター・ラブコメディ漫画『穴殺人』を映画化しました。

自殺志願の男の子の黒須越郎役に『キセキ -あの日のソビト-』(2017)『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019)等、ドラマや映画、CMで活躍中の杉野遥亮が映画初主演を務めます。

W主演として、殺人鬼の美少女・宮市莉央役には、『4月の君、スピカ。』(2019)やドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019)で話題を呼んだ福原遥が強烈なキャラクターを見事に演じました。

監督はスラッシャー・ホラー映画の『クソすばらしいこの世界』(2013)や『女の子よ死体と踊れ』(2015)を手掛けた期待の新鋭、朝倉加葉子が務めます。

映画『羊とオオカミの恋と殺人』の場面写真

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

今回解禁された場面写真6点は、「黒須(杉野遥亮)が自死を試みている」という衝撃的なカットから始まり、「黒須が宮市(福原遥)に、首元に後ろからカッターナイフをあてられているカット」の他、「何かを覗く黒須、カッターを片手に何かと対峙する宮市」など、いずれも謎めいたカット。

先が読めない物語に期待が膨らむ写真たちとなっていますね。

スポンサーリンク

映画『羊とオオカミの恋と殺人』の特報予告編

30秒の特報(予告編)は「人生なんてクソだ」のテロップと共に、黒須が人生に絶望して自ら命を断とうとを図るも未遂に終わる衝撃的なシーンから始まります。

偶然見つけたアパートの隣室の覗き穴から、隣人・宮市の生活を覗き見すると一転、「いや、人生は素晴らしい。」のテロップが。

さらに、黒須と宮市の仲睦まじいシーンから突如、宮市にカッターで襲われそうになる黒須のシーン等、二人のファンならずとも映画の展開が気になって仕方がない仕上がりになっています。

映画『羊とオオカミの恋と殺人』の作品情報

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
裸村『穴殺人』

【監督】
朝倉加葉子

【脚本】
髙橋泉

【キャスト】
杉野遥亮、福原遥

【作品概要】
1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ『マンガボックス』で閲覧数1位を独走した裸村作のコミック『穴殺人』が原作。

『キセキ -あの日のソビト-』(2017)『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019)の杉野遥亮が映画初主演を務め、『4月の君、スピカ。』(2019)やドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019)の福原遥がW主演として強烈なキャラクターを演じます。

監督は『クソすばらしいこの世界』(2013)や『女の子よ死体と踊れ』(2015)の朝倉加葉子です。

スポンサーリンク

映画『羊とオオカミの恋と殺人』のあらすじ

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野遥亮)は、 壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまいます。

穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原遥)の生活が丸見え。

その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。

しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまいます。目撃したことが見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに。

アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。ですが宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。

次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに。

黒須越郎役:杉野遥亮(すぎのようすけ)

参考:杉野遥亮公式ツイッター

杉野遥亮のプロフィール

杉野遥亮(すぎのようすけ)は1995年9月18日生まれ、千葉県出身の俳優・モデルです。

2015年に第12回FINEBOYS専属モデルオーディションにてグランプリを受賞し、芸能界に入りました。

2016年、ドラマ『民王番外編 秘書貝原と怪しい6人の客』、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』と話題作に続けて出演。

2017年公開のGReeeeNの楽曲完成を描いた映画『キセキ -あの日のソビト-』ではGReeeeNメンバーのSOH(ソウ)役を演じました。

2019年の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』では、学校一のイケメン・久我山柊聖役でファンの心を鷲づかみに。

事務所の先輩である松坂桃李に憧れており、松坂桃李主演映画『居眠り磐音』(2019)にて共演を果たしています。

モデルも務めていることもあり、身長は185cmと高く、スラリとしたスタイルの持ち主です。

杉野遥亮が演じる黒須越郎とは

本作の主人公・黒須越郎(くろすえつろう)は、大学を二浪し、そのプレッシャーから予備校を辞め、引きこもり生活を送っています。

金銭面的に追い詰められ、ついに自らの死を選択し、壁のフックにベルトをかけ、自死を試みますが、壁が体重を支えきれず剥がれてい、壁に穴が開いてしまいます。

その穴の先に見付けた可愛い女の子の姿が、彼の生きる希望になって行くんです。

杉野遥亮のコメント

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

愛ってなんだろう?と僕はよく考えます。答えなんて簡単には見つからないし、もしかしたら見つける必要はないのかもしれない。完成した作品を見て、改めてそう感じました。周りから観たら煙たがられ、理解してもらえないのかもしれないけど、彼らの前にあるのは愛しかない。他の人と何一つ代わり映えもない世界だからです。普遍的な異世界です。全ての人でなくても誰かの心に刺さる作品になっていたら嬉しいです。

宮市莉央役:福原遥(ふくはらはるか)

参考:福原遥の公式インスタグラム

福原遥のプロフィール

福原遥(ふくはらはるか)は1998年8月28日生まれ、埼玉県出身の女優です。血液型はA型。

小学1年生の頃から子役として芸能活動を始め、映画やドラマで引っ張りだこの子役として人気に。

子役時代の2009年から2013年にかけてNHKで放送された料理アニメ『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』にて、主人公の柊まいんを演じていたため、いまでも「まいんちゃん」の愛称で親しまれています。

2012年から2015年まで、ファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを務めました。

2016年にNetflixドラマ『グッドモーニング・コール』で初主演を務め、2017年にはTVアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』のオーディションを勝ち抜き、有栖川ひまり(キュアカスタード)役に抜てき

2018年の『女々演』で映画初主演。

その後も人気テレビドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019)のほか、主演作『4月の君、スピカ。』や『映画 賭ケグルイ』(ともに2019)と話題作への出演が続いています

身長160cmで趣味・特技は料理だそう。

福原遥が演じる宮市莉央とは

宮市莉央は黒須の隣人の美少女

周囲に冷たく接しても、美しさゆえに誘いが絶えません。

実は犯罪者を殺す殺人鬼で、それを黒須に知られてしまいますが、自分を認めてくれた黒須と付き合うことに。

福原遥のコメント

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

この度、宮市莉央役を演じさせていただきました。原作を読んだ時、一見理解しがたい奇妙な恋愛観や2人がどんどん惹かれ合い愛し合っていく姿がとても美しく衝撃を受けました。実際に現場で創り出された、独特な2人だけの世界観に、私自身感銘を受けました。この作品が、皆さんにどんな風に受け取っていただけるのか少し不安はありますが、愛というものの尊さ、そして美しさを存分に感じ取っていただけたら嬉しいです!

監督:朝倉加葉子(あさくらかよこ)

参考:朝倉加葉子監督の公式ツイッター

朝倉加葉子監督のプロフィール

監督の朝倉加葉子(あさくらかよこ)は、1977年生まれ、山口県出身。

東京造形大学卒業後、TV制作会社勤務を経て映画美学校を修了しました。

2010年、BS-TBSのドラマ『怪談新耳袋 百物語』の一篇『空き家』を監督。

2013年に初長編となる全編アメリカ撮影のスラッシャーホラー『クソすばらしいこの世界』が全国各地で公開され、好評を博します。

残忍な殺人鬼が登場し若者たちを次々に血祭りにあげる“スラッシャー映画”。日本映画ではまだ未開拓といえるこのジャンルを切り開く、気鋭の監督です。

朝倉加葉子監督のコメント

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

「隣人を愛せよ、だよ。黒須くん」。
殺人鬼の女の子に恋しちゃう自殺志願の男の子、という原作の突飛な設定にまず心を掴まれました。そして殺人鬼の女の子・宮市さんが自殺志願の男の子・黒須くんに言うこの言葉は、彼女自身
にも、私たちにも向けられています。複雑なことが起き続けるこの世界では、果てしなく難しいけれど、その喜びは何にも代えがたい。そこを鋭く描いているのに、どことなく可愛らしい不思議な緩急を持つこの原作の魅力を、主演の二人が体現してくれました。ほんわかした杉野くんの存在感と、鋭さと愛をたたえた福原さんの微笑みが眩しい、クセになる青春ラブストーリー(だが人はたくさん死ぬ)です。ぜひ楽しみにしていてください。

まとめ

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

裸村作の人気コミック『穴殺人』が、杉野遥亮と福原遥という、人気若手キャストによって実写化されます。

監督は容赦ないスラッシャー描写が映画ファンを釘づけにしてきた朝倉加葉子。

映画『羊とオオカミの恋と殺人』は2019年11月29日(金)より TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。

愛と大量殺人が同居する、異色の青春ラブストーリーをお楽しみください。




関連記事

新作映画ニュース

映画『少女ムシェット』『バルタザールどこへ行く』4K劇場公開日/上映館。ロベールブレッソンおすすめ最高傑作のデジタルリマスター版!

巨匠ロベール・ブレッソンによる、映画史に輝く最高傑作。 巨匠ロベール・ブレッソンが遺した、映画史に輝く最高傑作『バルタザールどこへ行く』『少女ムシェット』。 『バルタザールどこへ行く』のポスター・ビジ …

新作映画ニュース

映画『あなたの顔』あらすじ/公開日/上映館。ツァイ・ミンリャン監督作が坂本龍一の音楽で彩られる!

台北電影節にて最優秀ドキュメンタリー賞/監督賞/音楽賞受賞。 約20年間で10本の長編劇映画を発表し、ヴェネチア、カンヌ、ベルリンの受賞歴を誇るツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督。 (c) 2018 H …

新作映画ニュース

映画『愛のように感じた』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。17歳の瞳に映る世界のエリザ・ヒットマン監督長編デビュー作が劇場公開!

ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞『17歳の瞳に映る世界』 エリザ・ヒットマン監督による長編デビュー作。 『17歳の瞳に映る世界』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したエリザ・ヒットマン監督。 エリザ・ヒット …

新作映画ニュース

韓国映画『鬼手(キシュ)』あらすじ/キャスト/公開日。クォン・サンウがヴァイオレンスノワールに挑む!

この男、阿修羅となる―。 クォン・サンウが3か月以上のトレーニングを行い、6キロ以上の筋肉を増量し、体脂肪9%という驚異的な肉体で挑戦し話題となったヴァイオレンス・ノワール『神の一手:ギス編(原題)』 …

新作映画ニュース

映画『イサドラの子どもたち』日本公開日/上映館。実在のダンサーの遺作をダミアン・マニヴェルが再構築する

第72回ロカルノ国際映画祭 最優秀監督賞受賞作が公開決定。 『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』のフランスの俊英ダミアン・マニヴェル監督の最新作『LES ENFANTS D’ISADORA』。 第72回ロカル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学