Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/16
Update

【2020年1月17日〜18日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

あなたと映画の結び目。
チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】


(C)Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情報をまとめてご紹介!

今週末1月17日(金)18日(土)に劇場公開を迎える新作映画のオススメ情報

★注目の映画人インタビューは、映画『太陽の家』の出演の広末涼子さんに新作映画に込めた思いを伺いました。

☆プレゼントは、一般試写会プレゼントの映画『ソン・ランの響き』です。

Cinemarche編集部のつぶやきは「日本で活躍する外国人の映画作家」についてなど、盛りだくさんの内容でお届けします。

スポンサーリンク

今週末【1月17日(金)公開】のおすすめ映画

『コンプリシティ/優しい共犯』(クロックワークス)

(C)2018 CREATPS / Mystigri Pictures

映画『コンプリシティ/優しい共犯』は2020年1月17日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

短編作品『SIGNATURE』が、第70回ロカルノ国際映画祭などで審査員から高い評価を受けた近浦啓監督

彼がのその続編的な長編デビュー作としたのが、『コンプリシティ/優しい共犯』です。

『孔雀 我が家の風景』の中国人俳優ルー・ユーライが、中国人青年チェン・リャンとして演じたのが、日本に来た技能実習生。中国の家族たちの期待を背負って来日したものの、劣悪な職場環境から逃げ出してしまう…。

そのほか、不法滞在する青年と出会う、蕎麦屋の店主である弘役をベテラン俳優の藤竜也が務めます。2018年の第19回東京フィルメックスのコンペティション部門で観客賞を受賞した力作です。

シネマダイバー:出町光識イチオシ監督インタビュー!

『太陽の家』(リージェンツ)

(C)2019映画「太陽の家」製作委員会

映画『太陽の家』は2020年1月17日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

2019年にデビュー40年を迎えた長渕剛。かれが主演を務めた、1999年の『英二』から以来20年ぶりとなる映画主演作

人情に厚い大工棟梁の川崎信吾が巻き起こす、人情ドラマ。どこか憎めない主人公の川崎役を長渕が演じたほか、脇を務めたのは演技派の飯島直子、広末涼子、瑛太、山口まゆが集結。

演出は『TRASH トラッシュ』『アラグレ』の権野元監督が、昭和的な骨太の世界観を描いた力作

Cinemarcheでは、権野元監督にインタビュー取材を敢行。こちらの掲載はしばし待たれよ。映画制作の裏話をたっぷりとお伺いしました。

シネマダイバー:桂伸也イチオシ女優インタビュー!

今週末【1月18日(土)公開】のおすすめ映画

『東京不穏詩』(太秦)

(C)2018 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED

映画『東京不穏詩』が2020年1月18日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開

インド出身のアンシュル・チョウハン監督が現代日本で社会や環境に抑圧されながらもがむしゃらに生き抜こうとする女性の姿を描いたドラマ。

『ケンとカズ』に出演した飯島珠奈が主人公ジュン役を熱演、大阪アジアン映画祭ほか、国内外で多くの賞を受賞

アンシュル監督はこれまでにも日本を舞台にした短編映画を手がけた、いま注目の映画作家です!

シネマダイバー:三島穂乃佳イチオシ女優インタビュー!

スポンサーリンク

注目の映画人【広末涼子】

『太陽の家』で長渕剛と共演し、長きに渡り活躍する人気女優!

(C)Cinemarche

長渕剛が20年ぶりに主演を務めた、映画『太陽の家』。本作の劇場公開を記念して、長渕演じる川崎信吾が好意を寄せた相手池田芽衣を演じた広末涼子さんにインタビューを行いました

本作の役柄を通じて女優として活躍するの現在の心境、そして母親になったことで感じる両親への思い、俳優業との仕事の両立など多岐にわたりお話を伺いました

2020年1月劇場公開のインタビュー

『コンプリシティ/優しい共犯』近浦啓監督インタビュー

photo by アライテツヤ

2020年1月10日(金)より劇場公開『シライサン』安達寛高監督

2020年1月10日(金)より劇場公開『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』クリス・フォギン監督

2020年1月11日(土)より劇場公開『あの群青の向こうへ』廣賢一郎監督とキャストの芋生悠さん×輝山準さん

2020年1月17日(金)より劇場公開『コンプリシティ/優しい共犯』近浦啓監督

2020年1月17日(金)より劇場公開『太陽の家』権野元監督とキャストの広末涼子さん山口まゆさん

2020年1月18日(土)より劇場公開『東京不穏詩』アンシュル・チョウハン監督と主演の飯島珠奈さん

2020年1月24日(金)より劇場公開『his』今泉力哉監督

2020年1月24日(金)より劇場公開『風の電話』キャストのカトウシンスケさん

2020年1月31日(金)より劇場公開『転がるビー玉』主演の萩原みのりさん&吉川愛さん&今泉佑唯さん

映画祭・ドラマ特集

東京フィルメックス2019エントリー作品『波高(はこう)』パク・ジョンボム監督

ドラマ『連続殺人鬼カエル男』主演の工藤阿須加さん

今後のインタビュー予定

2020年2月7日(金)より劇場公開『静かな雨』中川龍太郎監督と主演の仲野太賀さん衛藤美彩さん音楽・高木正勝さん

2020年2月7日(金)より劇場公開『フェイクプラスティックプラネット』宗野賢一監督と主演の山谷花純さん予定

2020年2月7日(金)より劇場公開『ファンシー』キャストの小西桜子さん予定

2020年2月14日〔金)より劇場公開『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』成島出監督

2020年2月21日(金)より劇場公開『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』田口智久監督

2020年2月22日(土)より劇場公開『恋恋豆花』主演のモトーラ世里奈さん

2020年2月28日(金)より劇場公開『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』ビー・ガン監督

2020年3月7日(土)より劇場公開『わたしは分断を許さない』堀潤監督予定

2020年3月14日(土)より劇場公開『ひとくず』上西雄大監督

3月より劇場公開『人間の時間』キム・ギドク監督予定

1月おすすめ新着動画配信

2019年の人気作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、早くも動画配信!

すっかり寒くなったこの季節。そんな時こそ、冬の寒さも関係ない「おうち映画」を【U-NEXT】で楽しむのが1番ではないでしょうか。

無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。

U-NEXTにラインナップされている作品は、「見放題作品」と「ポイントレンタル作品」の2パターンが存在します。

さらに、U-NEXTは映画だけではありません

海外ドラマ、韓流ドラマ、国内アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう

なお、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能と非常に分かりやすい作りとなっているので、その点も安心ですね!

新年も「暖かいおうち映画」を【U-NEXT】の動画配信で楽しみまショー!

レオさま&ブラピが初共演!
タランティーノが’60年代ハリウッドに奇跡をおこす!

ミステリーの魅力を様々にお贈りする
「このミス」大賞ドラマシリーズ第4弾『連続殺人鬼カエル男』

世界で愛されるミュージシャン!
エルトン・ジョンの半生を描いた壮絶なドラマ

スポンサーリンク

一般試写会プレゼント

映画『ソン・ランの響き』(ムービー・アクト・プロジェクト)

孤独なふたりの男の刹那的な出会いを繊細なタッチで綴る孤独なふたりの男の刹那的な出会いを繊細なタッチで綴る『ソン・ランの響き』が2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開

本作は第31回東京国際映画祭にてジェムストーン賞、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞している話題作です。

劇場公開に先立ち、2月6日(木)に日本シネアーツ試写室にて開催される映画『ソン・ランの響き』の一般試写会に5組10名様をご招待いたします。

編集部のつぶやき「日本で活躍する外国人作家」

『東京不穏詩』の撮影現場でのアンシュル・チョウハン監督

(C)2018 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED

今週末2020年1月18日(土)に公開された映画『東京不穏詩』。

けして潤沢ではない映画予算にも関わらず、果敢に映画制作に取り組みながら、独自の演出力を見せたアンシュル・チョウハン監督

普段はアニメーションの仕事に従事するアンシュル監督だが、どうしても実写作品に挑みたかったアンシュル監督は、アート性の高い表現を用いて、「いま」の日本社会で生きる女性を体現させた女優・飯島珠奈の才能を巧みに引き出しました。

アンシュル監督はインタビュー時に、インドから来日し、東京に住みながら仕事をしているが、休日は少し離れた地方に遊びに行くのが楽しいと語ってくれた。

『東京不穏詩』の中で描かれた“都心と地方”に住む“人間の二面性”と、そこに見え隠れするリアルなヒトの本性は、いずれの登場人物を見ても、とても興味深く愛しい。

すでに『東京不穏詩』の次回作となる『KONTORA コントラ』(公開未定)は撮影を終え、いくつかの映画祭に出品されているそうだ。

『KONTORA コントラ』

まだ作品未見であるが、アンシュル監督のことだから、映画ファンにとっては心くすぐられる作品に違いない。また『KONTORA コントラ』でもタッグを組んだ、エストニア出身の撮影監督マックス・ゴロミドフ。彼が見せる新たなモノクロームの映像美も期待が持てる。

きっとマックス自身も独自な視点を持つ、映画作家になるだろうから、今後、日本で活躍する外国人たち映画作家は増えていくだろう。



関連記事

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』公開決定!室井滋ナレーションで紡ぐ酪農家族の24年に渡る記録

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』が2019年4月27日(土)公開決定!! 地元ローカル局が丹念に追った“酪農大家族の24年”の記録。 岩手県の山あいで、酪農を営む大家族の24年を追いかけたドキュ …

新作映画ニュース

映画『はぐれアイドル地獄変』あらすじ/キャスト/上映館。実写化で橋本梨菜が芸能界の闇と戦う!

なにわのブラックダイヤモンド橋本梨菜初主演映画! 「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中のセクシーコメディ『はぐれアイドル 地獄変』の映画化が決定しました。 (C)「はぐれアイドル地獄変」(C …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020はオンライン配信!コンペティション部門のみ実施も充実の内容で開催

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 オンライン開催決定のお知らせ。 2004年より埼玉県川口市で開催されてきた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。 (c)SKIPシティ国際Dシネマ映画祭201 …

新作映画ニュース

《動画で見る門脇佳奈子インタビュー》NMB48同期と再会して大人になったなと感じたことを語る【映画『ヤウンペを探せ!』】

『ヤウンペを探せ!』は2020年11月20日(金)より、シネリーブル池袋ほか全国順次公開 2019年第11回沖縄国際映画祭のTV DIRECTOR’S MOVIEで上映された、話題のスラッ …

新作映画ニュース

角田光代原作映画『愛がなんだ』 本予告映像&本ビジュアル&主題歌解禁!【岸井ゆきの×成田凌】

好きと言えない、全ての人へ。 直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が映画化した『愛がなんだ』。 主演に岸井ゆきのを迎 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学