Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/22
Update

【女性におすすめ】2020年映画ランキングベスト5で泣ける胸キュンから見るべき話題作まで《シネマダイバー:石井夏子選》

  • Writer :
  • 石井夏子

2020年の映画おすすめランキングベスト5
選者:シネマダイバー石井夏子

日常生活すらままならない状況になってしまった2020年。

中でも、映画や舞台や音楽など、エンターテインメント業は軒並み中止や延期の判断を下さねばならず、苦しい時期が続きました。

劇場が再開され、久しぶりに足を踏み入れた映画館の大スクリーンで映画を再び観られた時の感動は忘れられません。

配信によりどこでも気軽に映画を観られるようになった良さはもちろんありますが、映画館で観るという体験は特別なものだと改めて感じました。

そこで、束の間でも現実を忘れさせてくれた5作品をランキングしました。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら

第5位『サイレント・トーキョー』

【おすすめポイント】
渋谷を中心とした東京都心で起きた爆発テロ事件と、それに関わる人々を描く、緊迫感あふれるサスペンス作品です。

原作の設定を映像にあわせて大幅にカット・改変。クリスマス・イヴの一夜の事件として、99分の上映時間を突っ走ります。

爆破予告があったにもかかわらず賑わう渋谷の街並みには、他人事ではない恐ろしさがありました。

第4位『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』

【おすすめポイント】
マシュー・ボーンが演出・振付を手掛けたバレエの舞台『ロミオとジュリエット』をスクリーン用に撮影。

古典音楽と、斬新な近未来設定が見事にマッチ。ダンサーたちの雄弁な肉体に圧倒されました。

第3位『ハニーボーイ』

【おすすめポイント】
シャイア・ラブーフが、リハビリ施設で治療の一環として書き上げた自伝的脚本を、親友でありコラボレーターでもあるアルマ・ハレル監督が映像化。

ラブーフ自身が彼のトラウマの元となった父親役を演じ、主人公である12歳の少年オーティスをノア・ジュプが、22歳となった青年オーティスをルーカス・ヘッジズがそれぞれ演じました。

ドキュメンタリーのような生の手触りと、劇映画ならではの幻想的な色彩と時空の超越が、深く余韻を残す珠玉の作品となっています。

第2位『82年生まれ、キム・ジヨン』

【おすすめポイント】
韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジヨン”を主人公に配しながら、女性の生きづらさと社会問題に向き合った一作。

原作の持つ残酷さは少しソフトになっていたのが残念ではありましたが、それでもキャストの演技力の高さから、胸打つ作品になっています。

ジヨン役のチョン・ユミが、若さで輝いていた大学生時代から、やる気で満ちていた社会人時代、そして、現在のうつろなジヨンを演じ分け、人生の悲しみとやるせなさを体現。

夫役のコン・ユの誠実な鈍感さ、母役のキム・ミギョンの慈愛に満ちた温かさは映像ならではのキャラクター造形でした。

第1位『きみの瞳が問いかけている』

【おすすめポイント】
不慮の事故で視力と家族を失った女性と、罪を犯し、キックボクサーとしての未来を絶たれた男性が出会い、惹かれ合うさまを描いたラブストーリー。

韓国映画『ただ君だけ』のリメイクであり、ストーリーの本筋もほぼ原作通りですが、吉高由里子演じるヒロインを年上にしたことで、新たな胸キュン展開になっています。

横浜流星演じる主人公が、彼女にだけ甘える様子はたまりません。

甘酸っぱい出会い、切ないすれ違い、手に汗握るアクション、どの場面を切り取っても素晴らしく仕上がっています。

2020年注目の監督とキャスト

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

監督賞:三木孝浩
女優賞:チョン・ユミ
男優賞:シャイア・ラブーフ

【コメント】
単なるリメイクに終わらせず、原作に真摯に向き合い、作品のテーマである「罪と愛」をより克明に描き出した三木孝浩監督。爽やかで前向きな恋愛映画をこれからも作り続けていただきたいです。

女優賞は、観客自身でもある「キム・ジヨン」を演じ切って共感させてくれたチョン・ユミに。

男優賞は、自らの経験を曝け出し「元子役」から演技派へと成長を遂げたシャイア・ラブーフに贈ります。俳優としてはもちろん、脚本家としての彼の次回作にも期待しています。

まとめ

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ランキングに入れたどの作品も、登場する女性キャラクターが魅力的で、自分の意思を持って動いているのが好ましかったです。

1位に選んだ『きみの瞳が問いかけている』は、元気がない時、ときめきが欲しい時に寄り添ってくれる作品。本作のタイトルは、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』のセリフから取られています。

はるか昔の劇作家が生み出した作品が、『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』と『きみの瞳が問いかけている』につながっていると思うと、芸術の持つ偉大な力を感じざるをえません。

2021年も、多くの作品が劇場で公開されることを願っています。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら












関連記事

連載コラム

【ネタバレ】リーサル・バレット|あらすじ感想と結末の評価解説。メルギブソンはパナマ独裁時代の陰謀に挑む指揮官を演じる|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー113

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第113回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞 …

連載コラム

映画『アメリカの夢』解説評価。尾関伸次(伸嗣)を主演に大塚信一監督が“幸せより大切なもの”を描く|銀幕の月光遊戯 68

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第68回 映画『横須賀綺譚』が全国順次公開中の大塚信一監督の劇場未公開作『アメリカの夢』が、名古屋シネマスコーレで限定上映されます。また、後日、ネット配信も予定されています …

連載コラム

香港映画『G殺』あらすじと感想レビュー。リー・チョクバン監督の語り口の旨さに酔いしれる|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録2

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第2回 毎年3月恒例の大阪アジアン映画祭が今年もスタートしました。 今年は第14回目となり、2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に …

連載コラム

鬼滅の刃名場面/名シーン刀鍛冶の里編|原作ネタバレで甘露寺/無一郎/玄弥の名言を紹介【鬼滅の刃全集中の考察18】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第18回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回からは「刀鍛冶の里編」の …

連載コラム

映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』考察。世の中の独裁者は誰だ?|偏愛洋画劇場8

連載コラム「偏愛洋画劇場」第8幕 私は今アメリカへ映画を学びに留学中で、前学期は映画史やショットの種類、ライティングの効果の意味や編集などを座学ですが一通り学ぶクラスを取りました。 毎回約一本映画を観 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学