Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/18
Update

『ゾンビーバー』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。コメディ映画おすすめの笑いはニューヨーカー好みのハイセンス|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー5

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第5回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT】で鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第5回は、ジョーダン・ルービン監督のキモカワじゃない、コワカワで、モフモフなコメディ映画『ゾンビーバー』です。

「ハングオーバー」シリーズの製作陣が贈る、前代未聞のゾンビを扱ったコメディ映画『ゾンビーバー』。このインパクトと、耳に残るタイトルで日本でもスマッシュ・ヒットを飛ばした怪作。

また、ジョーダン・ルービン監督は、日本での公開時「びーばー!ふぃーばー!ゾ〜ンビーバ〜!!」と、これまた耳に残ったプロモーション映像を繰り出しました。

可愛いビーバーとゾンビが奇跡的な融合するという設定のほか、ゾンビーバー人間?、ゾンビ熊も次々と登場するという、ファンにはたまらない痛快でお下品なゾンビコメディ映画『ゾンビーバー』をご紹介します。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ゾンビーバー』の作品情報


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

【全米公開】
2014年(アメリカ映画)

【原題】
Zombeavers

【脚本】
ジョーダン・ルービン、ジョン・カプラン、アル・カプラン

【監督】
ジョーダン・ルービン

【キャスト】
レイチェル・メルビン、コートニー・パーム、レクシー・アトキンズ、ハッチ・ダーノ、ジェイク・ウィアリー、ピーター・ギルロイ、レックス・リン

【作品概要】
放蕩な若者たちがゾンビ化したビーバーに襲われる様を描いたホラー。メアリー役を『HEROES』のレイチェル・メルヴィン、ゾーイ役を『SUSHI GIRL』のコートニー・パーム、ジェン役を『テッド2』のレクシー・アトキンスが演じ、脇役のスミスに『ジャンゴ 繋がれざる者』のレックス・リンが務めます。

また『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』の製作陣のクリス・ベンダーとJ.C.スピンク、また『キャビン・フィーバー』のエヴァン・アストロフスキーが製作に参加。

撮影は『ゾンビ・ガール』『DRONE ドローン』などのジョナサン・ホールが担当しています。

映画『ゾンビーバー』のあらすじとネタバレ


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

ある日、田舎道を走行する1台のトラック。運転席と助手席にいる2人は、いい加減で、お下劣なおしゃべりをしながら運転していたせいで、道路に飛び出してきた鹿にぶつかり轢き殺してしまいます。

その弾みで、積み荷に乗せてあった工場の汚染廃棄物が勢いよく揺れ、その1つのタンクが川に落ちてしまいます。

有毒な化学物質を輸送していた2人は、そのことに気がつくこともなく走り去って行きました。

一方のタンクは下流へとドンブラコ、ドンブラコと流れて行き、ビーバーが生息していた湖にたどり着きます。

そこには可愛いビーバーが巣作りでこしらえたダムがあり、2匹のビーバーの前でタンクの中から、怪しげな緑色の液体が吹き出しました。

その後、大学生の女の子メアリー、ゾーイ、ジェンは、女子会キャンプのために、メアリーのいとこの所有する小屋に到着します。

山小屋にあるトイレに入り、ゾーイはこっそりとスマホを取り出しますが、携帯電話の電波が届かない田舎の環境に苛立ちを覚えます。それは次にトイレに入ってきたジェンもまた同じでした。

この女子会キャンプを企画したメアリーは、スマホや男たちもいない環境で、誰からも邪魔されない週末の2日間を過ごしたいと主張しました。

その後、彼女たち3人は、山小屋の前にある湖に向かい、水遊びなどの泳ぎに興じます。開放的なゾーイはトップレスになり、誰もいない大自然を満喫しますが、どこからともなく女の子3人を覗き見する視線がありました。

そんな矢先、メアリー、ゾーイ、ジェンは、野生のビーバーの作ったダムを発見します。

そのダムの近くにジェンが泳ぎ出して行き、可愛いビーバーの姿を見たいといいます。しかし、何と、その対岸には威嚇している大きな熊がいることに気がつき、3人は恐怖に驚きます。

偶然にも地元に住むハンターのスミスが、ライフルを発砲。熊を怖がらせて森に退散させました。

そして、スミスは田舎だからといっても、子どもいるし、森は危険だと水着になるなと彼女たち3人に説教をしました。そして、ビーバーは危険な動物だから近づくことは止めろと忠告しました。

その晩のこと、3人の女の子たちの彼氏や元彼である、サム、トミー、バックの3人が山小屋に到着。そして、山小屋にいたメアリー、ゾーイ、ジェンを悪戯で怖がらせます。

事態にイライラしたメアリーは、男3人に去るように命じます。しかし、彼らが来ることを前もって知っていたゾーイは留まることを主張して彼氏とイチャつきます。

やがて、山小屋は乱痴気騒ぎに発展しますが、そんな中、ジェンが浴室のバスタブでシャワーを浴びようとすると、凶暴なビーバーに襲われますが、トミーがそのビーバーを野球のバットで撲殺します。

ジェンはメアリーに、何か狂犬病をとは違った恐ろしさだったと語ります。彼らはビーバーの死体をゴミ袋に入れ、山小屋の外のポーチに置きました。

しかし、翌朝になると、そこにあるはずのビーバーの死体が入ったゴミ袋は消えていることに、皆は気がつきます。

ジェンは逃げたような血の足跡があることから、単に野生生物に食べられたのではないと主張しますが、皆は聞く耳を持ちませんでした。


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

ジェンは湖の岸辺に残り、彼女をのぞく全員が湖に泳ぎに向かいます。湖の中央にある浮台で日光浴をするサムとメアリーは、ジェンに自分たちの浮気事件について、話すかどうかについて議論を交わします。

しかし、メアリーはそんな事実は無かったと突っぱねました。そんな矢先、湖で泳いでいたバックの足を何者かが噛みつき、一帯に赤い血が広がります。

それはビーバーの仕業であることが分かると、皆は慌てて浮台に上がります。それは昨晩、ジェンを攻撃したビーバーと同じだと感じた彼女は山小屋に走り戻りました。

するとキッチンで凶暴化したビーバーと遭遇。手にしたナイフでビーバーを刺し、カウンターに固定しますが、それでもジェンに襲いかかり、固定されたビーバーの身体は真っ二つに引き裂かれます。

サムは、浮台の周りで泳ぐ無数のビーバーから気を散らそうと、ゾーイの愛犬ゴズリンを湖に生贄として投げ込み、その隙に彼ら5人は湖を泳いで渡り山小屋に逃げ込み、ビーバーが電話回線を切ったことに気づきます。


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

夜になり、このままゾンビビーバーが山小屋を囲んでいる状況では、何も解決しないと考えたトミーは、足を切断されたバックを連れて病院に行き、助けを呼んでくると提案をすると、ゾーイも彼に同行すると言い出しました。

トミーとゾーイは負傷したバックに肩を貸しながら、用心深く山小屋のそばにある自動車に乗り込み、山道を降りていきます。

しかし、ビーバーが倒したであろう木で道路は塞がれて降り、彼らはそれ以上先には、行くことはできませんでした。

トミーは自動車から降りて、近くに止まっていたトラックに向かいますが、別の倒れて来た木の下敷きになり、押しつぶされてしまいます。

以下、『ゾンビーバー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゾンビーバー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そのトラックはスミスのもので、食いちぎられて足がないバックとゾーイを救助し、彼らを自身のトラックに乗せて、もといた山小屋に運転して戻ります。

一方の山小屋で残された者たちがゾンビーバーと死闘を行っており、閉ざされた窓や締め切られたドアが開かずに、ゾーイやバック、そしてスミスは山小屋に入ることができません。

そこで3人は、近所の家に向かうことにして、何とか室内に入ることに成功します。しかし、この家の電話回線は切断されており、また隣人の住人もすでに死んでいるのを発見しました。

一方のジェンは、ゾンビーバーに襲われた傷口から、身体が変化を見せます。

何とビーバーのような前歯が鋭く生えた姿に豹変し、ゾンビーバー人間と化し、メアリーに襲い掛かります。

あまりに恐ろしい姿となったジェンの口から唾液がメアリーに落ちた時、サムはジェンの背後から叩いてメアリーを救出します。

メアリーとサムは、浴室あるバスルームに閉じ込められ、お互いに身体に傷がないかをチェックします。どちらも負傷していないことを確認すると、彼らは激しい性行為を始めます。

しかし、突如、ゾンビーバー人間のジェンが床から飛び出して来て、サムの下腹部を食いちぎって殺害していまします。

一方の隣人の家でもバックがゾンビーバー人間に変わり、スミスを攻撃します。そして2階にいたゾーイも死んでいたはずのゾンビーバー人間に襲われ、自ら窓ガラスを突き破り、外に飛び降りてケガをしながらも何とか逃げ切ります。

そんな矢先、あるゾンビーバーがコンセントに誤って噛み付いて、ショートを起こして自らの身体に火がつきます。

メアリーのいとこの山小屋のカーテンに引火、家は火災で広がっていきます。そして、サムもゾンビーバー人間としてよみがえります。

メアリーは、そんなゾンビーバー人間のサムを殺すと、隣の家から逃げて来たゾーイと再会を果たします。彼女ら2人はスミスのトラックに乗り込み、その場から逃げることにします。

すると、ゾンビーバー人間になったスミスがメアリーとゾーイの乗ったトラックを撃ちますが、彼女たちは逃げることに成功。

しかし、ゾンビーバー人間となったジェンが、トラックの天井に掴まっており、襲いかかってきますが、ゾーイの運転でゾンビ化した彼女を突き落とし、そのまま頭を轢き殺します。

メアリーとゾーイはトラックを走らせて、木の下敷きになっていたトミーがいた場所に着きます。しかし彼も死んでゾンビーバー人間に変わってはいましたが、身動きができない状態でした。

ここから先は、倒れた木で道路が封鎖されてしまっていたので、メアリーとゾーイは歩いて逃げることにします。

メアリーは、ゾーイが血まみれの身体でいたことから、すでにゾンビーバーに噛まれているのではないかと疑いの目で見ていました。

そこでメアリーは、トラックにあった拳銃をゾーイに突きつけます。一方のゾーイは手にしていた斧を捨てて、自分のケガは窓ガラスを突き破った時にできた傷だと主張します。

すると、メアリーの方がゾンビーバーに変わり始めます。ゾーイは斧でメアリーの頭を打ち砕き殺し、その場を立ち去ります。

ゾンビーバー事件を起こすきっかけとなった、廃棄物のタンクを落としたものと同じトラック運転手に遭遇し、彼らはまたもいい加減な様子で鹿と同じようにゾーイを轢き殺しました。

スタッフロールの流れた後、ポストクレジットシーンでは、ゾンビーバーの死体に触れた蜜蜂が感染し、ゾンビ化した状態で蜂の巣に戻っていきました。彼らはゾンビーになるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ゾンビーバー』の感想と評価


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

下ネタギャグやダジャレはお好きですか?

本作『ゾンビーバー』は、どのような作品なのか? ズバリ! この作品は鑑賞者の好みによって、大きく評価の分かれる作品です。

今回、B級映画コラムの中で紹介しましたが、劇中冒頭からそのセンスは、あまりにもジョーダン・ルビン監督の自信に満ちて光っているからです。

廃棄物処理のタンクを載せたトラックに乗車した運転手と助手席の会話は、「ウンコ」などの下品なもので始まり、その後も、山小屋での女子大生の会話でも「ウンコ」の話しが続いて登場します。

これを単に「ウンコ」大好きな子どものおバカさ、幼さと取るか、ジョーダン監督は、高尚なギャグへの前振りとしてのカマしと取れるかで、『ゾンビーバー』を見た感想は大きく変わることでしょう。

また、「ウンコ」と「ウンコ」に挟まれたタイトルクレジットのアニメーションも、美しく楽しいもので、確かなセンスを感じさせる滑り出しで物語は始まります。

そして、「ゾンビーバー」というダジャレの作品タイトル、あるいはラストのオマケのオチも蜂がゾンビになる「ゾンビー」ですから、これが面白いと理解できない方には、全編に流れるハイセンスなギャグを、下品で卑猥だと感じてしまうかもしれません。

本作『ゾンビーバー』は、あえてヌイグルミ感丸出しの怪物ゾンビと、“大人が真面目に遊んで作った”コメディ映画であり、ホラーコメディと呼ぶよりも、海外のジョーク好き、もしくはモンティ・パイソンの番組や映画好きに観ていただきたい作品なのです。

ジョーダン・ルビン監督とは

『ゾンビーバー』を監督したジョーダン・ルビン

ジョーダン・ルビン監督は、ニューヨークで生まれで、ニューヨーク大学を卒業しました。また、ジョーダンは在学中に、スタンダップコメディでキャリアを開始します。

また、『40歳の童貞男』や『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』のジャド・アパトートも交流があります。

2014年に『ゾンビーバー』で初の長編映画デビューを果たし、トライベッカ映画祭でのワールドプレミアで上映されました。

2019年には、殺人マシーンと化したドローンが起こすサスペンススリラーを、1980年代ホラーへの思いをたっぷりに描いた『DRONE ドローン』でも監督を務めています。

参考映像:『DRONE ドローン』

まとめ


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

本作『ゾンビーバー』は、ホラーコメディ映画というよりも、アメリカンジョークのコメディ作品です。

ですから、エドガー・ライト監督の2004年のゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』や、2009年のルーベン・フライシャー監督の『ゾンビランド』などの作風を期待して観るのは、コメディとしても少し筋違いなのです。

このようなゾンビ映画をB級映画として、同じように制作したかったというよりも、初期のまだコメディアンであった頃のウッディ・アレンのコメディのような扱いで本作を観ることをお薦めいたします。

最低最悪な人間たち(アメリカ人)が織りなす、下品で卑猥なギャグ、ぬいぐるみ感のあるゾンビーバーの微笑ましさ、残酷でキレのある笑いなど。これらを自ら楽しめる人たちのためにある映画です。

名作『ゼロ・グラビティ』をパロディにした『ゾンビーバー』ポスター


(C)2014 ZOMBEAVERS, LLC. All Rights Reserved

「ギャグ」が面白いから笑うというものではなく。「笑う」ことが楽しくて面白いからギャグを楽しむものです。それは寄席に行ったり新喜劇の舞台を楽しみに行くようなものです。

そうでないと『ゾンビーバー』を駄作だ、クダラナイ、面白くないと、あなた自身の頭がギャグで、オカシイ人間と笑われてしまいますよ。

ジョーダン・ルビン監督の『ゾンビーバー』のように、大人になっても手にしたぬいぐるみでゾンビごっこを楽しんではいかがでしょうか。笑うと、くだらない愚痴や不満がなくなり幸せになれるかも…。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『GP506』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ウィルスの発生源と迷宮的な軍事施設で起きた事件の真相とは⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー74

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第74回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

『特捜部Q カルテ番号64』あらすじネタバレと感想。映画化第4弾で明らかになるアサドの正体とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録10

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第10回 新年初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

連載コラム

映画「血を吸う」シリーズ3部作の考察解説。吸血鬼岸田森誕生秘話と恐怖の原点を紐解く|邦画特撮大全74

連載コラム「邦画特撮大全」第74章 今回の邦画特撮大全は「血を吸う」シリーズを紹介します。 「血を吸う」シリーズは1970年代に東宝が製作した怪奇映画シリーズで、『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』(19 …

連載コラム

映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』あらすじ感想と解説評価。ドキュメンタリーでクイーンの素顔と在位70年の軌跡を観る|映画という星空を知るひとよ99

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第99回 「世界で最も有名な女性」と呼ばれるエリザベス女王殿下。2022年4月で女王は96歳となられました。 映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』は、25歳の若 …

連載コラム

仮面ライダーフォーゼ&オーズ|ネタバレ結末感想とあらすじ考察。劇場版のMEGAMAXな歴代7人と未来のヒーローの活躍【邦画特撮大全97】

連載コラム「邦画特撮大全」第97章 今回の邦画特撮大全は、『仮面ライダー×仮面ライダーフォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX』(2011)をご紹介します。 「フォーゼ&オーズ」製作委 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学