Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『DRONEドローン』あらすじネタバレと感想。ゾンビーバーの次は殺人マシーンと化したトンデモ飛行物体|未体験ゾーンの映画たち2020見破録37

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第37回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第37回で紹介するのは、殺人マシーンと化したドローンが人を襲うホラー映画『DRONE ドローン』

この世に未練や恨みを残した怨念が、物に憑りついて恨みを晴らす。呪いの人形とか、呪われた家とか、色んなホラー映画向けのアイテムが登場しています。

今までにない斬新な物に魂が憑りつき、人を襲えば面白いのでは?あらゆる種類のホラー映画が作られた80年代は、そんな発想を許容する時代でした。

数々のトンデモない作品を生み出した、熱気あふれた時代のホラー映画にオマージュを捧げた、まさに人を食った設定の作品の登場です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『DRONE ドローン』の作品情報


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Drone

【監督・脚本】
ジョーダン・ルービン

【キャスト】
アレックス・エッソー、ジョン・ブラザートン、アニータ・ブリエム、レックス・リン、ニール・サンディランズ、サイモン・レックス

【作品概要】
新婚カップルを襲う恐怖、その正体はドローンだった……という設定で描く、過去のホラー映画へのオマージュに満ちた作品です。監督はゾンビ化したビーバーが人を襲う、これまたトンデモ設定のホラー映画『ゾンビーバー』(2014)のジョーダン・ルービン。彼が『ゾンビーバー』を作った仲間と共に手掛けた作品です。

主演は「WTC ワイルド・トラウマ・シネマ2019」で上映された、『セーラ 少女のめざめ』(2014)で熱演を見せたアレックス・エッソーと、43シーズン放送された長寿TVドラマ「ワン・ライフ・トゥ・リヴ」で人気となり、以降様々な映画に出演しているジョン・ブラザートンが務めます。

また「CSI:マイアミ」のレックス・リンが、監督の前作『ゾンビーバー』に引き続き出演、『最’狂’絶叫計画』(2003)『最終絶叫計画4』(2006)と、ホラーパロディ・コメディ映画に出演のサイモン・レックスらが脇を固めます。

映画『DRONE ドローン』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

高層マンションで若い女性が着替えをしています。ラジオからは3名の女性が連続して殺害されたニュースが流れていました。すると窓の外に小型ドローンが現れます。

女性が気付く前に、ドローンは姿を消します。街の中を飛行し、怪しげな男の住むアパートの一室に入ったドローン。部屋の壁は女性連続殺人の記事で埋め尽くされていました。

その男ラムゼイ(ニール・サンディランズ)は、ドローンから回収したメモリから、女を盗撮した映像を再生します。薬物を使用し映像を愉しもうとしていたラムゼイは、部屋にSWAT部隊が突入しようとしていることに気付きます。

パソコンのデータを消去し、彼は逃亡を試みます。SWAT部隊が突入した時、監禁されていた女性は殺害されていました。室内に隠れ隙をつき隊員の喉を切り裂き、ドローンを手にして部屋を飛び出したラムゼイ。

SWAT隊員に追われた彼は、やむなく屋上に逃れます。追い詰められたラムゼイは、投降を呼びかける警察に、「まだ終わっていない、今に見ていろ」と捨てゼリフを吐きます。

怪しげな呪文、黒魔術の様ですが、なぜか2進数なのはプログラム言語という訳でしょうか。それを唱えていたラムゼイは突然、稲妻に打たれて倒れます。電流が彼の体と手にしたドローンを駆け抜けました。

こうして連続女性殺人犯ラムゼイは死にました。証拠品のドローンを受け取った刑事(サイモン・レックス)は車に乗り込み現場を離れますが、車内で突然ドローンは動き出し、驚いた刑事は事故を起こし、車は横転します……。

場面は変わります。建築デザイナーのレイチェル(アレックス・エッソー)と、カメラマンのクリス(ジョン・ブラザートン)は、新居への引っ越し作業の最中でした。新婚の夫婦はこの家で、飼い犬のヘクターと共に、新たな生活を送ろうとしていました。

すると隣家の1人暮らしの女、コーリン(アニータ・ブリエム)がやって来ます。挨拶もそこそこに家に上がる彼女の態度に呆れますが、セクシーなコーリンに興味を持たれ、クリスはまんざらでもない様子です。

例のドローンは2人の新居に近づくと、家の側のゴミ箱の上に着陸します。それに気付くクリスと犬のヘクターですが、クリスはドローンがまだ使える状態だと確認しました。

妻の仕事場になる部屋に現れたクリスは、自分の持つドローンより拾った物の方が、最新型だと言って自分の物にすると告げます。言い出したら聞かない性分を知っており、最後には夫の我がままを受け入れたレイチェル。

販売店に行き、ドローンのコントローラーを手に入れたクリスは、早速操縦してみせます。高く飛行できるドローンのカメラは、近所の家で起きた出来事をのぞき見る性能を持っています。

その夜、ベットで戯れる2人の姿を、室内に置かれたドローンのカメラが見つめていました。

翌朝シャワーから出たレイチェルの前に、ドローンが飛んでいました。イタズラで操作したものと思い、彼女は夫を責めますがクリスに心当たりはありません。

彼女が筆を取り建築デザインの仕事をしていると、脇に置いたドローンが動いて驚きます。カメラマンの仕事をしていた夫に電話をかけ、奇妙なことが起きていると訴えますが、クリスは話を軽く受け止めます。

汚したデザイン画を修正するレイチェルの姿を、またしても独りでに飛んでいるドローンが、密かに撮影していまいした。更に彼女とクリスが写る写真も記録します。そしてドローンは家の外へ。

ドローンは隣家の庭で、トップレス姿で日光浴をしているコーリンの姿を撮影します。

夜帰宅したクリスは、玄関の前に例のドローンが落ちていることに気付きます。不審に思いながらも拾い上げ、家に入ったクリス。彼が入力する防犯用のセキュリティコードを、ドローンのカメラは見つめていました。

不審な出来事が続き、レイチェルはドローンを寝室に置くことを嫌がります。そこでクリスは別の部屋に持っていきますが、人気が消えるとドローンは飛び立ちます。

その姿を追う犬のヘクター。ドローンが怪しいものと悟ったのか、ヘクターは吠えることを止めません。鳴き声に耐え兼ね、レイチェルの反対を押し切り犬を外につなぐクリス。

隣家のコーリンがプールで泳ぐ姿に、興味深々のクリス。そんな彼を仕事へ送り出したレイチェルですが、仕事場で過去の出来事を思い出していると、突然物音がします。

何故か磁器が落ちて割れ、レイチェルは机を離れ破片を片付けます。するとドローンは彼女の仕事場のパソコンの前に現れ、画像データを送りつけます。

レイチェルが戻ると、机の上にドローンがありました。そしてパソコンに知らないファイルがあります。それを開くと中身は夫婦の夜の営みを写した動画や、日光浴するコーリンの姿をとらえたものでした。

隣に移り住んだ挨拶として、夫婦はコーリンを招き共に事をします。またしても家人の不在を利用して動き出したドローンは、パソコンで犬の保護施設を検索していました。

夫にモーションをかけるコーリンに、レイチェルは気分を害し、またも誤作動したドローンの音に腹を立てます。妻のぶしつけな態度を、昔ラジコンが絡む交通事故を経験し、遠隔操作されるドローンのような機器が、妻は苦手にしていると説明するクリス。

コーリンを送り出し、夫婦が寝静まるとドローンは動き出します。コードを入力しセキュリティを解除し、家の外に出たドローンは犬のヘクターを挑発します。ドローンを追いヘクターは壁を飛び越えますが、首輪に付けたひもで壁に吊るされてしまいます。

翌朝、変わり果てた姿になった愛犬を見つけたレイチェルは、犬を嫌って処分する場所を、パソコンで検索していたと、ヘクターを外につないだ夫を責めます。クリスはヘクターを埋葬するとそこに犬をつないだ杭を突き立て、傷心の妻を残して仕事に向かいました。

落ち込んでいる彼女がTVを付けると、彼女の意に反して画面が切り替わり、まるで見せつけるかのように犬の映像が映ります。そして次々切り替わる画面の音声は、レイチェルに呼びかけるメッセージとなります。隣にあるドローンが操作したかも、との考えがよぎるレイチェル。

帰宅したクリスに、彼女はドローンにまつわる奇怪な出来事を説明します。馬鹿げた話と考えるクリスも、いつの間にか撮られていた、夫婦やコーリンの映像を見せられると、自分は撮影していないと否定します。

突然侵入者を告げる警報音が鳴り響きます。屋内を調べたクリスは、なぜか作動したセキュリティシステムにより、一室に閉じ込められます。残されたレイチェルにドローンが突進してきますが、彼女は間一髪かわしました。

激突したドローンが床に落ちると、セキュリティは解除されました。床に転がってランプを点滅させるドローンを、夫婦は不気味そうに見つめます…。

以下、『DRONE ドローン』のネタバレ・結末の記載がございます。『DRONE ドローン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

クリスはドローンのリモコンを手に入れた販売店に行き、本体に不具合がないか店員に確認させます。ドローンは他の信号の干渉を受けない構造だと説明され、店員が操作すると問題なく動きます。

ところが店からの帰り道、彼の車は突然暴走します。事故を起こしかねない状況でようやく停車しましたが、クリスには助手席に置いたドローンが、この事態を引き起こしたかのように思えました。

その夜、ヘッドホンで音楽を聞いていたコーリンの背後に、ドローンが迫ります。

次の日の朝、レイチェルとクリスは、隣家から死体袋が運び出される光景を目撃します。夫婦の家にラミレス刑事とアレン刑事が現れ、昨夜コーリンが何者かに殺害されたと告げました。

捜査に協力して欲しいと、クリスに同行を求める2人の刑事。疑われるのを望まない彼は、刑事と共に警察に向かいます。レイチェルは慌てて不利な証拠になりかねない、パソコンに残るコーリンの盗撮画像を削除します。密かに迫りその姿を監視しているドローン。

ところが警察署でクリスは、例の盗撮画像を見せられます。何者かが夫婦の自宅のパソコンから画像を警察に送信しており、刑事はクリスを容疑者と判断したのです。

追求されても、刑事が納得できる説明が出来ないクリス。警察に現れたレイチェルは刑事に、ずっとドローンの調子がおかしいと訴えますが、まともに取り合ってもらえません。自宅へ戻る彼女の車をドローンが追っていました。

彼女が家に戻ると、屋内にはムード音楽が流れ、薔薇の花びらが散りばめられ、無数のロウソクが並べられていました。何者かの侵入を警戒するレイチェルを襲い、その体を傷付けたドローン。

抵抗するもドローンに髪を巻き込まれ、床を引きずられるレイチェル。目の前に迫るドローンを掴んで床に投げて踏みつぶすと、彼女は家から逃げ出します。

翌日レイチェルは釈放された夫に会い、昨晩ドローンに襲われたと訴えます。こんな話を警察が信じる訳がないと言うクリス。今後どうすべきかを相談する、夫婦の姿を刑事が見つめていました。

2人が自宅に戻ると、残骸を残しドローンは姿を消していました。家中を捜しても見つけることができません。

困り果てた夫婦は、探偵のベイカー(レックス・リン)に依頼します。家に現れたベイカーは、2人の馬鹿げた話に戸惑いますが、それでも依頼を引き受けると、残された部品の製造番号から手がかりが掴めないか、調査するとを約束します。

心の安らぎを得られず、ドローンが現れる悪夢に襲われ目を覚ますレイチェル。

姿を消したドローンは、とあるアパートで暮らす男の前に現れます。破損した怪しげなドローンに向け、問答無用で発砲する男に、音楽を聞かせ2人を写した写真を示し、自分が弟であることを示すドローン。男はラムゼイの兄、リッチーでした。

リッチーはドローンをスマホにつなぎ、音声変換アプリを使い、連続殺人犯の弟・ラムゼイの魂を宿したドローンと会話を交わします。

ラムゼイはレイチェルに振られた後、連続殺人犯に変貌し、彼女に似た女性を殺害していました。次は彼女の殺害を望むラムゼイは、ドローンの改造に必要な部品を手配し、兄のアパートに送らせていました。その部品を使い、ドローンを手を加えるリッチー。

自宅でセキュリティのパスワードを変更していたクリスに、探偵のベイカーから電話がかかってきます。彼は製造番号からドローンに付けられたGPSを割り出し、その信号から行方をくらましたドローンの場所を伝えます。

電話を終えたベイカーはトイレにいました。改めてドローンの位置をタブレットで確認すると、現在は自分の近くにいると知ります。信号はどんどん接近してきました。

銃を持って便座から立ち上がった、ベイカーのむきだしになった尻を、ダクトから現れたドローンが襲います……。

クリスが改めて電話をかけても、ベイカーは応答しません。すると彼のスマホに送られてきた画像を見て、思わず絶句したクリス。レイチェルが見ると、そこには血まみれになった、ベイカーの尻が写っていました。

2人は手がかりを求めてベイカーに教えられた、ドローンが立ち寄った住所のアパートを訪ねます。そこはリッチーの部屋で、2人は中に入れてもらいます。

部屋にあった写真で、レイチェルはその部屋の男が、以前付き合っていたラムゼイの身内だと気付きます。2人の正体を悟り、襲いかかるリッチー。

2人は部屋にあった工具で抵抗しますが、押さえつけたレイチェルを、ラムゼイ好みの女だと嘲るリッチー。しかしクリスが彼の腹に、電動ドリルを突き立てて倒しました。

夫婦はアパートを後にしますが、レイチェルはドローンの正体は、自分を追い廻したラムゼイだと気付きました。機械やコンピューターに強いラムゼイは、レイチェルに執着しハッキングまでして、ストーカー行為を行っていたのです。

2人が家に戻ると壁にレイチェルに強い殺意を抱く、ラムゼイからのメッセージが残されていました。チャイムが鳴り訪れたのは、クリスを疑うラミレス刑事とアレン刑事でした。

2人の刑事に、真犯人のラムゼイが家にいると伝えるレイチェル。突然の話にとまどう刑事ですが、警戒して銃を抜き身構えます。しかし刑事の脇をドローンが通過し飛び去ると、2人の首は切断され転げ落ちます。

レイチェルとクリスの前に現れたドローンは、セキュリティシステムを操り、2人を家に閉じ込めます。制止する夫を振り切り、ドローンと化したラムゼイを挑発するレイチェル。

リッチーに改造されたドローンは2人の前で変形し、電動ノコギリを持つ凶悪な姿に変貌します。レイチェルの足を傷つけ、クリスに迫ってゆくドローン。

夫が以前から持っていたドローンを、レイチェルはコントローラーで操作し、ラムゼイに向かわせます。ドローン対ドローンの対決の隙に、夫婦は2階へと逃げ出しました。

レイチェルが操作したドローンを破壊すると、2人の後を追うラムゼイ。夫婦は部屋にこもり扉に鍵をかけますが、ドローンと化したラムゼイは電動ノコギリで扉を壊し始めます。

姿を消したドローン。レイチェルは部屋に仕事に使う、シンナーの缶があると気付きます。窓を突き破って現れたドローンに、レイチェルがシンナーを浴びせました。

決めセリフと共に、ドローンに火の付いたライターを投げるクリス。ドローンは燃え上がり爆発します。危機を脱し抱き合うレイチェルとクリス。

しかしクリスがドローンの部品のCPUを拾い上げると、電流が彼に流れます。そしてクリスの瞳に、ドローンのカメラが表示する2進数が映し出されます。

電話で通報するレイチェルの前にクリスが現れます。迫ってくる夫をレイチェルがたしなめると、掴みかかって来た夫は彼女に、「クリスはもういない」と告げました。

クリスがラムゼイの魂に乗っ取られたと知り、彼女は夫に戻ってくるよう呼びかけます。しかし無駄でした。首を絞められたレイチェルは、床にあったコンセントプラグを夫の目に突き立てます。

なおも迫ってくる、ラムゼイと化したクリスの体を、レイチェルは強く突き飛ばしました。ガラスを破り2階から落ち、飼い犬のヘクターの墓の上へと落ちてゆくクリス。

墓に突き立てた犬をつないだ杭がクリスの体を貫きます。こと切れる直前にレイチェルの名を呼んだのは、ラムゼイではなく、夫のクリスだったのでしょうか。

嘆き悲しむレイチェルを残し、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『DRONE ドローン』の感想と評価

参考映像:『ゾンビーバー』(2014)

ソンビ化したビーバーが襲来! タイトルだけでお馬鹿なホラー映画と確信できる、『ゾンビーバー』を製作した、ジョーダン・ルービン監督と彼の仲間たち。

この映画、単にお馬鹿な設定だけの映画ではありません。キャンプ場にアレ目当てに集まった男女という、「13日の金曜日」シリーズなどの、スラッシャー映画風の舞台が用意されています。

さらにチープ感があふれる、可愛い”ゾンビーバー”たちの姿には、マペットモンスターが大活躍する、3作目にはレオナルド・ディカプリオが出演した、ホラー映画「クリッター」シリーズが思い浮かびます。

つまり『ソンビーバー』は、あらゆる設定の作品が生まれた、80年代ホラー映画へのオマージュに満ちあふれた作品なのです。そんなルービン監督の『DRONE ドローン』もまた、同様のテイストで作られた映画でした。

80年代ホラー映画の雰囲気を再現!


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

本作冒頭で、警察に追われた連続殺人犯が黒魔術で自らの魂を物に移す、これはあの殺人人形”チャッキー”が大活躍する、『チャイルド・プレイ』(1988)と同じです。

ところが人形に魂を移す、高尚(?)な設定の『チャイルド・プレイ』に対し、本作はドローンに憑りつくという何とも人を食った設定。ノリとしては電気椅子で処刑された、殺人鬼の魂が電気と一体化して暴れる、というウェス・クレイヴン監督作品『ショッカー』(1989)に近いかもしれません。

同じく冒頭に落雷が登場しますが、落雷でロボットが暴走する映画といえばコメディなら『ショート・サーキット』(1986)、殺人マシーンと化すホラーなら『キルボット』(1986)。身近な機械や家電が人を襲うトンデモ設定の映画も、無数に作られました。

AIや機械に強い犯人の姿に、天才少年が脳死したガールフレンドに、自作のロボットのICチップを彼女の脳に埋め込み復活させる、これまたウェス・クレイヴン監督作品、呆れ返るラストシーンで有名なホラー映画、『デッドリー・フレンド』(1986)を思い浮かべる方もいるでしょう。

『DRONE ドローン』と80年代ホラー映画へのオマージュは、設定の類似点だけではありません。使用したBGMはシンセサイザーで奏でる、とびっきり安っぽい感じのテクノ音楽調。これもまた当時の、B級ホラー映画の雰囲気を再現しています。

B級ホラー映画テイストに忠実すぎた結果…


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

ドローンに魂が乗り移った、というありえない設定を一度は否定しながら、受け入れた後はさも当然と振る舞う、柔軟性の高い登場人物たち。お色気方面に軽薄など何かとノリが軽いのも、80年代ホラー映画の登場人物と同じですから、仕方がありません。

馬鹿げた殺人だけでなく、様々な行為を行うドローンに呆れている暇はありません。いい歳をした大人がドローンと真剣に会話するなど、コメディ要素は後半どんどん加速します。

映画は明らかにコメディ的状況で展開しますが、ギャグを散りばめ笑わせて展開する訳ではありません。登場人物は事態に真剣に対処します。これを高等ギャグと感じるか、何かお寒い展開と受け取るかは、人によって意見が割れるでしょう。

そしてカタルシスも何も無い、これからどうすればイイの?的な、突き放したラストシーン。これも80年代B級ホラー映画に、よくあったラストの再現です。

このラストのヒロイン同様に、『DRONE ドローン』にという映画を笑っていいのやら、怖がっていいのやら、途方にくれた観客も多数発生しました。

80年代には、そんな投げやりな内容のホラー映画が、無数に存在したのです。そんな所まで再現したジョーダン・ルービン監督は、恐るべき人物です。

まとめ


(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

昔懐かしい、どこかいい加減だけど楽しい、B級ホラー映画を甦らせた作品が『DRONE ドローン』です。それでもコメディ色を強調するなら、もっとベタなギャグを並べ、パロディ色を前面に出すという手法もあったでしょう。

一方あり得ない設定に対し、登場人物がこれまたあり得ない程真剣に振る舞い、そのギャップを見せる事で、笑いをとる手法もあります。日向坂46の小坂菜緒の、初出演・初主演映画『恐怖人形』(2019)などは、その良い事例となるホラー&(結果として)コメディです。

もっとも監督にそんな作品にする意図は、全く無かったでしょう。見事なまでに、全編・全要素に80年代B級ホラー映画テイストを再現させた作品です。

ところで日本でも海外でも、ドローンがむき出しのお尻を責めて、人を殺害するシーンに大喜びするような人たち(私もです)の中に、「犬を殺したシーンは悪趣味」「あれだけは許せない」との思いを訴える人が、少なからず存在しています。

あらゆる過激なシーンを愉しむ人にも、許せないものがあるんですね。何かホラー映画ファンの心に潜む、素朴な良心を再確認させて頂いた気分です。

子犬を殺されてブチ切れ、大暴れした主人公をキアヌ・リーブスが演じた映画『ジョン・ウィック』(2015)が、世界で人気になる訳です。改めて納得いたしました。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


次回の第38回は人間を乗っ取る謎の怪物の生態と恐怖を描く異色のホラー映画『スキンウォーカー』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『VAMP』あらすじと感想レビュー。 吸血鬼を新たに日本に蘇らせたコナカブラザーズ|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019①

映画『VAMP』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」オープニング作品として上映! 第6回目となる日本映画界の夏恒例のホラー作品上映イベント …

連載コラム

映画『ゴジラVSキングギドラ』ネタバレ感想。スピルバーグ少佐などハリウッドの影響を解説|邦画特撮大全48

連載コラム「邦画特撮大全」第48章 遂に今週末2019年5月31日に公開する『ゴジラ キングオブモンスターズ』。 キングギドラやモスラ、ラドンといった人気怪獣がどのような活躍を見せるのか期待が高まりま …

連載コラム

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙』あらすじと感想レビュー。少女アミーという存在|銀幕の月光遊戯 44

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第44回 映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』が現在ユーロスペース、全国イオンシネマ他にて絶賛公開中! 9年もの歳月を経て完成した「フィリピン水道建設プロジェク …

連載コラム

『レゴ バットマン ザ・ムービー』ネタバレ感想。キャラクターの魅力や評価を監督らの手腕で増幅させた作品|最強アメコミ番付評27

連載コラム「最強アメコミ番付評」第27回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『スパイダーマン:スパイダーバース』で、第91回アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞したフィル・ロード&クリストファー・ミラ …

連載コラム

【シネマルNEWS】カルトな映画やドキュメンタリーの連載コラムが新スタート!海外の映画情報はFILMINKと連動リンクで発信も

2019年連載スタートの連載コラム&レビュー情報 ©️Cinemarche 2019年の新春のCinemarcheは、寒風に咲く白梅の如し。 新たな連載企画が専門的なコラムとし …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP