Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Netflix『全裸監督』第4話あらすじネタバレと感想。本番撮影でアダルトビデオ業界の掟を破る|パンツ一丁でナイスですね〜!4

  • Writer :
  • 白石丸

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』四丁目

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信中です。

伝説のAV監督村西とおるを描いた本シリーズ。

前話で初のAV撮影を終えた村西。第四話ではついに業界タブーの本番行為に手を出しますが…。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

【総監督】
武正晴

【監督】
河合勇人、内田英治

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、内田英治、仁志光佑、山田佳奈

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、國村隼、玉山鉄二、リリー・フランキー、石橋凌

【作品概要】
80年代、ビニ本ブームを爆発させ、49番目の体位“駅弁”を生み出し、AVという言葉を日本に定着させた男・村西とおる。

エロで外交問題を起こし、前科7犯、アメリカでは懲役370年を求刑された生きる伝説を描く、Netflix限定配信ドラマ『全裸監督』が配信中です。

村西を演じるのは日本を代表する怪優となった山田孝之。

村西と深い絆で結ばれる有名女優・黒木香を演じるのはオーディションで抜擢された森田望智。

その他、満島真之介、玉山鉄二、リリー・フランキーをはじめ、カメオ出演まで含めてそうそうたる豪華キャストが出演しています。

総監督は『百円の恋』(2014)『リングサイド・ストーリー』(2017)『銃』(2018)の武正晴。

演技、演出と同じく、80年代の日本を見事に再現した美術も見所のひとつ。

すべてが世界基準のアウトロー一代記です。

ドラマ『全裸監督』第四話「本物」のあらすじとネタバレ

村西たちはトシの案内で歌舞伎町の人気ビデオ店メルヘンに行きます。

サファイア映像の初作品で奈緒子主演の『暴行バスジャック甲子園』は発売されたばかりですが、下の棚に一本しか置かれていません。

その代わりアダルトビデオの棚にはポセイドン企画の作品が大量に置かれていました。

ポセイドン企画のビデオを借り見てみますが、村西は「女優の素材はいいが顔が死んでる」と吐き捨てます。

その頃、村西たちが見た作品に出演しているポセイドン企画の専属女優・南みくが友達とクラブで踊っていました。

ブランドを身につけて派手に暮らしているように見えるみくですが借金まみれで、郷里の親にはAV女優をしていることも隠しています。

村西とトシが居酒屋で今後の展望を話し合っていると、そこに古谷がやってきました。

古谷は村西の商売にまた関わらせてくれと笑っていましたが「次はやられるなよ」とこぼします。

どういうことか聞くと、村西のライバル・池沢と武井が裏で手を組んでいたから逮捕されたのだと話しました。

古谷は今度は味方だから守ってやるよと言って去って行きました。

村西は数日後、ポセイドン企画の創立3周年記念のパーティに突然現れます。

池沢は「私はアダルトビデオだからこそ秩序が必要だと考えています」とスピーチをしていましたが、村西は「誰のためのルールだ」と野次を飛ばしました。

村西は「あんたの作品はちっとも抜けないな。女優が感じてないから白ける」と言い放ち、壇上にいたみくを指差して「あなたは特に顔がロボットのようだ」と指摘。

その後、村西は会場を追い出されます。

パーティがお開きになったあと、みくがタクシーで帰ろうとすると、そこに村西が無理やり乗り込んできます。

村西は「こんないい素材を使ってなんであんな不味いものができるのかわからない」と、自分の作品に彼女を誘いました。

みくが断っても村西は付きまとい、彼女が行きつけのディスコにまでやってきます。

村西に怒ったみくは「あんたの名前なんて聞いたいことない」と渡された村西の名刺を目の前で破り捨てます。

ふたりがその場を去ったあと、たまたま友達とディスコに来て彼らの会話を聞いていた恵美が村西の名刺を拾い集め、それを見つめていました。

個室に移った村西は、みくからポセイドン企画の出演料が一本50万だと聞き、200万円を出してこれが俺の君への評価だと言います。

数日後、村西の新作の撮影が行われますが、場所は三田村の家でした。文句を言う三田村に村西は金がないんだからしょうがないと一喝。

その現場にはみくが来ていました。

作品の内容は国鉄勤めの旦那を失った未亡人の家に旦那の上司が現れ、激しく求め合うというもの。

演者に前貼りをして撮影が始まりますが、村西はみくの演技に納得出来ず、撮影を止めてしまいます。

村西は「いっそのこと前貼りを取って本番するか」と言い出し、みくや順子は驚きました。

当時はポルノで本番など前代未聞。逮捕の危険性すらあり、男優はそんな危ない橋は渡れないと帰ってしまいます。

しかし村西はラグビーを男優にして撮影を続行するといい、強制はしないから自分で決めろとみくに言いました。

その頃、恵美は大学の構内で、友人とその彼氏とランチをしながら恋の話に花を咲かせていました。

恵美は突然友人カップルに「どんなSEXしてるの」と質問し困惑させます。

友人は恥ずかしがりますが、彼氏は「興味あるんだ」と笑って詳しく答え出しました。

会話をしながら恵美はテーブルの下で股を広げ、彼氏がそこに足を突っ込んでいます。恵美は会話の主導権を握り、同時に、彼氏の股間に足を当てました。

彼氏は恵美のテクニックで腰砕けになり、みんなが訝しがる中、恵美はその場を離れます。

彼女は去り際に「覚悟のない欲望ってつまらないと思うわ」と言い放ちました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『全裸監督』第四話「本物」ネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督』第四話「本物」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

場面は撮影現場に戻り、村西はギャラをもう100万積むから本当のお前を見せろ、責任は自分が取るといい、みくはついに本番行為をする覚悟を決めました。

ラグビーと本番行為を始めたみくはそれまでとは段違いの反応を見せます。

村西はかつての未亡人・陽子との情事を参考にして、挿入したままみくを持ち上げて歩き回るようラグビーに指示。そして村西は“駅弁”の体位のまま部屋を出るように言い、ラグビーとみくは繋がったまま河川敷に出てSEXを続けました。

すべての撮影を終え、村西はみくを素晴らしかったと労いました。

発売されたみくの作品は大手ビデオ店でもいくつも並びヒットします。

それゆえに池沢にもすぐバレてしまい、自分の会社の女優を奪われたこともあり、彼は激怒します。そして見せしめのため、みくは警察に逮捕されてしまいました。

武井はみくの取り調べで身元引受人は母親でいいかと聞きますが、彼女は親にだけは話さないでと泣きつきます。

しかし、警察はもうみくの両親に連絡してしまっており、週刊誌にも本番をしてしまった女優として顔が載っていました。保釈後、彼女は田舎に帰ってしまいました。

メイクスタッフの順子は村西を責め、自分が止めていればと悔いました。村西も落ち込んでいましたが、トシはとにかく撮り続けるしかないと励まします。

そこに、翌日の女優が急遽降板したという連絡が入ります。どのプロダクションに連絡しても、出演の返事が出ません。

サファイア映像に対する女優の締め出しが行われていました。

その頃、池沢と古谷は麻雀をしながら会合をしていました。古谷は村西は自分のシマで飼っているから大丈夫だと言い、池沢はその代わりに便宜を図ることを約束。

サファイア映像の面々が途方にくれている頃、恵美は自宅で男女の絡みのデッサンを書いていました。

卑猥な絵が母に見つからないように納戸に隠しに来た時、彼女はふと埃を被ったアルバムを見つけます。

そこには母が若い頃の写真が載っていましたが、途中から恵美が見たことのない男性との写真が増えてきます。

ページをめくるうち、その男性が恵美の父親だということがわかりました。

最後のページには3人で撮った写真がありましたが、男性の映った箇所だけが破り捨てられて貼られており、その下に滲んだ文字で「この子は私のすべて」と書かれていました。

男性はすでに家庭を持っており、母・加代は愛人として恵美を産んでいたのです。

自分の出生の秘密を知らなかった恵美は愕然としました。

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督』第四話「本物」の感想と評価

参考:Netflix Japanの公式ツイッター

ついに村西が後のAVのスタンダードになる本番撮影を始める第四話。

村西流の勢いのある撮影風景は楽しいものの、裏社会との繋がりや、借金を背負った女優が止むを得ず出演する実情、親にバレてしまった場合の絶望など、業界の負の側面や村西の挑戦の功罪も逃げずに描いています。

川上奈々美の名演

四話の中心人物・南みくを演じるのは恵比寿マスカッツにも所属している人気セクシー女優・川上奈々美。

絡みのシーンでの感じ方の演じ分けはもちろん、借金を抱えながら実家に電話して平静を装う時の表情や、全てを奪われた直後の涙など、そのリアリティ溢れる演技に共感させられました。

みくが辿る残酷な顛末は、やはり危険な側面のことも無視できない業界の物語であることを再認識させてきます。

ただの綺麗事だけの伝記物語にしない気概がここでも示されています。

恵美から黒木香へと変貌

今まで別々に描かれていた村西と、後の黒木香こと恵美の物語ですが、四話目にしてとうとう偶然クラブで交差することになります。

村西が本番を撮ろうとみくを説得しているのと前後して、恵美が大学の友達の彼氏をテーブルの下で腰砕けにして「覚悟のない欲望はつまらない」というシーンを入れてきていることにより、村西のビジョンを実現できるのは彼女しかいないということを暗示。

第五話ではついに村西と黒木香が邂逅し、伝説の作品が生まるとのことで、さらに期待が高まります。

まとめ

宿敵・池沢が古谷とまで組んでいたことや、恵美の出生の秘密まで分かって衝撃のまま終わる四話。

最初はビニ本の流通を手伝っていただけの落ち目の極道だった古谷が、いつの間にか村西たちの最大の障壁に変わるというのも、手に汗握る展開です。

女優の締め出しで追い詰められた村西たちですが、そういった窮地からこそイノベーションが生まれるもの。

第五話「開花」の記事をお楽しみに!

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』は2019年8月8日から全世界で配信中です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

『アクアマン』あらすじとキャスト解説。“DC映画史上最高のマーベル映画⁈”とまで賞賛されたヒーローの魅力とは|最強アメコミ番付評20

連載コラム「最強アメコミ番付評」第20回戦 あけましておめでとうございます、野洲川亮です。 本年もアメコミ好きな方、これから好きになるであろう皆様に、アメコミ映画の魅力をお伝えしていきます。 今回は2 …

連載コラム

リム・カーワイ映画『どこでもない、ここしかない』感想レビュー。シネマ・ドリフターの暖かな視点|銀幕の月光遊戯6

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第6回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月3日(土・祝)より16日(金)まで池袋シネマ・ロサにて2週間限定レイトショー上映されるのを皮切りに全国順次 …

連載コラム

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛 2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ。 盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠 …

連載コラム

ゴジラシリーズ『三大怪獣 地球最大の決戦』感想と考察。夏木陽介と星由里子を偲ぶ|邦画特撮大全23

連載コラム「邦画特撮大全」第23章 今回取り上げる作品は『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)です。 選定理由は本作に登場する怪獣たちが、2019年に公開される『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 …

連載コラム

映画『ロケットマンの憂鬱』あらすじと感想。コメディで描かれた恐怖の時代と曲げない信念【バラージュ・レンジェル監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭4

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・バラージュ・レンジェル監督作品『ロケットマンの憂鬱』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマ …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP