Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/26
Update

韓国映画『真犯人』ネタバレ感想とラスト結末の考察解説。ミステリー殺人事件は人物全員が疑わしく先の読めない心理戦|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー12

  • Writer :
  • 咲田真菜

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第12回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT】で鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画の数々を紹介する連載コラム第12回は、韓国のミステリー映画『真犯人』。

突然妻を殺されてしまい、あろうことか犯人は親友で2人は不倫関係だった…。そんな衝撃の事実を突きつけられた主人公が、あることをきっかけに真犯人の存在を確信し、真実を追求していく物語です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『真犯人』の作品情報

(C)2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

【配信】
2019年韓国

【監督】
コ・ジョンウク

【キャスト】
ソン・セビョク、ユソン、オ・ミンソク、ハン・スヨン、キム・ジヨン

【作品概要】
不可解な殺人事件をきっかけに運命を狂わされていく男女の姿を描いたミステリー。登場人物全員が疑わしく先の読めない展開が好評を博し、プチョン国際ファンタスティック映画祭で観客賞を受賞しました。

監督はコ・ジョンウク、主演は『花、香る歌』『七年の夜』のソン・セビョクと『幼い依頼人』のユソンが務めました。

映画『真犯人』のあらすじとネタバレ

(C)2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

ヨンフン(ソン・セビョク)の妻ユジュン(ハン・スヨン)が殺害される事件が起こり、不倫関係にあったヨンフンの親友ジュンソン(オ・ミンソク)が逮捕されます。

それから半年、廃人同然の生活を送っていたヨンフンのもとをジュンソンの妻・ダヨン(ユソン)が訪れ、夫の無実を証明したいから助けてほしいと懇願します。

ジュンソンは不倫をするような男ではなく、そのことはヨンフンもよく分かっているはずだと訴える彼女を、最初は疎ましく思ったヨンフンですが、やがて真実を明らかにすることを決意します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『真犯人』ネタバレ・結末の記載がございます。『真犯人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

ジュンソンの裁判の期日が迫る中、ヨンフンは警察を訪れ、事件の証拠品を渡すよう事件を担当した刑事に迫ります。

事件現場の写真などを受け取ったヨンフンはあることに気付き、引っ越すために片づけた自宅を、事件が起きた当時と同じように再現することにしました。

ヨンフンが気付いたこととは、洗濯物がそのままリビングに干されていたこと。かつて、来客時に洗濯物を片付けなかったことで、ユジュンから怒られた経験があったヨンフンは、かろうじて下着にタオルがかけられていたものの、洗濯物を片付けなかった妻の行動に違和感を覚えたのでした。

一方、ダヨンは拘留されているジュンソンを頻繁に訪れ、夫の濡れ衣を晴らそうと必死にいろいろなことを聞き出そうとします。すると夫は、事件当日もユジュンを訪ねていたことを白状します。

以前からジュンソンとユジュンの関係を疑っていたダヨンは心穏やかではいられないのですが、夫が逮捕されたことで近所の主婦たちから嫌がらせを受け、幼稚園に通う娘にまで影響している状況をなんとかしたいと考えます。

「犯人はジュンソンじゃないかもしれない。それを証明するために協力をしてほしい」と頼んできたヨンフンと手を組むことにしました。

そしてヨンフンは事件を目撃している男を見つけ出し、自宅へ拉致します。「何も知らない!」と真相を語ろうとしない男に対し、怒りに震えるヨンフンは、ユジュンが殺されていたベッドに男を縛り付け、拷問をします。

ちょうどその時、ダヨンが訪ねてきて、血だらけの男がベッドに横たわっているのを見て驚愕します。

ヨンフンの目を盗んで男はダヨンに、ヨンフンが真犯人だと告白。警察へ連絡してくれたらすべてを話すので助けてほしいと持ち掛けます。

ダヨンは男の言っていることを訝しく思いつつも、夫が助かるチャンスだと警察へ通報します。ところがそれをヨンフンに見つかってしまいます。

激高するヨンフンをなだめるため、男はヨンフンに向かって「あんたは友達に利用されたんだよ」と告白し始めます。動揺するヨンフンに「信じるかどうかは自由だ」と不敵な笑みを浮かべながら言い放ちます。

誰を信じていいのか…ヨンフンの心は大きく揺れ動きます。そんなやり取りをしている間に警察が到着し、鍵を開けようとするヨンフンを必死の形相で止めるダヨン。そしてとうとうダヨンは男を刺し殺して、自らの腹を刺し、自殺を図ります。

呆然と立ち尽くすヨンフンは、2人を殺した犯人、そして妻を殺した真犯人として連行されてしまいます。

疑いが晴れたジュンソンは釈放され、一命をとりとめ、入院中のダヨンの代わりに娘の世話をする毎日でしたが、ダヨンがユジュンを刺し殺した凶器を見つけ、真実を知り愕然とするのでした。

スポンサーリンク

映画『真犯人』の感想と評価

(C)2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

犯人は誰? 巧みな心理戦で翻弄される

 
本作の登場人物は、冒頭で殺害されてしまうユジュンを除くと4人です。これだけの少人数であれば真犯人を特定するのは簡単に思えたのですが、最後の最後まで観ている側は翻弄されていく展開となります。

ヨンフンは、妻のユジュンが殺され、しかも親友のジュンソンが犯人として捕まり、妻と不倫をしていたことが明るみになります。

二重のショックを与えられ廃人のようになってしまい、そのせいか真実を追求するヨンフンの姿はどこか狂気じみています。

すぐに我を忘れて激高する、残忍な暴力をふるう姿を見ていると、もしかしたら妻の不倫を知って逆上したのでは…と考えてしまいます。

そしてジュンソンの妻・ダヨンは、夫の無実を信じて奔走する健気な妻と思いきや、夫とは殺されたユジョンを巡り、諍いが絶えなかったことが分かります。

ダヨンは一見おとなしそうに見えるのですが、感情が高ぶるとエキセントリックになるところもあり、思い詰めたら何をするか分からないところが垣間見えます。

ジュンソンは、絶対にユジョンを殺していないと真剣に訴えるのですが、ダヨンに詰められて隠していた事実が明るみになっていきます。

誠実そうに見えて、実は女性にだらしないのかもしれない、実は本当に犯人なのではないか……。そんな思いが駆け巡ります。

そしてヨンフンが見つけてきた事件の目撃者の男は、人を小馬鹿にしたような態度を取り、うさん臭さがにじみ出ています。

ヨンフンから拷問を受け、怯えながらも自分が知っていることをどのタイミングで告白するのが得策なのか、見極めているような様子がうかがえます。

誰を信じていいのか、誰も信じてはいけないのか。観ている私たちも次第にヨンフンと同じ気持ちになっていくのが分かります。

事件を捜査した警察官が、ヨンフンに向けて放つ「これがどん底だと思うなよ」という言葉が、物語の最後で突き刺さります。

真実を追求しようとしただけなのに、まさかこんなエンディングはないでしょう……となんともやりきれない思いが、ずっしりとのしかかります。

まとめ

(C)2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
本作では、冤罪の恐ろしさを改めて感じる人も多いと思います。「証拠があるから」「動機があるから」と犯人に仕立て上げられてしまうという事実をまざまざと見せつけられました。

最初に逮捕されたジュンソン、そして最終的に、犯人ではないのに犯人にされてしまったヨンフン。こんなことがまかり通っていいのだろうかと、やりきれない思いを抱く人も多いことでしょう。

ジュンソンが犯人ではないと信じ、真実を追求したヨンフンですが、真犯人・ダヨンが仕掛けた落とし穴に落ちてしまいました。

妻のダヨンが犯人だと知り、物語は茫然とするジュンソンの様子が描かれて終わってしまいますが、その後彼がどういう行動をとるのか、見届けたい気持ちにさせる作品でした。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ミナリ』感想評価と解説レビュー。韓国系移民の物語でサンダンス映画祭グランプリと観客賞2冠達成!|銀幕の月光遊戯 73

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第73回 映画『ミナリ』が2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショーされます。 1980年代のアメリカ南部を舞台に、成功を夢見てやってきた …

連載コラム

映画『海抜』あらすじと感想レビュー。大学の卒業制作から生まれた力強い作品|銀幕の月光遊戯 51

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第51回 2018年に開催された第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」に、史上最年少の22歳で招待された高橋賢成監督の鮮烈なデビュー作品『海抜』が11月23日( …

連載コラム

映画『望み』ネタバレ解説考察。ポスターから『パラサイト』家族設定との類似点を紐解く|映画という星空を知るひとよ28

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第28回 映画『望み』は、2020年10月9日(金)より全国ロードショー。 この作品は、雫井脩介の同名小説を堤幸彦監督が映画化したもので、家を出たまま帰ってこな …

連載コラム

映画『ジャスティス・リーグ』ネタバレ感想。観客の評価を得たアベンジャーズ化|最強アメコミ番付評23

連載コラム「最強アメコミ番付評」第23回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はDCEUシリーズの第5作目となる『ジャスティス・リーグ』を考察していきます。 2019年2月8日公開の『アクアマン』を控え …

連載コラム

NETFLIX映画『MUTE ミュート』ネタバレ感想と考察評価。ダンカンジョーンズ監督が描くSFサイバーパンクとしての追跡劇|SF恐怖映画という名の観覧車109

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile109 進化し続ける技術の先にある未来はキラキラとした便利な社会。 様々な「SF」映画でそんな輝かしい未来が描かれる一方で、輝かしい未来とは真逆 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学