Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/27
Update

【ネタバレ感想】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ南北英雄|チウ・マンチェク演じる武術家ウォン・フェイホン(黄飛鴻)が復活!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録31

  • Writer :
  • 20231113

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第31回

今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回はカンフー映画の登場です。

清朝末期から中華民国初期の時代に、実在した伝説の武術家ウォン・フェイホン(黄飛鴻)

中国で絶大な人気を誇る人物を映画化した作品が、新たに誕生しました。

第31回は混乱する清朝末期の苦しむ民衆を助ける、英雄の姿を描いたカンフー映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』の作品情報


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2019年(中国映画)

【原題】
黄飛鴻之南北英雄 The Unity of Heroe

【監督】
リン・ツェンザオ

【キャスト】
チウ・マンチェク、マイケル・トン、ヴィニー、リー・ルービン

【作品概要】
清朝末期、西洋の陰謀から民衆を守るために立ち上がる、武術家にして医術家ウォン・フェイホンの活躍を描いたカンフー・アクション映画。

90年代、ウォン・フェイホンを描いて人気を博した映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズ。

そのシリーズで主人公を2度演じたチウ・マンチェクが24年ぶりに、3度目となる同じ役を演じた作品です。

正統派カンフー映画の流れをくむ、アクション・エンターテインメントの復活です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

多くの弟子を指導するウォン・フェイホン(チウ・マンチェク)。彼は多くの人々の尊敬と信頼を集めていました。

ある日の夜、港にほど近い異人館の前に、荷揚げされた無数の木箱が並んでいました。警護の兵士が行進する中、1人の男が忍びよります。

男は盗賊でしょうか、一つの大きな木箱をこじ開けます。その中は檻になっていました。中を調べようと男は松明に火をつけます。

その男を隊長である女、シャオユエに指揮された兵士たちがとり囲みます。後ずさる男は檻の中から伸びた腕に首を掴まれ、絶命し松明は転がってゆきます。

山詰みになった荷物に火が移り、シャオユエは兵士に消火を指示します。

兵士が大慌てで消火にあたる中、檻の中の男は人間離れした力で鉄棒をねじ曲げ、外に飛び出し兵士を倒します。

気付いたシャオユエは兵士たちに射撃を命じますが、男は機敏に動いて海へ飛び込み、行方をくらまします。

火は収まらず、同じように檻の中にいた人間は、シャオユエの目前で炎に包まれていきます。

逃げた男はフェイホンの、拳法道場と漢方医院を兼ねた館「宝芝林」に忍び込みます。

翌朝、馬の世話をしていたフェイホンの弟子、チーが男に気付きます。男の攻撃をチーは巧みな足技で逃れます。

恐ろしい形相と怪力からチーは男を「鬼」と呼びますが、助けに入った師のフェイホンがロープを使った巧みな技で男を倒します。

フェイホンはチーに、気を失った男を診療室に運ぶよう指示します。

同じころ異人館の中で、シャオユエは何者かに、昨晩男を逃した責任を問われていました。

シャオユエは母が死ぬまで世話になった恩を返すため、この人物の下で働いていました。被験体と呼ぶ、逃がした男を探し始末するよう彼女は命じられます。

この異人館には多くの中国人が捕えられ、薬品を使った人体実験が行われていました。

男の容態を診たフェイホンは、彼が何らかの薬品の中毒になっていると知ります。しかし解毒は難しい状態でした。

街の雑踏の中、シャオユエは部下を使い男の行方を捜しています。シャオユエは道場開場のチラシを配っている、北拳道場の弟子たちとトラブルになります。

その光景を見たフェイホンの弟子、リャン・クァン(リー・ルービン)が割って入り、シャオユエと共に北拳道場の弟子を倒し、兄弟子のチョウを追い詰めます。

チョウを助けに北拳道場主の武術家、ウー・ジェンナン(マイケル・トン)が加勢しますが、現れたフェイホンがその攻撃を受けてかわします。

リャンにチー、もう1人大柄なロンを加えたフェイホンの弟子たちと、北拳道場の弟子たちはにらみ合いますが、フェイホンは争いを制止します。

フェイホンは非礼を詫び、ウーもそれを受け入れて争いは収まりますが、チョウたち北拳道場の弟子は恨みを覚えます。

どさくさに紛れシャオユエは、フェイホンが乗ってきた馬車の馬を奪い立ち去ります。リャンは彼女が落したペンダントを拾います。

チーと共に港に向かったフェイホンは、昨晩の火事の焼け跡を目にします。その場所は兵士たちに守られていました。

フェイホンはイギリスに留学し、医学を学び帰国した親戚の娘モー(ヴィニー)を迎えに現れたのです。洋服を身に付けた彼女は、フェイホンに恋心を抱いていました。

「宝芝林」に向かう馬車の中で、モーはフェイホンに土産のこうもり傘を渡します。2人は街の中で人々が集まる光景を目にします。

それは聖光病院の開業式典でした。院長ヴラドに代わり部下のヘンリーが、貧しいアヘン中毒の人々の治療を無償で行うと宣言し、人々の喝采を浴びます。

ヴラド院長の傍らには、白衣を着たシャオユエの姿もありました。

良い西洋人もいると語るモーに、中国にアヘンを売り、その一方でアヘン中毒患者を治す異人の姿に、フェイホンは疑問を覚えます。

「宝芝林」に着いたフェイホンは、改めて男の容態を診ます。治療に使う針を炎であぶり消毒する彼に、モーはアルコールの使用を勧めます。

西洋医学を学んだモーに、フェイホンは中国医学の歴史と効能を語ります。

フェイホンとモー、リャンとチーとロンの3人の弟子は共に食事をとりますが、モーは中国の作法に慣れていません。

フェイホンは弟子にモーの世話をさせ、代わりにモーは弟子に英語を教えるよう依頼します。そしてフェイホン自身は、モーに護身術を教えるのでした。

貧しい者を診る聖光病院の方針に賛同したモーはそこで働くと決め、ヴラド院長と面談します。外科医として採用された彼女を、シャオユエが病院内を案内します。

知府(知府事、地方長官)と面会したフェイホンは、港の火事の現場を守る怪しげな兵を目撃したと報告しますが、知府は異人の絡む問題は手に負えないと答えます。

モーから「宝芝林」に被験体がいる知ったシャオユエは、ヴラド院長に報告します。彼女は被験体を処分するためモーに接近します。

武術家ウーの北拳道場の開場の日、道場ではお披露目に北拳の獅子舞が披露されていました。それを見物にモーとシャオユエも現れます。

今一つ賑わいに欠ける北拳道場。そこにフェイホンは3人の弟子と共に現れ、祝いとして南拳の獅子舞を披露します。地元の人々はその舞いに喜びます。

フェイホンはウーに丁重に祝いを述べますが、ウーの弟子チョウはフェイホンが、北拳道場の開場を邪魔しに来たに違いないと師に告げます。

フェイホンの弟子、リャンはシャオユエに気付き声をかけます。獅子舞を舞っていたチョウはリャンの姿に気付くと、彼がまた争いに来たと疑い襲います。

北拳の獅子を倒したリャンに、ウーが挑みますがフェイホンが割って入ります。両派は睨み合いとなりますが、フェイホンとウーは獅子舞で競い決着をつけることにします。

拳法を駆使した舞いは引き分けに終わりましたが、観衆はフェイホンの蹴りが入り彼の勝ちだと騒ぎます。侮辱されたと感じたウーは、リャンの謝罪を要求します。

抗議するリャンの頬をフェイホンは打ち、リャンに謝罪させ場を収めます。腐るリャンにフェイホンは、今は中国のために、武術家は争わず団結すべきだと優しく諭します。

聖光病院でリャンから手に入れたペンダントを見つめているシャオユエに、モーは「宝芝林」の患者の血液は毒に犯され、それはアヘン以上に危険なものだと告げます。

シャオユエはモーに、治療薬と称する薬を与えます。

「宝芝林」に戻ったモーは患者に治療薬を注射しますが、患者はうめき声をあげ暴れ出します。フェイホンは患者の毒を吸い出す治療を施します。

フェイホンの処置で患者は救われましたが、その後遺症で痴呆状態になってしまいました。名前が
答えられぬ彼を、チー(鬼脚七)にちなんでパー(八)と名付けます。

聖光病院の地下では、引き続き薬品を使った人体実験が行われていました。凶暴化して暴れた被験者をヴラドが射殺します。

「宝芝林」の被験体は今夜死んだはずだと、報告に現れたシャオユエに、ヴラドは実験材料になる健康な中国人を連れて来いと命じます。

疑問を覚えるフェイホンに、ヴラドは中国人の体格に改良が必要で、アヘンで苦しむ中国人をアヘンから作った薬で救うと説明します。

モーの誕生日の日、フェイホンは彼女と外で食事をする約束をしていました。彼女の待つ食堂に向かうフェイホンは、母子をさらう黒装束の3人組に出会います。

難なく3人組を倒したフェイホンですが、彼らは小ビンに入った薬品を飲むと「宝芝林」の患者、パーの様に凶暴化して襲いかかってきます。

フェイホンは3人組を負かすも逃げられます。駆け付けたリャンと弟子たちに母子を預けると、彼は知府の元に向かいます。

フェイホンは危険な薬物の存在を報告しますが、知府はヴラド院長と面会していました。知府はフェイホンに手を引くよう命じます。

ヴラドは交易のための航路の手配を要求し、賄賂として東インド会社から送られた銀を渡します。

フェイホンが食堂に着いた時、待ちくたびれたモーの姿はありませんでした。

聖光病院に戻ったヴラドは、フェイホンの殺害をシャオユエに命じます。彼女は民衆の信頼の厚いフェイホンの殺害に反対しますが、これが最後の仕事と彼女に告げ承知させます。

ヴラドはシャオユエは信用できないと判断し、北拳道場のウーをフェイホンと争わせようと企みます。

ヴラドの部下、ヘンリーは北拳道場のチョウに接近します。弟弟子は師から、異人に関わるなと指導されているとチョウに注意します。

しかしヘンリーから「宝芝林」一門が師を侮辱していると聞かされたチョウは、彼の言葉に従います

モーの機嫌を損ねたフェイホンに、3人の弟子は花を送るよう勧めますが上手くいきません。怒って夜の街に出たモーを追うよう、フェイホンは弟子たちに命じます。

3人は路上で黒装束の4人組に出会いますが、難なく倒します。その1人、チョウがヘンリーから手に入れた薬品を飲み狂暴化しますが、3人がかりで何とか追い払います。

ようやく3人はモーを見つけますが、リャンは彼女が覚えた護身術を見舞われます。

チョウたちは北拳道場に戻り、師のウーに「宝芝林」一門に襲われたと報告しますが、ウーは武術家の掟に従い耐えるよう指示します。

チョウは薬品を入れた茶をウーに飲ませます。凶暴化したウーは怒りにかられ、弟子と共に「宝芝林」へ向かいます。

「宝芝林」でフェイホンは、パーが聖光病院の木箱を見て怯えていると気付きます。

木箱のマークは、路上で母子を誘拐しようとした一団の持つ箱にも付いていました。

事件に聖光病院が関わっていると知ったフェイホンは、報告に向かいますがウーと出くわします。
ウーはフェイホンの言葉に耳をかさず、襲ってきます。

華麗に闘うフェイホンですが、ウーの体に徐々に薬品の効果が現れます。ウーの強烈な一撃を胸に受けたフェイホンは血を吐きます。

ウーと弟子たちは勝利を宣言して去って行きますが、傷ついたフェイホンの前にシャオユエが現れ、彼に銃を向けます。

駆け付けたパーがフェイホンをかばいシャオユエは動揺しますが、現れたヘンリーがパーを射殺します。

自分がフェイホン射殺するとのヘンリーの言葉を聞くと、シャオユエは彼の胸に向け銃弾を放ちます。倒れたフェイホンを残し2人は立ち去ります。

胸から血を流し倒れるフェイホンを見つけたモーと3人の弟子は、彼を「宝芝林」へ運びます。

以下、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

負傷した師の姿に3人の弟子は嘆き悲しみますが、モーは冷静に傷口を処置していきます。

北拳道場に戻ったウーは、チョウが自分に薬品をもったと気付きます。異人と関わりを持ったチョウを責めますが、弟弟子たちのとりなしに怒りを収めます。

チョウの体は薬品に蝕まれていました。異人が薬を取りに来いと言ったと、チョウは師に告げます。

モーはフェイホンの体から銃弾を摘出します。シャオユエは急所を外して撃っていました。

シャオユエは聖光病院でウラド院長に、フェイホンの暗殺を報告します。その報告を受けたウラドは銃を放ち、胸に銃弾を受けた彼女の体は崩れ落ちます。

彼女の体は手下により海に投げ込まれます。

フェイホンは意識を取り戻しますが、モーは聖光病院に治療薬を取りに向かいます。

師を介護するリャンは、誰かが「宝芝林」を訪ねてきたと気付きます。そこにはびしょ濡れになったシャオユエの姿がありました。

ウラドに撃たれたシャオユエですが、銃弾は胸に下げた母の形見のペンダントに命中し、彼女は無事でした。

リャンとチーとロンの3人の弟子は、シャオユエから聖光病院の実態を聞かされ、敵のアジトである病院にモーが向かったと気付きます。

病院で薬を探していたモーは、地下室に続く隠された入口を発見します。一室で凍結剤と名付けられた大量の薬品を発見したモーは、ウラドに捕えられます。

3人の弟子はシャオユエが止めるのも聞かず、モーを救いに聖光病院に向かいます。3人は患者を搬送してきたと偽り中に入ります。

中庭で無数の敵が3人を取り囲みますが、リャンは棒術、チーは足技、ロンは怪力を武器に闘います。しかし銃を手にした兵士に囲まれ、追い詰められます。

こうもり傘が投げ込まれ、兵士の銃はなぎ払われます。回復したフェイホンが現れました。

傘を武器に全ての敵を倒したフェイホン。シャオユエも駆け付け、彼女の案内で一同は病院へ入ります。

シャオユエと弟子たちを薬品の処分に向かわせ、フェイホンは1人でモーを探します。

捕えられた多くの中国人が牢にいる地下室に、モーは磔にされていました。モーを救おうとするフェイホンに、北拳道場の武術家ウーが挑みます。

胸の傷の影響が残るフェイホンにウーは手強い相手です。フェイホンは異人に利用されるなと、彼を説得しますが凶暴化したウーの耳には入りません。

凍結剤が収められた部屋に入ったシャオユエと弟子たちの前に、ヘンリーと北拳の兄弟子チョウが現れます。チョウは自らの体に薬品を注射し、4人と闘います。

4人を倒せぬチョウをヘンリーは怒鳴ります。そのヘンリーを殴り殺すと、チョウは薬品を心臓に注射し更に凶暴化して襲いかかります。

ウーと闘うフェイホンの傷口が開き、胸を血に染めます。そこを攻撃してくるウーに、フェイホンは鎖を武器にして倒します。

弟子たちとシャオユエはチョウと激しく闘います。追い詰められたチョウは更に薬品を心臓に注射しますが、効果に肉体が耐え切れず絶命します。4人は薬品を破壊して回ります。

倒したかにみえたウーが立ち上がり、フェイホンを襲います。鎖を首にまかれフェイホンは絶体絶命の危機に陥りますが、牢に囚われた人々が鎖を掴んでフェイホンを助けます。

意識を取り戻したフェイホンは鎖を解き、ついにウーを倒します。

フェイホンはモーの元に向かいますが、ウラドが彼女を盾にフェイホンに銃を向け、彼の足を撃ちます。

それでも中国人は屈しないと立ち向かうフェイホンに、ウラドは銃を撃ちます。

放たれた銃弾はフエイホンをかばって飛び出したウーに命中します。自分を取り戻したウーは、後をフェイホンに託し絶命します。

弟子たちとシャオユエも到着しますが、銃を持ちモーを人質にするウラドに手が出せません。ウラドはフェイホンに、東インド会社に協力するよう迫ります。

フェイホンは“OK”のサインを示し、弟子たちは困惑しますが、それはモーに護身術を使えとの合図でした。モーはウラドに護身術を使い、彼の手から逃れます。

フェイホンはこうもり傘を蹴りウラドに命中させます。倒れたウラドは薬品にまみれ絶命します。弟子たちの手で牢の中の人々は解放されました。

一同は無事「宝芝林」に戻りました。シャオユエはフェイホンの弟子に加わり、改めて兄弟子たちと兄妹の挨拶を交わします。

笑顔のフェイホンと4人の弟子の姿を、モーが写真に収めます。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』の感想と評価


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

甦った『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』

ブルース・リーにジャッキー・チェン、ジェット・リー、そして90年代の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズ。

カンフー映画は多くの世界的スターを生み、何度もブームを巻き起こしています。しかし時を経て、ブームをご存知無い方も増えています。

ここで改めて90年代の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズを紹介しながら、今回の映画を解説させて頂きます。

中国全国武術大会で5年連続優勝した、中国拳法の達人ジェット・リー。実力を期待された彼はリー・リンチェイの名で『少林寺』で映画デビューしました。

そのジェット・リーが中国で知らぬ者の無い英雄、ウォン・フェイホン(黄飛鴻)を演じた映画が「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズです。

参考映像:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明 (1994)

ツイ・ハークが監督したシリーズ1作目『天地黎明』は、主役のジェット・リーに対し、ジャッキー・チェンとユン・ピョウが脇に回り、カンフー映画の新たな時代の到来を印象づけました。

1991年製作のこの映画が1994年に日本で公開されると、シリーズは「ワンチャイ」と呼ばれ、新たなカンフー映画ブームを巻き起こします。

『天地黎明』のヒットを受け2・3作目が作られ、ジェット・リーの後をうけ4・5作目『天地覇王』『天地撃攘』でウォン・フェイホンを演じたのが、本作の主演チウ・マンチェクです。

英雄ウォン・フェイホン(黄飛鴻)と彼を取り巻く人物たち


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

熱心なカンフー映画ファンなら皆ご存知の人物、ウォン・フェイホンについても改めて紹介しましょう。

清朝末から辛亥革命期に実在した武術家・漢方医家のウォン・フェイホンは、動乱の時代に人々に拳法を教え自警団を組織し、民衆の保護に尽くした人物です。

彼の死後もその弟子たちは混迷する時代で活躍し、ウォン・フェイホンは今も中国で高い人気を誇り、その武勇伝は小説など様々な形で伝え広められます。

ウォン・フェイホンの弟子筋にあたる人物が映画界で活躍したこともあり、彼を題材とする映画は多数製作されました。

現在同一人物を題材にした映画の数では世界最多であると、ギネスブックに認定されています。

参考映像:ドランクモンキー 酔拳 (1979)

意外なところではジェッキー・チェンが『ドランクモンキー 酔拳』で演じたコミカルな主人公も、若き日のウォン・フェイホンの姿という設定です。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』に登場するその他の人物も、実に様々な背景を持っています。

恋人として登場するモー(十三姨)は実在の人物で、ウォン・フェイホンの4番目の夫人ですが、映画の中では史実を越えた様々な役柄が与えられています。

弟子のリャン(梁宽)とチー(鬼脚七)とロン(猪肉荣)、シャオユエ(路小月)も師と共に何度も映画に登場しています。

リャン(梁宽)は師に高く評価されながらも、25歳で亡くなったとされる人物で、ロン(猪肉荣)は1943年に82歳で亡くなるまでに、1万人以上の弟子を育てた実在の人物です。

一方チー(鬼脚七)はリャン(梁宽)をモデルに創作されたキャラクターで、ユン・ピョウ主演でスピンオフ映画が出来る程人気を得た存在です。

またシャオユエ(路小月)は、特定の人物をモデルにしたキャラクターでは無いようです。

実在の人物と架空の人物を交え、虚実を交え時空を越えて紡がれる物語。日本の歴史上の人物を主人公にした時代劇と、よく似た構造と理解して下さい。

その中で誕生した新たなキャラクターが、また新たな物語を生み出してゆく。二次創作は創造の世界を広げるのに必要な存在です。

二次創作と言えば、日本のポップカルチャーの得意技と思われがちですが、カンフー映画もまた誕生と共に、二次創作でその世界を広げたジャンルです。

二次創作の視点でカンフー映画の歴史を振り返ると、実に興味深いものがあります。

まとめ


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

この映画の紹介と共に、ウォン・フェイホンを軸にカンフー映画の歴史を振り返ってみました。

改めて作品に目を向けるとカンフー、ワイヤーアクションに、勧善懲悪の物語にコミカルな登場人物を配した、カンフー映画王道の形式で作られた作品と言えます。

またこうもり傘や獅子舞を使用したアクションシーンなど、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズのオマージュ的シーンが多数確認できます。

新たにカンフー映画に興味を持った方も、従来からのカンフー映画ファンの方も満足できる作品です。

なお、エンドロールにメイキングとNGシーンが付いています。これまた、カンフー映画お約束の形式ですね。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)2018 THE ODDS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

次回の第32回は大金か死か!命を賭けた拷問ゲームを舞台に繰り広げられる“マンツーマン”サイコホラー映画『オッズ』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点』感想と評価。画家の知られざる人生とは|映画と美流百科14

連載コラム「映画と美流百科」第14回 こんにちは、篠原です。 毎回、新作映画を取り上げ、その映画で扱われているカルチャーも紹介している本コラムですが、第1回目で取り上げたのが芸術家の人生と作品を約90 …

連載コラム

【ネタバレ】メデジン 麻薬カルテルをぶっ潰せ!|あらすじ結末感想と評価解説。映画キャストに監督自ら登場するフランスのアクション・コメディ|Amazonプライムおすすめ映画館22

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第22回 フランク・ガスタンビドゥが原案・脚本・監督を務めた、2023年製作のフランスのアクションコメディ映画『メデジン 麻薬カルテルをぶっ潰せ!』。 …

連載コラム

アニメ鬼滅の刃 遊郭編ネタバレ考察解説|三期刀鍛冶の里編の放送前に原作比較×オリジナル描写を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察34】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第34回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 2021年12月5日より放送 …

連載コラム

映画『大脱出3』感想とレビュー評価。スタローン演じる脱獄プロフェッショナルに訪れる最大のピンチとは|すべての映画はアクションから始まる1

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第1回 脱獄のプロフェッショナル、レイ・ブレスリンが挑む3度目のミッション! 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったア …

連載コラム

アカデミー賞2020ノミネート作品の行方は?近年の「SFホラー映画」とその関係性を解説|SF恐怖映画という名の観覧車86

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile086 2020年のアカデミー賞ノミネート作品の一覧が発表され、各賞をどの作品が受賞するのか世界中で話題となっています。 しかし、その裏で201 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学