Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『BUYBUST バイバスト』あらすじネタバレと感想。フィリピン発のバイオレンスアクション巨編|未体験ゾーンの映画たち2019見破録23

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第23回

今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、国籍・ジャンル無用で選ばれた計58本の映画を続々上映中です。

第23回は、隠れたアクション映画大国・フィリピン作品。この映画に投入されたのはスタントマン総勢309名、銃弾15321発、そして火薬251キロ!

女捜査官ニーナは汚職警官の裏切りで仲間を失いますが、過酷な訓練の末に新たな麻薬撲滅部隊の一員になり、犯罪組織のアジトがあるスラム街に乗り込みますが…。

ハードコアバイオレンス・アクション映画『BUYBUST バイバスト』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『BUYBUST バイバスト』の作品情報


(C) 2018 Viva Films and Reality Entertainment All Rights Reserved

【公開】
2019年(フィリピン映画)

【原題】
BuyBust

【監督】
エリック・マッティ

【キャスト】
アン・カーティス、ブランドン・ヴェラ、ヴィクター・ネリ

【作品概要】
フィリピン警察麻薬撲滅部隊が、スラム街であらゆる敵と戦う壮絶な一夜を描いた、バトルロイヤルアクション映画。

主演を務めたアン・カーティスは、フィリピンでモデル・歌手そしてテレビ番組ホストとして多才に活躍するオーストラリア出身の女優で、フィリピン武道のトレーニングを積み、銃と体を使った激しいノンストップ・アクションに挑みます。

監督のエリック・マッティは『牢獄処刑人』や『ABC・オブ・デス2』の1エピソード「I is for Invincible(無敵)」を手がけ、美人女優とベテラン監督が見せる、誰も見たことのない極限のアクションシーンが披露される作品です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『BUYBUST バイバスト』のあらすじとネタバレ


(C) 2018 Viva Films and Reality Entertainment All Rights Reserved

麻薬戦争下にあるフィリピン警察。2人の捜査官が、麻薬ディーラーのテバンを厳しく尋問しています。

捜査官の1人、デラクルス刑事は暴力も辞さない態度で、テバンから麻薬組織のボス、ビギー・チャンの居場所を聞き出そうとします。

その上司であるアルヴァレスはテバンにタバコを差し出し、身の安全の保障を条件に情報の提供を求めます。

観念したテバンは、ビギー・チェンがマニラのスラム街、トンドに居ると告げます。

トンド地区は警察により麻薬から解放された地区でした。しかしテバンは笑って否定します。キレイにしても、奴らは戻ってくる…。

フィリピン警察麻薬撲滅部隊の訓練所。野外を走り回り、ナイフを使った格闘、銃を使用して室内に潜む敵を制圧する、実戦さながらの激しい訓練を男女隊員が受けていました。

その1人、新たに部隊に加わった女隊員ニーナ(アン・カーティス)は独自の判断で命令を無視して行動します。

ラクソン隊長(ヴィクター・ネリ)はニーナの体を防弾チョッキの上から撃ち、叱責します。

倒れたニーナに手を差し出す隊員のリコ(ブランドン・ヴェラ)。しかし彼女は1人で立ち上がります。

命令に従って死ぬのは無駄、と言い切るニーナ。かつて彼女が所属した部隊は麻薬組織との戦いで全滅し、彼女だけが生き残ったのです。

1人生き残った結果、ニーナは同僚から裏切り者=ユダかもしれない、と疑われていました。

隊長はニーナに、ワンマンの軍隊は無いと説得します。仲間を死なせた人間として不吉がられる彼女を、ラクソンは自分の部隊に受け入れていました。

チームを優先できるな、と問うラクソン隊長。ニーナは隊長の命令に従うことを約束します。

部隊はアルヴァレス捜査官の作戦に従って、麻薬組織壊滅のため出動することになりました。

作戦はテバンを囮に麻薬の取引を行い、現れたビギー・チェンを逮捕する計画でした。

部隊は2つのチームに分かれ、ブラボーチームはデラクルス刑事と共に、テバンの取引に立ち合います。

そしてアルファチームは武装して、彼らを支援する手はずになっていました。

部隊は取引現場となるマニラ市内の公園に向かいます。

19:39。公園を歩くテバンをアルファ・ブラボー両チームが見張ります。

テバンにビギー・チェンからの電話が入りますが、警戒したのかチェンは取引場所の変更を連絡してきます。

作戦は予定通りに行かなくなりました。ニーナはラクソン隊長に作戦継続は自殺行為だと訴えます。しかし隊長とデラクルス刑事は作戦の続行を決断します。

21:38。テバンはスラム街のトンド地区に入って行きます。ブラボーチームとデラクルスはテバンの仲間を装って私服でついて行きます。

ラクソン隊長、ニーナ、彼女に好意的な隊員リコらのアルファチームは、完全武装した姿で彼らから離れてスラムを進みます。

テバンはビギー・チェンの手下、チョンギと出会います。テバンはデラクルス刑事とブラボーチームの面々を荷物持ちと紹介しますが、彼らの武器はチョンギに取り上げられます。

チョンギの案内で、迷路のようなスラムの奥へと進む一行。アルファチームは後を追いますが、彼らを目撃したスラムの住民を、やむを得ず拘束し引き連れて進みます。

ついに取引現場となる住居に到着し、中に入るテバン一行。アルファチームは拘束した住人を一ヶ所に集めると、展開して住居を包囲します。

住居内の会話を無線で確認するラクソン隊長とニーナたち。しかし電波妨害で外部と連絡がとれなくなったと悟ります。

地元ギャングの一員、マノクが現れ、住居を守る男を何か会話する姿を見たアルファチームに緊張が走ります。

この状況にニーナはラクソン隊長に撤退を具申しますが、隊長は中にいるメンバーの脱出を待つと決断します。

テバンに隠し持たせた無線機が屋内の緊張した会話、そして銃声を伝えます。取引は囮とバレていました。住居の中の仲間を救うべくニーナたちは発砲します。

銃撃戦の中無線機は、ユダよ、今回も協力に感謝する、との言葉を拾います。アルファチームはスラム街を逃げまどいます。

スラムの住人も銃撃戦に巻き込まれ傷付いていきます。チョンギは捕えた隊員を殺し、さらに住人の老人を人質にして部隊に降伏を呼びかけます。

なすすべも無く老人はギャングに射殺され、スラム住民のリーダー格であるソロモンは悲しみと憤りにくれます。

23:42。ラクソン隊長は罠にはまったと理解しますが、それでもブラボーチームを置き去りにすることを躊躇していました。

隊員たちはあちこちから射撃され、巻き込まれた住民も身近な得物を手に襲ってきます。銃撃・格闘戦が次々繰り広げられ、アルファチームの隊員も命を落してゆきます。

そこにデラクルス刑事が現れます。無傷で現れた彼が裏切り者では、との疑問をデラクルスは否定します。

デラクルスは仲間を見つける必要があると訴え、すでに電話で応援を呼んだと伝えます。武器弾薬の補充の必要もあり、ラクソン隊長は取引現場に戻ることにします。

取引現場にはブラボーチームの面々の遺体が並んでいました。そこに難を逃れたテバンが現れ、デラクルスは裏切り者と叫んで殴りかかります。

それを見たニーナは、そうやって私の部隊をハメたな、とデラクレスを責めます。彼女の前の部隊が壊滅した現場にもデラクレスはいたのです。

デラクレスは否定しますが、隊長は彼に手錠をかけるよう指示し、その上で彼とテバンを連れて脱出することになりました。

雷雨が激しくなる中、部隊は移動しますが警察とギャングの戦闘に巻き込まれ、多くの犠牲者を出したスラムの住人たちも彼らを追って動き出します。

男だけでなく女も武器を手に襲い掛かり、ニーナらは格闘で彼らを倒してゆきます。

どうにか逃げ切った一同は、スラム街の建物の屋根の上を音をたてぬよう進みます。

それに気付いたギャングは住民を煽って部隊を襲わせ、ラクソン隊長も負傷し部隊はバラバラになります。

ニーナとリコは2人だけで、様々な凶器を手に、水浸しの通路で次々と襲い来る住人たちと闘います。

延々と繰り広げられた格闘の末に、ニーナは電線を水につけて住民らを感電させて倒し、ようやく難を逃れます。

リコも倒れていましたがニーナの介抱で息を吹き返します。

去ろうとする2人に女が襲い掛かりますがニーナは相手にせず、帰りなさいと告げます。

その姿にニーナに銃を向けていた住人は、引き金を引くのを思い止めます。

02:00。ようやくラクソン隊長らと合流できたニーナたちは、フェンスを越えればスラムの外にでる場所までたどり着きます。

しかし負傷した隊長は先に進めず、部隊は襲撃を受けます。ラクソンは重傷を負い、混乱に乗じてデラクルスは逃亡を図ります。

自分の最期を悟った隊長は、ニーナにデラクレスを追えと命じ彼女に後を託します。

以下、『BUYBUST バイバスト』ネタバレ・結末の記載がございます。『BUYBUST バイバスト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2018 Viva Films and Reality Entertainment All Rights Reserved

ニーナはリコと共にデラクレスを捕えます。テバンと合わせ残るは僅か4名になりました。

お前が間違いなく裏切り者のユダ、とデラクレス責めるニーナに、彼は以前彼女が所属した隊の全滅には関わっていないと釈明します。

彼は多くの警官が汚職に手を染め、麻薬組織は権力者とつながっていると釈明しますが、ついにニーナはデラクレスを射殺します。

地元ギャングのマノクが仲間を引き連れ、ニーナらを皆殺しにするとを宣言し襲撃を開始します。バイクに乗り巧みにサブマシンガンを操る男も現れ、3人は窮地に立たされます。

テバンを逃がし、ニーナとリコは反撃します。マノクの火攻めの企みを阻止し、激しく格闘する2人。ついにリコも負傷します。

03:17。何とか生き残ったニーナとリコは言葉を交わしますが、麻薬組織のギャングがチョンギに率いられ現れます。

絶対絶命の状況ですが、そこにソロモンに率いられたスラム住民たちが、武器を持って現れます。警察とギャング双方に多くの仲間が傷つけられ、彼らは怒りを募らせていました。

住民たちはついにギャングに対する反撃を決断します。警察、ギャング、スラム住民の三つどもえの戦いが始まり、混乱に乗じてニーナとリコは脱出します。

次から次へと襲い来る、あらゆる武器を持って現れる様々な人物と闘いを繰り広げるニーナとリコ。ニーナのために敵を食い止めたリコは、激闘の果てに命を落します。

屋根の上で戦っていたニーナは落下しますが、死体の上に落ちて助かります。無数の死体の中にリコの姿もありました。

彼女はリコが大切にしていたお守りを取ると、その場を去ります。

04:44。ニーナは隠れていたテバンがチョンギらギャングに捕まり、射殺される姿を目撃します。

ニーナはチョンギの言葉から、彼がまだユダの指示で動いていると知ります。チョンギがボスと共に逃げると知った彼女は、彼の後をつけます。

ニーナが単身乗り込んだ麻薬製造所にボスのビニー・チェンがいました。チェンはニーナに対して麻薬組織と警察が根深く癒着しているかを語ります。

デラクレスなど小物に過ぎず、組織はより大きな権力者とつながっている。多額の金が権力者に流れ、取り締まりや大物の逮捕は仕組まれたものに過ぎない。

俺たちは向こう側の人間のあやつり人形に過ぎない、と語るチェン。今回の警察の動きを伝えた人物、ユダは作戦を計画したアルヴァレス捜査官だったのです。

ニーナは背後から襲いかかってきたチョンギらを倒しますが、チェンに殴られ倒されます。命を奪われる寸前、アルヴァレスからチェンに連絡が入ります。

その隙をついてニーナは反撃し、ついに麻薬組織のボス、ビニー・チェンを逮捕します。

外に出たニーナを、怒りに燃えるスラム住民が取り囲みチェンの身柄引き渡しを要求します。彼女は必ず真相を暴くと約束し、その言葉を信じたソロモンは彼女らを解放します。

スラムを出て警察に保護されるニーナ。迎えにアルヴァレス捜査官と部下が現れます。

アルヴァレスはニーナを讃えますが、彼女は油断していません。

ニーナはチェン、アルヴァレスと共に警察車両に乗り込みます。アルヴァレスが電話で何者かから、この事件をどう始末するか指示を仰いでいると彼女は察します。

ニーナはアルヴァレスと部下、チェンを射殺し、駆けつけた警官には容疑者が抵抗したので反撃し射殺した、と伝えます。

テレビのニュースは、大統領の指揮する麻薬戦争がまた勝利し、組織のボス、ビギー・チェンの逮捕をされたと報じています。

そのニュースは犠牲者の数を、関係者と住民を会わせて13人であると告げていました。

スポンサーリンク

映画『BUYBUST バイバスト』の感想と評価


(C) 2018 Viva Films and Reality Entertainment All Rights Reserved

アクション映画ファン必見の“ノンストップ極限バトルロイヤル”

本作『BUYBUST バイバスト』の1番の魅力は間違いなくアクションシーンです。

空手の荒行に“百人組手”、次から次へと相手を変えて戦う試合形式がありますが、同様に続々現れる敵を主人公がなぎ倒す作品は、昔からあらゆるアクション映画で存在しました。

『BUYBUST バイバスト』の設定のユニークな点は、敵がギャングだけでなくスラムの一般住民であることです。

銃火器だけでなく、ナイフ・包丁・こん棒など日用品を含めたあらゆる得物を手にした、あらゆる扮装で現れる男女の敵を、主人公は容赦なく倒してゆきます。

コメディ映画にありがちな突飛な描写に、思わず笑いすらこみ上げますが、映画のトーンはハードそのもの。長回しで見せるシーンも多く、住民が大挙主人公に襲い来るシチュエーションは必見です。

細かいショット割りやワイヤーアクション、CGなど視覚的工夫ではなく、役者の肉体を駆使して組み立てられた、高度に設計された銃撃・格闘シーンが見せ場となっています。

この激しいシーンを演じたアン・カーティスが武闘家でもスポーツ選手でもなく、モデルやタレント業出身の女優と知って驚きました。

この映画のアクション監督、ソニー・シシオンはハリウッド映画や米ドラマでスタントマンとして数多くの実績を積んだ人物。監督と共に徹底したアクションシーンを作り上げたのです。

とんでもないアクションシーンが描けた背景


(C) 2018 Viva Films and Reality Entertainment All Rights Reserved

ギャングや悪徳警官に苦しめられた街の住民が最後に立ち上がり、大抵の主人公と共闘するのが映画の王道。

ところが本作のスラムの住人たちは、怒りのあまりギャングのみならず、正義を貫く警官である主人公らにも襲い掛かります。

身を守るためとはいえ、主人公も彼らを次々容赦なく叩きのめしていきます。この描写が最大の見せ場となりますが、貧しくとも善良彼らに対し何ともトンデモない描き方です。

その背景には2016年に就任した、フィリピンのドゥテルテ大統領の始めた「麻薬戦争」があるのでしょう。

麻薬撲滅のため、関係する犯罪者はあの世に送って良いと宣言した大統領の下、逮捕の現場で射殺される容疑者が続出。

その数は現在までに5千人とも2万人とも言われています。フィリピン政府はその成果を強調していますが、麻薬組織の一員として殺された人物は貧困層の末端の人物がほとんどで、大物が対象になる事例は僅かです。

本当に犯罪に関与したか不明のまま殺害された人物も多数で、海外から人権蹂躙として非難されている「麻薬戦争」ですが、今だ収束していません。

警官たちを襲ったスラムの住人たちは、この映画のアクションシーンを生み出すのに必要な存在ですが、同時にフィリピンの現状に対する批判でもあるのです。

まとめ


(C) 2018 Viva Films and Reality Entertainment All Rights Reserved

1960~70年代に海外に向けB級娯楽映画を製作したフィリピン映画界。90年代に低迷期を迎えますが、以前の流れからアメリカなどの海外アクション映画のロケ地になりました。

その結果多くのスタントマンがハリウッドに進出し、フィリピンの伝統武術「カリ」は、現在のハリウッドアクションの主流の1つになっています。

ハリウッドでスタントコーディネーターとして活躍するソニー・シシオン。彼がフィリピン映画界に戻って存分に実力を発揮したのがこの作品です。

激しくも過激なアクションシーンが生まれた様々な背景に注目して、ぜひこの映画をご覧下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)2016 QUEDADAS FILMS S DE R.L. DE C.V. ALL RIGHTS RESERVED

次回の第24回は麻薬戦争を背景に、少女の体験する恐怖と悲劇を描いたメキシコのホラー映画『ザ・マミー』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『愛、アムール』感想と解説。ハネケ映画を愛と呼ぶべきか|偏愛洋画劇場9

連載コラム「偏愛洋画劇場」第9幕 今回ご紹介するのは第65回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、ミヒャエル・ハネケ監督による『愛、アムール』(2012) …

連載コラム

ドキュメンタリー映画『太陽の塔』岡本太郎が2つの代表作品に込めた祈りの表現とは|映画と美流百科12

連載コラム「映画と美流百科」第12回 1970年の大阪万博のシンボルとして岡本太郎によって作られた≪太陽の塔≫が耐震修復工事を終え、今年2018年3月に約半世紀ぶりにその内部が公開されました。 そして …

連載コラム

三池崇史×椎名桔平映画『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』をトークイベントにて振り返る|2019SKIPシティ映画祭3

第16回を迎えるイベントが、2019年も開幕! デジタルシネマにフォーカスし、“若手映像クリエイターの登竜門”として次代を担う新たな才能の発掘を目指す「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(7月21日( …

連載コラム

『パパは奮闘中!』感想と評価解説。「夫婦・労働・子育て問題」と物語に流れる確かな信念が心を打つ|銀幕の月光遊戯28

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第28回 突然妻が何も言わず家を出ていき、仕事と育児に悪銭苦闘することとなった夫とその子どもたち。ベルギー・フランス合作映画『パパは奮闘中!』は現代の様々な問題を内包しつつ …

連載コラム

韓国映画『目撃者』あらすじとネタバレ感想。キャストの演技力で都会に潜む他人への無関心を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録41

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第41回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、韓国で大ヒットした映画を紹介します。 日 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP