Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/03/31
Update

マシュー・ボーン『ロミオとジュリエット』感想とレビュー評価。映画館でバレエ舞台を堪能【IN CINEMA】

  • Writer :
  • 石井夏子

『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』は2020年6月5日(金)より全国順次公開。

マシュー・ボーンが演出・振付を手掛けたバレエの舞台が『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』として、2020年6月5日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMAを皮切りに全国の映画館で順次公開されます。

原作はウィリアム・シェイクスピアの恋愛悲劇。設定を近未来の施設内に変更したことで、古典を瑞々しく蘇らせました。

主演2人の軽やかさも見どころながら、それ以上にティボルトやマキューシオといったサブキャラクターたちへの新たな解釈と描き方が出色の作品となっています。

スポンサーリンク

映画『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』の作品情報

(C)Illuminations and New Adventures Limited 2019

【日本公開】
2020年(イギリス映画)

【演出・振付】
マシュー・ボーン

【舞台・衣装デザイン】
レズ・ブラザーストン

【照明】
ポール・コンスタンブル

【音響】
ポール・グルースイス

【音楽】
セルゲイ・プロコフィエフ

【キャスト】
ロミオ:パリス・フィッツパトリック、ジュリエット:コーデリア・ブライスウェイト、ティボルト:ダン・ライト、マキューシオ:ベン・ブラウン、バルサザー:ジャクソン・フィッシュ

【撮影場所】
サドラーズ・ウェルズ劇場

【作品概要】
スワン役を男性ダンサーたちが演じた『白鳥の湖』など、古典を大胆な解釈で再構築してきたマシュー・ボーン。彼が率いるコンテンポラリー・バレエ集団ニュー・アドベンチャーズの舞台『ロミオとジュリエット』をスクリーン用に撮影。

ウィリアム・シェイクスピアの同名戯曲の設定を近未来に書き換え、愛が禁じられた世界で激しく互いを求めあう若者たちを描きます。

音楽は1936年に発表されたセルゲイ・プロコフィエフ作曲のバレエ音楽を使用。

映画『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』のあらすじ

(C)Illuminations and New Adventures Limited 2019

近未来、反抗的な若者たちを矯正する教育施設「ヴェローナ・インスティテュート」では、看守の監視と投薬により、収容者たちは肉体も精神もコントロールされていました。

施設内は男女別に分けられているため異性とも自由に交流できません。

毎日決められた時間に訓練をし、指図されるがままに作業を続ける収容者たち。少しでも足並みを乱すと、看守ティボルトから厳しい処罰を受けます。

作業後、ミスを犯した少女をティボルトが叱責。彼女を庇ってティボルトの前に立ちはだかったのは、収容者のジュリエットでした。

ジュリエットの体を弄び、別室に連れ込むティボルト。別室から戻ってきたジュリエットは打ちひしがれます。

一方で、有力政治家モンタギュー夫妻は、問題行動の多い息子・ロミオを見放し、「ヴェローナ・インスティテュート」に入所させました。収容者のマキューシオやバルサザーから茶化されるロミオでしたが、次第に彼らと友情を育んでいきます。

ある日、施設に出入りしているローレンス牧師の計らいで、ダンスパーティーが開かれることに。パーティーでは男女の交流が許され、皆ドレスアップして異性を踊りに誘うことができます。

ですがそんな時も看守たちの目が光り、収容者たちは心から楽しむことができません。

ロミオはジュリエットを一目見て恋に落ちました。ジュリエットも彼の眼差しに気づき、心奪われます。

2人の思いに気づいたマキューシオたちは看守やローレンス牧師の目を欺き、収容者だけの自由な時間を手に入れることに成功。

ロミオとジュリエットのほか、恋人同士のマキューシオとバルサザー、そのほかの収容者たちも情熱と恋心に身を任せ、ひとときの逢瀬を楽しみます。

しかし酒に酔ったティボルトが恋人たちを引き裂き、間に入ったマキューシオを射殺。収容者たちは復讐のためにティボルトに立ち向かいますが…。

スポンサーリンク

映画『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』の感想と評価

(C)Illuminations and New Adventures Limited 2019

時代とともに変化する恋の障壁

シェイクスピア作の戯曲では、宿敵同士の貴族の家柄に生まれてしまったことで悲劇が起こります。しかし、21世紀を生きる観客にとって「お家問題」は身近なことでは無くなってしまいました。

バズ・ラーマンによる映画『ロミオ+ジュリエット』(1996)では、両家を敵対するマフィア同士という設定にすることで、若き恋人たちの悲恋を現代劇として成立させました。

ですが本作において家柄は恋の障壁ではありません。ロミオの両親は体裁を気にするばかりで息子への愛の無い人物として描かれていますが、ジュリエットに関しては、家族も収容所にいる理由も明示されていないんです。

そして他の収容者たちは2人の恋路に歓迎ムード。恋に落ちたロミオを囲む男子たちのちょっと際どい会話、ジュリエットを囲む女子たちのガールズトークの場面は愛敬たっぷりでとても和やか。

そんな本作で恋人たちを阻む大きな壁となるのは、看守のティボルトです。原作ではジュリエットの従兄弟として登場し、短気な性格ゆえに両家の諍いに拍車をかけ、悲恋を加速させる役回りのティボルト。

とにかく会話が通じずキレやすい性格の彼を、本作ではヴィランとして配し、ジュリエットら収容者を執拗に追いつめます。看守という立場を利用し、女性収容者を性的にも支配している彼は、他者を慈しむことを知りません。

ジュリエットを“処罰”するときの欲望が剥き出しになった荒々しいデュエットと、狂気の身のこなしは必見です。

雄弁な肉体に魅了される

(C)Illuminations and New Adventures Limited 2019

本作はバレエ公演の映像化のため、セリフはありません。シェイクスピア劇といえばその膨大なセリフが魅力でもあります。

ですがダンサーたちの肉体は言葉よりも雄弁に語りかけ、観る者の心を揺さぶります。手先から、眼差しから、呼吸から、彼らの声が聞こえてくるんです。

原作でもロミオの友人であるマキューシオは、飄々としたキャラクターはそのまま、物語に躍動感を与えてくれます。その分、彼が不在になってしまう後半部は、遺された登場人物たちと同じく大きな喪失感に駆られました。

そしてローレンス牧師、ロミオの母、看護師を演じたデイジー・メイ・キャンプは、ダンスパートこそ少ないものの、確かな表現力で役の性別も年齢も飛び越えます。

クライマックスはシェイクスピアの別作品を彷彿とさせる展開となり、マシュー・ボーンの構成力に驚かされること間違いなしです。

原作を知らなくても、バレエ公演を観た事がなくても、収容所という小さな世界で繰り広げられる大きな物語に魅入ってしまうことでしょう。

まとめ

(C)Illuminations and New Adventures Limited 2019

マシュー・ボーン率いるコンテンポラリー・バレエカンパニー、ニュー・アドベンチャーズは、バレエの古典作品の数々を斬新な解釈により、新しい世界観に創り上げています。彼の演出・振付する舞台では、ダンサーの誰もがキャラクターとして物語の中で生きています。

それもそのはず、このカンパニーでは役を演じる時に「キャラクター・シート」というものを作る決まりがあり、そこにダンサーが自分の役柄の経歴を書き込み、役を深めているんです。また、作品に関連する映像や書籍でのリサーチも大切にしているそう。

そういった一つ一つの取り組みが、登場人物たちをダンサー自身の肉体と結びつけ、物語を大きく膨らませているんです。

2020年6月にはローレンス・オリヴィエ賞で2冠を達成した舞台『赤い靴』の来日公演も予定されているニュー・アドベンチャーズ。本作を観てマシュー・ボーンの世界観に虜になった方はぜひ生の舞台も体感してみてください。

『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』は、2020年6月5日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMAを皮切りに全国の映画館で順次公開です。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

世界がアンナに恋をした。 伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。 『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。 主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ …

ラブストーリー映画

映画『ナラタージュ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【松本潤×有村架純共演おすすめ代表作】

「この恋愛小説がすごい(2016版)」第1位に輝く島本理生の小説『ナラタージュ』を、松本潤と有村架純の共演で映画化。 島本理生が20歳の時に執筆した鮮烈な書き下ろし作『ナラタージュ』を、『世界の中心で …

ラブストーリー映画

映画『カサブランカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ハンフリー・ボガード&イングリッド・バーグマン代表作】

ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが共演した傑作中の傑作『カサブランカ」についてまとめました。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『カサブランカ』映画作品情報をど …

ラブストーリー映画

映画『貌斬りKAOKIRI』感想と考察!ディザスタームービーの俳優たち

本作『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』は、細野辰興監督の10作品目で、ひとつの節目となる作品です。 この作品の題材に用いられたのは、「長谷川一夫の暴漢顔切り事件」。 昭和 …

ラブストーリー映画

【ネタバレ】先生、私の隣に座っていただけませんか?|結末あらすじ感想と評価解説。最後まで目が離せないさわやかな不倫復讐劇

黒木華と柄本佑主演『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 「本当に観たい映画作品企画」の募集から映画化までバックアップを行うオリジナル作品のコンペティション「TSUTAYA CREATORS’ P …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学