Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/30
Update

【音楽がおすすめの映画】2020年ランキングベスト5:印象的な音色でさらに作品の虜になるセレクション《シネマダイバー:西川ちょり選》

  • Writer :
  • 西川ちょり

2020年の映画おすすめランキングベスト5 
選者:シネマダイバー西川ちょり

新型コロナウイルスの感染拡大により、映画業界も大きな影響を受けた一年でした。

上映延期、中止、映画館の休業など混乱を極めましたが、配信による公開の模索やリモート制作など様々な動きが見られたのも印象的でした。

そんな中、映画に携わる多くの方々の尽力のもと、映画館での上映が再開され、2020年度も数多くの良作が公開されたことには感謝の気持ちしかありません。

まだまだ厳しい状況が続きますが、テレンス・マリックの『ソング・トゥ・ソング』での台詞「歌によって人は高揚し救われる」にあやかって、「作品の出来が素晴らしいのは勿論のこと、音楽が非常に印象的だった作品」というテーマでベスト5を選んでみました。

【連載コラム】「2020年度映画ランキングベスト5」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

第5位『君が世界のはじまり』

【おすすめポイント】
もしかしたらあれは私だったかもしれない。私の親しい友人だったかもしれないー。

監督のふくだももこの小説を向井康介が脚色。鬱屈した閉塞感に押しつぶされそうになる高校生たちの心の叫びがブルーハーツの楽曲と共に響き渡ります。

俳優たちによるネイティブ大阪弁と持て余す肉体のエネルギーがヒリヒリとした痛みを伴ってまるでマシンガンのように炸裂する、本年度屈指の青春映画です。

第4位『スパイの妻』

【おすすめポイント】
1940年代の日本という、映画にすれば面白いものになること請け合いなのに、予算がかかり過ぎるからと敬遠されがちな題材を黒沢清監督が見事に描ききった秀作。

スリリングな展開を堪能し、蒼井優が倒れる前に発する一言には、そのままその言葉を打ち返したくなりました。

劇中に流れる楽曲「かりそめの恋」は、映画『ショウボート』の主題歌に日本語の歌詞をのせた1936年〈昭和11年)のヒット曲です。映画の中で2度流れますが、非常に重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク

第3位『スウィング・キッズ』

【おすすめポイント】
1951年、朝鮮戦争最中の巨斉(コジェ)捕虜収容所を舞台に、タップダンスに情熱を注ぐ「スウィング・キッズ」のメンバーたちをカン・ヒョンチョル監督が、ダイナミックかつ繊細に描いたドラマ。

タップダンスということで、ベニー・グッドマンの「シングシングシング」など多くの楽曲が流れる中、とりわけ印象的なのが、主演のD.O.とパク・ヘスが別々の場所でタップを踏む姿が交互に映し出されるシーンにデヴィッド・ボウイの「Modern Love」が流れること。この時代にこの選曲でくるとは! そのセンスに脱帽です。

第2位『鵞鳥湖の夜』

【おすすめポイント】
『薄氷の殺人』(2014)のディアオ・イーナン監督の5年ぶりとなる作品。『薄氷の殺人』の静謐な緊張感とは打って変わって、ジョニー・トーばりの活劇が繰り広げられたりまるでゴダールのようなショットが現れたり、驚きのごった煮感が異様な魅力を醸し出している一編。

中国南部のリゾート地を舞台に窃盗団、警察、観光客が入り乱れる中、大勢の人間が同じ方向を向いて同じフリで黙々とダンスしている風景が強烈な印象を残します。彼らが合わせて踊っているのはボニーMのディスコ・ミュージック「怪盗ラスプーチン」です。

スポンサーリンク

第1位『燃ゆる女の肖像』

【おすすめポイント】
18世紀のフランス・ブルターニュ地方を舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と彼女の肖像画を描く女性画家に芽生えた親密な感情をセリーヌ・シアマ監督が鮮烈に描いた愛の物語です。

女性たちが身分を超えて連帯するわずか5日間の日々が儚くも愛おしく胸に迫ります。思い出の曲であるヴィバルディの「四季 夏」の演奏を聴きながらヒロインのひとりが泣き笑いの表情を見せるあの長いショットが忘れがたい余韻を残します。

これからはこの曲を耳にするたび、映画のこと、彼女たちのことを思い出すことになるでしょう。

2020年注目の監督とキャスト

(C) Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

監督賞:ビー・ガン
男優賞:細川岳
女優賞:片山友希

【コメント】
ビー・ガンの『ロングデイズ ・ジャーニー この夜の涯てへ』と『凱里ブルース』の2作がロードショーされたことは2020年映画界の特筆すべきことのひとつでしょう。

2作品ともビー・ガンの生まれ故郷、凱里を舞台に、現実と記憶が交錯し、驚異的なワンシークエンスショットが展開します。その独自の映像世界にすっかり魅了されてしまいました。

残念だったのは、コロナ禍で関西では『ロングデイズ・ジャーニー』の3D上映が中止になってしまったことです。いつか映画館で3D版を観てみたいものです。

男優賞、女優賞は2020年に公開された作品の中でもっとも記憶に残る人物を演じ、今後の活躍が楽しみでならない俳優として、『佐々木、イン、マイマイン』の細川岳、『君が世界の始まり』の片山友希を選出しました。

まとめ

(C)Lilies Films.

2020年も韓国映画は粒ぞろいの作品が揃いました。愉快なコメディーアクションの『エクストリーム・ジョブ』は、労働者賛歌ともいうべき熱い魂がみなぎり、俳優のキム・ユンソクの初監督作品『未成年』では親の不倫問題で揺れる少女たちの心が繊細に描かれ、ハン・ソッキュとソル・ギョングの共演作『悪の偶像』における異様な悪の姿に震撼し、『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』では、久しぶりにスクリーンに復帰したイ・ヨンエが、まるで『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラピばりに一人怪しげな漁港に乗り込んでいき、キム・ボラ監督の『はちどり』は、一人の少女の成長が韓国社会の成熟への軌跡と重ねて描かれました。韓国映画だけでベストが組めるほど充実していました。

勿論、他にも多くの優れた作品が心に残っています。Netflixによるオリジナル映画も続々と話題作が飛び出し、アカデミー賞を大いに賑わすのではないかと予想しています。とりわけ、チャドウィック・ボーズマンが出演した『ザ・ファイブ・ブラッズ』、『マ・レイニーのブラックボトム』、チャーリー・カウフマンの『もう終わりにしよう』、エディー・マーフィーが溌溂とした演技を見せた『ルディ・レイ・ムーア』が印象に残っています。

【連載コラム】「2020年度映画ランキングベスト5」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『サイバーミッション』ネタバレ感想と評価。非現実的な世界で描かれるリアル|サスペンスの神様の鼓動9

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回、取り上げる作品は、ハッカー同士の激しい攻防戦を描い …

連載コラム

『ゴーストランドの惨劇』感想と評価【トラウマ映画・どんでん返し】の鬼才パスカル・ロジェが描く新たなホラーの恐怖|SF恐怖映画という名の観覧車61

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile061 『マーターズ』(2009)で世界にトラウマを植え付けたホラー界の鬼才パスカル・ロジェ。 理不尽な暴力を描く作品が評価を集める一方で、前回 …

連載コラム

映画『処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ』ネタバレあらすじと感想レビュー。ホラーにブラックな笑い満載の対決|未体験ゾーンの映画たち2020見破録33

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第33回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第33回で紹介するのは、ぶっ飛んだタイトルのゾンビ映画『処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ』。 …

連載コラム

宇治茶映画『バイオレンス・ボイジャー』感想と内容解説。“ゲキメーションとバイオレンス”が融合した新たな恐怖の形|SF恐怖映画という名の観覧車46

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile046 「violence」=「①激しさ。強烈さ。②暴力。暴行」 2019年5月24日から公開される映画『バイオレンス・ボイジャー』(2019) …

連載コラム

『華氏119』ネタバレ感想。マイケル・ムーアが映画でトランプの真実を暴く|だからドキュメンタリー映画は面白い1

『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『華氏911』といったドキュメンタリー映画で、アメリカ社会が抱える歪みをアポなし取材で徹底的に追究してきた監督マイケル・ムーア。 そのムーア監督の最新作『華氏11 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学