Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/15
Update

映画『友達やめた。』感想評価と考察解説レビュー。コミュニケーションの壁を乗り越える心の越境ドキュメンタリー|だからドキュメンタリー映画は面白い53

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第53回

友達って、ハンディキャップって、コミュニケーションって何?

今回取り上げるのは、2020年9月19日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次劇場公開、オンライン配信も同時スタートされる映画『友達やめた。』です。

聴覚障がいを持つ今村彩子監督が、アスペルガー症候群の友人・まあちゃんとの関係を、自らのカメラでありのままを映し出します。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『友達やめた。』の作品情報

(C)2020 Studio AYA

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・撮影・編集】
今村彩子

【構成】
山田進一

【音響効果】
野田香純

【音楽】
やとみまたはち

【キャスト】
わたし(今村彩子)、まあちゃん

【作品概要】
『珈琲とエンピツ』(2011)、『Start Line』(2016)などのドキュメンタリー映画を手がけてきた今村彩子監督の作品です。

ろう者である今村監督が、アスペルガー症候群の友人との関係を、2017年秋から自らカメラを回して撮影。2人のやりとりから、ハンディキャップとは何か、人間関係とは何かといった様々な問題と向き合っていきます。

映画『友達やめた。』のあらすじ


(C)2020 Studio AYA

空気を読みすぎて疲れてしまい、人と器用につき合うことができない、アスペルガー症候群の「まあちゃん」。

かたや、理解があるような顔で、内心悶々としたものをかかえる、映画監督の「わたし」。

些細なことでギクシャクする間柄を繰り返す2人が、これからも友だちでいるためにはどうすればいいか。

そう考え、「わたし」はカメラを回しはじめますが、たどり着いたのは、「友達やめた」という結論でした。

はたして、2人の関係はどうなる?

スポンサーリンク

マイノリティとディスコミュニケーション


(C)2020 Studio AYA

本作は、撮影者でもある、聴覚障がいを持つ「わたし」こと今村彩子監督(あやちゃん)と、友人の「まあちゃん」の2人を被写体としています。

発達障がいの一種とされる、アスペルガー症候群の「まあちゃん」は、聴覚過敏の併発もあり、「わたし」との対話を手話で行います。

プライベートはもちろん、映画制作時の編集作業を手伝ってもらうなど、仕事面においても「まあちゃん」と関わり合いを持つ「わたし」は、ハンディキャップを抱える者同士として、何でも分かり合えると思っていました。

しかし、相手の思考を思ったり、気配りすることを不得手とする「まあちゃん」との間に、次第にコミュニケーションの齟齬=ディスコミュニケーションを感じるようになっていきます。

聴覚障がい者というマイノリティであると自覚していたはずの「わたし」が、「まあちゃん」と接するとマジョリティ側になってしまう。

「まあちゃん」とのディスコミュニケーションは、それがアスペルガーから来るものなのか、それとも彼女自身の性格から来るものか、といった疑問も生じるようになります。

合わせ鏡な2人


(C)2020 Studio AYA

「わたし」である今村監督は、「コミュニケーションとは何か、ハンディキャップとは何か」というテーマを、自身を被写体に追究し続けてきました。

前作『Start Line』では、監督が沖縄から北海道まで健常の伴走者と一緒に自転車で旅をする様子を、カメラに収めています。

旅を続けていくうちに、疲労から伴走者の話を聞くのを止めたり、自分が聴覚障がい者だからと卑屈になり、周囲への気遣いを面倒がっていく監督。

そんな彼女に対し伴走者は、ハンディキャップが必ずしもコミュニケーションの妨げの原因になるわけではないと、何度も叱責します。

『Start Line』での監督と伴走者は、本作での「わたし」と「まあちゃん」であり、さらには「わたし」と「まあちゃん」は合わせ鏡な関係にも見えてきます。

参考映像:『Start Line』(2016)

本作を観ていると、デヴィッド・フィンチャー監督作『ソーシャル・ネットワーク』(2011)を連想させます。

世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」の創設者マーク・ザッカーバーグの半生を描いたこの作品では、明示はされていないものの、主人公のザッカーバーグが他人の思考を察することができない、一種のアスペルガー症候群の人物であるかのように描かれています(実在のザッカーバーグがアスペルガーとは公表されていない)。

喜怒哀楽の感情も表に出さないザッカーバーグは、次第にFacebookを取り巻くビジネスの潮流に呑み込まれ、ついには友人にして共同経営者のエドゥアルドとの関係にも変化が生じていきます。

しかしながら、本作の「まあちゃん」はザッカーバーグとは違い、笑顔を絶やしませんし、涙も流します。

何よりも、「わたし」からの不満を受け、自身のハンディキャップを自覚しつつ、「わたし」に歩み寄ろうとする姿勢を見せます。


(C)2020 Studio AYA

終盤、徐々に「わたし」の中に沸いていた「まあちゃん」への不満が、とある理由で一気に噴出する事態に。

『ソーシャル・ネットワーク』でのザッカーバーグは、Facebook上で数百万もの知人を作っていく一方で、直に対話できる一人の友だちを失います。

ザッカーバーグのように、「わたし」と「まあちゃん」も、「友達やめた。」状態になってしまうのか?

その後の顛末は是非とも本編を観てもらうとして、一つ言えるのは、ディスコミュニケーションは、新たなコミュニケーションを生むきっかけにもなるということです。

映画『友達やめた。』は、2020年9月19日(土)より劇場公開とオンライン配信を同時スタート。新宿K’s cinemaほか全国順次公開です。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画『サスぺリア』いわくつきの原作リメイクを内容解説|SF恐怖映画という名の観覧車32

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile032 2019年も3週目を迎えました。 皆さまの初映画はどんな作品だったでしょうか。 今回は、初映画はまだと言う方にも、大作ホラーを期待してい …

連載コラム

映画『ビッグ・リトル・ファーム』感想とレビュー評価。“理想の暮らしのつくり方”として、自然の摂理に託した農場づくりに臨む|だからドキュメンタリー映画は面白い42

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第42回 自然を愛する夫婦が望む、究極の農場とは──。 今回取り上げるのは、2020年3月14日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU …

連載コラム

映画『テッド・バンディ』あらすじと感想レビュー。疑心を抱いた恋人と“もう1人の殺されなかった女性”|メランコリックに溺れたい3

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第3回『テッド・バンディ』 「シリアル・キラー」はお好きですか? 今日取り上げるのは、その語源となった連続殺人犯を描く、 ジョー・バリンジャー監督の映画『テッド・ …

連載コラム

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』あらすじと感想。ジョージ・A・ロメロが描く元祖感染パニックホラー!|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑧

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント「夏のホラー秘宝まつり」。今年は6本の新作映画と、2本の旧作 …

連載コラム

【平成モスラ1・2・3考察と比較解説】子供と見たいファンタジー映画に特撮技術の操演からCGへの変化が可能にした怪獣メタモルフォーゼ|邦画特撮大全76

連載コラム「邦画特撮大全」第76章 今回の邦画特撮大全は「平成モスラ」シリーズを紹介します。 東宝特撮映画を代表する怪獣モスラは、1961年公開の映画『モスラ』で初登場。 怪獣王ゴジラと並ぶ人気を誇り …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP