Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『Cosmetic DNA』映倫先輩との甘酸っぱい思い出【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦4】

  • Writer :
  • 大久保健也

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』
第4回「映倫先輩との甘酸っぱい思い出」

皆様、お世話になっております。誰もお前の世話なんかした覚えねえよというそこのあなた、今こうしてリンクから飛んでこの記事を読んでくれている。それだけで僕はもう嬉しいです。


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

お世話になっております。今秋劇場公開の映画『Cosmetic DNA』の監督の大久保健也です。

映画『Cosmetic DNA』が映倫先輩からPG12指定(小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要)を受けた話はもう既に連載コラム第1回でお話しました。

今回はその映倫先輩についてお話させてください。

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

スポンサーリンク

映倫先輩との甘酸っぱい思い出

まずPG12指定というのは、とても微妙なラインだと思います。

決して家族みんなが安心して楽しめるような映画ではないけれど、中学生お断りというほどショッキングではない。誰もが気軽にちょっと覗き見できる「刺激的な映画の世界」がそこには広がっています。

過激な描写が苦手な人でも大丈夫。ほんとにヤバい映画ならR15指定になっているはずです。『Cosmetic DNA』はPG12指定。次の日も胃がギリギリするような激辛ラーメンではありません。もちろん辛さが映画の本質ではないのですが……

ラーメンの辛さで言うと『Cosmetic DNA』は当然、過激な描写やエログロを売りにしたような映画ではありません。

そういう消費のされ方に対して「やめて!!」という権利は僕にはない(映画はお客さんのものなので)のですが、僕自身は全て作品全体に流れるテーマを表現するために、逃げてはいけないという思いで胃をギリギリさせながら書きましたし撮りました。

だからこそ、その作品全体に流れる本当の、本質のテーマというのを僕は明言したくなくて、観た人がどう思うかを知りたい。劇場公開された暁には僕にだけこっそり教えてほしいです。

三池崇史監督の『極道大戦争』(2015):PG12

ところでPG12指定映画で思い出すのはやはり三池崇史監督の『極道大戦争』(2015)の残酷描写ですよね。『寄生獣』(2014)『地獄でなぜ悪い』(2013)なんかも強く印象に残っていますが、やっぱりこれです。

この映画のとあるシーンで、人の首がねじれて千切れるというくだりがあるんですが、その瞬間を、照明、アングル、編集、あらゆる映画テクニックを駆使して「R15指定相当」の表現から「PG12指定相当」の表現にまで抑えているという。

映画館でこれを観た時、これこそが映画文化、これこそがショー・ビジネスだと思いました。この表現をするかしないか、できるかできないかが自主映画と商業映画の境目とさえ思います。

『Cosmetic DNA』は自主映画で、撮影段階では“映倫先輩”のことは意識していなかったので『極道大戦争』的な表現とはまた別なのですが、それでも『極道大戦争』と同じPG12指定の冠を被れたことは誇りです。

劇場デビュー作がPG12指定って一番かっこよくないですか??かっこよくないですか……そうですか……すみません。

中島哲也監督の『告白』(2010):R15指定

映倫と言えば僕は1995年生まれで、ちょうど15歳を迎えた年に中島哲也監督の『告白』(2010)(R15指定)が公開されて観に行って衝撃を受けました。

その後に『バトル・ロワイアル』(2000)(R15指定)の3Dリバイバル上映があって、初見で当時はかなり怖かったけど、未だかつてないほど腹の底からワクワクしたのを覚えています。

なので今でも「R15」のロゴには当時感じたロマンが詰まっている、世界一好きなロゴです。オリンピックもこのロゴで開催すればいいのにと思います。

それから僕が18歳になった2013年に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(R18指定)が公開されて「大人になったぜ俺も……」という気持ちでプリ夫を眺めていました。

さて次はどんな年齢制限が……という時にもうR18指定以上はないことに悲しくなりました。

もう誰にも「これは観ちゃダメ!!」と言われなくなってしまった。いつまでも大人に甘える子供ではいられないのだと悟り、いつも眺めていた難波の景色が少し冷たく見えました。

何の話をしていたのでしょうか。PG12指定映画はかっこいいという話でしたね。

とにかく『Cosmetic DNA』はすごい映画です。予算も知識も経験もありませんでしたが、とにかく異常なテンションを作劇にありったけ注入しました。PG12指定のギラギラ極彩色の楽しい悪夢、2021年秋、是非とも劇場で!!

次回の「自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦」は…


(C)穏やカーニバル

今後、定期的に大久保健也が自らを連載コラム通して、インディーズ映画『Cosmetic DNA』の魅力を更新していきます。

『Cosmetic DNA』の劇場公開を終えるまで、粛々と続けていこうと思います。全ての劇場公開が終わった時、それまでの連載コラムの記事を全部読んだという人は自己申告してください。自己申告は大事です。

【『Cosmetic DNA』公式Twitter】
@CosmeticDna

【『Cosmetic DNA』公式facebook】
https://www.facebook.com/CosmeticDna/

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

大久保健也監督プロフィール


(C)田中舘裕介

1995年生まれ、大阪育ち。中学時代より自主映画の制作を始め、60本以上の映像作品を制作。近年は様々なアーティストのMVなどを手がける傍ら、自主映画の制作を行っている。

2021年秋公開予定の『Cosmetic DNA』は初の長編監督作となる。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った自称映画監督・柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ自我を取り戻していく。

しかし、柴島の次なる標的がユミであることを知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に人間の血液こそが理想の化粧品であることに気付くが……。

大久保健也監督へ応援のメッセージをお寄せください。

映画『Cosmetic DNA』を監督した大久保健也さんの連載コラムを読んでいただき、

*本記事は大久保健也監督がnoteに執筆したものを、監督本人に意向を伺いながら再構成した内容になっております。本文の一部の文言について編集部で追記調整した箇所があります。

関連記事

連載コラム

映画『二宮金次郎』あらすじと感想。小田原を出て功績を挙げた尊徳の人間性|シニンは映画に生かされて9

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第9回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第9回でご紹介する作品は、約200年前、600以上の村 …

連載コラム

映画『名も無き世界のエンドロール』あらすじと感想評価レビュー。キャストの岩田剛典×新田真剣佑が描き出す“世界の終わり”の顛末|映画という星空を知るひとよ43

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第43回 第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を、『キサラギ』の佐藤祐市監督が映画化した『名も無き世界のエンドロール』が、2021年1月29日(金 …

連載コラム

劇場版「フリクリ」感想と考察。セカイ系をふりかえる|映画道シカミミ見聞録14

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第14回 (C)2018 Production I.G/東宝 こんにちは、森田です。 今回は当サイト「今週おすすめ映画!」で一推しされている劇場版「フリクリ オルタナ …

連載コラム

『総理の夫』映画原作ネタバレあらすじと小説の感想解説。日本初の女性総理と妻を支え奮闘する夫を中谷美紀×田中圭W主演で描く|永遠の未完成これ完成である25

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第25回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、原田マハのベストセラー小説『総理の夫 FIRST G …

連載コラム

映画『この茫漠たる荒野で』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。トムハンクス演じる退役老軍人と孤児の少女の絆を描く|Netflix映画おすすめ20

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第20回 南北戦争が終結し奴隷制度が廃止され、安い労働力を失ったアメリカ南部は不況に苦しみ、娯楽に枯渇した人々が必死に生活をしていました。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学