Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/13
Update

韓国映画『楽園の夜』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末までオムテグが熱演する|Netflix映画おすすめ29

  • Writer :
  • 咲田真菜

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第29回

第77回ヴェネツィア国際映画祭を魅了したパク・フンジョン監督の映画『楽園の夜』が2021年4月9日(金)からNetflixで配信されています。

これまでも濃厚なノワール作品を描いてきたパク・フンジョン監督。本作では、オム・テグ、チョン・ヨビン、チャ・スンウォンらを起用し、済州島の美しい景色とは対照的な暗黒の世界を描きます。

大切な家族を殺された挙句、追われる身となったヤクザ組織の構成員・テグ。逃亡先の済州島で、心に傷を抱えた女性・ジェヨンと心を通わせますが、敵対する組織のボスをはじめとした追手につかの間の平穏な日々を奪われてしまいます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『楽園の夜』の作品情報

(C)Netflix

【配信】
2021年配信(韓国映画)

【原題】
Night in Paradise

【監督・脚本】
パク・フンジョン

【キャスト】
オム・テグ、チョン・ヨビン、チャ・スンウォン、イ・ギヨン、パク・ホサン

【作品概要】
『新しき世界』(2014)『V.I.P. 修羅の獣たち』『The Witch/魔女』(2018)など、ノワール作品を手掛けてきたパク・フンジョン監督が、裏社会を生きる男の運命を描く人間ドラマ。主演にオム・テグ、チョン・ヨビン。チャ・スンウォンらが脇を固めます。

映画『楽園の夜』のあらすじとネタバレ

(C)Netflix

ヤクザ組織の構成員・テグ(オム・テグ)は、クールで腕っぷしの強い男。義理と人情に厚く部下にも慕われています。

敵対する組織・プクソン派からスカウトされますが、仕えているヤン社長(パク・ホサン)に義理立てをし、断ります。

そうしたテグの態度を不快に思う敵対組織のボスから「命を狙われるから気をつけろ」と忠告を受けていました。

裏社会に生きるテグですが、入院生活を送り、余命宣告を受けた姉とその娘で姪のジオンの前では優しい笑顔を見せます。

特にジオンに対してはメロメロで、誕生日にタブレットを買い与えるほど。ジオンが生意気な口をきいても、ニコニコ笑って愛おしそうに見つめるテグでした。

姉が退院した日、主治医に話を聞くためテグだけが病院に残り、先に自宅へ帰した姉とジオンが事故に遭い、2人は亡くなってしまいます。

ボスのヤン社長から、その事故は敵対組織・プクソン派のト会長の仕業だと知らされます。自分の命ではなく、家族の命を奪われたテグは放心状態となりますが、ト会長をサウナへ呼び出し、めった刺しにして復讐を果たします。

ヤン会長は、復讐を果たしたテグを知り合いのいる済州島へ逃がし、その後ロシアへ渡るように手配をします。

済州島へ到着したテグは、「叔父の代わりに迎えに来た」とぶっきらぼうに言う女性ジェヨン(チョン・ヨビン)と出会います。

どう見ても年下なのにタメ口で話してくるジェヨンに最初は不快感を覚えるテグ。しかしどことなく影を感じる彼女が気になります。

ある日、射撃をしているジェヨンを見かけ、その見事な腕前に舌を巻くテグ。おもむろに銃を頭に向けるジェヨンに「やめろ!」と焦って止めに入るのですが、すでに弾はなく、からかうようにジェヨンは笑います。

憮然とするテグですが、気を取り直して「射撃の腕前がすごいな」とジェヨンに言うと「殺したいヤツがたくさんいるから」とつぶやきます。

ジェヨンの両親は、黒社会に生きてきた叔父の代わりに殺されてしまった過去があったのでした。

無鉄砲で突拍子もない行動を取るジェヨンは、暗い過去に加え、余命わずかな自身の運命に懸命に抗っているようにも見えます。

ある日、病院へ運びこまれたジェヨンが帰宅する時、一緒にいたテグが「大丈夫か?」と聞くと「大丈夫に見えない人に大丈夫かと聞く人が何より嫌い」と言い放つジェヨン。

一筋縄ではいかないジェヨンですが、なぜかテグは次第に心を通わせるようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『楽園の夜』ネタバレ・結末の記載がございます。『楽園の夜』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

テグが済州島で静かな日々を送っている間、本土ではヤン社長が保身のためにテグを裏切る計画を進めていました。敵対組織のマ理事(チャ・スンウォン)にテグを引き渡すため、取引をしたのです。

そしてマ理事の息のかかった手下たちがジェヨンの叔父を襲撃し、ジェヨンの叔父は息絶えてしまいます。

何が起きているのか訳が分からないテグですが、とりあえず怒り狂っているジェヨンを助け出し逃げるテグ。ジェヨンの知り合いの宿でつかの間、静かな時間を過ごします。

いよいよヤン社長が済州島へ来ることになり、テグは迎えに行くため空港へ向かおうします。

しかし数日前から部下たちと連絡が取れないテグに向かってジェヨンは「部下と連絡が取れないなんておかしい。嫌な予感がするから空港へは行かないで」と懇願します。

叔父もいなくなってしまったジェヨンは天涯孤独となり、「一人になるのが不安」とテグに自身の正直な気持ちを吐露するのです。

鼻っ柱の強いジェヨンの言葉に戸惑うテグですが「すぐに戻るから」と約束し、空港に向かいます。ところが空港に着いたとたん、部下からの電話でヤン社長が裏切ったことを知ります。

その場から必死に逃げるテグと追うマ理事とその手下たち。激しいカーチェイスの果て、なんとか振り切りジェヨンのもとに戻ろうとしますが、ジェヨンの姿がありません。なんと、殺された叔父と住んでいた家へ向かっていたのでした。

ジェヨンの身が危ないと察知したテグは、助け出すために車を走らせる途中で、マ理事からの電話を受けます。

すでにジェヨンは人質となっており、すぐに来なければ殺すと脅されます。

マ理事のもとに到着したテグは、部下たちに半殺しの目にあわされ、マ理事の目の前に差し出されます。そこには裏切ったヤン社長の姿もありました。

そこでマ理事は、テグの姉と姪の事故がヤン社長の仕業だという衝撃の事実を伝えます。怒り狂ったテグは、満身創痍なのにも関わらずヤン社長に殴りかかるものの、逆にやられてしまいます。

「どうせ死んでしまうのだから、もうやめて!」と泣きながら止めるジェヨンの願いも空しく、とことん痛めつけられたテグは絶命し、その遺体は火を放たれた家で跡形もなくなってしまいます。

テグの残酷な最後を見届け、本当に独りぼっちになってしまったジェヨンは、マ理事とヤン社長たちが食事をしている店へ一人乗り込み銃を打ち続けます。全員が絶命したことを見届けると、そのままかつてテグと行った海岸へ向かいます。

そして海を見つめながら、ジェヨンは自らの頭を銃で打ち抜きました。

スポンサーリンク

映画『楽園の夜』の感想と評価

(C)Netflix

オム・テグが演じる人情味あふれるヤクザ

この作品の大きな魅力は、オム・テグが演じるヤクザ像です。腕っぷしが強くて敵には容赦ないのですが、決して粗暴なキャラクターではありません。

姉や姪に見せる笑顔はとても爽やかで魅力的。ハスキーな声が、不器用な男を際立たせています。そして姪のジオンと語り合う場面では、裏社会に生きる男とは思えない優しさとお茶目さに満ちています。

済州島で知り合うジェヨンに対しても似たような表情を見せます。

「どうせ死ぬのだから」と人生に投げやりになっているジェヨンに振り回されるテグ。「一緒に寝よう」とジェヨンから誘われた時の驚いた表情が妙にかわいらしく、「俺にも好みがある」と去っていくところにテグの純粋さが見え隠れします。

最後、人質として捉えられたジェヨンの身を案じながら絶命していく姿は胸がえぐられる辛さがあります。純粋すぎたテグにとって、裏社会は居るべき場所ではなかったのかもしれません。

済州島とテグとジェヨンのやりとりから得るやすらぎ

テグと敵たちの激しい戦いの合間に、済州島の美しい景色が堪能できるのも魅力です。

「ここまでやるか」「ここまで見せるか」と身体が硬直してしまう衝撃的なシーンが多い本作で、テグとジェヨンが済州島をドライブするシーンは、やすらぎのひとときとなります。

辛い人生を送ってきたテグとジェヨンですが、「年下のくせにタメ口で話すな」と言うテグに対し、「確かに年下だけれど、死ぬのは私のほうが先」と妙な屁理屈で対抗するジェヨンのやり取りは、クスッと笑えるものがあります。

2人の間に、恋愛感情といった甘いものはありません。そこにあるのは、互いに肉親を殺されてしまった「同士」としての絆です。

2人が浜辺でタバコを吸うシーン、それぞれの部屋で空を見上げながら物思いにふけるシーンなど、恋愛でもない、友情とも少し違うテグとジェヨンの姿を見ていると、男性と女性をこうした視点で描くのも新鮮だなと改めて思いました。

まとめ

(C)Netflix

本作では、観ているのが辛くなるほど血が流れ、人が痛めつけられます。

「ここでテグが一発逆転をしてくれ!」という願いも空しく、悲しいラストを迎えるのですが、とことん人間のズルさやあざとさを見せつけられます。

そうしたハードなシーンとは対極に、済州島の美しい景色、テグとジェヨンの何気ないやりとりを描くことで、絶妙なバランスをとっています。刺激的かつ心に刺さる名作が誕生しました。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』感想レビューと評価。性別を超えた生き方を模索する若者の“いま”|だからドキュメンタリー映画は面白い46

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第46回 《女》から《男》へ、そしてその先にある生き方とは。 今回取り上げるのは、2020年7月24日(金・祝)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショー …

連載コラム

映画『マローボーン家の掟』あらすじと感想。結末まで青春とホラーの新感覚が織り成す後味とは|SF恐怖映画という名の観覧車43

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile043 以前、「ホラー映画は嫌い」と言っていた知人がいました。 その理由を詳しく訪ねてみると、ドキッとさせられる描写が苦手なのかと思いきや、ホラ …

連載コラム

ドキュメンタリー映画『蹴る』あらすじと感想。電動車椅子サッカーから捉えた障がい者の生|シニンは映画に生かされて1

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第1回 初めまして。このたび、Cinemarcheでの映画コラムの執筆の機会をいただいた、河合のびと申します。 無名中の無名ではありますが、詩人、すなわちシニンを …

連載コラム

映画『デッドリー・ハンティング』ネタバレ結末感想とあらすじ考察。Netflixホラーが描いた猟奇狙撃犯からの逃走劇|Netflix映画おすすめ56

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第56回 人の文明の通わない広大な自然は、デジタルな世界に疲れきった現代人の癒しの場。 しかし、その癒しの場は人の文明が通わないからこそ、大 …

連載コラム

【映画比較】スターウォーズと八犬伝は似てる?『宇宙からのメッセージ』『里見八犬伝』|おすすめ新作・名作見比べてみた3

連載コラム『おすすめ新作・名作見比べてみた』第3回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第3回のテーマは前回に引き …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学