Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/18
Update

NETFLIX映画『iBOY』ネタバレあらすじと感想。ヒーロー作品としてイギリスの現状を真正面から描く|SF恐怖映画という名の観覧車94

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile094

「携帯の破片が頭の中に入ったことで電子機器を操れるようになる」と言うスーパーヒーローのような設定で話題となったイギリス映画『iBOY』(2017)。

しかし、その内容は「貧困層」の実態を描いたシビアなものであり、青春とヒーロー、そして団地に生まれ育った青年たちの葛藤を絶妙なバランスで仕上げていました。

今回はNETFLIX独占配信映画である『iBOY』をネタバレあらすじを交えご紹介いたします。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

映画『iBOY』の作品情報

(C)http://www.radiotimes.com/news/2017-01-11/game-of-thrones-star-maisie-williams-swaps-swords-for-guns-in-first-look-at-netflix-fi
【日本公開】
2017年(NETFLIX独占配信映画)

【原題】
iBOY

【監督】
アダム・ランドール

【キャスト】
ビル・ミルナー、メイジー・ウィリアムズ、ミランダ・リチャードソン、ロリー・キニア、ジョーダン・ボルジャー、チャーリー・パーマー・ロースウェル、エイメン・アンドゥーシ

【作品概要】
コメディ映画『リトル・ランボーズ』(2010)で主演を務め、高い評価を受けたビル・ミルナー主演で製作されたイギリス産SF映画。

ヒロインのルーシーを演じたのは大ヒットを記録したドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のアリア・スターク役としてレギュラー出演し話題となったメイジー・ウィリアムズ。

映画『iBOY』のあらすじとネタバレ

(C)http://www.radiotimes.com/news/2017-01-11/game-of-thrones-star-maisie-williams-swaps-swords-for-guns-in-first-look-at-netflix-fi

祖母と暮らす学生のトムは、片想いの相手でもあるルーシーの部屋を訪ねた際に覆面を被った男たちに襲われます。

通報しようと携帯をかけながら逃げるトムでしたが、そのことで覆面の男に撃たれてしまいます。

10日後、病院で目を覚ましたトムは、弾丸は急所を逸れたものの頭の中に携帯の部品が残ったままであることを医師に聞かされます。

それ以来、すれ違った相手の電話の内容が入ってくるなど不思議な現象が起こりますが、トムはルーシーの安否を知るべく彼女の部屋を訪ねることにしました。

暴漢から逃げたことを後ろめたく感じるトムは、暴漢たちにレイプされたルーシーと会い、彼女が心に負った傷を再認識し復讐を誓います。

頭に入った携帯の影響からか、様々な電子機器の情報が頭に入ってくる感覚に悩まされるトム。

彼は自身の部屋のベッドで眠りに着く際に、同級生の不良であるユージーンがあの日現場にいたことを思い出します。

翌日、トムは友人のダニーにパーティーに参加し、ユージーンの携帯の中にルーシーのレイプ動画が存在することを知り、犯人の一味であることを確信します。

パーティーにはあの日現場にいた覆面の男たちが多数いることも分かり、苛立ちを募らせます。

その日の夜、携帯のクラッキングの方法をネット上で学ぶトムは翌日、ユージーンやその仲間の携帯のハッキングに成功します。

頭に入った携帯の破片のお蔭か、触れることなく様々な電子機器を操れるようになり、ユージーンやその仲間の携帯カメラを監視し、部屋の電気やラジオをオンオフするなど様々な嫌がらせを行います。

一方でトムは匿名の「iBOY」というハンドルネームを使い、自身だとバレないようにルーシーと連絡を取り、暴漢たちの情報を集めていました。

ルーシーの情報からルーシーの弟がギャングへの入団を断ったことがルーシーが襲われた原因であると知り、ユージーンとキャスが盗もうとした車に鍵をかけ、エンジンを破壊しユージーンたちを拷問にかけます。

カッツと言う男に指示されたことでルーシーを襲ったとキャスが白状し、トムは次の狙いをギャングであるカッツに決めます。

カッツの車のいたずら映像を流し、カッツを家から追い出した後、家にあった大量の麻薬を盗み出したトムは「団地の浄化作戦」と名付け、ユージーンを始めとしたカッツの手下たちの家に麻薬を置き警察に通報することでカッツの手下を一掃します。

「iBOY」というハンドルネームで動画を投稿し、「iBOY」はたちまち人気となりますが、カッツのボスである謎の男エルマンが動き出したことで団地の治安はさらに悪化することになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『iBOY』のネタバレ・結末の記載がございます。『iBOY』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)http://www.radiotimes.com/news/2017-01-11/game-of-thrones-star-maisie-williams-swaps-swords-for-guns-in-first-look-at-netflix-fi
エルマンは「iBOY」が凄腕のハッカーであることを理解し、カッツに団地の全ての部屋に押し入り電子機器を奪うなどを繰り返させ、そのたびに「iBOY」は批難の的となっていきます。

しばらくの間行動を止めていたトムでしたが、カッツが大量の麻薬を売買することを知り再び動き出します。

カッツは警戒し、現在位置を特定されないように、スマホを始めとした電子機器を捨てていました。

しかし、警察のヘリのカメラ映像を乗っ取りカッツの場所を特定したトムは取引現場に侵入し、麻薬を燃やすことに成功。

カッツを始めとしたエルマンの部下に待ち伏せされていたトムでしたが、特殊な信号をカッツたちの頭に送り込むことで行動不能にしその場を離脱することが出来ました。

翌日、カッツの名前を「iBOY」に白状してしまったキャスが死体で発見され、責任を感じるトムは頭に入ったチップを取り除いて欲しいと医者に懇願しますが、現代の技術ではそれは難しいと言われてしまいます。

自宅に戻りベッドで眠るトムは物音に気付き目を覚まします。

リビングには祖母と知り合いであり、かつてこの団地に住んでいたと話すエルマンがいました。

エルマンは、カッツ達を引き連れて座っており、トムの特異な能力を自分に貸してほしいと言います。

悪人に手を貸すことを拒むトムでしたが、保釈金を払い保釈させたユージーンたちにルーシーを監禁させており、トムを脅迫します。

トムに自身の口座に金を入れさせるエルマン、一方トムはルーシーの携帯を使いユージーンたちに隙を作ったことでルーシーはユージーンから銃を奪うことに成功します。

エルマンがトムの特異な能力を知ったのは、トムの親友ダニーがトムを裏切りエルマンに情報を渡していたからでした。

ユージーンたちが電話に出ないことを異常に感じたエルマンはトムとカッツを連れ監禁場所へと向かいます。

銃を持つルーシーから銃を奪ったユージーンたち、エルマンとカッツ、そしてトムが合流。

カッツに頭を殴られたことで能力に異常を感じ始めるトムですが、能力を使い各自のポケットに入っている携帯をオーバーロードさせ爆発させることでエルマン以外のギャングを殺害。

逃げるエルマンを追うトムでしたが、不意を突かれ逆に倒されてしまいます。

ルーシーがエルマンを銃で撃ちますが、肩を撃たれたエルマンはルーシーを襲うとトムにトドメを刺そうとします。

追い詰められたトムは自身の能力を全開放することで衝撃波を作り出しエルマンは吹き飛び、力尽きます。

病院で目を覚ましたトムは団地へと戻る道中でダニーに話しかけられます。裏切ったことを謝罪し、団地に巣食う悪党を一掃してくれたことを感謝するダニー。

しかし、トムはルーシーを暴行した際の映像を誰が撮ったのかをずっと考えており、そのことをダニーに聞くと「いずれ分かる」とだけダニーは答え去っていきます。

人を殺害したことを背負い生きていくことを決めたトムは、人を撃ったことを後悔するルーシーと再開。

団地の屋上で2人はキスをし、お互いをずっと支えあっていくことを決めるのでした。

映画『iBOY』の感想と評価

(C)http://www.radiotimes.com/news/2017-01-11/game-of-thrones-star-maisie-williams-swaps-swords-for-guns-in-first-look-at-netflix-fi

本作は登場する少年少女のほぼ全員が、あまり裕福でない団地に住んでいます。

薬物中毒の母が他界し家賃にも困窮する祖母と共に暮らす主人公のトム、そして親友のダニーや片想いの相手であるルーシー、そして不良のユージーンまでもが同じ団地に住み、苦楽を共にしてきました。

一方で、ギャングであり街に麻薬を流すカッツは最新機器の揃う部屋でギャング仲間と悠々自適な暮らしをしており、車にこだわる様子も見せます。

メインは主人公のトムによる復讐劇ではあるのですが、「貧困から抜け出すためには悪事に手を染めるしかない」というメッセージが裏には流れ続けます。

オタクの少年が力を手に入れたことで悪と戦うヒーロー映画のような展開でありながら、その裏のメッセージは決して払拭されません。

100万世帯以上の貧困層を抱えるとされるイギリスの現状は厳しく、少年少女ですら悪事に手を染めなければ暮らしていくことの出来ない世相を真正面から描いた目を背けたくなるようなリアルさすらある作品でした。

まとめ

物語は復讐を実行するほどに主人公が抱えることになる「乾いた心」を描いた少し暗めなヒーローものではありますが、電子機器を操るシーンの演出は「攻殻機動隊」のようなビジュアルでスタイリッシュに映ります。

立ち並ぶ構造物の映し方にもこだわりを感じ、主人公の住む団地やコンテナ街など、電子機器を操る主人公の「SF」成分と真逆を行くような人間味の高い背景に目が釘付けになるようなセンスの高い作品である『iBOY』。

約90分とあっさりと観ることの出来る尺であり、時間がないけど満足感の高い映画を観たい、と言う方にオススメの作品です。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile095では、同時多発的に大量出血での死亡が相次ぐ奇怪な連続殺人事件を追うSFスリラー映画『月影の下で』(2019)をネタバレあらすじを交えご紹介いたします。
3月25日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『家族にサルーテ!』評価と感想レビュー。ムッチーノ監督が故郷イタリアで描く人生への讃歌|シニンは映画に生かされて13

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第13回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第13回にてご紹介する作品は、『幸せのちから』で有名 …

連載コラム

アート・オン・スクリーン『私は、クロード・モネ』印象派の巨匠に迫る体験|映画と美流百科1

連載コラム「映画と美流百科」第1回 はじめまして。この度「映画と美流百科」というコラムを担当することになりました、篠原愛と申します。 このコラムでは、ファッションやアートなどを切り口に、映画を紹介して …

連載コラム

韓国映画『不倫する理由』ネタバレあらすじ感想と結末考察。男女の性愛とエロスを切なくも滑稽に活写|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー51

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第51回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画監督ジョン・キャメロン・ミッチェルのインタビュー【パーティーで女の子に話しかけるには】FILMINK-vol.14

FILMINK-vol.14 John Cameron Mitchell: Vive Le Punk オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

連載コラム

鬼滅の刃名場面/名シーン刀鍛冶の里編|原作ネタバレで甘露寺/無一郎/玄弥の名言を紹介【鬼滅の刃全集中の考察18】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第18回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回からは「刀鍛冶の里編」の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学