Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。モララムの心臓を抉り取る異能な力も冒険活劇の楽しみのアクセント⁈

  • Writer :
  • 秋國まゆ

名作アクションアドベンチャー「インディー・ジョーンズ」シリーズ第2作!

スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた、1984年製作のアメリカの名作アクションアドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』。

ひょんなことから中国・上海のナイトクラブの歌姫と現地の少年と行動を共にすることになった考古学者兼凄腕のトレジャーハンターが、インドの山奥に潜む邪教集団から、秘宝「サンカラ・ストーン」と攫われた子供たちの奪還に挑む物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

前作『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』の前日譚である、「インディ・ジョーンズ」シリーズ第2作『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』の作品情報


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

【公開】
1984年(アメリカ映画)

【原案】
ジョージ・ルーカス

【監督】
スティーヴン・スピルバーグ

【キャスト】
ハリソン・フォード、ケイト・キャプショー、キー・ホイ・クァン、ロイ・チャオ、アムリッシュ・プリ、フィリップ・ストーン、ロシャン・セス、リック・ヤン、デヴィッド・ヴィップ、デヴィッド・ヴィップ、フィリップ・タン、ダン・エイクロイド

【作品概要】
E.T.』(1982)や『プライベート・ライアン』(1998)、「ジュラシック・パーク」シリーズなどを手掛けるスティーヴン・スピルバーグが監督を務めた、アメリカのアクションアドベンチャー作品。

本作はジョージ・ルーカスの原案に基づき製作された、名作アクションアドベンチャー「インディ・ジョーンズ」シリーズ第2作であり、前作『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981)の前日譚です。

前作『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981)に引き続き、「スター・ウォーズ」シリーズのハリソン・フォードが主演を務めています。

映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』のあらすじとネタバレ


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

1935年、中国・上海。アメリカの私立大学「プリンストン大学」で教鞭を執る考古学者兼凄腕のトレジャーハンター、インディアナ・ジョーンズ(インディ)は、上海のマフィアとある取引を行っていました。

それは、清王朝の初代皇帝ヌルハチの遺骨(以下、ヌルハチと表記)をインディが手に入れてくる代わりに、マフィアから報酬としてダイヤモンドを貰うことでした。

しかしその冒険中、インディはマフィアのボスのラオ・チェーの息子カオ・カンに襲われ、せっかく手に入れたヌルハチを奪われてしまったのです。

乱闘の末、何とかヌルハチを取り返したインディは、取引現場であるナイトクラブ「クラブ・オビワン」を訪れます。

そしてインディは、そこの歌姫ウィルヘルミーナ・スコット(ウィリー)を人質に取り、約束通りダイヤモンドを渡してもらうよう脅しました。

ラオとカオ・カン、チェンは渋々、インディとダイヤモンドと宝を交換し、これで無事取引は成立。かと思いきや、ラオたちはインディにダイヤモンドを返せと言い出したのです。

最初からラオたちは、宝もダイヤモンドもインディに渡す気などありません。その証拠に、ラオたちはインディに振舞った酒に毒を盛っていました。

ラオたちが持つ解毒剤が欲しいインディは、渋々ダイヤモンドを返します。その直後、インディはウェイターに扮してもらった友人ウー・ハンを呼び寄せ、再びウィリーを人質に取り、解毒剤を渡すよう脅迫しました。

しかしその直後、クラブの客がシャンパンボトルを開けた音に紛れて、チェンがウー・ハンを射殺。これを機に、インディとマフィアの抗争が勃発します。

彼らの抗争に巻き込まれたウィリーは、目当てのダイヤモンドの代わりに解毒剤をゲット。それを見たインディは、解毒剤を手に入れたウィリーを連れて、命からがらクラブを脱出。

インディの相棒である少年ショート・ラウンドが運転する車に乗り込みます。上海の夜の街で繰り広げられたカーチェイスの末、インディたちはウー・ハンが事前に手配してくれた飛行機に乗り込み、ラオたちの追跡を撒きました。

しかし、インディたちが乗った飛行機は、ラオが所有する航空会社の飛行機だったのです。

インディがそのことに気づいた時には、操縦士たちはパラシュートを使って飛行機から脱出した後でした。

彼らによって燃料が排出されてしまった飛行機は、インドの山奥で墜落。間一髪のところで、積み荷であったゴムボートを使って脱出したインディたちは、インドの村近くの川岸へ流れ着きました。


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

その川岸でインディたちは村の老人サジヌと出会い、インドの村「メイアプール」へ案内されます。

貧困と飢えに苦しんでいる村の者たちは大切な1週間分の食料を使い、村へやって来たインディたちに振舞い歓迎してくれました。

インディたちが食事をとっていると、村の長老シャーマンは、3人をアメリカへ帰す手伝いをする代わりに、その道中で無人の宮殿「パンコット宮殿」に寄って欲しいと頼みます。

無人であるはずのパンコット宮殿に、新しいマハラジャ(インドの藩王国の王侯の尊称の一つ)が住みついたせいで、再び悪の根城となっていたのです。

宮殿にいる者たちは、シャーマンたちの村人を大勢殺しただけでなく、村から祈祷場に祭られる神聖な石を奪っていきました。

彼らがその石を盗んでいった理由は、悪の神への信仰を村の者たちが拒絶したからです。

さらにシャーマンたちの不幸は続き、石が盗まれた日から突然井戸は枯れ、川の水が干上がり穀物も砂に埋まってしまい、家畜が倒れて死んでしまいました。

村に災いをもたらしたパンコット宮殿の者たちは、シバリンガだけでなく、村の子供たちを攫っていったのです。

飢えに苦しみ、子供を奪われた悲しみに暮れたシャーマンたちは、神様に「石と子供たちを取り戻してほしい」と祈りを捧げました。

するとタイミング良く、インディたちが川岸に流れ着いたため、シャーマンたちは神の遣いだと勘違いし、1週間分の食料と引き換えに彼らに子供たちとシバリンガの奪還を頼もうと思い立ったのです。

その日の夜。パンコット宮殿へ攫われた子供たちのうち1人が、ボロボロになりながら村へ帰還。門に凭れかかっていたインディに、手に持っていた物を託します。

それは、この村から盗まれた聖なる石「サンカラ・ストーン」について記された、古い経文の切れ端でした。サンカラ・ストーンは、富と栄光をもたらすとされています。

サンカラ・ストーンに興味を抱いたインディは、シャーマンたちからの依頼を引き受けることにしました。

以下、『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ネタバレ・結末の記載がございます。『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

村で飼っているゾウに跨り、パンコット宮殿を目指すインディたち。その道中、ひとまずジャングルで野宿することにしたインディは、ウィリーに自身の相棒を務めるショートとの出会いを語りました。

「ショートは4歳の時、日本軍の空襲で両親を失った子だ」「道を歩いていた僕の財布をすろうとしたから、とっ捕まえた」

和気あいあいとカードゲームをするインディたちのそばで、蛇や吸血コウモリがいるジャングルに絶叫し、右往左往するウィリー。

そんな彼女を宥めるべく、インディは子供から託された古い経文の切れ端を見せます。「サンスクリット語で書かれている経文には、高僧のサンカラが描かれている。数百年前のものだ」

「伝説によると、サンカラは山に登り、シバの神に会った」「悪と戦う武器として、神は魔力を秘めた石を5個与えた」

翌日。パンコット宮殿へ辿り着いたインディたちは、出迎えてくれたパンコット宮殿の宰相チャター・ラルに案内され、新しいマハラジャに即位したザリム・シンと対峙します。

パンコット宮殿にはザリムたちだけでなく、イギリス軍の大尉フィリップ・ブランバートが視察に訪れていました。

インディとブランバートは、宴を開いて豪勢にもてなしてくれるチャターに対し、一世紀前に存在した邪神カリを崇拝し、人間の生贄を捧げる邪悪な教団「サギー教」について尋ねました。

何故なら、このパンコット宮殿がある地域は、そのサギー教の中心部だったからです。イギリス軍が消滅させたはずのサギー教ですが、まだ消滅していないという噂が立っています。

インディたちは、ザリムたちはそのサギー教団員ではないかと疑いましたが、ザリムたちはサギー教の存在自体を否定しました。しかしインディは、ザリムたちが意味深な目配せをしているのを見逃しません。

その宴で出されるのは、大蛇の中に無数の小さな蛇を詰めたものや虫料理、何かの目玉を入れたスープ、サルの脳みそをシャーベットにしたデザート。珍妙で不気味なものばかりの料理ばかり出され、ウィリーは気絶してしまいます。

流石にウィリーが気の毒だと思い、インディは普通の果物を持って彼女を見舞いました。その際、インディとウィリーはいい雰囲気になるも、意地っ張りで素直じゃない2人の性格がそれを邪魔します。

それぞれの部屋で5分間、互いに相手が来るのを待っていたインディたち。するとその5分後、インディは突如現れた謎の男に襲われてしまいますが、飛び起きたショートが寄越した愛用の鞭を使い、返り討ちにします。

その後、インディたちはウィリーに宛がわれた部屋から、どこかへ通じている隠し通路を発見。その壁には、インディが持つ経文と似た絵と、「シバの足跡をたどれ。シバの真実を裏切るな」という文字が記されていました。

松明の火で足元を照らしながら、気味が悪い隠し通路を恐る恐る進んでいくインディとショート。しかしその途中で閉じ込められてしまった挙句、ショートが意図せずトラップを作動させてしまったせいで、絶体絶命のピンチに陥ってしまうのです。

ウィリーは体中を這う虫に絶叫しながら、トラップを解除及び扉を開錠させるレバーを引き、間一髪のところでインディたちを救出。

したかと思いきや、錯乱したウィリーはレバーから手を離してしまいます。そのせいでインディたちは、元の場所に戻るのではなく、通路の先へ進むしかありませんでした。


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

しかし幸か不幸か、先へ進んだインディたちは、パンコット宮殿の地下で、邪神カリを崇めるサギー教の儀式が行われている場面に遭遇。

その儀式では、サギー教の司祭モラ・ラムが、手足を拘束し磔にした少年から心臓を抉り取り、灼熱の炎によってその青年を惨殺。直後に、サンカラ・ストーン3個を邪神像の両目と鼻に埋め込んでいました。

インディ曰く、サンカラ・ストーンは互いに近づけると、中に入っているダイヤが光るのだと言います。

それで儀式が終わったのか、モラ・ラムを含め、多くのサギー教団員たちが一斉にその場から離れていきました。その隙に、インディはサンカラ・ストーンの奪還に挑みます。

インディがサンカラ・ストーン3個を手に入れた直後、3人の耳に誰かの悲鳴が聞こえてきました。

その声を辿っていったインディは、攫われた村の子供たちが奴隷として、何かを採掘させている場面を目撃。子供たちを救おうとしましたが、サギー教団員に挟み撃ちにされ逃げ場を失い、インディはショートと同じ檻の中に閉じ込められてしまいました。

同じ檻に監禁されていた子供たちによると、サギー教に捕まった者はカリの血を飲まされ、洗脳されてサギー教団員となるか、生きたままカリに捧げる生贄にされてしまうといいます。

さらにモラ・ラムたちサギー教は、1世紀前にイギリス軍がここを襲った時、僧侶がこの地下墓地に隠したとされるサンカラ・ストーン2個を掘り出すために、子供たちを攫い奴隷として利用していました。

そこまでサギー教がサンカラ・ストーンに執着するのは、「サンカラ・ストーンが5個手に入れば、サギー教はよみがえる」と信じているからです。

「まずイギリス軍を始末する、その次に回教徒(イスラム教の信者)」「ヘブライの神を倒し、キリスト教の神を葬る。我らの神カリが世界を支配するのだ」

自らの悪事と目的をインディとショートに明かしたモラ・ラムは、インディに無理矢理カリの血を飲ませた上で、抵抗する2人を鞭でしばき拷問します。

インディは見悶えるほどの苦しみを味わった末、サギー教に洗脳されてしまいました。洗脳されてしまったインディにはもう、生贄として捕らえられたウィリーの声が届きません。

このままでは少年と同じように、ウィリーが灼熱の炎に焼かれ殺されてしまうその瞬間、地下墓地から自力で脱出したショートが現れ、松明の火を使ってインディの目を覚まさせます。

洗脳が解けたインディはショートと共に、チャターとサギー教団員を次々と倒していき、ウィリーを救出。奪われた荷物と愛用の鞭とハットも取り返し、地下墓地に捕らわれた子供たちを助けに行きます。

そんなインディたちを手助けするかのように、子供たちも自分たちを虐げてきたサギー教団員たちへの反撃を開始。その際手錠の鍵を手に入れたインディは、子供たちを解放し先に逃がしました。

トロッコの中でサギー教団員と死闘を繰り広げていたインディ。そこへ現れたザリムは、インディそっくりの呪いの人形を使い、彼を妨害します。

それを見たショートは、インディを助けるべく、背後からザリムに襲い掛かり、呪いの人形を手放させました。インディとショート、彼らは同時にそれぞれの敵をタコ殴りにします。

死闘の末、インディと戦っていたサギー教団員は砕石機に飲み込まれ死亡。ザリムはインディと同じく洗脳されていたのか、ショートが松明の火を使って炙ると、正気を取り戻しました。

ザリムから出口を教えてもらったショートは、ウィリーとインディと一緒にトロッコに乗り込み、インディに左のトンネルへ向かうよう指示します。

一難去ってまた一難、疾走するトロッコでの壮絶な逃走劇を繰り広げたインディたちに、モラ・ラムの策略で漏れ出たタンクの大量の水が襲い掛かってきたのです。

ようやくトンネルから抜け出たかと思いきや、先の道がない断崖絶壁だったり、そこから何とか平地に抜け出せても、サギー教団員たちが待ち構えていたり。

吊り橋を渡ろうとすれば、その下に川に凶暴なワニがいたりと、どこへ逃げようとインディたちに危険が付き纏う困難なことばかり起きてしまいます。


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ついにその橋で、モラ・ラムたちに挟み撃ちにされ、追い詰められてしまったインディたち。「サンカラ・ストーンを川へ落とされたくなければ、ウィリーたちを返せ」と叫ぶインディの脅迫は、モラ・ラムには全く通用しません。

そこでインディは、葛藤の末、倒したサギー教団員から奪った剣を使い、橋を真っ二つに切断。幸い、その寸前で橋に手を縛りつけておいたインディたち3人は転落しませんでした。

片方の岸からぶら下がった橋にしがみつきつつ、インディはサンカラ・ストーンを巡って、モラ・ラムと死闘を繰り広げていきます。

その最中、インディが悪しき魂を焼き尽くすシバへの祈りを唱えると、彼の鞄の中に入っているサンカラ・ストーンが炎に包まれていきました。

2人が取り合っているうちにサンカラ・ストーンが2個川へ落ち、残る1個をモラ・ラムが手にしましたが、あまりの熱さに耐えきれず手を離してしまい、そのままモラ・ラムは川へ転落。切り捨てた部下たち同様、ワニの餌食となりました。

寸前のところで、インディはサンカラ・ストーンを回収。その直後、ザリムと軍隊が応援に駆けつけ、サギー教団の残党を鎮圧しました。

彼らのおかげで無事生還したインディたちは、村の子供たちとサンカラ・ストーンを取り戻してきてくれた救世主として、シャーマンたちからの熱い歓迎を受けるのでした。

そして紆余曲折の末、結ばれたインディとウィリーは、ショートと村の子供たちにからかわれながら、熱いキスを交わしました。

スポンサーリンク

映画『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』の感想と評価


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

危険と隣り合わせのインディの冒険

前作『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981)と同等、いやそれ以上に危険な冒険を繰り広げていく本作でのインディ。

シャーマンたちに助けて貰った恩を返すため、またトレジャーハンターとしての好奇心と冒険心をくすぐられたから、彼は危険を承知の上で、攫われた村の子供たちとサンカラ・ストーンの奪還に挑みます。

インディとショート、ウィリーの3人が、サンカラ・ストーンを巡ってサギー教と激闘を繰り広げていくアクション場面は、次の瞬間には何が起きるのか予想つかないため、一瞬たりとも画面から目を離せません。

インディが洗脳され、ウィリーが生贄として殺されかけた時は、もうダメなのかと絶望感に襲われますが、自力で地下墓地を脱出したショートが大活躍。この時のインディとショートの年の差なんて関係ない、彼らの強い絆と友情に感涙します

またウィリーも、作中インディと険悪になったり、行く先々で起こるトラブルに文句を言いつつも、なんだかんだ言ってインディたちを見捨てようとしません。凸凹トリオの冒険は終始ワクワクドキドキさせられます。

サギー教の復活を目論むモラ・ラム


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

サギー教の復活を目論むモラ・ラムは、そのために必要なサンカラ・ストーン5個を集めるべく、3個持っていたシャーマンたちの村を襲いました。

さらにサンカラがイギリス軍の進軍時に地下墓地に隠したとされる、サンカラ・ストーン2個を発掘させるため、モラ・ラムたちは子供たちも奪っていきました

ただ、インディたちと対峙したサギー教団員や信者たちは大勢いたため、わざわざ子供たちを攫う必要があるようには思えません。

おそらくモラ・ラムたちは、カリの血を飲ませて洗脳し信者とするか、カリに捧げる生贄として後々利用することも考えた上で人攫いをしたのではないかと考察します。

また、モラ・ラムが何故心臓を抉り取る異能のような力を持っているかも、作中では明確に記されていません

サギー教がカリへ人間を生贄に捧げる方法が惨たらしいものであるため、本作を鑑賞する際は心の準備が必要です。

まとめ


TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

盗まれた村の秘宝「サンカラ・ストーン」を巡って、考古学者兼凄腕のトレジャーハンターが信頼する相棒と歌姫と一緒に、邪悪な教団と壮絶な争奪戦を繰り広げていく、アメリカのアクションアドベンチャー作品でした。

儀式の場や地下墓地、橋での両者の攻防を描いたアクション場面は大興奮すること間違いなしです。さらに、猛スピードで疾走するトロッコを使ったインディたちの逃走劇は、時折トロッコに乗っているインディたちの視点で描かれている場面もあるため、まるで観ているこちらもインディたちと一緒にトロッコに乗って逃げている錯覚とスリルを楽しめます

そして、インディが見事危険な冒険から生還できたのは、彼の相棒ショートと歌姫ウィリーのおかげです。ただショートとウィリーは、実は本作の後日談である『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981)には登場していません

ウィリーはインディの危険な冒険に辟易していることを、物語のラストでインディ自身に話していましたが、ショートは何故インディのそばを離れてしまったのか謎です。

インディたち仲良しトリオの1作限りの冒険が観られる、ワクワクドキドキのアクションアドベンチャー映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのボス役は佐藤浩市。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『REVENGE リベンジ』あらすじとキャスト。上映する劇場情報も

マチルダ・アンナ・イングリッド・ルッツ主演の映画『REVENGE リベンジ』は、「美しく残酷にぶっ殺す」をキャッチフレーズにした気絶する観客多数の問題作と言われている2018年7月7日公開の異色作。 …

アクション映画

007サンダーボール作戦|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ボンドガールはクローディーヌ・オージェが登場し00要員の姿も見られるシリーズ第4弾

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第4作! テレンス・ヤングが監督を務めた、1965年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/サンダーボール作戦』。 「007」こと …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの砂川役は向井理。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『フューリー』ネタバレ結末あらすじと感想解説。ブラッドピッド演じる兵士が指揮する“戦車の一騎打ち”

たった1台のシャーマン戦車と300人のドイツ軍部隊が激突する戦争アクションドラマ! デヴィッド・エアーが脚本・製作・監督を務めた、2014年製作のアメリカの戦争アクションドラマ映画『フューリー』。 第 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学