Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】キングメーカー 大統領を作った男|結末感想と評価解説。実話を韓国サスペンスに仕立てた“大統領選挙の裏側”とは⁈

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

名優ソル・ギョングとイ・ソンギュン共演、大統領を目指す男とその“影”となった男を描きます

第15代韓国大統領・金大中(キム・デジュン)と彼の選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)の実話をベースにしたフィクション。

長きにわたる独裁政権の打倒を掲げ、強い志をもとに、国会議員を目指すキム・ウンボム(ソル・ギョング)でしたが、手段を選ばない与党の候補者に妨害され、落選が続いていました。

薬剤師をしているソ・チャンデ(イ・ソンギュン)は、キム・ウンボムの志に感銘を受け、事務所に赴き、必ず勝たせるから自分を採用してほしいと頼み込みます。

同じ目標を目指しながらも、戦い方の違う2人の男の絆を描くポリティカルサスペンス。

監督を務めたのは、『名もなき野良犬の輪舞』(2018)でも、ソル・ギョングとタッグを組んだ、ビョン・ソンヒョン監督。

『ペパーミント・キャンディー』(2000)、『殺人者の記憶法』(2017)などのソル・ギョングと『パラサイト 半地下の家族』(2019)のイ・ソンギュンがタイプの違うキム・ウンボムとソ・チャンデを熱演します。

脇には、『ヴィンチェンツォ』(2021)、『梨泰院クラス』(2020)と大ヒットドラマの出演が続くユ・ジェミョンや、『ハード・ヒット 発信制限』(2022)で主演を務め、メイバイプレーヤーとして活躍するチョ・ウジンをはじめ、キム・ジョンス、ユン・ギョンホなど豪華なキャスト陣が顔をそろえます。

スポンサーリンク

映画『キングメーカー 大統領を作った男』の作品情報


(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
Kingmaker

【監督・脚本】
ビョン・ソンヒョン

【キャスト】
ソル・ギョング、イ・ソンギュン、ユ・ジェミョン、チョ・ウジン、パク・イナン、イ・ヘヨン、キム・ソンオ、チョン・べス、ソ・ウンス、ぺ・ジョンオク、キム・ジョンス、ユン・ギョンホ

【作品概要】
監督を務めたビョン・ソンヒョンは、『マイPSパートナー』(2012)で商業映画デビューをし、『名もなき野良犬の輪舞』(2018)で、第70回 カンヌ国際映画祭 ミッドナイトスクリーニングに招待されました。

『ペパーミント・キャンディー』(2000)、『殺人者の記憶法』(2017)などのソル・ギョングがキム・ウンボム役を務め、『パラサイト 半地下の家族』(2019)ぶりの映画出演となるイ・ソンギュンがソ・チャンデ役を務めました。

そのほか、『ビースト』(2021)のユ・ジェミョン、『SEOBOK/ソボク』(2021)のチョ・ウジン、『スタートアップ!』(2020)のキム・ジョンス、ユン・ギョンホ、『パイレーツ:失われた王家の秘宝』(2022)のキム・ソンオなど豪華な顔ぶれが揃っています。

映画『キングメーカー 大統領を作った男』のあらすじとネタバレ


(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

1961年。韓国東北部の江原道。

薬剤師をしているソ・チャンデ(イ・ソンギュン)のもとに1人の村人が相談を持ちかけます。

ある日、飼っている鶏が卵を産まなくなり、不思議に思って小屋を見張っていると、隣人が卵を盗んでいたというのです。そのことを村長に訴えても、隣人は村長の親戚だからお咎めがない。だからチャンデに相談しにきたのです。

チャンデは、赤い紐を渡し、これを鶏の足に結んで、こっそり隣の家の小屋に入れるといい、そして今度は鶏を盗まれたと訴えればいいというのです。

印をつけておいたと言えば、皆信じるというチャンデ。手段として嘘をつくことに対し、村人は躊躇します。お人好しで居続けるという方法もあるというチャンデの言葉に、村人は赤い紐をぎゅっと握りしめました。

村人の話を聞きながら手紙を書いたチャンデは、国政選挙で落選を繰り返していたキム・ウンボム(ソル・ギョング)の事務所を訪れます。

いつ帰るか分からないウンボムを待ち続け、ウンボムが帰宅したのは夜遅くになってからでした。

ウンボムの志は素晴らしいが、志だけでは選挙には勝てないと言います。

ウンボムの志に感銘を受け、世の中を変えたい、無実の人が迫害されない、自由にものが言える社会にしたいとチャンデは話します。

チャンデは北朝鮮から逃れてきた脱北者で、チャンデの父は無実の罪に問われ、チャンデ自身も隠れて暮らしてきたという過去があったのです。

与党に比べ、資金も少ないウンボムはスタッフを雇える余裕はない上に、最初はチャンデの考え方に賛同できかねないウンボムでしたが、チャンデの思いや過去をきき、スタッフとして迎えることにしました。

1票を得るより、相手の票を10票減らすと言うチャンデの斬新な作戦は成功し、ウンボムは当選を果たします。

一方で、スタッフの中にはチャンデのやり方を卑怯だとよく思わない者も多く、ウンボムは謹慎という形でスタッフから外されます。

しかし、ウンボムは選挙に勝つためにはチャンデが必要だと判断し、呼び戻します。チャンデは、呼び戻されると思っていたと言いますが、「私は欲しい時だけもいで食べる柿ではない。柿以上になりたい」と言います。

いつまでも“影”としてウンボムを支えるのではなく、肩書きが欲しいと言うチャンデに、ウンボムは「今すぐは難しいが、君の準備次第だ」と答えます。

チャンデは復帰してすぐ、スタッフの前で、自分達はウンボムを支えるのではなく、ウンボムと共にスタッフ皆が共和党と戦うのだとスタッフを鼓舞し、自分を認めさせました。

そして、共和党のスタッフの衣装を注文します。理由がわからず困惑するスタッフらにチャンデは、この服を着て地方を回るように指示します。

共和党に票を入れるように言いながら、わざと悪い態度をするようにしたり、飲み屋で喧嘩をさせて共和党のイメージを壊していきます。

また、共和党が十人に配ったシャツなどの物品を手違いがあったから返してほしいと回収し、共和党のラベルを剥がして新民党にし、住民らに配ります。

多大な予算を投入しているのに、共和党の候補の支持が伸びないことにヤキモキしたパク・キス大統領ら国会の大臣らは、共和党の候補にウンボムを陥れるネタを見つけた何とかして蹴落とすように言います。

共同討論の際、共和党の候補者はウンボム陣営は予算もなく、共和党を不正していると糾弾するが、新民党も物品を配っていると民主党のラベルのついた物品を手にします。

窮地に立たされたウンボムですが、予算もないのに物品を配っているのは矛盾している、これは私たちの考えに賛同してくださった方が提供してくれたものだと言って不正をしていないとします。

そしてウンボムは、共和党の候補者に見事勝ち国会議員に当選します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『キングメーカー 大統領を作った男』ネタバレ・結末の記載がございます。『キングメーカー 大統領を作った男』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

大統領選を控え、新民党からはナンバー2のキム・ヨンホ(ユ・ジェミョン)が総裁を差し置いて出馬の意向を示し、続いてキム・ヨンホと同じく若手の実力派のイ・ハンサン(イ・ヘヨン)が出馬の意向を示します。

不利な状況であってもキム・ヨンホや、イ・ハンサンより自分の方がいいと宣言し、ウンボムは出馬の意向を示します。

キム・ヨンホ、イ・ハンサンの支持者が割れることを狙って、支持者の少ない田舎に足を運んで地道に票を獲得していきます。

そんな中、愛弟子が自分を差し引いて出馬することに腹を立てていた総裁にキム・ヨンホは取り入り、任命権と総裁の役職を与えるから自分を支持してほしいと頼みます。

そしてキム・ヨンホは、総裁を使ってイ・ハンサンに、今出馬を取り消したら役職を与えると伝え、イ・ハンサンはやむなく出馬を取り消します。

ウンボムとチャンデらは、イ・ハンサンに会いに行き、総裁の役職を与えることを条件に支持してほしいと頼みますが、恩師を裏切ってウンボムにつくことはリスクが高すぎると断ります。

チャンデは策を練り、わざと成人雑誌をイ・ハンサンの視界に入る場所で読み、雑誌の合間に名刺を挟み、その裏に裏切らなくても総裁になる方法があると書きました。

チャンデがはなった餌に飛びついたイ・ハンサンは、名刺を見てチャンデに連絡をします。チャンデは詳しい方法が知りたかったら直接会って伝えると言い、イ・ハンサンは同意します。

そして投票が始まり、開票となりました。結果キム・ヨンホの方が獲得票は多くなりましたが、無記名の票が多く、キム・ヨンホもウンボムも過半数の票に満たない結果となりました。

想定外の結果にキム・ヨンホ陣営は狼狽えます。キム・ヨンホの側近はイ・ハンサンに何でも条件を飲むからキム・ヨンホに票を入れてほしいと頼みます。イ・ハンサンは、総裁の座を与えるとキム・ヨンホ直筆のものを持ってこいと言います。

チャンデはイ・ハンサンに近づき、一度裏切ったものに約束はしないと、総裁の座を与えるとウンボム直筆の書類を差し出し、ウンボムに投票してくださいと頼みます。

チャンデの策にまんまとハマったことに気づいたイ・ハンサンは投票する気がなくなったと言い、その場を去りますが、結果イ・ハンサンの票は無記名票もあったものの、ウンボムに流れ、ウンボムは勝利をおさめます。

勝利したウンボムをチャンデは祝い、抱きしめてもいいかと言います。固く抱き合った2人。ウンボムはチャンデに「準備はできたか?」とききます。チャンデはとうとう室長の肩書きを得たのです。

等の代表として大統領選に出馬することになったウンボムですが、長年大統領を続けてきたパク・キス大統領ら与党勢力相手に苦戦を強いられます。

何かいい案がないかと提案されたチャンデは、キム・ヨンホが以前襲撃された事件があり、それに萎縮せず与党と戦うことを表明した際、支持者が大幅に増えた話を出します。

演技をするのかとざわつくなか、ウンボムは机を叩き、演劇をしたい訳ではないと一蹴し、チャンデはまだ準備不足だったのか…と呟きます。

その頃、パク・キス大統領陣営は、ウンボムの“影”の存在であるチャンデのことに気づき始めていました。イ・ジンピョ室長(チョ・ウジン)はチャンデを陥れようと画策していました。

ある日、ウンボムがアメリカを凱旋中にウンボムの自宅で爆発が起こりました、そこにウンボムの母と甥がいましたが、2人とも怪我はありませんでした。

パク・キス大統領陣営は、ウンボム側の自作自演の工作だと糾弾し、ウンボム陣営ではチャンデがやったのではないかと疑い始めていました。ウンボムはチャンデが狙われていることも感じていながら、チャンデへの疑いも消えないままでいました。

チャンデの考えにウンボムは同意できないと話します。あなただけのおかげでここまできたのではない、自分のおかげだとまでいうチャンデに驕るなといい、国民の支持があっての今の立場だと言います。

建前だとチャンデはいい、国民が何もしなかったから今のパク・キス大統領長期政権があると言います。決定的に考えが違うと感じたウンボムは、これで罪悪感なく君を切ることができると苦しそうに言います。

家には私の母と甥がいた、本当に君がやったのかとウンボムはきき、チャンデは涙ながらにそうです、私がやりました、と答えます。

その後ウンボムのスタッフではなくなったチャンデは、なんとイ・ジンピョ室長のもとで、パク・キス大統領陣営として選挙参謀として策をろうし、パク・キス大統領は再選を果たしウンボムは負けました。

金を受け取ったチャンデは肩書きを与えるとイ・ジンピョ室長の誘いを断ります。そして、ウンボムの家に爆弾を置いた時、こうなることを予想していたか?とイ・ジンピョ室長に聞きますが、はぐらかされてしまいました。

ウンボムが負け、その後軍事政権が続き、ウンボムは捕らえられたり、拉致されたりと様々な目に遭いますが、それでも志を曲げることはなく、1997年にとうとう大統領選で勝利し、大統領となります。

その横にチャンデの姿はありませんでした。

スポンサーリンク

映画『キングメーカー 大統領を作った男』の感想と評価


(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

光と影

金大中(キム・デジュン)と選挙参謀だった厳昌録(オム·チャンノク)の実話を元にしたポリティカルサスペンス『キングメーカー 大統領を作った男』。

ソ・チャンデ(イ・ソンギュン)は、“”としてキム・ウンボム(ソル・ギョング)の選挙戦を支えてきました。

理想家で実直なキム・ウンボムは与党の不正選挙を正したい、長年続くパク・キス(キム・ジョンス)政権を打倒しようと考えていました。

しかし、与党陣営は、資金を使って住民に物品を配ったり、開票の際に停電などを起こして不正を行い続け、理想で勝負しようとするウンボムは負け続けていました。

正攻法で戦わない相手に、正攻法で戦っては勝てない、選挙に勝ってこそ、大義を実現させることができるというチャンデの意見は確かに一理あるものです。

実際にチャンデの作戦によって、ウンボムは選挙に勝つことができたのです。チャンデが必要だと思う一方で、チャンデのやり方に賛同できないという気持ちは拭えませんでした。

チャンデは北朝鮮出身であり、共産主義と疑われているウンボムがチャンデに肩書きを与える可能性は低いとどこかでわかっていながらも、ウンボムの志に感銘を受け、同じ景色を見たいとウンボムの元で働くことを志願しました。

しかし、ウンボムの地位が変わり、出世するスタッフらを見て、チャンデ自身も“影”ではなく、認められたいという思いが強くなります。何の肩書きもなく、その存在を知られることのない自分の立場に不満を感じ始めていました。

光が強くなれば、影も強くなる、それでも私は先生に輝いていてほしい」とチャンデは言いました。肩書きをもらえたものの、チャンデとウンボムの考え方の違い、2人の間の溝は大きくなっていました。

どんな方法でもいい、勝てばいい。相手も同じように工作をしてくるから、ある意味正当防衛だ、という考えに固執するあまり、チャンデは超えてはいけない一線を超えかねない状態になっていきます。

チャンデのおかげで今の自分の地位があるという思いもあり、ウンボムをチャンデを切れないでいましたが、爆発の一件が決定打となり、チャンデを切りました。

チャンデとイ・ジンピョ室長の会話から、爆発の犯人はチャンデではなかった、と考えられます。しかし、チャンデを狙ったものであり、このままチャンデが認めなかったらウンボム陣営に不利になると考えチャンデは認めたのでしょう。

もしくは、ウンボムが自分を切るかどうか試そうとしたのかもしれません。もし、ウンボムがチャンデを切らなかったら、チャンデはパク・キス大統領陣営で選挙参謀として働かなかったかもしれません。

落選続きだったウンボムがチャンデの斬新な作戦で、当選し、国会議員として頭角を表していく様は鮮やかかつコミカルで面白いと同時に本当にこんなことを?と驚くような選挙の裏側が描かれていきます。

そして次第に2人の違いが大きくなり、決別していくまではハラハラする展開に加え、大義とは、政治家とはどうあるべきかという現代にもつながるテーマを突きつけてきます。

また、志が高く、理想家とも言えるウンボムの、真っ直ぐ物事に対峙し、自分の言葉で国民と向き合おうとする姿勢は綺麗事だけではない真摯さがあり、ソル・ギョングの説得力のある演技の成せる技といえるでしょう。

まとめ


(C)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

大統領選の裏側を描いた本作のモデルは、第15代韓国大統領・金大中(キム・デジュン)と彼の選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)です。

軍事政権下、野党の指導者として活動していた金大中は1980年に金泳三らと共に軟禁されます。その逮捕事件が1980年の広州で起きた光州事件などにつながっています。

光州事件をはじめとした1970年代後半から1990年頃までの民主化運動を描いた映画は、『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2018)や、『1987、ある闘いの真実』(2018)などが思い浮かぶでしょう。

本作が描かれているのはそのような民主化運動に影響を及ぼす指導者となる以前の無名時代の金大中です。その頃から独裁政権が続き、その体制を金大中をモデルにしたキム・ウンボムは批判していました。

また、選挙戦の裏側の様子では、物品を送ったり、噂を流したりと、国民がいかに票稼ぎのために利用されているかが感じ取れる描写もあります。

その中ウンボムは、国民があっての今の自分で第一に考えるべきは国民だと言い続けます。そんなウンボムに対し、チャンデはそれは建前であって本音ではない、本音では国民のことなど考えていないでしょうと言います。

国民が何もしないから今の独裁政権があるのだ、国民のせいだともチャンデは言います。しかしウンボムはチャンデの意見には賛同せず国民第一という考えを捨てませんでした

チャンデのその考えの背景には、今まで声を上げても聞き入れられない政治家に対する不信感や、静かに影を潜めて生きていくしかなかった自分の境遇などが影響しているのかもしれません。

キム・ウンボムとソ・チャンデ。考え方は違えど同じ方向を向いて、社会をより良くしようと闘う2人の姿をソル・ギョング、イ・ソンギュンの熱き演技が盛り上げます

関連記事

サスペンス映画

映画『スリービルボード』あらすじとキャスト。マーティン・マクドナー紹介も

2月1日(木)全国ロードショーの映画『スリー・ビルボード』。 第75回ゴールデングローブ賞作品賞ら4冠、トロント国際映画祭観客賞、ベネチア国際映画祭脚本賞、数多くの賞を受賞した今年大注目の作品です。 …

サスペンス映画

映画『リカ 自称28歳の純愛モンスター』ネタバレ感想と結末あらすじの解説。ドラマのその後として“最恐のリカ”と刑事の駆け引きを描く

純愛に生きる危険な女、自称28歳のリカを、ドラマ版に続き高岡早紀が熱演 「第二回ホラーサスペンス大賞」を受賞した小説「リカ」シリーズを原作に、2019年に放送されたドラマ版の、その後の物語を描く映画『 …

サスペンス映画

『ストレイ・ドッグ』ネタバレ感想と解説レビュー。70年代のアメリカ犯罪映画を現代に甦らせたニコールキッドマンの演技力

映画『ストレイ・ドッグ』は2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国順次公開! 復讐か? 贖罪か? 過去に犯した過ちで心を蝕まれた女性刑事が、決着をつけるために動き出します。 …

サスペンス映画

映画『クロール -凶暴領域』あらすじと感想評価。アレクサンドル・アジャ×サム・ライミの強力タッグでビビり必死⁈

映画『クロール -凶暴領域-』は2019年10月11日(金)よりロードショー! 街を襲ったカテゴリー5のハリケーン、そして街を闊歩するワニの群れ。絶体絶命の窮地に追い込まれたヘイリーと父は、それでも生 …

サスペンス映画

映画『累かさね』あらすじネタバレと感想解説。ラスト結末まで土屋太鳳&芳根京子の狂演×演劇かもめ&サロメの意味を探る

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるまの『累』を土屋太鳳&芳根京子のNHK連続テレビ小説のヒロインがW主演で映画化。二人を繋げる男の羽生田役に浅野忠信。共演に横山裕、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学