Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/15
Update

韓国映画『ビースト』あらすじ感想と考察解説。“あるいは裏切りという名の犬”リメイク版を俳優のエナジー全開で魅せる|コリアンムービーおすすめ指南25

  • Writer :
  • 西川ちょり

韓国映画『ビースト』は2021年10月15日(金)よりキノシネマ他にて全国順次公開!

イ・ソンミン、ユ・ジェミョン等、名優たちの魂が激突する映画『ビースト』は、フランス映画『あるいは裏切りという名の犬』(2004)を大胆に翻案した新たなる韓国ノワールの野心作です。

一人の少女の失踪を発端に、恐るべき連続猟奇殺人事件が浮かび上がる中、捜査を担当する2人の刑事は激しく対立し、犯人逮捕への執念は思わぬ方向へと転がり始めます。

『さまよう刃』などのイ・ジョンホ監督が善惡の境界に陥った男たちを描く渾身のダーク・スリラーです!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ビースト』の作品情報


(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

【公開】
2021年公開(韓国映画)

【原題】
비스트/英題「The Beast」

【監督】
イ・ジョンホ

【キャスト】
イ・ソンミン、ユ・ジェミョン、チョン・ヘジン、チェ・ダニエル、イ・サンヒ、キム・ホンパ

【作品概要】
2004年製作のフランス映画『あるいは裏切りという名の犬』のリメイク作品。

『さまよう刃』などのイ・ジョンホが監督を務め、イ・ソンミン、ユ・ジェミョンら、韓国を代表する俳優たちが共演。恐るべき連続猟奇殺人事件を背景に激しくぶつかり合う2人の刑事の姿を描いています。

映画『ビースト』のあらすじ


(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

仁川(インチョン)で女子高生が行方不明になってから2週間。市民のいらだちは警察に向けられ始めていました。

捜査1班を率いるハンスと2班を率いるミンテは、かつては相棒同士でしたが、今では周囲の思惑にも振り回される形で何かと反発仕合い、対立していました。

女子高生の遺体が発見され、殺人事件へと進展。早々にハンスが容疑者を逮捕しますが、冤罪を確信したミンテが独断で釈放したことで捜査は混迷を極め、二人の溝は益々深まっていきます。

ある日、出所したばかりの情報屋のチュンべから「いい情報がある」と呼び出されたハンスは、思いもよらぬ形で殺人事件に巻き込まれてしまいます。

ハンスの一瞬の油断をついて、彼の銃を手に入れたチュンベは、自身を密告した麻薬の売人をその銃で射殺。驚き激怒するハンスにチュンべは「アリバイを保証してくれたら女子高生殺しの犯人の情報を提供する」と持ちかけます。

チュンべの情報からハンスは容疑者のアジトを突き止め、警察はアパートの周囲を包囲しますが、ここでもミンテとハンスの対立が絡み、惨事を引き起こしてしまいます。

ミンテは責任を取らされ、捜査から外れますが、彼が率いる捜査2班は、海から上がった車に他殺体があった知らせを受け、現場に向かいます。それは、ハンスが海に沈めて処分したはずの死体を積んだ車でした・・・。

スポンサーリンク

映画『ビースト』感想と評価


(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

フランス映画『あるいは裏切りという名の犬』を大胆にリメイク

映画『ビースト』は、2004年のフランス映画『あるいは裏切りという名の犬』のリメイク作品です。

韓国が制作するリメイク映画はオリジナルや原作の持ち味を尊重しながらも、時に大胆にアレンジして独自の面白さをどんどん加味していくのが特徴ですが、本作も例外ではありません。

ライバル関係にある2人の刑事の対立という主題を引き継ぎながら、連続猟奇殺人事件の犯人に迫っていく過程をより大胆に膨らませています。

犯人逮捕のためには手段を選ばないハンス(イ・ソンミン)と証拠を固めて堅実に容疑者をあげようとするミンテ(ユ・ジェミョン)は、かつては相棒として捜査にあたった仲でしたが、今では決定的に関係をこじらせています。

2人の間に何があったのかは明確に描かれず、観るものに委ねられています。また、2人の人間関係の行く先を突き詰めていくというよりは、その対立ゆえに、互いに抜き差しならぬ状況へと陥っていく姿を描くことに重点がおかれています。

犯人を捕まえたい、事件を解決したいというあまりにも強い執念にライバルとの競争心が絡み、男たちは善と悪の境界へと足を踏み込んでいくのです。

ナ・ホンジン監督の『チェイサー』など、韓国スリラー映画の伝統を受け継いだダークで強烈な雰囲気の中、自身の中に存在する獣の部分を顕にする人間の姿が描かれ、目が離せません。

俳優たちの凄まじいエネルギー


(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

脇役を含め、キャラクターの個性が際立っていますが、「俳優の映画」と呼びたくなるほど、個々のキャラクターを演じる俳優たちの凄まじいエネルギーが全編を覆っているのが、本作の最大の特徴であり魅力といえるでしょう。

ハンスを演じるイ・ソンミンは、テレビドラマ『ミセン~未生~』(2014)でのオ課長役で高い評価を得、以降、韓国を代表する俳優として活躍しています。『KCIA 南山の部長たち』(2020)では非情な大統領役を演じ新境地を開きましたが、熱い性格で人情味のある役柄が似合い、本作のハンスもその系譜上にあります。

ハンスは部下からは慕われ、上司からも信頼され、笑顔が似合う捜査班の班長である一方、犯人検挙への想いの熱さのために、暴力も辞さない強引さを持っています。イ・ソンミンはそんなハンスを渾身の力を込めて演じ、一人の男の混乱の渦中へと観る者を巻き込んでいきます。

一方、ミンテを演じるユ・ジェミョンはテレビドラマ『秘密の森』(2017)の果たして敵か味方かとはらはらさせた検事役をはじめ、様々な役柄をこなす名優のひとりです。Netflixで配信されているドラマ『梨泰院クラス』(2020)、『ヴィンチェンツォ』(2021)でご存知の方もおおいことでしょう。

イ・ヨンエ主演の『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』(2019)で、地元の業者と癒着した悪徳警官を憎々しげに演じていたのも記憶に新しいところです。

本作でも、善とも悪とも単純にはいいきれない複雑な内面を持った刑事を巧みに演じています。まさにユ・ジェミョンだからこそ出せた味といえるでしょう。

そしてもうひとり、注目すべきはタレコミ屋・チュンベに扮したチョン・ヘジンです。彼女は『名もなき野良犬の輪舞』(2017)では暴力団の摘発に執着する非情なチーフ役、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』(2019)では交通課の課長、ドラマ『秘密の森2』(2020)では警察庁の情報部の部長刑事と、これまではリーダー格の有能な女性を多く演じてきました。

しかし、本作では、すべての指に指輪をはめ、どぎついメイクをした、したたかなタレコミ屋に扮していてあっと言わせます。

イ・ジョンホ監督は『さまよう刃』でタッグを組んだイ・ソンミンはもとより、すべての俳優の能力を最大限に引き上げ、強烈な人間ドラマを作り上げました。

まとめ


(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

懸命に捜索する刑事たちをあざ笑うような猟奇殺人鬼の造形も鬼気迫るものがあります。

そのアジトとなるアパートは、大邸に実在するアパートでロケを行ったそうです。階段部分の円形の作りは、まるで車の立体駐車場を上がっていく通路のようでもあり、警察、犯罪者、機動隊が入り乱れるバトルシーンとして面白い映像を作り出しています。

また、ハンスは不眠症であることが暗示されていますが、追い詰められていく中で、現実と幻が交錯する印象的なシーンが頻繁に登場するのも見逃せません。

犯罪都市』(2017)、『The Witch/魔女』(2018)の撮影監督を務めたチュ・ソンニムはアナモルフィックスレンズで撮影を行い、青を基調とした独特な外観と質感を生み出しました。

また、照明監督のチェ・ジョンハは登場人物が窮地に陥る時はパッションレッドとコールドブルーの照明をふんだんに使用しました。

優秀なスタッフが結集した渾身の映像世界にも是非注目してください。




関連記事

連載コラム

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』キャストとスタッフ/内容解説。初の男性ピンクの登場!桃太郎とおとぎ話をモチーフにした戦隊が大暴れ|邦画特撮大全104

連載コラム「邦画特撮大全」第104章 今回の邦画特撮大全は2022年3月6日(日)から放送開始される、スーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』を紹介します。 2022年2月9日(水)に行 …

連載コラム

『アイ・ケイム・バイ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。サスペンス映画おすすめ!屋敷に忍び込んだウォールアーティストが巻き込まれたミステリーとは⁈|Netflix映画おすすめ108

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第108回 目的を持ち他人の屋敷に侵入した、1人の反骨精神を持つグラフィックアーティスト。彼はそこで館の主である、社会的地位ある男の危険な秘 …

連載コラム

テレビ版『ウルトラマンR/B(ルーブ)』ネタバレ感想と考察。過去シリーズとの共通点から楽しさを読み解く|邦画特撮大全36

連載コラム「邦画特撮大全」第36章 2019年3月8日からの公開が控えている劇場版『ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタル』。 本作は2019年に放送された『ウルトラマンR/B』の劇場版 …

連載コラム

新海誠『天気の子』予報②から「100パーセントの晴れ女」を解説|新海誠から考える令和の想像力4

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第5回 7月19日に公開を控える『天気の子』予告編の第2弾が、5月28日に公開されました。 ここであらためて、既出の情報もふくめて、「きみとぼく」の関係を整理 …

連載コラム

『パンケーキを毒見する』内容感想と解説レビュー。ドキュメンタリー映画で菅義偉総理を“令和おじさん”としてシニカルに分析|だからドキュメンタリー映画は面白い61

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第61回 今回取り上げるのは、2021年7月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開の『パンケーキを毒見する』。 第99代内閣総理大臣・菅義偉の隠され …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学