Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/06/08
Update

映画『鳩の撃退法』事件の犯人と真相はどこに?土屋太鳳扮する編集者の鳥飼なほみが真実の追求にのりだす

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開予定

映画『鳩の撃退法』は、藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らの豪華キャスト陣を、『原宿デニール』(2015)のタカハタ秀太監督がまとめあげました。

直木賞受賞経験もある天才作家・津田は、経験した“ある出来事”を小説に書きます。

神隠しにあったとされる家族、津田の元に舞い込んだ大量のニセ札、囲いを出た鳩の行方、津田の命を狙う裏社会のドン、そして多くの人の運命を狂わせたあの雪の一夜の邂逅…。それは真実なのか、フィクションなのか。

真実かどうか確かめに動き出す編集者の鳥飼なほみ。はたして全ての謎は解けるのでしょうか?

津田に翻弄される彼女にフォーカスして、『鳩の撃退法』をご紹介します。

直木賞作家佐藤正午の小説『鳩の撃退法』が映画化され、2021年8月27日(金)より公開予定です。

スポンサーリンク

映画『鳩の撃退法』の作品情報


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
佐藤正午

【監督】
タカハタ秀太

【脚本】
藤井清美、タカハタ秀太

【キャスト】
藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司、坂井真紀、濱田岳、リリー・フランキー、佐津川愛美、桜井ユキ、柿澤勇人、駿河太郎、浜野謙太、岩松了、村上淳、ミッキー・カーチス

【作品概要】
直木賞作家の佐藤正午の同名ベストセラーを藤原竜也主演で映画化した『鳩の撃退法』。

謎めいた小説家・津田を藤原竜也、津田に翻弄される担当編集者・鳥飼を土屋太鳳、津田とコーヒーショップで出会った日に失踪したバーのマスター・幸地秀吉を風間俊介、津田の行きつけのコーヒーショップ店員・沼本を西野七瀬、彼らが暮らす街の裏社会を仕切る倉田健次郎を豊川悦司が演じています。

監督は、『ホテル ビーナス』(2004)『原宿デニール』(2015)のタカハタ秀太。脚本は、『るろうに剣心 京都大火編『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)を手掛けた藤井清美とタカハタ監督が担当します。

映画『鳩の撃退法』のあらすじ

富山の小さな街でドライバーとしてその日暮らしを続ける津田伸一は、かつては直木賞も受賞した天才小説家です。

ある日、津田はバーで担当編集者の鳥飼なほみに、書き途中のある新作小説を読ませていました。

1年前、津田はいきつけのコーヒーショップで偶然幸地秀吉と出会い、今度会ったらピーターパンの本を貸そう、と“約束”をして別れました。

しかしその夜を境に、幸地秀吉は愛する家族と共に突然姿を消してしまいます。

それから数カ月後、ひょんなことから津田の元に3千万円を超える現金が転がりこみました。ところが喜びも束の間、思いもよらない事実が判明します。

津田は、「あんたが使ったのは偽の1万円札だったんだよ」と使用した先から言われました。

そのうえ、1年前に家族三人が失踪した事件をはじめ、この街で起きる騒ぎに必ず関わっている裏社会のドン・倉田健次郎が、偽札の動向に目を光らせていると聞きました。

倉田はすでに偽札の行方と一緒に、津田の居場所を捜し始めているそうです……。

津田の体験を元に書かれた新作に心を躍らせる鳥飼でしたが、物語を読めば読むほど、どうにも小説の中だけの話とは思えなくなります。

鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか検証を始めますが、そこには驚愕の真実が待ち受けていました。

スポンサーリンク

翻弄と真実を追求

「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

物語の序盤、小説家の津田は編集者の鳥飼に、書き始めた小説を読み上げます。ファンでもある津田先生の新作とあって、鳥飼はワクワクして聞いているのですが、その内容はちょっと変?

「待ってください。それってフィクション、ですよね?」。

鳥飼は何回か津田に聞きますが、津田の答えは「その質問は受け付けない」。

津田が書いた小説の中の平凡な一家失踪事件と偽札の関係は? そして、「鳩」が意味するものは?

真意のわからない謎の小説家を演じる藤原竜也に対して、しびれを切らした鳥飼は、自分で謎を解こうと動き始めます。

行動的で頭のきれる編集者鳥飼なほみを演じるのは、『累 -かさね-』(2018)『七つの会議』(2019)『フード・ラック!食運』(2020)『哀愁しんでれら』(2021)などに出演している、土屋太鳳。

どこまでが嘘でどこからか真実なのか。

真意が読めない津田に翻弄されながらも、真実を追求するという重大な役どころを、力いっぱい演じています。

土屋太鳳は、16歳の時にスタジオの片隅ではじめて藤原竜也と出会って挨拶をしたと言います。

それから数年後に会った時に「這い上がって来たな」と言われ、今回さらに這い上がって、やっと直接一緒に演技ができて感動していると言います。

女優としての頑張りを認めてもらった藤原竜也と共に、虚構と現実を翻弄する不思議な世界観の演出に尽力を尽くしたと言えます。

まとめ


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

天才小説家津田伸一が書く小説は現実になるのかと、話題を呼ぶ映画『鳩の撃退法』。津田に扮する藤原竜也が、小説内の出来事が現実と入り混じる世界を演出し、その嘘を見破ろうと、土屋太鳳演じる編集者が奔走します。

場面写真からも伺える、刑事顔負けの津田との名コンビぶりが披露されそうで期待も高まります。

この男が書いた小説を見破れるか。あなたが決めてください、とキャッチコピーは歌っていますが、奔走する土屋太鳳に真実を明かして欲しいものです。

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開予定







関連記事

サスペンス映画

オゾン映画『2重螺旋の恋人』あらすじと感想。マリーヌ・ヴァクトに見る二項対立の考察

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 オゾン監督はセクシャル・マイノリティの立場から、同性愛や出産などをモチーフにした …

サスペンス映画

映画『セブン』ネタバレ考察と評価感想。衝撃的なラスト結末は名作か胸糞か⁈凄惨な殺人に抗う刑事たちの人物描写

デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのサスペンス映画 映画『セブン』は、『エイリアン3』(1992)や『ファイト・クラブ』(1999)を手掛け、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)ではゴ …

サスペンス映画

映画『残された者 北の極致』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ミケルセンの大ファンだった男は破格でホッキョクグマを貸してくれた

映画『残された者 北の極致』は、北極に取り残された男性の壮絶なサバイバルを描いた物語。 主演を務めたのは、マッツ・ミケルセン。『偽りなき者』(2013)でカンヌ映画祭男優賞を受賞し、テレビドラマ『ハン …

サスペンス映画

韓国映画『悪の偶像』ネタバレ感想と内容評価。結末にタイトルの意味“偶像”は集約されている

俺は悪い病気にかかった。気づかなかったのは症状がなかったから 映画『悪の偶像』が2020年6月26日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開されています。 韓国映画界を代表するハ …

サスペンス映画

映画『ゴールド/金塊の行方』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

実在の事件を題材に、マシュー・マコノヒーが自身の制作・主演で映画化した犯罪サスペンス『ゴールド/金塊の行方』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ゴールド/金 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学