Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/08/28
Update

【ネタバレ 鳩の撃退法】あらすじ感想とラスト結末の考察。サスペンスと本格ミステリ映画の真骨頂が〈現実と虚構〉で入り乱れる!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

藤原竜也主演で描かれる現実と虚構を見抜く最新ミステリ!

殺人事件や暴行事件、汚職や政治的な犯罪から芸能人のスキャンダルまで、現代社会はさまざまなニュースが日常的に溢れています。

しかし、一つ一つの事柄の詳細がさまざまなメディアで語られはしますが、部外者である我々は結局のところ断片をつなぎ合わせた空想をするだけで本当の答えは当事者しか知り得ることはできません。

今回はそんな事実の断片を繋いだ「虚構」を描き良質なサスペンスミステリへと昇華した最新映画『鳩の撃退法』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『鳩の撃退法』の作品情報


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
タカハタ秀太

【脚本】
タカハタ秀太、藤井清美

【キャスト】
藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司、坂井真紀、濱田岳、リリー・フランキー、佐津川愛美、桜井ユキ、柿澤勇人、駿河太郎、浜野謙太、岩松了、村上淳、ミッキー・カーチス

【作品概要】
1987年に時任三郎を主演に映画化された「永遠の1/2」などの著作を持つ佐藤正午の同名小説を映像化した作品。

舞台「身毒丸」での俳優デビュー時に非凡な才能を世界から絶賛され、映画『バトル・ロワイアル』(2000)以降は日本映画の第一線で活躍し続ける藤原竜也が主演を務めました。

映画『鳩の撃退法』のあらすじとネタバレ


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

バーテンダーとして働く小説家の津田に会うため高円寺のバーを訪れた編集者の鳥飼は、5万円と引き換えに次回作の序盤を書いた津田の原稿を買い取ります。

その小説に書かれていたのは直木賞を受賞した過去を持つ小説家の津田の物語でした。

【小説】

ある閏年の2月、とある理由から筆を置いた津田は富山の街でデリヘル「女優倶楽部」の運転手を勤めていました。

地元で古本屋を経営する老人の房州に借りた3万円すらも返済出来ない津田。ある日彼は、馴染みの店員沼本の居る喫茶店で毎日深夜に小説を読み朝まで時間を潰す秀吉に声をかけます。

津田は秀吉が水商売をやっていることや妻子を起こさないために朝まで時間を潰していることを見抜くと、思い詰めた様子の秀吉と親交を深めます。

秀吉は津田の持つピーターパンの小説に興味を持つといずれ津田から借りることを約束し喫茶店を出て行きますが、彼がその喫茶店に現れることは二度とありませんでした。

秀吉と別れた津田は「女優倶楽部」のまりこから、彼女の恋人である晴山を駅まで送るように頼まれます。

晴山は駅に着くなり別の女性といちゃつき始め、津田は複雑な気持ちになりますが、次に雇主である川島に頼まれたシングルマザーの奥平の送迎を済ませました。

【現実】

ここまで原稿を読んだ鳥飼は物語の先が気になりますが、3年前に津田が「実在の人物」を題材とした小説を書いたのが原因で訴訟沙汰となり文壇を離れることになった経緯から、今回も同じなのではないかと警戒します。

津田は鳥飼に20万円を要求し、鳥飼は津田の要求を飲み物語を読み進めます。

【小説】

津田と秀吉が夜に喫茶店で出会った日の昼、バーの店長を務める秀吉は従業員からの「給料を3万円分前借りしたい」という懇願を了承します。

家に帰った秀吉は妻の奈々美から妊娠したと言う告白を聞くと、喜ぶと思った奈々美の予想を裏切り険しい顔をし、その日のバーの仕事を休む電話をかけました。

津田が秀吉と喫茶店で出会ってからしばらくが経ち、房州の死去の知らせを受けた津田は房州が津田のために残したスーツケースを受け取ると同時に秀吉の一家が失踪したことを知ります。

家に帰り房州のスーツケースを開けると、その中に無くした「ピーターパンの小説」と「現金3003万円」が入っていました。

数日後、川島から喫茶店に呼び出された津田は、先日津田が床屋で利用した1万円札が偽札であり、その偽札の持ち主を「本通り裏」と呼ばれるこの街の裏社会を担う組織のボスである倉田が探していることを聞きます。

端数である残り2万円が偽物であることを確かめた津田は残る3002万円が全て偽札であると考え、この金を封印する事を決意。

一方、「女優倶楽部」のまりこの恋人であった晴山が新しく出来た女(津田が目撃した女性)と共に駆け落ちしたことで、まりこは晴山の持ち物の処分を津田に頼みます。

津田は晴山の所持品の中から壊れたビデオカメラを見つけ、メモリ内に晴山が新しい恋人との情事の現場を録画していたことを知ります。

晴山の新しい恋人は秀吉の妻である奈々美であり、津田は奈々美が妊娠した子供は実は晴山との子であり、奈々美はその子を秀吉の子だと偽っていたのだと勘付きます。

閏年の夏になり、川島は再び喫茶店に津田を呼び出すと、倉田が偽札の持ち主が津田であることを突き止めたと話し、お互いの安全のために津田を解雇。

生き延びる方法を探る津田は倉田を知る床屋の前田の助言を聞き、「本通り裏」の構成員に接触し倉田に「ピーターパンの小説」と「3002万円」が入ったスーツケースを渡すように告げ、前田の知人である高円寺のバーに匿われることになったのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『鳩の撃退法』のネタバレ・結末の記載がございます。『鳩の撃退法』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

【現実】

ここまでの物語を読んだ鳥飼は実際に富山を訪れ沼本と接触し、この物語が今年津田の身に起きた事柄を基にしたノンフィクションであることを確信し、津田を探す孤児院の経営者を連れバーで働く津田のもとへと向かいます。

津田は孤児院の経営者から津田名義で3000万円の寄付を倉田が代理で行ったことを聞き、倉田が「鳩」と形容する偽札は3003万円のうちの3万円だけだったことに気づきます。

房州は自身の財産である3000万円を小説家としての再起を信じる津田に善意で残していました。

一方、倉田は「仕事」で手にした偽札の3万円を孤児院での義理の弟である秀吉が店長を務めるバー「スピン」に預けますが、秀吉が妻の奈々美の浮気を知り店を休んだ日にバーの従業員が給料の前借りとして偽札を持ち去ってしまいます。

その偽札はまりこから奥平、そして房州をまたいで結果的に津田に渡り倉田と関わることになったのでした。

謎が解明し3000万円を惜しみながらも最終的に偽札が倉田に戻ったことで狙われる理由がなくなったことに胸を撫で下ろす津田は、鳥飼にこの小説が自身の見聞きした「秀吉の家族の失踪」や「偽札」と言う断片的な情報を基に想像を足したフィクション小説であると言い切ります。

しかし、鳥飼は新聞やニュースを見ない津田に「富山のダムで見つかった男女の死体」の記事を見せ、津田の小説が倉田の関わる事件の真実を暴いてしまっていると忠告。

記事を見た津田は、倉田が偽札を預けるため店に居るべきだった秀吉が奈々美の浮気を知ったことで店に居なかったことで偽札が表に流れてしまったことに想像を巡らせます。

秀吉は子供を作ることのできない無精子症であり、新しく出来た子供も妻も自身の子ではない娘も愛そうと考えていましたが、倉田はそれを良しとせず浮気をした奈々美と浮気相手の晴山を拉致します。

偽札流出のケジメを受けるべき秀吉、奈々美、晴山は倉田によって殺されたと考えるのが自然でしたが、喫茶店での秀吉との会話を思い出す津田は空想である小説の中ではハッピーエンドでも悪くないはずだと考え、全員が逃げ延びるオチを書きます。

小説のエピローグとして鳥飼と共にもし秀吉が生きていれば「ピーターパンの小説を津田に借りる」と言う約束を果たすためにこの場所を訪れるのかもしれない空想を話す津田は、バーのマスターからいま出て行った客が倉田に渡ったはずの「ピーターパンの小説」を津田に渡すようにと預かっていたと聞きます。

急いで客を追いかける津田は雑踏の中に車に乗り込む秀吉を見つけると笑みを浮かべ、小説の名前が思い浮かんだと鳥飼に言いました。

スポンサーリンク

映画『鳩の撃退法』の感想と評価


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

「真実」と「虚構」が入り乱れる物語

直木賞を受賞した経歴を持つ小説家「津田」の物語で幕が上がる映画『鳩の撃退法』。

落ちぶれた小説家の津田が自身をモデルとした人間が主人公の小説を展開する手法で進む本作は、彼の書く物語が「フィクションかノンフィクションか」が焦点となっています。

秀吉一家失踪事件、大量の偽札、街を牛耳る倉田と言う男、物語が進めば進むほどに伏線が増え、津田の書く物語が「真実」なのか「虚構」なのかの判別がより困難になっていました。

しかし、収まりがつかないほどに広がったように思える物語がきっちりと終着点を迎えるラストは見事であり、小説を題材としたサスペンスミステリの新境地を体感できる映画でした。

「秀吉一家失踪事件」の本当の結末を考察


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

劇中で描かれた「秀吉一家失踪事件」の結末はあくまでも津田の考えたハッピーエンドな結末であり、「真実」ははっきりすることなく終わってしまいますが、考察可能な伏線はしっかりと用意されていました。

映画の「現実パート」で描かれた注目すべき「事実」は、「ダムで男女の遺体が見つかったこと」と「秀吉が生存していること」の2点であると言えます。

このことから死亡した男女は秀吉の妻である奈々美とその浮気相手である晴山であると考えることが妥当です。

しかし、その一方でダムで見つかった男女が秀吉の関係者であると明言されていないことも「事実」であり、唯一の条件である「秀吉の生存」を満たした津田の考えるハッピーエンドが「真実」ではないと言い切ることは出来ず、この映画における「真実」は鑑賞者によって異なるのだと確信できるラストでした。

まとめ


(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

堕落しているように見えて時に切れ味の高い観察力を見せる津田を藤原竜也が好演し、彼にしか出せないであろう独特のサスペンス色を持たせることに成功した本作。

『狐狼の血 LEVEL2』(2021)などに出演し俳優としての新たな道を進む西野七瀬演じる沼本も印象的であり、豪華俳優陣がそれぞれの特色を見せる本作は俳優目的での鑑賞にも自信を持ってオススメできる1作。

映画『鳩の撃退法』は、何が起きるかが分からないハラハラを体験したい人や、伏線回収のスッキリさを味わいたい人に観ていただきたい、この夏イチオシのサスペンスミステリ映画です。





関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』犯人とゼロバンの正体ネタバレ。キャストの演技評価と感想は

ベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした実写映画『十二人の死にたい子どもたち』。 舞台の作演出を手掛けてきた倉持裕が脚本を担当し、『イニシエーション・ラブ』『トリック』な …

サスペンス映画

映画『リグレッション』のあらすじとキャスト。上映する劇場情報も

映画『リグレッション』9月15日(土)より、新宿武蔵野館ほかにてロードショー! 『アザーズ』で知られるスペインの名監督・アレハンドロ・アメナーバル8年振りの新作がついに日本上陸! 90年代に実際にアメ …

サスペンス映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじとキャスト!日本公開はいつ?

2017年12月9日(土)より公開される韓国映画『ありふれた悪事』は、モスクワ国際映画祭にて主演男優賞&最優秀アジア映画賞の2冠達成! 今作は歴史の暗闇に真正面から向き合い、国境を超えて高い …

サスペンス映画

映画グリーンルームあらすじネタバレと感想!ラスト犬の考察と解説も

2017年2月より全国順次公開されている脱出バイオレンススリラー『グリーンルーム』。 惜しくも2016年6月19日未明に27歳の若さでこの世を去ったアントン・イェルチン。 彼の主演作品はまだ劇場で観ら …

サスペンス映画

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』ネタバレあらすじと感想評価。キャストのトム・ホランド×ロバート・パティンソンの群像劇スリラー

NETFLIX映画『悪魔はいつもそこに』 今回は映像配信サービス「Netflix」で配信された「宗教」と「暴力」をテーマにした群像劇映画『悪魔はいつもそこに』(2020)をネタバレあらすじを含めご紹介 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学