Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/07/04
Update

『エゴイスト』あらすじ/キャスト/公開日はいつ?鈴木亮平×宮沢氷魚で高山真の自伝的小説の世界がスクリーンに!

  • Writer :
  • 星野しげみ

エッセイスト高山真の自伝的小説『エゴイスト』が映画に!

愛と毒のある切り口で数々のコラムを世に送り出してきた高山真の自伝的小説『エゴイスト』が2023年映画化されます。


(C)高山真/小学館

トイレのピエタ』(2015)『ハナレイ・ベイ』(2018)『Pure Japanese』(2021)などを手掛けた松永大司が監督を務めます。主人公の浩輔を演じるのは、『孤狼の血 LEVEL2』(2021)での怪演が評価され、のりにのっている俳優・鈴木亮平。

もう一人の主要キャスト龍太役は『騙し絵の牙』(2021)、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」など話題作への出演が続く宮沢氷魚が演じます。

本作情報とともに、鈴木亮平、宮沢氷魚、松永大司監督のコメント、場面写真も解禁となりました。

加えて、映画原作『エゴイスト』の文庫版も、2022年8月5日(金)発売予定!

スポンサーリンク

映画『エゴイスト』について

原作は『羽生結弦は捧げていく』や、数々の名コラムを世に送り出してきたエッセイスト高山真の自伝的小説『エゴイスト』。

監督は『トイレのピエタ』(2015)『ハナレイ・ベイ』(2018)『Pure Japanese』(2021)などの松永大司。主人公・浩輔のライフスタイルの細部までリアルに描写しました。

浩輔は龍太との出会いによって鎧を脱ぎ捨て、誰かを心から愛する喜びを知っていきます。

その後大切な人との関係を断たれたとき、浩輔はこの愛のかたちは自己満足なのではないか、彼らを追い詰めていたのではないかと、自問自答を始めることになります

愛とは自分を救うためのエゴなのでしょうか、それとも……? 

前半の甘美な展開から一転、浩輔が自らに向ける根源的な問いが観る者の心を揺さぶります

キャスト・監督からのコメント

鈴木亮平

「愛はエゴか、エゴが愛か」 これは私が昔から考え続けてきたテーマでした。原作小説を初めて読んだ時、著者も同じテーマに向き合ってきた方なのではないかと感じました。この映画が静かに、皆様の心の深い場所へ届きますように。

宮沢氷魚

「エゴイスト」という作品に出会い、僕は人間の本質、原点とはなんなのかを考えさせられました。愛とは一体なんなのか。無条件の愛など存在するのか。たくさん悩み、苦しみ、でも希望の光を目指してこの作品に挑みました。二人の人間の愛情と生き様をまるでドキュメンタリーのように描いた作品が完成しました。一人でも多くの人にこの作品が届くことを心より願っています。

松永大司監督

自身の監督デビュー作品である、友人を長年撮影したドキュメンタリー映画「ピュ〜ぴる」がジェンダーをテーマにしていた自分にとって、著者である高山真さんの想いが込められた原作を読んだ際、とても心動かされるものがありました。そしてその原作を鈴木亮平、宮沢氷魚らの人間味溢れる俳優たちと共に、力強い映画として完成させることができました。この作品がささやかでも誰かの生きる力になることを願います。

スポンサーリンク

映画『エゴイスト』の作品情報

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
高山真『エゴイスト』(小学館刊)

【監督】
松永大司

【脚本】
松永大司、狗飼恭子

【音楽】
世武裕子

【キャスト】
鈴木亮平、宮沢氷魚

映画『エゴイスト』のあらすじ

14歳で母を失い、田舎町でありのままの自分を隠して鬱屈とした思春期を過ごした浩輔。

今は東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、自由な日々を送っています。

そんな彼が出会ったのは、シングルマザーである母を支えながら暮らす、パーソナルトレーナーの龍太でした。

惹かれ合った2人は、時に龍太の母も交えながら満ち足りた時間を重ねていきます。

亡き母への想いを抱えた浩輔にとって、母に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものでした。

しかし2人でドライブに出かける約束をしていたある日、何故か龍太は姿を現しませんでした。

スポンサーリンク

まとめ


(C) 2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

映画『エゴイスト』の解禁となった場面写真では、ソファに横たわる龍太(宮沢氷魚)を浩輔(鈴木亮平)が優しく見つめています。

誰かを心から愛する喜びを知った浩輔の愛情あふれる姿を切り取った場面写真に、これからこの2人がどうなるのかと気になります。

そして、登場人物たちの心情に寄り添うドキュメンタリータッチで、リアリティあふれる映像が次々と……。

親密な時間の温度感や、愛するがゆえに生まれる葛藤を繊細に伝え、深くて静かな愛と赦しの物語が誕生しました。

映画『エゴイスト』は2023年映画化が決定しています。また、映画公開に先駆けて、原作『エゴイスト』の文庫版も、2022年8月5日(金)発売予定

愛とエゴイズムの葛藤を描く新たな物語の続報が待たれます。

関連記事

新作映画ニュース

【ホラー映画動画解説】ギレルモ・デル・トロに影響を与えたマリオ・バーヴァをシネマダイバー増田健が紹介!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!イタリアのホラー映画の父マリオ・バーヴァ 今回ご紹介するのは、後の映画監督に多大な影響を与えたマリオ・バーヴァ。 “第7回夏のホラー秘宝まつり20 …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】映画『いちごの唄』抽選で30組60名様ご招待!6月21日(金)にニッショーホールにて

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 二度と会えない親友がいた。大好きな人ができた。ロックの曲を憶えた。超豪華キャスト・スタッフが集結! この夏最高の …

新作映画ニュース

『クシナ』『横須賀綺譚』配信決定!ビー・ガン監督作もリビングルームシアターにて再上映

ビー・ガン監督作『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』 2020年11月20日よりリビングルームシアターで再び配信! 今年、2020年5月より開設された、映画館との共存を提案する …

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』キャスト狐面の女役は杉咲花。最新情報と演技力の評価プロフィール!

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー 2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。林田沙希絵はスナックの女性ママ・安達真奈美役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学