Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの久子役は女優の片岡礼子【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。

『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。

その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久によって映画化され、『楽園』という題名で2019年10月18日(金)に公開されます。

主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野剛。

確かな演技力で急成長をみせる杉咲花が緊張感溢れる本編に華を添え、日本を代表する名優・佐藤浩市が作品世界に説得力を与えます。

この記事では、久子役を演じる片岡礼子について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『楽園』の作品情報


(C)2019「楽園」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
吉田修一『犯罪小説集』(角川書店)

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
綾野剛、杉咲花、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣、柄本明、佐藤浩市

【作品概要】

『悪人』『怒り』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・吉田修一の『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』(2016)『菊とギロチン』(2018)の瀬々敬久監督が映画化。

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら豪華キャストが集結し、重厚なドラマを支えて犯罪をめぐる喪失と再生を描き出します。

更に、柄本明、村上虹郎など実力派の顔ぶれが揃っています。

映画『楽園』のあらすじ


(C)2019「楽園」製作委員会

ある地方都市で起きた少女失踪事件。

家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士(綾野剛)と、失踪した少女の親友だった紡(杉咲花)。

不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたりでしたが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消したことで、事態は急変します。

一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎(佐藤浩市)は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていました。

ですが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤立を深めて行きます。次第に正気は失われ、誰もが想像もつかなかった事件に発展。

2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実とは。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ者の運命とは。

スポンサーリンク

映画『楽園』久子役は片岡礼子

参考映像:『ハッシュ!』(2001)

映画『楽園』で久子役を演じる片岡礼子は1971年12月20日生まれの女優。愛媛県出身。カクトエンタテインメント所属。

大学在学中の1991年に、民主党4代目のキャンペーン・キャラクターに選ばれました。

また、女子大生モデルとして、篠山紀信撮影で『週刊朝日』の表紙を飾っています。

1993年、橋口亮輔監督の『二十才の微熱』で銀幕デビュー。

1994年、高橋伴明監督の『愛の新世界』で体当たりの演技をして注目されます。

1995年、『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

その後も、1997年『鬼火』で第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞、2001年『ハッシュ!』でキネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

1996年頃より、ラジオドラマにも『ヴァイブレータ』『月の記憶』など数多く出演し、1999年のFMシアター『スモーキング・タイム~煙の行方』は第37回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞。

2002年に舞台稽古中に脳出血で倒れ生死をさまよいましたが、奇跡的に回復。『帰郷』で2年ぶりに女優業に復帰しました。

2019年には、大きな話題を呼んでいるサスペンスドラマ『あなたの番です』に児嶋佳世役で出演し、ホラー並みに怖い演技を見せて注目を集めています。

そのほか、映画『まほろ駅前多田便利軒』『ミスミソウ』、ドラマ『相棒Season13』『シグナル』など多くの話題作に出演する実力派女優です。

映画『楽園』久子はどんな役?

片岡礼子演じる久子は、佐藤浩市演じる善次郎の身を案じる女性です。

久子役を演じるにあたり片岡は、現場で迷い、考え過ぎる自分をやめたい日々だったと語っています。

途中から久子の家族や善次郎との未来を信じることだけに集中していたそうです。

物語が生きているかのように変化し続けていたことに現場で何度も鳥肌が立ち、映画を見届けるまで現場が終わらないような気分だとコメントしています。

スポンサーリンク

片岡礼子の演技力の評価は

参考映像:『まほろ駅前多田便利軒!』(2001)

様々な人気作品に出演している名バイプレイヤー・片岡礼子。

1993年、橋口亮輔監督の『二十才の微熱』でデビューし、翌年、高橋伴明監督の『愛の新世界』で初のヘアヌードを披露しての体を張った演技で注目されます。

1995年、『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

その後も、1997年『鬼火』で第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞、2001年『ハッシュ!』でキネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞し、「実力派」としての地位を確立しました。

ラジオドラマFMシアター『スモーキング・タイム~煙の行方』でも、第37回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞しています。

日中家事や育児をこなし、夜中に仕事の勉強をするという生活の中、2002年稽古中に脳出血で倒れました。一時は生命を危ぶまれましたが見事回復し、2年後『帰郷』で復帰。女優魂をみせました。

2019年には大きな注目を集めるミステリードラマ『あなたの番です』に出演。

その演技があまりにも怖いと大きな話題に。視線や、立っている姿だけでゾッとさせる雰囲気を見事にかもし出しています。

本作『楽園』で、名優・佐藤浩市演じる善次郎とどんな化学反応をみせるのか、大きな期待が寄せられています。

片岡礼子の公式SNSの紹介

片岡礼子の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

(C)2019「楽園」製作委員会

人はなぜ罪を犯すのか、そしてなぜ自分だけが生き残ってしまったのか。それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれます。

2016年に発売されたベストセラー作家・吉田修一の最高傑作と称される『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が映画化した『楽園』。

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら、確かな演技力を持った俳優たちが集い、重厚な物語に説得力を持たせました。

佐藤浩市演じる善次郎に心寄せる久子役には片岡礼子。実力派で知られる彼女の演技への期待が大きく高まっています。

映画『楽園』は2019年10月18日(金)よりロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングがヴェネチア主演女優賞受賞。ポスタービジュアル解禁

2017年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門において主演女優賞を受賞した、シャーロット・ランプリング主演映画『ともしび』。 人生の終盤、積み上げてきたものを失った一人の女の“生き直し”の物語です …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャスト藤原竜也(ボンベロ役)。プロフィールと演技力の評価

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

「ピッピ」から作家への開花を捉えた映画『リンドグレーン』予告編紹介!アストリッドの知られざる人生とは

自由奔放な少女アストリッドが、伝説の作家リンドグレーンになるまで。 2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』。 © Nordisk Film Product …

新作映画ニュース

韓国映画『PMC:ザ・バンカー』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月28日と決定し場面写真も解禁!

取り残された傭兵(PMC)たちの運命は、たった1人の男に託された―。 朝鮮半島情勢という今の韓国にある危機を題材にしたミリタリー・サバイバル・アクション大作『PMC:ザ・バンカー』。 ⓒ 2018 C …

新作映画ニュース

映画『ももいろそらを カラー版』あらすじ/公開日/上映館。小林啓一監督作の特集上映とあわせてスクリーンに蘇る!

第24回東京国際映画祭での鮮烈なデビューから10年。 小林啓一監督の原点が“カラー版”としてスクリーンに帰ってくる。 『ぼんとリンちゃん』 (2014)、『逆光の頃』(2017)、『殺さない彼と死なな …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学