Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/07/22
Update

『空気殺人~TOXIC』あらすじ/キャスト/公開日。韓国の実在事件の映画化に挑むキムサンギョンが社会の闇に立ち向かう医師を熱演!

  • Writer :
  • 星野しげみ

“韓国史上最悪の事件を描く『空気殺人~TOXIC~』がついに日本上映に!

韓国で起こった事件を基に制作された映画『空気殺人~TOXIC~』。

キャッチコピーの「捏造された情報、死者・多数・事件、真実なのか、物語なのか」という文言が、事件が引き起こした悲痛な物語を現しています。

本作は、『殺人の追憶』(2003)のキム・サンギョンを主演に迎えて、チョ・ヨンソン監督が手がけました。

韓国映画『空気殺人~TOXIC~』は、2022年9月23日(金)より全国順次公開。本作の本ビジュアルと 予告編も解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『空気殺人~TOXIC~』について


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

映画『空気殺人~TOXIC~』は、日常的に使用している加湿器用の殺菌剤が突然の死を招いたという韓国で実際の事件を基に制作されました

ある日突然妻を亡くし、息子も危険な状態に陥ってしまった医師・テフン。

家族の突然の死の真相を追及する父親のテフンの姿を通して、大規模スキャンダルが明るみに出ます。

チョ・ヨンソンが監督を務めた本作の主演は、『1級機密』(2017)『光州 5・18』(2007)『殺人の追憶』(2003)など、特に実際の事件を題材にした映画に多数出演しているキム・サンギョン。

脇を固めるのは、『ミッション:ポッシブル』(2021)のイ・ソンビン、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』(2016)のユン・ギョンホ。テフンの妻を演じるのは『マドンナ』(2015)のソ・ヨンヒです。

映画『空気殺人~TOXIC~』の作品情報


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原作】
ソ・ジェウォン

【原題】
공기살인

【英題】
TOXIC

【脚本・監督】
チョ・ヨンソン

【キャスト】
キム・サンギョン、イ・ソンビン、ユン・ギョンホ、ソ・ヨンヒ

スポンサーリンク

映画『空気殺人~TOXIC~』のあらすじ


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

テフン(キム・サンギョン)は大学病院で救急救命室の医師をしています。

ある日、息子・ミヌ(キム・ハオン)が意識を失い、病院に運び込まれした。

最近体調がすぐれなかったミヌですが、病院に運ばれたときには呼吸ができない状態になっていました。

診察の結果、肺が硬くなる“急性間質性肺炎”と判明。息子に何もできないという絶望の最中、突然妻・ギルジュ(ソ・ヨンヒ)が同じ肺の病気で亡くなってしまいます。

耐え難い現実に直面したテフンと義妹のヨンジュ(イ・ソンビン)は、ギルジュが突然病気になったことを不審に思い、調査を始めました。

調査を始めてほどなくして、衝撃的な事実が明らかになります。原因は、日常的に使用している加湿器用の殺菌剤にあったのです。

世界的な企業であるオーツー社は、自社製品に有害な化学物質が含まれていることを隠して、過去17年間販売してきたのでした。

オーツー社は「殺菌剤を加湿器に入れれば風邪に効く」と宣伝し、政府も日常的に使用できる安全性を認可していた為、商品はヒットしましたが、殺菌剤を使用した多くの人々の命が危険にさらされることに。

テフンと多くの被害者たちは、真実を明らかにするためにオーツー社に立ち向かいます。

まとめ


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

“韓国史上最悪の事件”を描いたといわれる『空気殺人~TOXIC~』

加湿器用の殺菌剤に含まれた有害な化学物質によって死者が出たという実際の事件が基になっています。

本作が韓国で上映されたことをきっかけに、加害企業に被害者調整案に同意することを促す意味で、市民団体と共同上映会が開かれました。上映会はさまざまな地域で行われ、人々の関心を集めています。

実際に、加湿器殺菌剤を使用した映画スタッフがいたり、キャストのソ・ヨンヒも使うところだったと言いますから、事件は誰にでも起こりうる身近なことだったと言えます。

身近で起こりうるかもしれない一連の出来事の結末は果たしてどうなったのでしょうか?

韓国で世論を動かした問題作の『空気殺人~TOXIC~』は、2022年9月23日(金)より全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの貧困息子ギウ役はチェ・ウシク【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』日本公開日/上映館。ハリウッドの作り方や仕組みが明らかに!

あの音はどうやって作られたのか? ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 音楽、声、効果音など、映画を彩る様々な“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか、映画音響の歴史を網羅した世 …

新作映画ニュース

映画『鉄道運転士の花束』あらすじとキャスト。アカデミー賞セルビア代表作が8月に公開!

滑稽でささやかな、愛すべき人生の傑作! モスクワ国際映画祭他での4つの観客賞、マンハイム‐ハイデルベルグ国際映画祭における映画館主賞を含む13の国際映画祭で受賞し、アカデミー賞外国語映画部門セルビア代 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。広木健太は会社の同僚・倉木宗介役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

第91回アカデミー賞ノミネート2019『グリーンブック』あらすじとキャスト。実話をファレリー監督が傑作に!

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いた映画『グリーンブック』。 第91回アカ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学