Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/28
Update

映画『スケート・キッチン』あらすじとキャスト・公開日も。実在の女性ボーダー達が出演!

  • Writer :
  • 中村綾子

マンハッタンの“いま”をスタイリッシュに駆け抜ける

いま世界が注目するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」。

彼女たちを主演に迎えた話題の映画『スケート・キッチン』が2019年5月10日(金)より渋谷シネクイントほかでロードショーされることが決まりました!

解禁されたスケート・キッチンのメンバーたちの画像とともに、あらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

スケートボードと映画『スケート・キッチン』とは

© 2017 Skate Girl Film LLC.

2020年の東京オリンピックの正式競技種目として新たに追加されたスケートボード。

スケートボードの起源は諸説ありますが、1940年代のアメリカ西海岸での遊びが始まりとされています。

はじめは木の板に鉄の車輪を付けて滑っていましたが、1950年代に入って木製の板にゴム製の車輪がついたものが商品として発売され、現在のスケートボードの原型になったと言われています。

1980年から1990年代にかけて世界中に広まり、1990年代後半からはストリート・カルチャーの中心的位置を占めるようになりました。

© 2017 Skate Girl Film LLC.

映画『スケート・キッチン』は流行発信の中心でもあるアメリカのニューヨークを舞台に、様々な人種的バックグラウンドをもつ少女たちが、男性中心のスケートボード界で練習を重ねながら、仲間と友情を育み成長していく姿を描いた青春映画です。

実在する女性スケートボーディング・チーム「スケート・キッチン」のメンバーのほか、『幸せのちから』(2006)で父ウィル・スミスと親子で共演しスクリーンデビューを飾ったジェイデン・スミスも出演しています。

© 2017 Skate Girl Film LLC.

監督を務めるのは、クリスタル・モーゼル。

彼女は2011年にMiu Miuが始めたプロジェクト「Miu Miu Women’s Tales」で短編『The One Day』を発表しました。

参考映像:『The One Day』(2016)

プロジェクトではそのほか、女優のダコタ・ファニング、河瀨直美監督、アニエス・ヴェルダ監督などが選ばれていましたが、クリスタル・モーゼル監督が発表した短編と、スケート・キッチンのメンバーは世界中から注目を浴びることとなりました。

この短編をもとに作られた映画『スケート・キッチン』は、2018年のサンダンス映画祭で絶賛され、各国の映画賞も受賞しました。

映画『スケート・キッチン』の作品情報

© 2017 Skate Girl Film LLC.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Skate Kitchen

【監督】
クリスタル・モーゼル

【キャスト】
スケート・キッチン(カブリーナ・アダムズ/ニーナ・モラン/ジュールス・ロレンゾ/アーディーリア・ラブレス/レイチェル・ヴィンベルク/アジャ ニ・ラッセル/ブレン・ロレンゾ)、ジェイデン・スミス、エリザベス・ロドリゲス

【作品概要】
2016年にクリスタル・モーゼル監督が発表した短編『The One Day』がもとになっています。

アメリカのニューヨークを舞台に、様々な人種的バックグラウンドを持つ少女たちの成長と友情を描いた作品です。

出演しているメインキャストの女の子たちは、実在するスケートボーディング・チーム「スケート・キッチン」のメンバーです。

メインキャストなかで唯一のプロ俳優は、ジェイデン・スミス。ウィル・スミスの息子でもある彼のスクリーンデビュー作は親子で共演した『幸せのちから』(2006)。『地球が静止する日』(2008)でジェニファー・コネリーの息子役、『ベスト・キッド』(2010)では、ジャッキー・チェン扮するハンにカンフーの教えを乞う少年ドレを演じるなど、人気の若手俳優の1人です。

監督はクリスタル・モーゼル。彼女はこの作品で第28回ゴッサム賞ブレイクスルー監督賞にノミネートされました。

スポンサーリンク

映画『スケート・キッチン』のあらすじ

© 2017 Skate Girl Film LLC.
ニューヨーク郊外に住む17歳の内気な女の子カミーユ。

彼女はスケートボードに熱中していましたが、怪我が原因で母親からスケートを止めるように言われてしまいました。

ある日、彼女は“スケート・キッチン”と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会います。

© 2017 Skate Girl Film LLC.

彼女たちの一員となり、母親との関係は悪化。それでもカミーユはどんどんスケートにのめり込んでいきます。

そんななかカミーユは謎のスケートボーダー男子に恋をしてしまいました。

しかし、この男子との関係はスケボーのトリックを決めるよりも難しいことが発覚し…。

まとめ

© 2017 Skate Girl Film LLC.

スタイリッシュにマンハッタンの“いま”を駆け抜ける映画として注目を浴びている映画『スケート・キッチン』

そこに出演している“スケート・キッチン”のメンバーはみんなスケートボードを愛する一般の女の子たちです。

アメリカでさえいまだに女性スケーターへの偏見は存在しているそうで、この作品とスケート・キッチンのメンバーたちが先駆者となったこともあり、少しずつ受け入れられるようになっているようです。

オリンピック競技になったのも相まって、スケートボード人口は徐々に増えていっているようですが、それはまだ男性の話。

この映画を観て女性スケーターがさらに増え、ジェンダーレスの時代になるかもしれませんね。

映画『スケート・キッチン』5月10日(金)より渋谷シネクイントほかでロードショー!

ぜひお見逃しなく!

© 2017 Skate Girl Film LLC.

関連記事

新作映画ニュース

映画『狂猿』公開日/上映館/予告動画/内容解説。プロレスラー葛西純の“現在”をとらえたドキュメンタリー

デスマッチのカリスマ葛西純の揺れ動く一年と壮絶な半生を追う。 デスマッチのカリスマと呼ばれ、国内外における知名度・人気・カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー“葛西純”。 (C) …

新作映画ニュース

神戸のミニシアター「元町映画館」が制作・発信したリモート短編映画『アワータイム」とは?

リモート短編映画『アワータイム』全国一⻫配信開始。

新作映画ニュース

映画『男と女 人生最良の日々』あらすじ。キャストは1966年版と同じで新作公開は2020年1月31日に決定

恋愛映画の金字塔『男と女』、その53年後の物語――。 恋愛映画の金字塔と評される『男と女』(1966)の53年後の物語を、同じ監督と同じキャストで描いた『男と女 人生最良の日々』。 (C)2019 – …

新作映画ニュース

映画『ももいろそらを カラー版』あらすじ/公開日/上映館。小林啓一監督作の特集上映とあわせてスクリーンに蘇る!

第24回東京国際映画祭での鮮烈なデビューから10年。 小林啓一監督の原点が“カラー版”としてスクリーンに帰ってくる。 『ぼんとリンちゃん』 (2014)、『逆光の頃』(2017)、『殺さない彼と死なな …

新作映画ニュース

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』『全裸監督』の武正晴監督。初エッセイを2020年1月30日発売

武正晴監督による初の映画エッセイ刊行。 映画『嘘八百 京町ロワイヤル』や『全裸監督』で知られる武正晴監督による初の映画エッセイ『映画があってよかったなあ 監督・武正晴の洋画雑記』を、玄光社より2020 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学