Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/03/22
Update

映画『トイレのピエタ』ネタバレ感想。黒澤明の名作『生きる』の血脈を継ぐ力強い作品

  • Writer :
  • 河合のび

最期の夏、世界にしがみつくように、恋をした。

画家を諦め、遂には余命宣告を受けた青年が、純粋と激情に溢れた少女と出会ったことで生きる意味と向き合うヒューマンドラマ映画。

人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・ギターを務める野田洋次郎が主演に起用されたことでも話題になりました。

“生きるってなんだよ”という純粋で単純な疑問を、怒りや哀しみ、そして悔しさによってぶつけ合う。

純粋さ故の力強さを持つ映画『トイレのピエタ』をご紹介します。

映画『トイレのピエタ』の作品情報

(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

【公開】
2015年(日本映画)

【原作】
松永大司

【原案】
手塚治虫

【脚本・監督】
松永大司

【キャスト】
野田洋次郎、杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰、古舘寛治、MEGUMI、岩松了、大竹しのぶ、宮沢りえ、森下能幸、澤田陸

【作品概要】
余命3ヶ月を宣告された画家志望の青年が、偶然出会った女子高生との交流を通して生きる意味を見つけ出そうともがく姿を描いたヒューマンドラマ。

「マンガの神様」と呼ばれた漫画家・手塚治虫が死の直前まで書き続けていた日記の最後のページに書き遺されていた「トイレのピエタ」というアイデアを基に、松永監督自らが脚本を執筆し映画化した作品です。

監督・脚本には、性同一性障害の現代アーティスト・ピュ~ぴるを8年間追い続けた『ピュ~ぴる』をはじめ数々のドキュメンタリー映画で高い評価を得、本作が劇映画デビュー作である松永大司。

主人公・宏役はRADWIMPSのボーカル・ギターで知られ、本作が映画初出演・初主演である野田洋次郎。

主人公が出会う女子高生・真衣役は『湯を沸かすほどの熱い愛』『十二人の死にたい子どもたち』に出演し現在も躍進中の女優・杉咲花です。

また作品を彩るのは、『そして父になる』『万引き家族』のリリー・フランキー、『鉄道員 ぽっぽや』『一枚のハガキ』の大竹しのぶ、後に『湯を沸かすほどの熱い愛』で再共演する宮沢りえなどの豪華なキャスト陣です。

第39回日本アカデミー賞新人俳優賞、第70回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第25回TAMA映画祭最優秀新進俳優賞、第37回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第8位・最優秀新人賞・森田芳光メモリアル新人監督賞、第26回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016ニューウェーブアワード女優部門、おおさかシネマフェスティバル2016新人女優賞、第20回新藤兼人賞銀賞、第13回シネマ夢倶楽部推薦委員特別賞、第56回日本映画監督協会新人賞、第25回日本映画批評家大賞新人監督賞など、様々な賞を獲得。

映画『トイレのピエタ』のあらすじとネタバレ


(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

画家への夢を諦め、窓拭きのバイトでやり過ごすように日々を送る園田宏。

美大時代に恋人だったさつきと再会し彼女の個展に誘われますが、宏はもはや絵への興味すら失いつつありました。

ある日、宏は突然倒れて病院へ運ばれ、精密検査を受けました。病院からは「家族の立会いがないと結果は伝えられない」とのことでした。

両親に連絡するのは煩わしく感じた宏はさつきに立ち会ってもらおうとしますが、絵を巡って口論となり帰られてしまいました。

丁度その時、彼は誤って制服を傷つけてしまったサラリーマンに因縁をつけている真衣に遭遇しました。

宏は真衣に声をかけ、制服代を払う代わりに妹役をやってほしいと持ちかけます。奇妙な依頼を不思議がりながらも、真衣は承諾しました。

精密検査の結果、自身が胃がんであり、下手すれば余命は3カ月だと告げられる宏。

呆然とする宏に、真衣は明るく声をかけます。「今から一緒に死んじゃおうか」「死んだ方が楽になるでしょ」と。

宏はその言葉に従うことはありませんでした。そんな彼を真衣は「根性なし」と罵ります。

その後、宏は再び倒れ入院します。両親が彼の元を訪ねますが、自身が胃がんであることは伝えられませんでした。

否応無く抗がん剤治療が始まりますが、その辛さを思い知らされます。それは彼に病院からの脱走を選択させるほどのものでした。

仕事に復帰した宏でしたが、もはや満足に仕事できるだけの体も居場所もそこにはありませんでした。

宏は病院へと戻ります。病院では同室の患者である横田や小児病棟に入院する拓人らと知り合いますが、彼らと交流できる余裕など彼にはありませんでした。

しかし、拓人からもらった塗り絵を捨ててしまい悲しまれてしまったのをきっかけに、彼の心は動き始めました。

宏は真衣に頼んでノートや資料を買ってきてもらい、自作の塗り絵を拓人にプレゼントします。

また呼び出したのを機に、真衣との奇妙な交流も始まりました。

以下、『トイレのピエタ』ネタバレ・結末の記載がございます。『トイレのピエタ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

しばらく経ち、病院内に拓人の姿がないことに宏は気づきます。

同じ小児病棟の子どもたちからは「退院した」と聞かされたため、再会した拓人の母親にも祝いの言葉を投げかけます。

ですが、事実は異なりました。拓人は、すでに亡くなっていました。

小児病棟の子どもたちには彼の死を伝えることが止められていたことを宏は知ります。

そして母親に「どんなものでもいいから拓人の絵を描いてほしい」と依頼されますが、それを引き受けることはできませんでした。

その後、宏は真衣と会いますが、彼女のわがままを聞く気にはなれず、喧嘩へと発展しました。

互いに「甘えるな」と怒鳴り合い、遂には「死ね」と罵り合い、二人はそのまま別れてしまいました。

その間にも宏の病状は悪化し、医者に終末医療を勧められるほどの容態になっていました。

宏は両親とともに実家へと帰ります。最期の夏を過ごす中、宏はひとり泣きます。

真衣に別れを告げるために、宏は都会へと戻ります。再会した宏と真衣はかつて二人で行ったプールへと赴き、夜のプールを泳ぎます。

しかしまた口論となり、二人は抱え込んでいた感情をぶつけ合いました。

真衣と別れた後、宏はアパートの自室にあるトイレの壁に絵を描き始めます。「浄化」と「昇天」の場所であるトイレに、「あるもの」を描くためにです。

横田にその姿を記録してもらい、刻一刻と悪化するがんと闘いながらも、とうとう絵を完成させました。

それは、かつて拓人とその母親に誘われて行った教会で見かけたピエタ像を描いたもの、まさしく「トイレのピエタ」でした。

完成後、真衣は病院へと行きましたが、すでに宏は亡くなっていました。

横田に案内されて真衣は「トイレのピエタ」を見ましたが、勝手に死んでしまったことへの怒りと悔しさに震えます。

「トイレのピエタ」の元から去った真衣は、ひとり夜の町を突き進んでゆきます。彼女は、やはりひとりで、彼方を見つめていました。

映画『トイレのピエタ』の感想と評価


(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

黒澤明監督の名作映画『生きる』にて名優・志村喬が演じる主人公・渡邊勘治と同じ胃がんに本作の主人公・園田宏が罹ったことからも分かるように、『トイレのピエタ』もまた、「生きる意味とは何か」をひた向きに問い続ける作品です。

主要な登場人物たちは、その殆どが自身の人生について、より正確に言えば「生」の問題に直面しています

余命宣告を受けた宏、わがままなど許されない家庭環境で暮らし、生きることへの疑問を痛烈に抱いている真衣をはじめ、

「仕事」という生きる指標をあっけなく失った横田、幼くして病に罹り「元の生活」へ戻ることを希望し神に祈る拓人、息子である彼を失ったことでこれからの自身の生について嘆く母親などがそうです。

そして生の問題ともに語られるのが、「必要」という言葉です。

それが特に顕著なのが、横田の放った「そもそも人間なんてさ、この地球上に必要ないんだよね」という台詞です。

しかしながら、それが「答え」ではないことを終盤における宏の行動が示します

宏は死ぬ間際まで「トイレのピエタ」を描き続けます。

すでに亡くなってしまった拓人のために、依頼してきた彼の母親のために。或いは、これから死ぬ自分のために、これから生きる真衣のためにです。

たとえ「絵画」というものや、それに縛られる自身が世界にとって「必要」な存在でなかったとしても、それでも「必要」を見出し、生きようとするのです。

その姿は、同じく死の間際まで漫画を描き続けたという手塚治虫の伝説と重なります。

そして宏が体現した「答え」にも、真衣は「ムカつく」と怒り、哀しみ、悔しがります。

それが「答え」ではないと訴えるのです。

唯一無二の「答え」を提示するのではなく、あくまで「“生きる”ってなんだよ」と叫び続ける

それが本作の持つ純粋な力であり、世界的名作『生きる』の血脈を継ぐ力強い映画たる所以なのです。

まとめ


(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

「“生きる”ってなんだよ」とは、誰もが一度は抱いた疑問の言葉であり、叫びの言葉です。

しかしそれを二度と思い出さないように、目を瞑り、口を覆い、耳を塞ぐ人が大半でしょう。

そうやって逃避する人々に、真衣のごとく「ふざんけんな」と激情をぶつけ、生きる意味について再考させてくれるのが本作なのです。

『トイレのピエタ』、ぜひご鑑賞ください。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

國村隼が映画『十年』で子役の大川星哉らと共演「いたずら同盟」感想レビュー【十年Ten Years Japan】

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開! 是枝裕和監督が才能を認めた5人の新鋭監督達が描く、十年後の日本の姿がここにあり …

ヒューマンドラマ映画

映画『武曲 MUKOKU』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説【綾野剛×村上虹郎共演のおすすめ代表作】

剣を棄てた男と、剣に出会った少年。運命は2人の人生を交錯させる…。 映画『私の男』の熊切和嘉監督が若手の実力派俳優・綾野剛を主演に迎え、芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」を映画化。 綾野剛が主人公・研吾 …

ヒューマンドラマ映画

『とんび』映画化原作小説のあらすじネタバレと結末感想。泣ける名言によるヤスさんの我が子への不器用な愛し方

重松清の小説『とんび』が2022年4月8日(金)に初の映画化! 重松清のベストセラー小説『とんび』。累計発行部数60万部を突破したこの小説は、これまでに2度ドラマ化され、ついに初の映画化が実現しました …

ヒューマンドラマ映画

『蜘蛛巣城』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。マクベスの悲劇を黒澤明監督×三船敏郎による“ふたりの天才”が能の様式美で映画化!

黒澤明監督が描く和製『マクベス』の壮絶な世界! 『七人の侍』(1954)の巨匠・黒澤明監督によるシェイクスピアの『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えて描き出した戦国武将の一大悲劇。 (C)1957 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロング,ロングバケーション』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より、全国順次公開です。 アルツハイマーが進行する元文学教師のジョンと、その妻で末期ガンにおかされエラ。高齢を迎えたスペンサー夫婦は子どもたちも巣立ったこ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学