Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ゴースト・ドッグ』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価考察。羅生門と葉隠の意味に込められた不条理劇と武士道の世界観

  • Writer :
  • 秋國まゆ

風変わりで孤独な殺し屋の戦いを描いたアクション!

ジム・ジャームッシュが脚本・製作・監督を務めた、1999年製作のアメリカ・日本・フランス・ドイツ合作のアクション映画『ゴースト・ドッグ』。

「武士道といふのは、死ぬことと見つけたり」

この一節で有名な日本の江戸時代の書物『葉隠』を愛読し、伝書鳩を通信手段にしている風変わりで孤独な殺し屋が、マフィアの一員を殺す依頼を受けましたが、ある行き違いからマフィアとの抗争に発展していく物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

鬼才ジム・ジャームッシュがフォレスト・ウィテカーを主演に描いた、異色のアクション映画『ゴースト・ドッグ』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ゴースト・ドッグ』の作品情報


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
1999年(アメリカ・日本・フランス・ドイツ合作映画)

【脚本・監督】
ジム・ジャームッシュ

【キャスト】
フォレスト・ウィテカー、ジョン・トーメイ、クリフ・ゴーマン、ヘンリー・シルヴァ、ヴィクター・アルゴ、トリシア・ヴェッセイ、カミール・ウィンブッシュ、ジーン・ルッフィーニ、デイモン・ウィッテカー、イザック・ド・バンコレ

【作品概要】
パーマネント・バケーション』(1980)や『ダウン・バイ・ロー』(1986)、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)などを手がける鬼才ジム・ジャームッシュが脚本・製作・監督を務めた、アメリカ・日本・フランス・ドイツ合作のアクション作品です。

『バード』(1988)や『ケープタウン』(2013)、『LIVE AND DIE リヴ・アンド・ダイ』(2013)などに出演するフォレスト・ウィテカーが主演を務めています。

映画『ゴースト・ドッグ』のあらすじとネタバレ


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「武士道とは死ぬことと見つけたり」「必死の観念、一日を仕切り、毎朝心身をしずめ、弓・鉄砲・刀に身を裂かれることを思え」

「大波にさらわれ、炎の中に投げ込まれ、雷電に打たれ、大地震に命を奪われ、千丈の崖から落ち病に倒れ、主の死に切腹する覚悟を」

「日夜自らを死に身と考えるべし」「これが武士道というものの本分なり」

そう書かれた日本の江戸時代の書物『葉隠』を愛読し、伝書鳩を通信手段にしている風変わりで孤独な殺し屋ゴースト・ドッグは、ある男の殺人を依頼され、路上に停められた黒のレクサスGS400に乗ってターゲットの元へ向かいました。

依頼内容は、ヴァーゴ・ファミリーというイタリア系マフィアの一員ハンサム・フラックの暗殺。マフィアのボスであるヴァーゴの愛娘ルイーズに、フランクを殺すことは知られてはいけません。

黒のフードジャケットを被り、サプレッサー付きの銃でフランクを射殺。しかし誤算だったのが、ルイーズがフランクと一緒にいたことです。

関係を持った男が目の前で殺されたというのに、全く動じないルイーズ。彼女は心のどこかで、自分を溺愛している父親が、フランクのことを知って激怒し、彼を殺そうとするだろうと察しがついていたのでしょう。

ルイーズは「パパに言われたの?」と尋ねた後、直前まで読んでいた『羅生門』と書かれた本を、「いい本だから貸してあげる」と言って渡してきました。

翌朝、複数の伝書鳩と共に生活しているゴースト・ドッグの元に、ヴァーゴ・ファミリーの幹部ルーイからの手紙を足に括りつけた伝書鳩が帰還。

小さな手紙には、こう記されていました。「メッセージを受け取った。大問題発生、連絡を請う」


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゴースト・ドッグにフランク殺しを依頼してきたのは、このルーイです。ゴースト・ドッグは8年前、ルーイに命を救われて以降、彼を主と慕い忠誠を誓っていました。

しかしそのルーイは今、突然ヴァーゴから呼び出され、内心酷く動揺していました。幹部仲間のヴィニーやジョニーらと一緒に、ルーイはヴァーゴの元へ向かいます。

ヴァーゴがルーイを呼び出したのは、ルイーズをジョニーがバスに乗せて、フランクから遠ざけてから彼を殺す手筈だったはずなのに、知られたくなかったルイーズの目の前で彼を殺してしまった大失態についてです。

ジョニーはルイーズがバスに乗り込んだのを確認していましたが、ルイーズは監視の目を欺き、密かにバスを降りてフランクの家へ向かっていました。

このことをヴァーゴと、彼の隣に座る幹部のソニー・ヴァレリオに糾弾されたルーイは、新たな任務を言い渡されます。

それは、身内であるフランクを殺したゴースト・ドッグの暗殺です。「フランクを消した奴を消さなきゃいかん」

「フランクは身内だ、ファミリーの敵は抹殺する。この地球上からな」

そうソニーに言われてもルーイ自身、ゴースト・ドッグをこの4年間で12回雇っていますが、ゴースト・ドッグの連絡先も住んでいる場所も知りません。

ルーイに分かるのは、伝書鳩を通信手段としている黒人の大男ということだけです。ルーイは8年前、半グレ集団にリンチに遭っていたゴースト・ドッグを助けましたが、まともに彼と話をしたのはその4年後でした。

ルーイの元を訪ねてきたゴースト・ドッグは、「ルーイには借りがある」と言いました。その後、ルーイはそう言った彼ともう一度会い、殺しの仕事を依頼するようになっていきました。

ルーイがゴースト・ドッグに仕事を頼み始めてからというもの、毎日ルーイの元に伝書鳩が現れ、仕事が終われば「任務完了」というメッセージが送られてきます。

そして仕事を完遂した報酬は、毎年秋の最初の日に前年分をまとめて支払うことになっていますが、口座振り込みではないため銀行の口座も分かりません。

ルーイはゴースト・ドッグの素性を知らずとも、自分を敬い、痕跡も残さず完璧に仕事をこなしてくれる彼の腕と彼自身を信用していたため、これまで伝書鳩を追ったり探知器を取りつけたりして正体を突き止めようとは思いませんでした。

謎が多い殺し屋がフランクを殺したと知ってもなお、ソニーたちはルーイに、そのゴースト・ドッグを死ぬ気で見つけ出し殺すよう命じます。

その頃ゴースト・ドッグは、また主であるルーイのために力を振るう日に備えて、棲み処としている建物の屋上で、短剣や刀を使って鍛錬を積んでいました。

ゴースト・ドッグはあまり人と話さない寡黙な男ですが、心を許している相手が2人います。

1人目は、公園でいつもアイスクリームを売っている親友レイモン。しかし彼はフランス語しか話せず、ゴースト・ドッグも英語しか話せないため、今まで一言も言葉が通じ合ったことはありません。

2人目は、公園で出会った近所の黒人の少女パーリーン。彼女が公園のベンチに座っていたゴースト・ドッグに声を掛けたのがきっかけで知り合い、読書が好きな者同士自然と仲良くなっていきました。

ゴースト・ドッグはパーリーンに、『羅生門』を渡しこう言いました。「この本を貸してやる。その代わり読んだ後、本の感想を聞かせてくれ」

以下、『ゴースト・ドッグ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゴースト・ドッグ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

一方その頃、ソニーの命により、ファミリーの一員サミーとジョー、ビッグ・アンジーがゴースト・ドッグの捜索に駆り出されていました。

しかし、ゴースト・ドッグの手掛かりが「鳩を飼っている黒人の大男」しかないため、3人はしらみつぶしに探していくしかありません。

ジョーとファミリーの一員スネークが人違いで、鳩飼いの黒人を射殺。その後、単独でゴースト・ドッグの捜索をしていたルーイの元に、1羽の伝書鳩と共にゴースト・ドッグがやってきます。

一服するルーイに銃口を突きつけ、ゴースト・ドッグは彼にこう言いました。「武士道に従い、家来としてあんたを常に敬ってきた」

「あんたに銃口を突きつけることは謝る、あんたには恩がある」「なぜ居場所が分かったのかって?あんたが俺を呼び出したんだろう」

「何もかも変わっちまったようだな」………ルーイはそう言うゴースト・ドッグに、こう言いました。

「その通りだ、もう何が何だかわからん」「フランクを消した夜、若い娘がいただろう?」

「おれから消す指示がなかったから、彼女を殺さなかったのは分かっているよ。ただ面倒なことになっちまった」

「ヴァーゴはファミリーを挙げてお前を消す気だ、失敗すればおれが標的に。どっちみち(ルイーズに知られたから)消されるが…」

それを聞いたゴースト・ドッグが、「ソニーって奴もか?」と尋ねます。ルーイは彼が、組織の内部情報に詳しいことに驚きました。

「あの女は?」「彼女は…誰だっていい、聞くな。とにかくお前は標的なんだ、おれも危ない」

「俺があんたを死なせないよ」「確かに、今はお前の方がヤバい」………この会話の直後、ゴースト・ドッグは、ルーイを殺そうとしたジョニーを射殺。

しかし、ゴースト・ドッグが撃ち殺したジョニーは、ゴースト・ドッグを殺そうと言い出した張本人ソニーの義弟でした。

ヴァーゴへの説明に困ったルーイは、ゴースト・ドッグに自分も殺すよう命じます。ゴースト・ドッグは命令に従い、ルーイの肩を撃ったものの、主である彼を殺そうとはしません。

ゴースト・ドッグはルーイを守るために、彼の肩を撃って自分に襲われたと偽装したのです。立ち去っていくゴースト・ドッグに、ルーイは用心するよう警告しました。

翌朝、仕事が終わり屋上の小屋に帰ってきたゴースト・ドッグは、そこで飼育していた鳩が1羽残らず殺されていたのを見て、言い知れぬ悲しみと怒りが込み上げてきました。

大事な友を殺した復讐心を胸に、ゴースト・ドッグが床下に隠していた銃を組み立てていると、そこへ襲撃を免れた1羽の鳩がやってきます。

ゴースト・ドッグは腕にとまった鳩に、ある仕事を頼みました。一方その頃、ヴォーゴたちファミリーは全員が高齢のせいか体力がなく、アジトにしている建物の家賃を3ヵ月も滞納していました。

そこへ、ゴースト・ドッグが放った鳩が現れます。ゴースト・ドッグがヴァーゴたちに宛てたメッセージを運んできたのです。

「サムライは首を落とされても、仕事はしかとやり遂げる心構えをすべし」………このメッセージを受け取ったヴァーゴたちは、戦いの詩だと推測しましたが、このメッセージには続きがありました。

「復讐の念から怨霊(ゴースト)となり、決意を固めれば、首を落とされても死ぬことなし」


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

後日。郊外にあるヴァーゴ・ファミリーのアジトを特定したゴースト・ドッグは、茂みに隠れて待ち伏せをし、持ってきたスナイパーライフルでヴァーゴを暗殺しようとします。

しかし、茂みに生息していた鳥に邪魔をされてしまい、ゴースト・ドッグは狙撃を諦め、違う手段でヴァーゴ・ファミリーを壊滅させようと思いました。

「殺すと決意した時は、一気に突き進むことが困難に思われても、ためらってはいけない」

「時を待たず、一気に事を運ぶのがサムライの道だ」………そう『葉隠』に書いてあるように、ゴースト・ドッグは次なる手として、不動産屋の営業マンに扮してアジトに奇襲を仕掛けることにしました。

その作戦は上手くいき、ゴースト・ドッグはサプレッサー付きの二丁拳銃で、ヴァーゴと、ルーイとソニー以外の幹部を全員射殺。

ヴァーゴと一緒にいた幹部の1人は持病が祟り、ゴースト・ドッグが撃つ前に倒れ、ゴースト・ドッグはルイーズを殺すことも撃つこともしませんでした。

また、ゴースト・ドッグはルーイの肩を、こないだ撃った時と同じところを撃ちました。

ヴァーゴ・ファミリーを壊滅させ、アジトを出たゴースト・ドッグは、帰宅途中で1頭の大きな熊を狩猟したハンター2人と遭遇。

彼らが「数が少ないから」という理由で、古代の文化で人間と平等に扱われていた熊を狩猟したと知り、激怒したゴースト・ドッグは、車に乗って去るふりをして2人を殺害します。

同時刻、アジトを脱出したルーイとルイーズは、瀕死状態のヴィニーを助けるために、車で病院までの道を急いでいました。

しかしその道中、女性警官が乗るパトカーに呼び止められてしまい、思わぬ足止めを食ってしまいます。

するとヴィニーは、助手席に近づいた女性警官を射殺。ルーイに車を出すよう指示します。

しかしその後、ヴィニーはルーイに女を撃ったことを咎められているうちに、車内で息を引き取りました。

満月の夜の日。突然の雷雨に見舞われながら、ゴースト・ドッグは盗んだ赤のジャガーを走らせ、あの日アジトにはいなかったソニーの自宅を襲撃。

テレビアニメを見てリビングで寛いでいた男を、ゴースト・ドッグはテレビの配線を切断し頭が狙える位置に誘き寄せ、窓ガラス越しに彼を射殺しました。

その後、ゴースト・ドッグはガレージに潜り込み、その上の洗面所の配管を弄り、水をせき止めます。

洗面所にいたソニーが不審に思い、排水口を覗き込んだ瞬間を狙い、ゴースト・ドッグは真下からサプレッサー付きの銃で彼を射殺。復讐を遂げました。

翌日。ゴースト・ドッグはいつものように、武器などを入れている愛用のブリーフケースを持ち、レイモンの元を訪れます。

しかし今日のレイモンは、いつもの明るさがなく、何かを恐れている様子。ゴースト・ドッグが何かあったのか尋ねると、レイモンは「腕を吊っている白人の男がうろついている。不法入国したのがバレたのかな?」と答えました。

その腕を吊っている男はルーイだと察したゴースト・ドッグは、サプレッサー付きの銃一丁と愛読書をブリーフケースから抜き取り、護身用に銃まで携帯するほど警戒しているレイモンに、ブリーフケースと首からいつも提げていたネックレスを預けます。

「その男は俺の知り合いだ、名前はルーイ。俺は命の恩人である奴の家来だ」「サムライは主に忠を尽くさねばならない」

「所詮俺も奴も、古い流れに生きてきて、互いに今は絶滅寸前の人種なのさ」「でも時には、その古い流れっていうのもそう悪くない。分かるだろう?」

そうレイモンに話した後、ゴースト・ドッグはちょうど店に来たパーリーンに、『羅生門』の感想を聞かせてくれたお礼として、『葉隠』をあげました。

するとそこへ、ルーイがやってきます。長年忠を尽くしてきたヴァーゴの仇討ちに来たのです。

真昼間の決闘を申し込まれたゴースト・ドッグは、懐にしまった銃を出した途端、右胸に加え左胸もルーイに撃たれてしまいます。

それを見たレイモンは、ルーイに涙ながらにこう訴えました。「彼を殺すな!彼の銃は空なんだぞ、弾は入っていないんだ!」

そんなレイモンを制したゴースト・ドッグは、持っていた銃を捨て、ルーイに歩み寄ります。その間、ルーイはもう1発彼に銃弾を撃ち込みました。

「これであんたがボスだ、もう他に誰も残っていないんだから」「それはどうかな?」

そこで倒れたゴースト・ドッグに、ルーイはこう言いました。「おれを死なせないと言ったろう?もう何が何だか…」

「いいんだ、ルーイ。見たいものは全て見た」「最後に1つだけ頼みがある。この本を読ん(『羅生門』)で感想を聞かせてくれ」

「いいよ、分かった」………ルーイの返事を聞いて満足そうに笑った後、ゴースト・ドッグは静かに息を引き取りました。

ルーイは十字をきった後、『羅生門』を持ってその場から走り去り、ルイーズが待つ車へ帰還。『羅生門』を見たルイーズはルーイに、自分が彼に貸した本だと告げます。

ルーイたちを乗せた車が去った後、路上で血を流して倒れているゴースト・ドッグの元に、レイモンとパーリーンが静かに歩み寄り、寄り添いました。

後日、パーリーンがゴースト・ドッグのことを思い浮かべながら、自宅で『葉隠』を読んでいる姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『ゴースト・ドッグ』の感想と評価


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

寡黙な殺し屋の戦い

『葉隠』という武士道を説いた書物を愛読書とし、鳩と一緒に建物の屋上の小屋で暮らしている殺し屋ゴースト・ドッグ。

彼が殺し屋としての道を歩むことになったのは、ずっと昔に命を救ってくれたマフィアの幹部ルーイの家来として、彼に仕えるためでした。

そんなゴースト・ドッグの殺し屋としての戦い方は、従来のアクション映画に登場する殺し屋とはまた違い、『葉隠』で学んだ武士道に則って標的を殺します。

自分の姿さえ敵に最後まで見せず、主の命令に従い標的を殺すゴースト・ドッグの姿は、まさに侍そのもの。

いくら殺したところ見られたからといって、証拠隠滅のために女であるルイーズを殺したりしません。

ゴースト・ドッグの復讐劇では激しい銃撃戦は繰り広げられないものの、反撃の隙すら与えず次々と攻撃を仕掛けていったり、元凶たるソニーを排水管越しに射殺したりするといった静かなアクション場面は他のアクション映画にはない魅力があります。

真昼間の決闘


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

物語の終盤では、ゴースト・ドッグがよく通っている親友レイモンのアイスクリーム屋の近くで、ゴースト・ドッグとルーイが真昼間の決闘を繰り広げていきます。

しかしゴースト・ドッグは、最初から主であるルーイを殺す気はさらさらありません。ルーイがいたヴァーゴ・ファミリーを壊滅させたことに後悔はないものの、いずれボスの仇討ちにくるであろうルーイに殺されることこそ、ゴースト・ドッグなりに考えた彼への忠義だったからです。

ルーイもまた、ゴースト・ドッグが自分に忠を尽くしてくれたことへの感謝はあります。ですがそれよりも、今までなんだかんだ言って仕えてきたボス、ヴァーゴへの忠義を貫くためには、ルーイはどうしてもゴースト・ドッグを殺さなければなりません。

ゴースト・ドッグが最後、叶わぬ約束をルーイと交わしてから死んで、幕を引いた彼らの決闘は、何とも言えない悲しみが込み上げてきます。

まとめ


(C)1999 PLYWOOD PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

風変わりで寡黙で、孤独な殺し屋ゴースト・ドッグが、自らの信条とする武士道に則って戦い、主への忠義を貫き通すアクション作品でした。

「ボスの愛娘に手を出した奴を殺せ」と言った後には、「身内を殺した奴を殺せ」とルーイに言い、終始理不尽で無茶苦茶なことを言っていたソニー。

ですがその一方で、ファミリー全員高齢者なせいで金策に困っているのか、家賃を滞納していることをオーナーに言われている姿は全く怖さを感じず、マフィアのイメージとは違うギャップがあります。

また、ゴースト・ドッグは冷静沈着に標的を殺す殺し屋なのに、動物や心を許した相手には優しいといった一面があり、どちらのギャップも心が和みますし面白いです。

従来のアクション映画にはない、殺し屋とマフィアの意外な一面にクスリと笑えて、武士道を貫き通したゴースト・ドッグの姿に感動するアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。





関連記事

アクション映画

映画『モータルコンバット』ラストのネタバレ考察。続編期待の天才 ジェームズ・ワンが手掛ける新たなヒーロー譚!

モータルコンバットが幕を開ける。戦士の本能を呼び覚ませ! 人気シリーズ『ソウ』や『死霊館』といったサイコーホラー映画、『ワイルド・スピードSKY MISSION』、『狼の死刑宣告』などのアクション映画 …

アクション映画

映画『セイビング・レニングラード』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。第2次世界大戦の実話に基づくソ連軍シークレットミッションを描く

旧ソ連軍が決死の脱出作戦に挑む戦争サバイバル・アクション アレクセイ・コズロフが製作・脚本・監督を務めた、2019年製作のロシアの、第2次世界大戦におけるソ連軍が決行した作戦を描いた戦争サバイバル・ア …

アクション映画

映画『ベイビードライバー』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も【エドガーライト監督おすすめ代表作】

英国が生んだ稀代の天才監督・エドガー・ライトの『ベイビー・ドライバー』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ベイビー・ドライバー』の作品情報をどうぞ! スポンサー …

アクション映画

映画ジェイソンボーン|動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

『ジェイソン・ボーン』は、マット・デイモン主演「ボーン」シリーズの3部作と、ジェレミー・レナーを主演に迎えた『ボーン・レガシー』の計4部作で人気になったスパイアクションの5作目。 『ジェイソン・ボーン …

アクション映画

映画『キャノンボール』ネタバレあらすじと感想。日本人役のジャッキーとマイケルホイを筆頭にバート・レイノルズが君臨!

不朽の人気を誇る、お気楽ロードレース・コメディ映画! かつて香港を代表する映画会社であったショウ・ブラザース。そこを離れたレイモンド・チョウらが設立した映画会社ゴールデン・ハーベストです。 彼らはカン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学