Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/01/31
Update

映画『ザ・ファブル』キャストのミサキ役は山本美月。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、ミサキ役を演じる山本美月について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】
ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』ミサキ役は山本美月(やまもとみづき)

参考映像:映画『ピーチガール』(2017)

映画『ザ・ファブル』でミサキ役を演じる山本美月(やまもとみづき)は1991年7月18日生まれの27歳。福岡県出身の女優・ファッションモデルです。インセント所属。

高校3年生の2009年、第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得し、雑誌『CanCam』の専属モデルとしてデビューしました。少女らしい雰囲気で、スイート・ファッションを担当します。

2011年テレビドラマ『幸せになろうよ』で女優デビュー。翌2012年には大ヒット映画『桐島、部活やめるってよ』で銀幕デビューします。

同年、CMでも伊藤園やサマンサタバサのイメージキャラクターとして活躍。

ドキュメンタリー番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』で、初テレビ番組レギュラーにして初の司会を務め、仕事の幅を広げました。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』で初の連続ドラマ出演。

2014年テレビドラマ『アオアイホノオ』で初のヒロイン役を務め、2015年『東京PRウーマン』で映画初主演。

そのほかにも、ドラマ『SUMMER NUDE』『僕のいた時間』『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』、映画『黒執事』『女子ーズ』『ピーチガール』など数多くの作品で活躍しています。

2017年雑誌『CanCam』専属モデルを卒業。2018年に27歳にして初の写真集『Mizuki』が発売されています。

2019年にはNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』『パーフェクトワールド』に出演します。

趣味はマンガとアニメ鑑賞。自他共に認めるオタクで、たくさんのマンガやフィギュア、ぬいぐるみなどを収集しているそうです。

ウツボカズラ、ハエトリソウなど食虫植物も栽培しているとのこと。

特技は絵を描くこと。インスタグラムでは「#近々の美月」というハッシュタグで、絵と手書き文字での近況報告連載をしています。

映画『ザ・ファブル』ミサキはどんな役?

山本美月演じるミサキは、一般人として生活するようになった主人公のファブルとアルバイト先で出会った女性。

親の借金を返済するために、いくつものバイトをかけもちしていますが、以前携わっていた仕事が原因で騒動に巻き込まれてしまいます。

ミサキを助けようとしたファブルは、再び裏社会へと乗り込んでいくこととなり…。

スポンサーリンク

山本美月の演技力の評価は

第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入りした山本美月。

これは人気雑誌『CanCam』『PS』『AneCan』『Oggi』の4誌合同開催のコンテストでした。そこで認められたということは、当初から大きな輝きをはなつ存在だったといえます。

初期に出演したドラマ『幸せになろうよ』『SUMMER NUDE』では”かわいすぎる”と絶賛されましたが、その一方で、演技はあまり印象に残らないという厳しい評価もありました。

そんな中で放送された『アオイホノオ』では、美貌とちょいエロのキャラクターヒロイン・とんこ役を好演。”山本美月といえばとんこ”と言われるほどのはまり役となりました。

骨太なサスペンスドラマ『64(ロクヨン)』では、清楚にしっかりと演技を見せ、演技がうまくなっていると評価されるまでに成長。

2017年のテレビドラマ『刑事ゆがみ』では、前髪をぱつんと切った、トラウマで一言もしゃべれないクールなハッカー役を好演。これまでの清楚なイメージをくつがえす演技で視聴者を驚かせました。

当初はあまり演技には定評がなかった山本美月ですが、コンスタントに数多くの作品に出演してきたことで、着実に実力をつけてきていると言えます。

現場では「知的」「つねに冷静」「頭が良い」「地に足がついている」などと、人として信頼されている女優でもあるので、伸びしろはまだまだありそうですが今後の活躍が期待されます。

山本美月の公式SNSの紹介

山本美月の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

View this post on Instagram

本庄さんの朝食はクマでした。 ガウガウ。 #いだてん

MIZUKI YAMAMOTOさん(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿 –

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

ファブルを再び裏社会へと導くこととなる女性・ミサキを演じる山本美月が、コミカルな演技でどんな風に作品を盛り立てていくのかにも要注目です!

一大エンターテイメント作品、アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。



関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の昌文君役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『ザ・アウトロー』ネタバレ結末感想とあらすじの解説考察。最後の伏線回収とラストどんでん返しまで続く刑事vs銀行強盗の頭脳戦

犯罪都市ロサンゼルスで繰り広げられる、刑事VS銀行強盗団のクライムアクション! クリスチャン・グーデガストが原案・脚本・監督を務めた、2018年製作のアメリカのクライムアクション映画『ザ・アウトロー』 …

アクション映画

映画『ジョンウィック3』ネタバレ感想とパラベラムの結末解説。続編公開にむけて制作決定!

『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2014年に初公開された大人気「ジョン・ウィック」シリーズの2019年最新作。 最強の殺し屋である主人公ジョン・ウィックを描いたアクション映画です。 主要登場人物に …

アクション映画

韓国映画V.I.P.修羅の獣たち|あらすじとキャスト。公開上映館の情報も

韓国映画『V.I.P.修羅の獣たち』は、6月16日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー。 『新しき世界』などで知られる韓国ノワールのパク・フンジョン監督のクライム・アクション、いよいよ公開! …

アクション映画

【ネタバレ】プリズナーズ・オブ・ゴーストランド|あらすじ結末と感想考察。園子温節が炸裂するハリウッドデビュー作はド派手さMAX!!

ニコラス・ケイジ主演で描かれるサムライタウンの大騒乱! 暴力表現へのこだわりや独特なセンスで紡がれる、誰にも真似の出来ない世界観によって熱烈なファン持つ映画監督の園子温。 その人気は日本のみならず世界 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学