Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/01/26
Update

映画ライダーズ・オブ・ジャスティス|ネタバレ感想と結末の評価解説。ラストでマッツ・ミケルセン演じる軍人の復讐劇が辿り着く“偶然”という皮肉

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

マッツ・ミケルセン主演!
復讐に暴走する軍人の顛末を描くサスペンス・ドラマ!

ドクター・ストレンジ』(2017)や『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)などをはじめ、待機作に『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』(2022)や「インディ・ジョーンズ」シリーズ最新作への出演が控えるマッツ・ミケルセンが主演を務めた映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』。

監督は、『アダムズ・アップル』(2019)など数多くの作品でマッツ・ミケルセンとタッグを組んだアナス・トーマス・イェンセン。

アフガニスタンで任務についていた軍人のマークスの元に、列車の事故により妻が亡くなったとの報せが……。

悲しみに暮れる娘の元に帰国するも、娘とも自身の悲しみとも向き合えないでいるマークスのところにやってきたのは、同じ電車に乗っていたという数学者のオットー。

列車事故の背後にあるのは“ライダーズ・オブ・ジャスティス”という犯罪組織だと言うオットーの話を聞いたマークスは、オットーとその仲間たちと共に復讐へと駆り立てられていきます。

スポンサーリンク

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』の作品情報


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

【日本公開】
2022年(デンマーク・スウェーデン・フィンランド合作映画)

【原題】
Retfaerdighedens ryttere(英題:Riders of Justice)

【監督・脚本】
アナス・トーマス・イェンセン

【キャスト】
マッツ・ミケルセン、ニコライ・リー・コース、アンドレア・ハイク・ガデベルグ、ラース・ブリグマン、ニコラス・ブロ、グスタフ・リンド、ローラン・ムラ

【作品概要】
監督を務めたアナス・トーマス・イェンセンは、『アダムズ・アップル』(2019)、『メン&チキン』(2015)の監督・脚本ほか、『悪党に粛清を』(2015)の脚本なども手がけるデンマークの監督・脚本家です。アナス・トーマス・イェンセン監督とマッツ・ミケルセンは本作が5度目のタッグとなりました。

マッツ・ミケルセンは、プロのダンサーとしてキャリアをスタートさせ、31歳のときにニコラス・ウィディング・レフン監督のデビュー作『プッシャー』(1996)で俳優デビューしました。

デンマークを中心に活躍後、ハリウッドにも進出し、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)、『ドクター・ストレンジ』(2016)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2017)など多岐にわたって活躍しています。

共演者は『特捜部Q』シリーズや『チャイルド44 森に消えた子供たち』(2014)のニコライ・リー・コース、『博士と狂人』(2018)のラース・ブリグマン、『アダムズ・アップル』(2020)、『ドミノ -復讐の咆哮-』(2019)のニコラス・ブロ、『ヒトラーの忘れもの』(2015)、『スカイスクレイパー』(2018)のローラン・ムラなどデンマークが誇る役者陣が顔をそろえます。

更に『アナザーラウンド』(2020)でマッツ・ミケルセンと共演したアルバト・ルズベク・リンハートをはじめ、『ある人質 生還までの398日』(2020)のアンドレア・ハイク・ガデベルグや『罪と女王』(2019)のグスタフ・リンドなど北欧の若手俳優も出演しています。

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』のあらすじ


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

クリスマスが迫るある冬の日、祖父に連れられ自転車屋にやってきた孫娘。欲しい青色の自転車がなかった孫娘は取り寄せることに。

自転車屋の主人がどこかに電話をかけ、道端にあった自転車が車に運び込まれます……。

舞台は移り、アフガニスタン。軍人のマークス(マッツ・ミケルセン)は帰国目前にして任期が延びたことを告げられ、妻に電話をかけます。

その頃妻は、娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)の自転車が盗まれたので車で学校まで送ろうとしていました。しかし、車の調子が悪く、なかなかエンジンがかかりません。

マークスからの電話により、帰国が延びたことを知った妻は、マチルデに今日は学校に行かず電車に乗って出かけようと誘います。

帰りの電車に乗った2人。前に座っていたオットー(ニコライ・リー・コース)は席を譲ります。

その日、数学者であるオットーは研究発表の途中でクビを通告され、いつもより早い電車で荷物を抱え帰宅しているところでした。

2人が乗ってきた駅でオットーは、一人の男が一口齧っただけのサンドイッチとドリンクをゴミ箱に入れて降りたのを見かけ、不思議に思っていました。

オットーが席を譲り、妻が座った矢先大きな爆発音と共に電車が倒れます。何が起こったか分からないままオットーは起き上がり呆然と立ち尽くし、そばにいたマチルデを引き寄せます。

救急隊員がやってきて救助されたオットーは病室で途方にくれているマチルデを見かけ、マチルデの母が亡くなったことを知ります。

任地にいたマークスも電話を受け、帰国。娘と抱き合い、病院の人々が止めるのも聞かず妻の遺体を見に行きます。

心のケアのために必要であればカウンセリングなどの対応をします、娘さんには子供向けのカウンセラーもいますと説明を受けますが、マークスは頑なに日常に戻るためには他人がいない方がいい、必要ないと言います。

マチルデがカウンセリングを受けたいと言う気持ちも全く聞き入れず、長らく家にいなかった父親との生活、命令口調の話し方にマチルデは戸惑いを隠せません。

ある日、夜遅くになっても帰ってこない、連絡しても電話に出ないマチルデを心配したマークスは彼女を探しに外に出ます。

すると友人と共にいたマチルデを見かけ、何故連絡しないと怒ります。更に、今はマチルデを怒らない方がいいと助言する友人を思わず殴ってしまいます。

父の行動にマチルデは怒り、父を避けますが、マークスはこれでも努力していると言いつつも自分の態度を変えることはしません。

そんな父娘の元にオットーが友人のレナート(ラース・ブリグマン)と共にやってきます。

“ライダーズ・オブ・ジャスティス”という犯罪組織の裁判に証言するはずだった証人が事故により死んだ、これは統計的に事故はあり得ない、背後に“ライダーズ・オブ・ジャスティス”が絡んでいる事件だとマークスに伝えます。

妻と娘と同じ電車にいた、警察は話しても聞き入れてくれないので伝えにきたというオットーの言葉にマークスは犯人を突き止め、妻の無念を晴らそうと、復讐心を燃やしはじめます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ライダーズ・オブ・ジャスティス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ライダーズ・オブ・ジャスティス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

ハッキングが得意なレナート、顔認証が得意なエメンタール(ニコラス・ブロ)と個性的なオットーの友人らも合流し、オットーの記憶を頼りに、妻とマチルデが乗った駅で降りた不審な男の正体を探しはじめます。

顔認証システムで90パーセント以上の確率で一致した人物は、なんと“ライダーズ・オブ・ジャスティス”の組織のボスである“タンデム”(ローラン・ムラ)の弟でした。

こんな偶然があるわけがない、やはり“ライダーズ・オブ・ジャスティス”が仕組んだ事故であったと確信したマークスらは、弟に会いに行きます。

銃を叩きつけられ一度は逃げ帰ろうとした一向ですが、マークスは突如火がついたように引き返し、衝動で殺してしまいます。後始末をしていたレナートは奥に青年がいることに気づきますが、何もせず、皆にも言いませんでした。

復讐の鬼と化したマークスは、次はタンデムだ、情報を集めてくれれば俺が殺すと言うマークスに影響されたエメンタールは自分にも銃の扱い方をお教えて欲しいと言います。

一方、弟が殺されたタンデムも部屋にいた青年から情報を聞き出しマークスらを待ち伏せして奇襲をかけます。

しかしマークスは奇襲攻撃にも屈せず返り討ちにします。タンデムの弟の部屋にいた青年・ボダシュカ(グスタフ・リンド)を保護し、マークスの家で雇います。

身の危険を感じたオットーらは一時的にマークスの納屋で生活し始めます。

事故で娘を亡くしていたオットーは、マチルデを気にかけ、マチルデもマークスには言えないことも素直に言えるようになっていました。

マチルデの悲しみに寄り添うこともせず、復讐に駆り立てられているマークスをオットーは心配しています。

ある日、ボダシュカの話で彼らがこの国にやってきて間もないことを知り、タンデムの弟が事故とは全くの無関係であった、間違って殺してしまったことが判明します。

事実を受け入れられないマークスは取り乱し、手当たり次第に壊し暴れはじめます。そんなマークスをオットーは抱き締め、君には助けが必要だと宥めます。

その頃、タンデムは徐々に情報を集めマークスらに迫っていました。とうとうマチルデの友人にたどり着いたタンデムは、マークスの居場所を聞き出し、部下を連れてマークスの家を襲撃します。

反撃していたマークスでしたが、マチルデを人質に取られ手も足も出ない状況に……。

しかし、突如背後からオットーらは銃を構え、タンデムの部下を蹴散らしマークスは、マチルデを無事救出することが出来ました。

しかし、マークスは銃撃を受け衰弱しています。衰弱しながらも自分が間違っていた、自分達には助けが必要だったとマチルデに伝えます。

救急車に運ばれ一命を取り留めたマークスは退院し、マチルデをはじめオットー、レナード、エメンタールらと集いクリスマスの日を迎えました。

かつてのすれ違っていたマークスとマチルデの姿はなく、2人は笑顔に溢れています。

スポンサーリンク

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』の感想と評価


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

悲しみとの向き合い方

電車の事故により妻を失ったマークスはその事実に向き合うことが出来ず、オットーの話を聞き、復讐に駆り立てられていってしまいます。

それは、喪失感や突如妻を奪われたことに対する怒りなど、さまざまな感情をぶつける相手を探しているとも言えるかもしれません。そのようなマークスを、マチルデは暴力で解決することしかできないと非難します。

一方マチルデも、事件当日の自分の行動のメモを自室の壁に貼り付けています。自転車が盗まれた、マークスから電話が来る、車の調子が悪い、電車に乗った……考えても仕方ない帰ってこないその日の行動を考えずにはいられないのです。

人は悲しみを受け入れることからどうしても逃げてしまいます。オットーもそうでした。

かつて交通事故により妻と娘を失ったオットーはその悲しみから立ち直ることが出来ず、未だに娘のことを考える。そしてマークスとマチルデが羨ましくて仕方ないと言います。家族を顧みなかった過去の自分を責めても、もう娘は戻ってこないのです。

レナードもエメンタールも人を亡くした喪失感とは違いますが、かつての自分の失敗や受けた傷と向き合えずどこか引きずったままでいます。そのような彼らにとって、“復讐”とはある意味都合の良い気持ちをぶつけられる行動であったのかもしれません。

しかし、次第に復讐は何もうまないどころか見当違いであることに気付かされるのです。

偶然という皮肉


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

アナス・トーマス・イェンセン監督が監督・脚本を務めた『アダムズ・アップル』(2019)、『メン&チキン』(2015)ではシュールでシニカルな世界観が特徴的でした。本作も、シリアスなドラマでありながら時折クスッと笑えるような、ほっこりした場面が散りばめられています。

悲しみと向き合うマークスとマチルデ父娘の物語だけでなく、偶然が確信かのように思え復讐へと繋がっていく前半から、後半は見事に裏切られていく偶然性の皮肉が、本作の面白みでもあります。

2021年に公開された『悪なき殺人』(2021)でも偶然が絡まり合い、思いもよらない真実へと繋がっていく面白さがありました。本作でも、始まりはまさに“偶然”なのです。

たまたまクリスマスプレゼントに、自転車を買いに来た祖父と孫娘。この何の関係性もない2人の行動が、巡り巡ってマークス父娘の悲劇にも絡んでくるともいえる皮肉さ。

更に高確率で顔認証で一致した人物が別人であり、実際にオットーがみた人物はエジプトからやってきた人であり、デンマークの住人ではありませんでした。

オットーは安くないお金を払って買ったサンドウィッチを、一口だけ齧って捨てる人などそうそういないと考えていました。しかし実際はあまりにも不味くて捨てたのです。

オットーが考えるような計画性のある行動ではなく、全てが偶然のなせる業であった……。

登場人物が知り得ない事件の全貌を知ることができるのが、映画を見る観客の楽しみでもあります。事故により妻を失ったマークスが復讐の鬼と化すシリアスなサスペンスドラマであり、偶然の皮肉を描いたシニカルなドラマとしても楽しめる映画になっています。

まとめ


(C)2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

アナス・トーマス・イェンセン監督と5度目のタッグとなったマッツ・ミケルセンが復讐の鬼と化す軍人を演じた映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』。

喪失感との向き合い方、復讐…シリアスなドラマと共に描かれているのは偶然の皮肉でした。

しかし、見方を変えてみれば事故による偶然の連鎖が、マークスとマチルド父娘とオットーやレナード、エメンタールとの出会いを呼び寄せたとも言えるのです。

偶然も運命も紙一重であり、そこに意味を見出そうとしてしまうのが人間なのかもしれません。




関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』6番メイコ役は黒島結菜。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 『22年目の告白 私が殺人犯です』をU …

サスペンス映画

『バクラウ 地図から消された村』ネタバレあらすじと結末まで感想考察。カンヌ映画祭で話題となったブラジルの田舎で起きた不可解な出来事と寓話的世界

ブラジルの新鋭クレベール・メンドンサ・フィリオ監督の『バクラウ 地図から消された村』 第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、シッチェス・カタロニア国際映画祭でも監督賞を含む3冠を達成し数々の映画 …

サスペンス映画

映画『キラー・インサイド・ミー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

第89回(2017)アカデミー賞で見事オスカーに輝くなど今乗りに乗っている俳優ケイシー・アフレック。 彼のその高い演技力を如何なく発揮した『キラー・インサイド・ミー』をご紹介します。 スポンサーリンク …

サスペンス映画

『ペリカン文書』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実際の経験を元ネタした原作グリシャムのミステリーを巧みに映画化!

ジュリア・ロバーツがホワイトハウスの暗部に切り込む女子大生を演じる 『ザ・ファーム 法律事務所』(1993)の人気作家、ジョン・グリシャムの同名小説を実写化した骨太な社会派サスペンス『ペリカン文書』。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学