Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】あしたの少女|あらすじ結末の感想と評価解説。韓国の実話事件を基に‟歪な社会構造”を問う

  • Writer :
  • からさわゆみこ

“あなたの見えない眼差しを私は見ている”
歪んだ社会の構造を少女の死をきっかけに暴く……

今回ご紹介する映画『あしたの少女』は、イ・チャンドンがプロデューサーを務め、チョン・ジュリ監督のデビュー作となった『私の少女』(2015)から、7年ぶりの長編映画です。

2017年に韓国で起こった実在の事件を元に、ごく普通の女子高生が過酷な労働環境に置かれ、心身共に憔悴し自死へと追い込まれていく姿をリアルに描いた社会派ドラマです。

本作は第75回カンヌ国際映画祭の批評家週間の閉幕作品として上映、第23回東京フィルメックスでは審査員特別賞を受賞しました。

映画『あしたの少女』の作品情報

(C)2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2023年(韓国映画)

【原題】
Next Sohee

【監督・脚本】
チョン・ジュリ

【キャスト】
ペ・ドゥナ、キム・シウン、チョン・フェリン、カン・ヒョンオ、パク・ウヨン、チョン・スハ、シム・ヒソプ、チェ・ヒジン

【作品概要】
ユジン刑事役として是枝裕和監督作 『ベイビー・ブローカー』での刑事役も記憶に新しいペ・ドゥナが演じます。『私の少女』の主演からの再タッグとなりますが、彼女はチョン・ジュリの作品であれば、どんな役でも受けると熱望していたと語ります。

過酷な労働環境で精神的に追い詰められ、自死を選んでしまった女子高校生のソヒ役には、韓国人気ドラマ「ミリオネア邸宅殺人事件」で注目株となった、キム・シウンが大抜擢され、明るく快活だったソヒの変化を繊細に演じきりました。

映画『あしたの少女』のあらすじとネタバレ

(C)2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

ダンススタジオで一心不乱に踊る1人の少女、彼女の他には誰もおらず、スマホで自分の踊る姿を撮影していました。

キム・ソヒは職業高等学校に通う女子高生です。ある日、担任に呼び出されたソヒは大手企業の子会社に、職業実習が決まったと報告されます。

しかし、“愛玩動物学科”いわゆるペットに関する専門学科を専攻していたソヒにとって、何ら関連性のない企業でした。

ソヒは子会社ではなくただの下請け、孫請けではないかと担任に聞きますが、苦労して獲得してきた初めての就職先で、ソヒのがんばり次第で後輩への道筋ができると言われます。

放課後、ソヒは自主退学してしまった親友のジュニと食堂で夕飯を食べます。ジュニは動画配信者として生活をしていました。

ソヒとご飯を食べるシーンを撮っていると、別の男性客から“投げ銭で暮らす勝ち組”と揶揄され、ソヒは反論します。勝気なソヒは男性であっても親友をかばって立ち向かう正義感の強い少女でした。

ソヒには一つ年上のテジュンという彼氏がいます。ソヒはテジュンの働く作業所へ行き、真新しい白のスーツに身を包んだOL姿を見せました。

テジュンもまたダンスが得意でソヒと息の合ったダンスを踊り、ソヒの門出を祝いました。

ソヒが“現場実習生”として働くことになったのは、大手通信会社のコールセンターです。各方面にあるコールセンターの中の1つです。

壁にはチームごとオペレーターごとのノルマ達成率が貼り出され、多くの若い女性がインカムをして、パソコンモニターに向ってかかってきた電話の対応をしています。

チームリーダーのジュノは物腰の柔らかい優しい上司です。ソヒに絶大な期待を寄せていました。

初日はチームのエースである先輩の顧客対応を見学します。先輩は慣れた口調で対応をしますが、その内容は契約を解約したい顧客をあらゆる口実で引き止めようとするものでした。

ジュノは顧客の対応時間や様子をモニタリングしながら、オペレーターの対応を早急にクローズさせたり、窮地になると変わって対応する役回りです。

ソヒは翌日から実践になりますが、初めての顧客は手渡されたマニュアルでも対処できないかなり高圧的な態度で、ソヒは完全に畏縮してしまいます。

そして、成績トップの先輩も顧客に怒鳴られたことをきっかけに、応対を途中で投げ出し、コールセンターへ来なくなってしまいました。

更にチームの成績は下がり、ジュノに大きなプレッシャーがのしかかります。ソヒは期待のルーキーであったにも関わらず、ノルマをなかなか達成できずに残業の日々が続きました。

それでも負けず嫌いのソヒはノルマを達成します。しかし、その功績に対する対価は賃金に反映されず、ジュノに抗議するも“実習生”という理由で、本採用後に支払うと言われます。

ソヒのモチベーションは下がり、成績が下降するとジュノはソヒに対して苛立ち、きつくあたるようになっていきます。そして、とうとうある日トラブルを起こしてしまいます。

友だちの誕生日会に行く予定だったソヒは、高圧的な暴言で怒鳴り散らす顧客対応に手こずって反論。暴言を吐いて電話を切ってしまいます。

ソヒがジュノに謝罪をすると、彼は「抑えきれなかったんだよね」と理解する言葉を返し、約束があることを察して、帰宅するよう促します。

ですが、その翌日、会社の上層部がセンターに現れ、脅迫めいたクレームが来たとジュノを追いつめます。不穏な空気が漂い、ソヒはいたたまれなくなっていきました。

そして、翌朝出勤したソヒに衝撃が走ります。雪かきをしていた作業員が、駐車場の車の中で練炭自殺をしたジュノを発見し、側にいたソヒも目撃してしまったのです。

以下、『あしたの少女』ネタバレ・結末の記載がございます。『あしたの少女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

上司であるジュノの死がきっかけで、ソヒの情緒も不安定になっていきます。センターには会社の上層部が慌ただしく来て、書庫から書類のファイルを持ち出し去っていきます。

ジュノは本社に従業員たちへの不当な就業に抗議文を出していましたが、上層部に届くことはありませんでした。

逆に従業員たちには、ジュノの葬儀には誰も参列しないよう通達され、口外しないよう“覚書”に署名をさせられました。

しかし、ソヒはジュノの葬儀に行きました。残された妻と幼い子を見て身につまされ、覚書の署名にもサインせずに保留にします。

ほどなくしてジュノの後任が配属されます。新チーム長は就任早々、5つのセンターの中で最下位であること、ソヒを名指しし「あまりに出来が悪い」と咎められました。

その一言でソヒの辛かった気持ちが逆に奮起へとつながり、ノルマの成績を上げ、センターの業績に貢献します。しかし、またもソヒの成果給は“実習生”だからという理由で先送りされます。

ソヒは顧客が契約を解約したいという要望に、いかなる事情があっても応じようとしない方針、いくらがんばっても何かと理由を付け、成果給を支払おうとしない会社に怒りが爆発します。

ソヒは次々に顧客の解約を受理し、手続きの開始をはじめます。モニタリングしていたチーム長がそのことを叱責すると、ソヒはチーム長を殴ってしまい、出勤停止3日間の懲戒を命じられてしまいます。

出勤停止になったことをソヒは両親には言わず、休暇をもらったと布団の中に入ったまま出ません。母は毎日、帰りが遅かったソヒにゆっくり休むよう言います。

謹慎中、ソヒは久しぶりにダンススタジオに行き、ダンス仲間に歓迎されます。その中に新しいメンバーも加入していました。しばらく練習を見学し、黙ってスタジオを出ます。

そして、親友のジュニと買い物に行ったり、カラオケをして気を紛らわそうとしました。お酒を飲んで酔っぱらいながら、雪の夜道を歩いていましたが、ジュニは悪酔いして嘔吐し、ソヒは塀にもたれて座ってしまいます。

ジュニはソヒが寝てしまったと思い、起こそうとしますが、ソヒはいつの間にか自分の手首を切り、流血していました。

病院に搬送されたソヒは命には別条なく、両親とともに帰宅します。その車中で彼女は「仕事を辞めていい?」とつぶやきますが、その切実な声は両親に届きません。

(C)2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

翌日、憔悴しきったソヒと担任は実習先で面会をします。担任はソヒの悩みを聞こうともせず、「誰にでも辛い時期はある」と片づけ、会社への無礼や与えた損害を厳しく説教するだけです。

明日から現場復帰となる予定だったソヒは、同級生に会いたいと連絡し話をしたりしますが、卒業間近の彼女たちもそれぞれの道で多忙な日々を送っていました。

寒空で素足にサンダルのソヒを見た男友だちは、タクシーで家まで送ると言いますが、ソヒはテジュンに連絡したと言い、2人は店の前で別れます。

ところがテジュンは配達の途中で「行けるかどうかわからない」という返信をしていました。ソヒは重い足取りで坂道を歩き、食堂へ入るとビールを飲みました。

戸のすき間から西日が差し込み、ソヒの素足に延び彼女はそれをみつめます。しばらくしてソヒは近くの貯水池へ行き風景を眺め、池に身を投げました。

死後まもないソヒの遺体が貯水池から発見され、警察の捜査が開始されます。担当するのは、休職から職場復帰したばかりのユジン刑事です。

彼女はそつなく検証を済ませソヒの両親に身元の確認をさせます。両親ともに娘の死を理解できず受け止められません。

ユジンは自殺案件だと考えますが、ソヒが自殺すると思えない父は司法解剖を望みます。ユジンは司法解剖は体を大きく傷つけると説明しますが、それでも司法解剖の手続きをします。

さらにソヒのコールセンターへも出向き、事件性はないか捜査しますが、チーム長や上層部の人間も捜査に協力的で、特に問題はないと判断し撤収しようとします。

すると外へ出たところで一緒に働いていた従業員が駐車場を指さして、前チーム長のジュニが練炭自殺したことを話し、ソヒはその目撃者だったと教えます。

第一発見者の清掃スタッフは、車のフロントガラスに会社に対し抗議する遺書が貼られていたと供述しました。

更に従業員は会社への批判を隠ぺいするため、口外しないという覚書にサインをさせられ、ソヒは最後まで書かずに拒否していたと話します。

そして、ソヒの様子がおかしくなったのは、ジュニが自殺してしまってからだと話し、ユジンはコールセンターに不審を抱き、捜査の続行を決めました。

ソヒが自殺する直前の行動から足跡を辿り出すユジンは、貯水池から風景を眺めビールを飲んだ店、ダンススタジオへと行きます。そのスタジオは、ユジンが休職中に通っていた所でもありました。

自宅へ戻ったユジンはダンスの練習を録画した映像を見返します。ソヒが来た日の映像でした。後方で練習を見学し何も言わずに出ていくソヒの姿がありました。

センターを辞めた同僚もソヒと同じ疑問をもって辞め、彼氏のテジュンも職場は違えど問題があって部署が変わり、ソヒが自殺した日、配達中でソヒに会いに行けなかったと話します。

そして、ソヒのスマートフォンが発見されなかったことから貯水池の再捜索を申請したことで、ユジンは上司から批判を受け、捜査を止めるよう言われます。

しかし、ユジンはソヒの自殺は高校生が実習先で不当に働かされていたことが原因で、職務規定違反だと言い放ち、捜査を継続すると言い切ります。

そこに部下から池でスマートフォンが発見されたと報告が入ります。電源が切れていたため起動できましたが、保存フォルダーの中やアプリは全て消去されていました。

しかし、1つだけ動画ファイルが残っていました。それはソヒが1人でダンススタジオで、踊っている姿でした。

ユジンはソヒが頻繁に残業している証拠を集め、コールセンターへ乗り込み、実習生への労働搾取の疑惑、規定違反を突きつけます。

しかし、会社側はソヒの家庭が困窮していて自主的だったとか、金への執着が酷い上、情緒も不安定であり、逆に会社へのイメージに傷がついた被害者だと言い放ちます。

ユジンはそんな勝手な言い分で、責任逃れをするチーム長をはじめとする会社の執行部に、「全チーム長の方は上手く乗り切ったつもりでも、本件は次元が違い彼女は高校生だった」とソヒが被害者だと告げました。

ソヒが荼毘に付された日、ユジンは母親にソヒがダンスをしていたことを知っていたか聞くと、初耳で知らなかったと言うと、ユジンはソヒはダンスが上手だったと伝えると、母は愕然として泣き崩れます。

その後もユジンは地元の教育庁を訪れ、規定違反をしている企業への監督不行き届きを追及します。しかし、責任者は就業率が上がらなければ、予算が与えられず業務が滞ると言います。

それは学校側も就業率を重視するあまり、生徒の適性を無視し、実習先の労働環境や実態もチェックし、見て見ぬふりをする構造になっていると気づきます。

ユジンはソヒが残したダンスの動画を見て、自分の無力さに打ちひしがれます。動画はソヒが何度もチャレンジして、失敗していたパートを成功させたところで終わっていました。

映画『あしたの少女』の感想と評価

(C)2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

『あしたの少女』は行政や学校、親までも就業先の労働環境のチェックをせず、子供が労働力として搾取され続け、冷遇されている実態を描きました

ソヒは責任感と正義感が強いあまり、夢や希望を親に話せないという家庭の事情から、学校から紹介された就業先へ否応なく通います。

就業先のやり方に疑問や疑念が生じても、学校や家族への気遣いで、我慢していたソヒが精神を刷り減らし、自死へ追い込まれていきました。

本作は2017年に実際に韓国で起きた事件がモチーフとなっており、2023年3月に公開されると瞬く間に、世論の関心が高まり、司法を動かすほどの反響となりました。

この事件は小さなニュースとして取り上げられたのみでしたが、その小さな記事を見つけたジャーナリストが、チョン・ジュリ監督に映画化しないかと提案し実現します。

このジャーナリストはユジン刑事のように、自分の無力さに打ちひしがれ、多くの人に知ってもらえるツールとして、映画化することに着目したのだと推測できます。

日本でも商業高校や工業高校、総合技術高校、高等専門学校などの職業系の高校があり、そこで専門分野が学べます。学校側は生徒がどんな職業に就きたいのか、何度も話し合って結論を出します。

日本の学校でも就業率を意識しないわけではないと思いますが、よほどのことがなければ生徒が学んだことを優先し、生徒の努力に対し教師は尽力して就職へ導きます。

2010年の韓国では“就職促進支援”が設けられ、就職率が若干高くなった一方、卒業生が希望する職種に就けるケースは極めて少ないという実態でした。

当時から低賃金などの待遇であり、2〜3年で会社を辞めて大学進学するケースも多く、改善しようとする働きがあったものの、2017年にはホン・スヨンさんという女子高生が自死する事件がおきます。

作中でソヒの上司が自死してしまうシーンがありますが、実際にはスヨンさんの亡くなる2〜3年前に先輩の従業員が自死した事件があり、スヨンさんの死に直接影響したわけではありません。

しかし、その従業員の方の死も大きく報道されることはなく、スヨンさんの死をこうして取り上げたことにより、明るみに出た事実です。

なぜ韓国では2023年に「勤労基準法」が改正されるまで、職業系高校の就業先のチェックや実習生のケアは、おざなりになり続けていたのでしょうか。

大卒ですら失業率の高い韓国では、大企業と中小企業の賃金格差があり、それでも下請け孫請け企業への受注や予算は削られ、利益を出すためコストダウンに無謀な労働環境へと転じていったからです。

思い起こせば韓国における有名人の自死や、企業だけではなく政治家による不正や汚職などの隠ぺい体質は、昨今まで多くニュースでよく目にしました。

そして、年端もいかないスヨンさんが、大人の事情でプレッシャーをかけられパラハラを受けていたのが、まだ数年前の出来事というのが驚きです。

また、今も韓国の若者は進学先や就職先で、自分の価値が決められてしまうというプレッシャーの中で、周囲の期待に応えようと必死に暮らしています。

『あしたの少女』の英題は「Next Sohee(次のソヒ)」です。次の労働搾取による犠牲者が出ないように、という願いが込められています

まとめ

(C)2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

『あしたの少女』では高学歴こそが勝ち組的なイメージの韓国社会にも、一定数の高卒社会人がいることがわかり、企業・教育・行政の未熟なシステムの犠牲になった、女子高生の事件を描きました

この映画の最大のポイントは「次のソヒ」を出さない運動へと世論が動いたことです。韓国は労働組合の運動も活発なイメージがありますが、組合運動ももはや上辺だけのパフォーマンスに成り下がったのでしょうか?

『あしたの少女』が上映されたことによって、“実習生は労働者とみなされていなかった”現実の様々な業種で、若者の命が犠牲になっている事実が浮き彫りとなり、目を向けさせるきっかけとなりました。

“あなたの見えない眼差しを私は見ている”、ポスターに書かれたこのサブタイトルは、見えていない現実を究明しようとする、ユジンの眼差しをソヒが見ているという意味なのでしょう



関連記事

サスペンス映画

羊たちの沈黙|ネタバレあらすじと考察感想。意味解説は“怖い”猟奇殺人犯という記号とサスペンス作法

映画史に残るサイコスリラーの『羊たちの沈黙』。 連続殺人事件を任されたFBI訓練生クラリスが、9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士へ協力を仰ぎ、女性を狙う猟奇殺人犯バッファロービル …

サスペンス映画

『怪物の木こり』映画原作ネタバレあらすじと結末の感想評価。‟サイコパス対殺人鬼の対決”を三池崇史監督がスクリーンに描く

第17回「このミス」大賞受賞作の『怪物の木こり』が映画化決定! 2019年に「このミステリーがすごい! 」大賞を受賞した倉井眉介の『怪物の木こり』。 サイコパスの主人公が猟奇的な殺人鬼に狙われるサスペ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』7番アンリ役は杉咲花。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 監督は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

北川景子映画『ファーストラヴ』あらすじ感想と内容解説。容疑者役を芳根京子が体当たり演技で堤幸彦ミステリーに挑む

映画『ファーストラヴ』は2021年2月11日(木)より全国順次ロードショー! 直木賞作家、島本理生の人気原作小説を、サスペンスミステリーでは定評のある堤幸彦監督によって映画化された『ファーストラヴ』。 …

サスペンス映画

映画『かごの中の瞳』ネタバレ感想とラスト結末の考察。あらすじに描かれた夫婦双方の視点からの悲劇

角膜の移植手術の成功により、視力を取り戻した女性ジーナと、ジーナの変化に強い嫉妬心を抱く夫のジェームズ、すれ違いの末に辿り着く、ある悲劇を描いた映画『かごの中の瞳』。 観客の視界を奪う、独特な演出が特 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学