Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/09/04
Update

映画『モンタナの目撃者』ネタバレあらすじ結末と感想考察。キャストのアンジェリーナ・ジョリーがアクションヒロインとして活躍

  • Writer :
  • もりのちこ

襲い掛かる2つの脅威。小さな相棒を守り抜け!

“アクションヒロイン”アンジェリーナ・ジョリーが帰ってきた! 殺し屋、CIA諜報員、トレジャーハンター……そして今作では、辛い経験からトラウマを抱えた森林消防隊員に。

アンジェリーナ・ジョリーが主演を務め、山火事が迫るなか暗殺者から少年を守るべく戦う消防隊員を描いたサバイバル・サスペンス。

主人公ハンナは、暗殺者・未曾有の山火事の2つの脅威と戦い、目撃者の少年を守り切れるのか。次々襲い掛かる驚異にハラハラドキドキが止まらない。映画『モンタナの目撃者』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『モンタナの目撃者』の作品情報


(C)2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
テイラー・シェリダン

【キャスト】
アンジェリーナ・ジョリー、ニコラス・ホルト、フィン・リトル、エイダン・ギレン、メディナ・センゴア、タイラー・ペリー、ジェイク・ウェバー、ジョン・バーンサル

【作品概要】
主人公の森林消防隊員ハンナが、山火事と暗殺者の2つの脅威から少年を守り抜く姿を描いたサバイバル・サスペンス映画『モンタナの目撃者』。

主演は、約11年ぶりのアクションヒロインを演じるアンジェリーナ・ジョリー。実際に6人の子供の母でもある彼女の、母性溢れる演技にも注目です。

監督・脚本は『ウインド・リバー』(2017)のテイラー・シェリダン監督。共演には、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のニコラス・ホルト、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のエイダン・ギレン、『ボーダーライン』(2015)のジョン・バーンサルなどが顔を揃えます。

映画『モンタナの目撃者』のあらすじとネタバレ


(C)2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

山脈が連なり大自然が広がるモンタナ州。この地で森林消防隊員として勤務しているハンナは、過去の事件のトラウマに苦しんでいました。

炎燃え盛る山火事の現場で、ハンナは立ち尽くしていました。仲間が火に飲みこまれ、炎の向こうには3人の子供たちが「助けて」と叫んでいます。「私が風を読み間違えたせい」……火の勢いが増し、ハンナは引きずられるようにその場から離されて行きます。

うなされるように飛び起きるハンナ。それは夢でした。あの事件は、ハンナに深い傷痕を残したままです。

風の読み間違いは、決してハンナだけの判断ではありませんでした。消防隊の仲間や、町の警察官イーサンも自暴自棄になるハンナを心配していました。

そんな中、ハンナは森林の山頂にある見張り塔の勤務を与えられます。自然の中でひとり、思い出すのはあの日の山火事の光景。悲しみが襲ってきます。

山の天気は変わりやすく、遠くで発生した雷が早いスピードで近づいてきます。もの凄い音と衝撃が塔に走ります。間一髪の所で直撃は免れたものの、ハンナは手のひらを負傷。手を洗おうと川へと向かいます。

一方その頃市内では、地方検事の家が、ガス漏れで大爆発を起こしたというニュースが流れていました。そのニュースを目にした法廷会計士のオーウェンは怯えます。

オーウェンは、息子のコナーを連れ車を走らせます。父の様子に戸惑うコナーに、オーウェンは言ってきかせます。「私は正しいことをした」と。

父の仕事柄、何か危険なことに巻き込まれていると察したコナー。父から「もし自分に何かあったら、信頼できる人に渡してほしい」と手紙を託されます。

追っ手はすぐそこまで忍び寄っていました。重大な秘密のもみ消しに雇われた殺し屋ジャックとパトリックは、すでにオーウェン親子の行先を割り出し、峠で待ち構えています。

オーウェン親子は、モンタナ州の田舎でサバイバルキャンプを営むイーサンとアリソン夫妻の元に向かっていました。警察官のイーサンは義弟にあたります。

車が峠に差し掛かかると、脇道に車が故障し困っている人がいます。気の毒に思いながらも先を急ごうとした瞬間。正面から銃弾がオーウェン親子を狙います。

車はガードレールを超え落下。血を流し最期を覚悟したオーウェンは、息子コナーに言い聞かせます。「小川は川に、川は町に繋がっている。手紙を頼んだぞ」。

泣きじゃくるコナーを逃げさせ、父は銃弾を一身に受けながら車もろとも転がっていきました。

コナーは父の言いつけを守り、小川に沿って走り出します。途中、川で手を洗うハンナと遭遇。ハンナに見つかり逃げ出すコナーでしたが、町へと向かう山が燃えているのに気付きます。

この火事では町への移動は無理です。ハンナの言う事を信じ、山頂の塔に戻り救助ヘリを待つことにします。

以下、『モンタナの目撃者』ネタバレ・結末の記載がございます。『モンタナの目撃者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

山火事は、殺し屋ジャックとパトリックによるものでした。息子のコナーが逃げたことを知ったジャックは、村人の気を逸らすために山に火をつけます。

FBIの捜査官に扮したジャックとパトリックは、イーサンの家を訪ねます。迎えたのは妊婦のアリソンでした。イーサンは、峠の事故を調べています。

あまりにも早いFBIの対応を不審に思ったアリソンは、機転をきかせ逃げることに成功。しかし、戻ってきたイーサンが捕まってしまいます。

妻を人質にとっていると嘘で脅され、イーサンはコナー捜索に森林の中へと連れて行かれます。

塔に戻ったハンナは、コナーから父親が書いたという手紙を預かります。その内容を確認したハンナは、コナーの身の危険を案じ、いますぐ町へ向かうことを決めます。

しかし、雷が2人を襲いハンナに直撃。おまけに、山火事は凄い勢いでこちらに向かって燃え盛っていました。ボロボロになりながら、再び塔へと戻ったハンナとコナー。無線も電気も雷でやられた塔で待つしかないのでしょうか。

その時です。足跡を追って塔の下へとたどり着いたイーサンと殺し屋たちを発見。ハンナは、コナーを隠し、身構えます。

誰もいなければ火を放てと命じられ、ひとり塔へと登ってきたイーサンは、ハンナとコナーが無事なのを確認します。殺し屋から逃そうとしますが、見つかり銃撃戦へとなってしまいます。

自ら撃たれながらも2人を逃すイーサン。ロープを使い塔から飛び降りたハンナとコナーを殺し屋が追いかけます。

イーサンの妻アリソンは、猟銃を手にこちらに向かっていました。途中、ジャックと遭遇したアリソンは、怯むことなく立ち向かい打ちのめします。

塔でイーサンを見つけたアリソンでしたが、傷を負ったイーサンは動けず、山火事はもうすぐそこまでせまっています。酸素マスクをつけ、きつく手をつなぎ合う2人。どうかこの子だけは……。

ハンナとコナーは、燃え盛る炎に向かって逃げていました。次第に足取りが重くなるハンナ。過去のトラウマが襲ってきます。追いつく殺し屋パトリック。

ハンナはコナーに、「先に川へ行き潜っているように」と言いつけ、パトリックの足止めに向かいます。銃を相手に、山登りのピッケルで奮闘するハンナでしたが、とうとう追い込まれてしまいます。

そこに先に行かせたはずのコナーが戻ってきます。パトリックの気を逸らせた隙をつき、ハンナが襲いかかります。2人は協力し殺し屋を倒すことができました。

山火事が2人を飲みこむ勢いで迫ってきます。川へと駆け下りるハンナとコナー。水の中に潜ります。わずかに顔をだす息継ぎを繰り返し、火が通り過ぎるのを待ちます。

夜が明け、水辺に寄り添うハンナとコナーの姿がありました。あたりはすっかり焼け焦げ、大量の灰が舞っています。2人は最後の気力を振り絞り、塔を目指します。

塔には救助ヘリが消防隊員を乗せ到着していました。塔の中には、アリソンの姿が……お腹の子も無事です。しかし、イーサンは動くことはありませんでした。

歩いて来るハンナとコナーを見つけた仲間が駆け寄ります。山火事の様子を聞かれ、「美しかった」と強がるハンナ。「嘘だね。めっちゃ怖かったよ」コナーは正直者です。

「ひとりの命を救ったじゃないか」。仲間の言葉にハンナはようやく安堵の笑みを見せるのでした。

スポンサーリンク

映画『モンタナの目撃者』の感想と評価


(C)2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ある事件の目撃者となった少年コナー。そんなコナーの身を守ることになった森林消防隊員のハンナ。襲いかかる暗殺者。そして迫りくる山火事の脅威。

スピード感あふれる展開と、全体に張りつめる緊迫感。最後の最後まで目が離せない、手に汗握るノンストップ・サバイバル・サスペンス『モンタナの目撃者』。

アンジェリーナ・ジョリーにはやっぱりアクションが似合う。しなやかで完璧な肉体。傷だらけになっても美しいビジュアル。さらに円熟味を増した余裕のアクション。

今作では、これまでの最強無敵のヒロインとは一味違って、森林消防隊員という一般人がヒーローになる様を演じています。

心にトラウマを抱えた主人公ハンナは、自暴自棄になり弱い一面を持っています。暗殺者に立ち向かうも、武器もなく適わずピンチに陥ります。その姿はこれまでになくリアルです。

また、弱いながらも力の限り少年を守ろうと奮闘する主人公ハンナのまなざしに、温かい母性を感じます。私生活でも6人の子供の母であるアンジェリーナ・ジョリー。子供との距離感や見守り方がとても自然です。

そして、もう一人の主人公と言ってもいい目撃者となる少年・コニー。演じたのは、本作がアメリカ映画のデビュー作となったフィン・リトルくん。度重なる辛い体験に折れそうになる心を強く持ち、果敢に敵に向かう勇敢な少年の姿に胸を打たれます。時折みせるハンナに甘える子供らしさ表情にも注目です。

さらに、今作にはもうひとり、最強ヒロインが登場しています。地元警察官の妻・アリソンです。子供と夫を守るために危険を顧みず立ち向かう姿は、まさに最強。スカッとさせてくれます。

最後に、映画の舞台となったモンタナ州の雄大な自然も見どころのひとつとなっています。自然は人間に恵みと癒しを与えてくれますが、時に脅威となって襲ってくることもあります。

天気の急変、地震、雷、洪水、山火事の猛威。映画で描かれている自然災害は、実際にも起こっていることです。

山火事の原因は、温暖化や気候変動も挙げられますが、特に日本では人間の不注意による人為的原因が大半を占めているようです。つまり防げる災害もあるのです。

海外の山火事は規模も大きく、被害も相当です。映画の山火事のシーンでは、燃え盛る炎があっという間に迫りくる恐怖を感じました。

まとめ


(C)2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

“アクションヒロイン”アンジェリーナ・ジョリー主演のサバイバル・サスペンス映画『モンタナの目撃者』を紹介しました。

過去のトラウマと向き合い、暗殺者に狙われる少年コナーを守ろうと奮闘する森林消防隊員のハンナ。山火事が迫る森の中で、ハンナはコナーを守り切れるのか。

これまでの無敵最強ヒロインとは一味違う、一般人と扮したアンジェリーナ・ジョリーのナイーブかつ繊細なアクションに注目です。

迫力ある山火事の映像と、暗殺者に追われる緊迫感をぜひ映画館で堪能してください。そして、くれぐれも火の取り扱いにはご注意ください



関連記事

サスペンス映画

映画『浜辺の女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

本日ご紹介する映画は、ジャン・ルノワール監督の『浜辺の女』です。 今年2016年6月から、東京のイメージフォーラムを皮切りに順次全国公開された、リマスター版『ピクニック』も、ルノワール監督作品でしたね …

サスペンス映画

韓国映画『KCIA南山の部長たち』あらすじ感想と考察解説。イ・ビョンホンが実話の大統領暗殺事件を基に“実録サスペンス”に挑む!

『KCIA 南山の部長たち』は2021年1月22日(金)、シネマート新宿ほか全国ロードショー 1979年に発生した、真相は今も謎に包まれたままである”パク・チョンヒ(朴正煕)大統領暗殺事件 …

サスペンス映画

映画『マッドダディ』ネタバレ感想!ラスト結末の考察と名作ホラーとの関連性とは

ある日すべての親が謎の衝動に駆られ子供を殺しだす!「アドレナリン」の監督が送る予測不能の超ハイテンションスリラー。 荒唐無稽な設定を全力でやり切ってみせたB級の快作『マッドダディ』。 ブライアン・テイ …

サスペンス映画

『ブリング・ミー・ホーム 』ネタバレ感想と考察解説。韓国映画界が実際の児童失踪事件を基にイ・ヨンエを母親役に完全復帰作を実現す!

2020年9月18日(金)より新宿武蔵野館他にて全国ロードショー! 映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』は、ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」で一躍国民的スターとなったイ・ヨンエがパク・チャヌク監 …

サスペンス映画

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』あらすじとキャスト。マーゴット・ロビー紹介も

2018年7月21日(土)より新宿シネマカリテにて公開のロンドンを舞台に繰り広げられる復讐の物語『アニー・イン・ザ・ターミナル』。 復讐を遂げる美女を、今ハリウッドで注目のマーゴット・ロビーが演じ、時 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学