Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2024/04/19
Update

【ネタバレ】陰陽師0|あらすじ感想と結末の評価解説。山﨑賢人がかつて野村萬斎も演じた実在する安倍晴明を熱演!

  • Writer :
  • 星野しげみ

安倍晴明が陰陽師になる前のオリジナルストーリー『陰陽師0』がスクリーンに!

平安時代に実在した陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた夢枕獏のベストセラー小説「陰陽師」シリーズ。日本や中国でも何回か映画化された作品です。

本作『陰陽師0』は、原作者・夢枕獏の全面協力のもと、安倍晴明が陰陽師になる前の物語として、完全オリジナルストーリーで映画化されました。

呪いや祟りから都を守る陰陽師が政治に関わっていた平安時代のこと。天才と呼ばれるほどの呪術の才能をもっていた青年・安倍晴明ですが、彼は陰陽師になる意欲も興味もない変わり者でした。

そんな彼があることをきっかけに平安京をも巻き込む凶悪な陰謀に巻き込まれていきます。

安倍晴明を演じるのは「キングダム」(2019~)シリーズや『ゴールデンカムイ』(2024)の山﨑賢人。どんな晴明になるのでしょう。映画『陰陽師0』をネタバレあらすじ有りでご紹介します。

映画『陰陽師0』の作品情報


(C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

【日本公開】
2024年(日本映画)

【脚本・監督】
佐藤嗣麻子

【原作】
夢枕獏

【製作】
山田邦雄、木下直哉、飯窪成幸、長瀬俊二郎

【企画】
濱名一哉

【呪術監修】
加門七海

【キャスト】
山﨑賢人、染谷将太、奈緒、安藤政信、村上虹郎、板垣李光人、國村隼、北村一輝、小林薫

【作品概要】
『陰陽師0』は、陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた夢枕獏のベストセラー小説「陰陽師」シリーズを基にした、晴明が陰陽師になる前の物語です。原作者・夢枕獏の全面協力のもと完全オリジナルストーリーで映画化されました。

若き日の安倍晴明を山﨑賢人、源博雅を染谷将太、徽子女王を奈緒が演じます。「アンフェア」シリーズの佐藤嗣麻子が監督・脚本を手がけ、作家・加門七海が呪術監修を担当。

映画『陰陽師0』のあらすじとネタバレ


(C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

948年。人々が目に見えない存在を信じていた、平安時代。そしてこの時代は、呪いや祟りから都を守る陰陽師の学校であり、陰陽寮という省庁が政治の中心だったのです。

陰陽寮には、陰陽師になるべく修業する学生たちがおり、その中でも成績優秀な者は「得業生」となり、特待生として官僚に就くチャンスがありました。学生たちを育成する先生には「博士」の称号が与えられています。

そんな陰陽寮のトップは長官である陰陽頭でした。この時の陰陽頭は、藤原義輔(小林薫)が務めていました。

そして、陰陽師として最高の地位とされているのが、帝付きの陰陽師。陰陽師として出世を狙う者はみなこの頂点を目指していたのです。

学生たちが一人前の陰陽師を目指して切磋琢磨する中、陰陽師に興味のない安倍晴明(山崎賢人)は授業をサボってばかり。狐の子で呪術が使えると噂される晴明を見守るのは、親代わりで陰陽博士の賀茂忠行(國村隼)だけでした。

真言宗の僧寛朝の前で目を開けた安倍晴明。晴明の心には、両親を殺した男がいますが、その顔は見えないままでした。

寺で公達に呪術を披露する晴明を見かけた中務大輔の源博雅(染谷将太)は後日、晴明に頼みごとをすべく陰陽寮を訪れました。

中務大輔の役職にある自分に無礼な態度を取る晴明に面食らうも、博雅は徽子女王(奈緒)の部屋で夜中に和琴が鳴りなり困っていると相談します。すると、晴明は意外にも興味を示しました。

博雅と共に屋敷を訪れ、徽子の部屋と琴を調べた晴明は、建物の下から飛び出した金の龍を呪で閉じ込めて見せました。

以来、晴明と博雅はお互いをけなし合いながらも、親しく口をきく仲となりました。

そんなある日、得業生の橘泰家(村上虹郎)が死体で発見されました。犯人とその動機を解明したものが、次の得業生になると陰陽頭が定めたため、晴明も試験として事件の捜査に乗り出すことになりました。

貴族である博雅の力を借りて、泰家の遺体を調べて真相に近づく晴明でしたが、どうしても得業生になりたい平郡貞文(安藤政信)によって、泰家殺害の犯人にされてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『陰陽師0』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『陰陽師0』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意してください。


(C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

一方、徽子女王は幼い頃から博雅を想っていました。ある日、博雅が恋文を持って訪ねてきます。博雅からの文かと喜んだのですが、その文は帝(板垣李光人)からのものでした。

がっかりした徽子の悲しみが怒りに変わった時、徽子の体を金の龍がさらっていきました。

博雅は急いで晴明をよびに陰陽師寮へ行き、殺害犯人されて捕まっている晴明を助け出して、共に徽子の行方を追います。

その頃、どこか遠くの海岸では、面を被った呪術師が呪いの舞を踊りだしました。

晴明と博雅がたどり着いたのは、見たこともない深い森の中。そこは、現実ではない無意識の世界だったのです。

博雅の奏でる楽でその世界で危うく命拾いした晴明は、博雅に徽子女王も戻ってくるからと、徽子女王と2人で奏でた楽を奏でるように言います。

恐る恐る楽を奏でる博雅。気が付くと雪景色の広い部屋に徽子女王と2人で楽を奏でていました。胸の内を吐露する2人。

徽子女王の自分への気持ちを知った博雅ですが、帝からの恋文を知った以上、帝の命令には背けません。

「徽子女王がどこに居られても、わたしはいつもあなたと一緒です」。涙ながらに博雅は徽子に言いました。

しっかりと抱き合う2人の周囲は、いつの間にか雪が消え去り、色とりどりの花が咲き乱れる花園のような景色になっていました。

海岸では、面を被った呪術師がまだまだ呪いの舞を踊っています。

そして博雅が気が付いたとき、またもや無意識の世界でした。そこへ、巨大な火を身体に纏った火の龍が襲い掛かって来ました。

龍に追われるうちに手が焼けた博雅は、「この手では楽を奏でられない」と泣きじゃくります。

「お前ら許さん、俺が消し去ってやる」と、初めて怒りをあらわにした晴明。火に対抗できるのは水とばかりに、都の地下に眠る水龍を呪の力で呼び起こします。

水龍はたちまち火龍を追い払い、海岸で呪の舞をまっていた呪術師を殺します。面がとれたその顔は、陰陽寮の天文博士の惟宗是邦(北村一輝)でした。

現実世界に戻った晴明は、陰陽寮で陰陽頭の藤原義輔(小林薫)と対峙します。

この陰陽頭こそ全ての黒幕だったのです。藤原義輔は自分が帝に使える唯一の陰陽師でありたいために、自分より能力の高そうな陰陽師を殺してきました。

帝が晴明に興味を持っていると知り、晴明に嫉妬した義輔は晴明を陥れようとしました。惟宗是邦を計画に誘い、橘泰家を殺してその罪を晴明になすりつけようとしたのです。

晴明の父も優秀な陰陽師だったため、藤原義輔が殺しました。当時の記憶が戻った晴明は、復讐の炎をもやし全精神力を集中させた呪で藤原義輔を倒します。出世欲にかられた陰陽師学生たちもみな呪いを受けて死んでいました。

事件はおさまり、満月の夜、博雅と晴明は屋敷の池に用意した東屋で酒を飲んでいます。

「火の龍は嫉妬、水の龍は守り神、では徽子女王の金の龍はなんだ」と不思議がる博雅に対し、「金の龍は徽子女王のお前への気持ちだ」とさらりと言う晴明。博雅は今は帝の元へいった徽子女王に思いを馳せます。

その頃、陰陽頭になった賀茂忠行は、帝に安倍晴明を帝付きの陰陽師として推薦していました。

映画『陰陽師0』の感想と評価


(C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

変人安倍晴明を山﨑賢人が熱演

平安時代といえば、階級制度の厳しい貴族社会の時代です。この時代の政治は占いなどによって行っていたとされます。

またこの世のモノではないものも多く人間と同居していると信じられた時代でもあります。呪術や呪いなどによって禍々しいモノを払う陰陽師が、どんなに大切にされていたのかが伺えます。

安倍晴明は平安時代に実在した陰陽師。過去作の『陰陽師』(2001)『陰陽師Ⅱ』(2003)では、狂言師の野村萬斎が安倍晴明を演じました。

本作『陰陽師0』は、安倍晴明が陰陽師となるまでの物語と言えます。晴明は、「キングダム」(2019~)シリーズや『ゴールデンカムイ』(2024)などで、アツい熱血漢を演じてきた山﨑賢人が熱演。

真実と事実を違いを追究する自分の姿勢をくずさない安倍晴明は、喜怒哀楽を滅多に顔に出さないし、人とコミュニケーションを取ろうともしないかなりの変わり者でした。

アツい熱血漢を演じた山﨑賢人が、氷のような冷たい印象の安倍晴明をサラリと演じているのに驚きます

ビジュアルな映像と迫力ある呪術の激闘


(C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

変人ともいえる安倍晴明の唯一の友は源博雅です。博雅が秘かに思う徽子女王との無意識の世界での告白シーン。冬景色から徐々に美しい花が咲き乱れてくる映像はとても美しい出来栄えでした。

美しく仕上げたいという監督の思いが込められた本作には、平安京の街並みや無意識の世界、そして登場人物の衣装にまでこだわった独特の世界観が漂います。

美しいだけではありません。呪いも登場するSF時代劇として、火龍が出現して襲ってくるシーンや安倍晴明が水龍を呼び出すシーン、それに藤原義輔が大樹に飲み込まれるシーンなどは迫力満点で、見逃さないでほしいところです。

美しい映像の中にも、歪なものや醜いものを確実に捉えて描いた本作。事件の発端にあるのは、人間の出世欲で人の世の醜さがクローズアップされます。

陰陽師は「あやかし」を支配する技を持っていると信じられていた時代の話ですが、本当に怖いのは人の心にあるモノではないでしょうか

まとめ


(C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

山﨑賢人が安倍晴明を演じた『陰陽師0』。頭脳明晰で沈着冷静ですがクールすぎる一面もある安倍晴明が、本気で怒って発する呪術が、大迫力で描かれています。

自身の心霊体験をもとにした怪談実話での人気作家加門七海が、呪術監修を担当しているのも見どころです。

また、山﨑賢人は、アイススケーターの羽生結弦がオリンピックで披露した演目『陰陽師』をイメージして、呪術シーンに挑んだと言います。力強くもあり、また華麗でもあるポーズもお見逃しなく。

夢枕獏の漆黒の闇に蠢く妖や怨霊との闘いのダークなイメージの「陰陽師」を、佐藤嗣麻子監督が美しい映像で悪を滅ぼすヒーローものに仕上げました。

夢枕獏の摩訶不思議なファンタジックな世界観もたっぷり入った『陰陽師0』。出演者一同が美しく表現する‟呪術の世界”を堪能してください



関連記事

サスペンス映画

韓国映画『7号室』あらすじとキャスト。上映する劇場情報一覧も

韓国映画『7号室』は、8月4日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。 韓国の男性アイドルグループ「EXO」のメンバーD.O.と『JSA』『高地戦』などで知られる名優シン・ハギュンが共演。 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』キャストとあらすじ。4番と13人目詳細も

ベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした実写映画『十二人の死にたい子どもたち』の公開日が、2019年1月25日に決定しました。 『イニシエーション・ラブ』『トリック』など …

サスペンス映画

【三度目の殺人】役所広司(三隅)演技評価と感想。真犯人の真相は?

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画『夏、19歳の肖像』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

新本格推理の巨匠、島田荘司の青春ミステリーを完全映画化! EXOの元メンバー、ファン・ズータオが体当たりの演技を見せる『夏、19歳の肖像』をご紹介します。 CONTENTS映画『夏、19歳の肖像』の作 …

サスペンス映画

映画『Dinerダイナー』感想と評価解説。藤原の挑戦的な演技力と蜷川実花の色彩感が生々しい!

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日(金)より全国ロードショー! 殺し屋だけが集まるという不思議な食堂「ダイナー」。そこにはかつて元殺し屋という店主が、超絶的な腕前による魅惑のメニューで、 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学